無料ブログはココログ
フォト

« 2016-17シーズン初アマダイで撃沈!@浅八丸 平塚 | トップページ | 岩見淳三14thリサイタル@かなっくホール 東神奈川 »

2016年11月 6日 (日)

初スミイカ@東京湾

今シーズン初アマダイで撃沈し、意気消沈していた翌日、「明日東京湾のスミイカやらない?」という義兄からの電話。

「行きます行きます」と節操もなく二つ返事で行くことになりました。

調子よく返事をしたもののスミイカ釣りはしたことはないし仕掛けもどんなのかわからない。
とりあえず必要なものを義兄から聞いて早速釣具屋さんに出かけてエギとオモリを購入し当日を迎えます。

午前5時半、出船する金沢漁港に到着すると天気予報では朝からベタ凪だったのが前日からの風が残り、冷たい北西風が吹いている。
「予報より半日遅れているなあ」と義兄。マイボートの支度をして荷物を乗り込み6時出船。


Imgp7880b


港を出ると結構な風が吹き波もそこそこあるので、とりあえずは風裏のポイントでやろうということになり向かいます。


スミイカの仕掛けは道糸に中オモリという細長いオモリで両側に糸が結べる様になっているものを、道糸→中オモリ→エギ、という順番に結ぶだけのシンプルなもの。

これを海底まで沈めて底を取ってから1メートルほど巻いて竿をしゃくり、エギをフォールさせながらアタリを待ち、再び竿をしゃくる。という誘い方をします。水深は15メートル前後。

何しろ全てが初めての釣りなので義兄の真似をしてやるしかない。
オモリの着底とともに糸を巻き竿をしゃくり、と段取りを頭の中で言いながら繰り返していると開始10分もしないうちに義兄にヒット。

いいサイズのスミイカが上がってきました。

なあんだ、簡単に釣れるじゃない。
と、この時は思いましたよ。

竿をしゃくるだけなんですから、そんなに難しいことはないとナメテいました。
竿をしゃくるテンポ、スピード、しゃくる幅など義兄の真似をしながらしゃくってればそのうち釣れるだろうと。

ところがしゃくれどしゃくれど、全くアタラない。
義兄はその後一杯追加したところで早くも二時間が経過し、アタリが遠のいたところで場所を移動することになりました。

次の場所に移動後、またまた一投目の数しゃくりで義兄がヒット。
しかし私にゃあ全くアタリがない。イカはいるはずなのに。


ここで、エギの色が合わないのかもしれないということで義兄のヒットカラーと同じものを借りることにしました。

今度は釣れるだろう。としゃくり続けると、トン!と竿先に感じたので竿をあおってみたら、ズル〜!という感触とともに何かが外れていくじゃあありませんか。

「イカがばれたんだね」という義兄の言葉に励まされ、次こそは乗せるぞ!としゃくります。

しばらくしたらまた竿先にアタリを感じたので合わせると、今度はしっかり重みを感じて乗っているのがわかりました。「やったー!人生初スミイカ〜!」と声を上げて巻いてきたら、水中から上がってきたのは何か白っぽい。

「ありゃあ?これイカじゃない」と上げてみたらなんとサバフグじゃありませんか!
エギでフグが釣れるなんて知りませんでしたよ。ぬか喜びしていたのががっかりに変わりながらも次こそは、と釣り続けます。

Imgp7887cb



魚の気配、いや、イカの気配はあるようで時々アタリらしき感触があるのだけれど乗らないということが何度かあったのち、グン!という手応えで竿がしなりました。

今度こそはスミイカだろう!と慎重に糸を巻いてきたら、あれえ?またまた白っぽい。
サバフグの連チャンじゃあないですか?!フグってそんなにエギに食うものなの?


Imgp7887cbb



しかし私のすぐ隣、二メートルも離れていないのにそこで釣ってる義兄は私がフグを釣った直後にスミイカを釣り上げる、というのが二回続いたので、これは何か決定的に違うものあるともう一度一から義兄の真似をして、何が違うのかを検証してみましたよ。

竿とリールは義兄の借り物なのでにたようなもの、エギも同様に同じ色を使ってるし、オモリも形と色こそ違えど同じ重さ。あとは違うのはハリスくらいと、義兄のハリスを見せてもらったらナイロンの20ポンドを使っている私のよりも太いフロロ・カーボンのハリスを使っているので、フロロの方がアタリが出やすいのか?と聞いてみたところ、あまり関係ないという。

となると、ハリスの太さや素材よりも長さの問題か?とよ〜く見てみると、私のハリスの長さが短いことが分かった。

最初は1.5メートルと指示通りの長さで始めたものの、エギの交換やフグにかじられた分をカットなどしているうちにずいぶんと短くなってしまったようだった。

早速ハリスの交換をして二メートルほどに少し長めにしてみたら、なんかいい感じじゃあないですか。
たったこれだけの事をしただけで釣れる気分がしてくるから釣り師と言うのはおめでたい。

ところが、この辺りからフグがエギにアタルのがわかるようになってきて、トン、とかコン、とアタッタ時はだいたいフグだというのが分かります。
エギもフグにつつかれたりカジられたりで表面が剥がれてボロボロになてきてしまっったじゃありませんか。

Imgp7893b



しばらくしてまたまた私にヒット!仕掛けを変えたから今度こそスミイカだろうって?いや!もう騙されません!
竿が曲がってもクンクン引いても笑顔なんか出しません。どうせフグなんだから。と少々自虐的になりながら巻いてきたらやっぱりフグ!

今日はイカ釣りじゃなくてフグ釣りだな。フグ釣り師としては優秀かもしれない。
などと冗談を言うしかなくなってしまった。

何杯か追加した義兄にもフグがアタルようになってきて、エギを回収する時に海面近くまでフグが何匹も追ってくるのが見えるようになってしまいました。
さすがにこれだけフグにやられたのではたまらない、と場所を移動。

朝よりもいくぶん風も収まり波も穏やかになりつつあったので少し沖に出てやることにしました。

このポイントは今ひとつアタリが出なかったので二流しして大移動する事に。

時間はお昼を遠に回っておりなんとなくボーズの予感が迫ってくる。
嫌なパターンですがここで諦めたら釣りにならないので次のポイントでもしゃくり倒しましたよ。

しばらくしたら、ズン!とこれまでとは違った手応えがあり竿先は曲がり手元にも心地よい重さが伝わってきた。それでも今日の私は懐疑的になっていたので顔を見るまでは油断しないぞ!またフグかも。なんていいながら巻いていたら、「ここはフグはいないからイカだよ」と義兄がおっしゃる。

それならいいんだけれど、と安心しきれずに巻いてきたら水中に見えてきたのは小さいながらもイカちゃんの姿。
ああ、やっと釣れた!

嬉しいやら、情けないやら。でもとりあえず釣れたのでホッとしました。

Imgp7899b



このあとはアタリもないので港に帰りがけに港の近場でちょこっとやたら、またまた義兄が一杯追加し午後三時過ぎ終了。

一杯だけしか釣れなかったけれど、今日一日で底の取り方、棚の取り方、しゃくり方、エギのカラーなどだいぶ感じが分かってきたので次回また誘われたら挑戦しようと思っています。
それにしてもフグ三匹は初めてかも、ここでも自己記録更新か?
振り返れば、夏の太刀魚、先日のアマダイと今年は近場の釣りがよくないなあ。

魚がたくさんいて誰でも釣れちゃう遠征の釣りに体も心もナマクラになってしまったのか?

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« 2016-17シーズン初アマダイで撃沈!@浅八丸 平塚 | トップページ | 岩見淳三14thリサイタル@かなっくホール 東神奈川 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初スミイカ@東京湾:

« 2016-17シーズン初アマダイで撃沈!@浅八丸 平塚 | トップページ | 岩見淳三14thリサイタル@かなっくホール 東神奈川 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31