無料ブログはココログ
フォト

« 還暦の正月は徹夜飲み | トップページ | HOME SAFELY @HAN BENNINK CURTIS CLARK ERNST GLERUM »

2017年1月 6日 (金)

2017年釣り初め@川越水上公園

毎年、正月明け恒例となりつつある釣堀のニジマスいじめ、もとい、ニジマス釣りでございます。

なんだか初詣のように毎年釣り始めは川越水上公園のプールを使った釣堀へ行くようになって早数年。今年も寒い中行ってまいりました。

朝6時の開演ちょうどに到着。
あたりは真っ暗、駐車場には数台の車が。
早速支度して入り口のゲートのところに行ったら誰もまだ並んでいませんでした。

例年なら時間前には数人が並ぶのに、今年のお客さんはみなさん寒がりなのかしら、などと思いながら門の前に立っているものの左側の木立の陰で人の気配や物音などするものの一向に開く気配がない。

しばらくしたら門の内側を人影がプールの方に歩いていくじゃあありませんか!
ひょっとして!と左の木立の方に回り込んだら別な小さい門があってそこが入り口になっていました。
ぼくの待っていた所にも「釣り場入り口」と書かれた大きな看板が貼ってあったのに。

あたりには誰もいないので文句の一つも言えずトボトボとプールに向かいます。
入場してみればまだ数人しか入っておらず、入りたかったプール北側のポイントに入ることができました。
この時期は北風が吹くので、フライの場合南側に入ってしまうと強い向かい風で釣りにならないんですね。

あたりはまだ真っ暗。
工事用の照明器が置いてありましたが電気はついておらず、暗い中で支度を始めます。
例年ぼくはヘッド・ランプを忘れてきてここの準備でつまずくので今年は竿に糸を通してフライまでつけて、あとは竿をつなげばすぐ釣りができる、という体制できたんですよ。

現場に着き早速竿をつないでさあ釣り始めよう、としたら、あれ?糸が出て行かない。
どうもトップガイドのあたりで糸が絡んでいるようなので見てみると、フライの手前のところがトップガイドに変な形で結わえられてしまていた。

暗い中あれこれやっとの事で糸をほぐし釣り始めてみたものの全くアタラない。

釣堀のフライ・フィッシングの場合、フライを投げて引いてみて全く反応がないという時はだいたいどこかに問題があると思った方がいいくらい必ず何かしら反応があるものなので、ニ三度投げて反応がないので針を見てみたら、先ほど絡まった所の糸がヨレヨレになっている。


これでは魚も食わんであろう、と、糸を一旦切って結び直し。
なんだ、結局何にも準備してこないのと同じ、いや、それ以上に無駄に時間を食ってる。
半日で100匹釣って帰ろうと意気込んでいるので、このタイムロスは大きい。
時計を見ればすでに30分以上経っているではないか。

やっとの事で釣り始めてみた所、これまた魚の反応が皆無。

とりあえずは遠投して水面近くを引いて魚の様子を見、その後徐々にフライを沈めて深い方を探るという順番で攻めていくのですが全くアタリがない。


この日は朝0度まで下がり、この時すでに釣竿のガイドを見たら水しぶきが凍りついてほとんど埋まっているような状態でした。写真を撮ろうとしたらカメラのバッテリーも寒さのためいきなりエンプティーを指してる。リチウムイオン電池は寒さに弱いんですよ。温めればある程度復活するのはわかっていたのでとりあえず一枚撮ってバッグの奥にしまいました。

Imgp7992b



この時すでに時計は7時を回っており、一時間を無駄に過ごしてしまった。
このままでは100匹は難しいかなあ、などと思いつつ、このまま同じことを続けてもダメ!と即座に作戦変更。
ウキになる目印をつけてフライを沈めて流すルースニングという釣り方に変更です。
寒いので魚は深い所に沈んでいると判断しプールの水深である1mあたりに水深を設定しました。

何度か流してみたらウキがスッと沈み込みアタリがあります。
何度かアワセるもののなかなか魚がかからず、数回目でやっと待望の一匹目が。

Imgp7994b



この後はだいたい釣れるパターンがわかってきたので数を伸ばしていったのですが、全体に魚の活性は悪く、動くフライに反応はしない、魚のいる層からずれると反応しない、食う時もまるで甘噛みしているように軽く加えるだけという厳しい状況であるのが分かってきました。

周囲のルアーの人はほとんど水しぶきを立てることはなく、フライの人もあまり食いの良くない様子。

太陽が当たるようになってきて水温が上がれば少しは魚の活性が上がるかな、と期待したものの、9時を回って水面に湯気が立つようになってもあまり状況は変わらず渋いまま。

右隣に入ってきたフライの方と「渋いですね」とか「タナはどのくらいの深さ」などと情報交換しつつ攻めるのですが釣れるテンポは上がらず時速10匹くらい。

転機が訪れたのは午前10時半頃。
この日は放流が予定されていて、相模漁業さんの大型トラックが頼もしい姿を見せた時には、待ってました!なんとか活性上げてちょうだい!と叫びたくなりましたよ。

奥のプールから順に放流して行き、我らのプールは最後に残りの魚全部を豪快に放流しました。
一度にこんなにたくさんの魚を放流するのは見たことがなかったのでちょっと興奮しましたね。
同時にこれで活性が上がってくれる!と信じていた。

放流が終わると間も無くルアーの人たちには反応が出て、どんどん釣れ始めている。

しかしフライの方はこれまでの釣り方でのアタリもあまり無くなりむしろ釣れなくなった感じ。
動くルアーに反応するなら、とフライを動かしてみるも反応は薄くたまにアタルくらい。

これなら元の釣りの方がマシだと戻してみると、こちらも全くアタラなくなってしまった。なんという閉塞的状況。
動かしてもダメ。流してもダメ。となったらタナを変えてみるしかない、と思いインジケーターを可動式のものにして底から10cmきざみくらいで探っていくと、見つかりました!水深60cmくらいのところでアタリが連発します。
乗りが悪くて空振りも大けれど流せばアタルという状況になったので一安心。
釣れて来る魚も朝から釣れていたのと魚体の色が違う。明らかに放流魚ですね。
この時点で40匹超。

Imgp7996b

                                    放流魚らしきお魚  魚体の色が違うのわかります?

ちょっとトイレ休憩した時に自分の後ろでテントを張ってなにやらノボリが立っていて「タックル カーニバル」「無料貸し出し中」と書いてある。
テーブルにはリール、奥のスタンドにはロッドがたくさん置いてあるのを見つけたので立っていたお兄さんに声をかけた。

Imgp8003b



「ひょっとして貸してくれるの?」と聞いたら「はい!」と元気のいい爽やかなお返事。
テーブルに置かれたリールは有名ブランドの高級機ばかり。
管釣りの道具に関しては安物しか触ったことのないぼくは喜んでリールを手にしたら、「軽い」「スムーズ」「ガタがない」と三拍子揃っている。きっとドラグもしっかりしてるんだろうなあ、と思いながらお兄さん達の仕事の邪魔をして釣り談義をしてしまった。

「放流後渋くなった」と漏らしたら、「フライは放流すると渋くなりますね」と返事が返ってきたので「ああ、やっぱりそうなんだ」とこれまでの経験でなんとなくそう感じていたことをきっぱり言ってくれる人に出会えて納得。

ルアーだと放流後のスプーンの数釣りパターンというのがあって、手返しよくホイホイ釣れるのをぼくも知っているのだけれど、フライではどうも放流して魚が回遊し活性が上がっても釣れないということを、放流回数の多い朝霞ガーデンで何度か経験していたのでありますが、やっぱりそうだったんですね。

でも、活性のいい魚が入ってきたのだからフライでも何か手はあるとお思うのですが、おそらくフライもトップ・レベルの方々はこういう時の秘策もちゃんと引き出しとして持っていおられるのでありましょう。

そんな話を聞いて収穫もあったのですが、お兄さん達的にはぼくに道具を借りて欲しかったんでしょう。でも、スプーンは持っていなかったし、今更ルアーで管釣りをする気もないので冷やかしだけで終わっちゃった。ごめんなさい。お兄さん達。楽しかったです。勉強になりました。


で、二三十分立ち話した後元の釣り座に戻って釣りを再開すると、微妙にタナが動いていたもののすぐに捕捉できたので10匹釣って町ど50匹になったので帰ることにしました。
時刻は1時ちょい前。

 
Imgp7998cb

                                       カウンターを忘れたので手書きで(マメだなあ)


目標の半分弱だったけれど、まあ状況が渋かったし、このまま続けて数を伸ばすという手もあるのだろうけれど、同じ釣りは飽きるし。ということで帰ってきました。

Imgp8002b
以上、本年の釣り初めはイマイチの結果に終わりましたが、それなりに得るものがあったので良しとしましょう。

今年も様々な困難を乗り越えて、いろいろと釣れるものはなんでも釣ってまいりますので、釣り師のみなさま、どうぞよろしくお願い致します。


ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« 還暦の正月は徹夜飲み | トップページ | HOME SAFELY @HAN BENNINK CURTIS CLARK ERNST GLERUM »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

6日の日は埼玉に居たんだ!っていうか
我が街川越ぢゃん!
一声かけてくれれば,,,,,

でも正月疲れで寝込んでたな、その日は(^-^;


ところで、コーヒー話題
浅煎りだけでなく中煎りでもスプーンでしゃかしゃか
を実践してみた所思いのほか美味しかったです本当に
なんでもっと早くおもいつかなかったんだろ。
enosさん、頭やーらかいね!

兎夢さん

釣った魚持って行こうかと思ってたんですよ。マヂで!

スプーンしゃかしゃか、いいでしょ?
我が家というか私しかコーヒー入れないけど(^-^;
では、もはや定番です。

深煎りでもなんでもコーヒーいれる時はスプーン必須ですよん。

頭やーらかいというか軽いというか(^-^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年釣り初め@川越水上公園:

« 還暦の正月は徹夜飲み | トップページ | HOME SAFELY @HAN BENNINK CURTIS CLARK ERNST GLERUM »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31