無料ブログはココログ
フォト

« ポイントに逃げられた!@シーバスジギング 本牧 長崎丸 | トップページ | とうとうEnoCafeホントの長崎丸店@長崎丸10号 東京湾 »

2017年4月16日 (日)

ゴビアス・ブルスリムでプチ入れ食い@長崎丸 本牧

横浜の桜の花も満開となりシーバスジギングのシーズンもそろそろ終わりと聞いて今シーズン最後のシーバスジギングに出かけました。
気がつけば四月ももう三分の一が経とうとしており、すっかり世の中は春爛漫という季節、冬場が最盛期のシーバスジギングとしては春のパターンとして魚が浮き気味になったり、群れの移動が早くなったりとあまり数釣りによろしくない傾向が出てくるようなのであります。

釣行の四月十日は前日まで4日間ほど雨の日が多かったのですがやっと晴れたというお天気。
潮は大潮周りで出船から前半は下げ潮、10時半くらいが潮止まりでそこから上げ潮
上げ潮が効いて底潮が動けば爆発の可能性もあるでしょう、とはいつもご一緒させていただいているルアー・デザイナーの若林さんのお言葉。

午前八時過ぎ出船。船はベイ・ブリッジをくぐり横浜港内に入ります。
下げ潮の中でどの程度魚が食うかが勝負の前半戦のスタートでありますが、最初のポイントはベイ・ブリッジをくぐったすぐ先あたりの場所、一月には入れ食いしたポイントでありますがこの日は不発。すぐに移動してもう少し港奥のカケ上がりを狙うもののここも不発。
やはり季節は変わってしまったようで、冬場に良かったポイントもあまりよろしくない様子でした。

その後運河に入り鶴見方面に移動して工業地帯のど真ん中でのポイントでは魚の反応があり、開始早々からポツポツと釣れ始めホッとするのですが方が小さい。私もアンチョビット赤金で二匹ヒットさせたもののバラしただけでおしまい。

Photo

どうも運河はイマイチとのことで運河から湾に出たところのバースに入りました。る時間的にはそろそろ潮下げ止まりになろうかというところ。
このポイントで僕の左隣の方がアンチョビットの紫ピンクでポンポンと釣り上げます。

若林さんの探検丸には魚がびっしり写っているのですがどうも僕には反応してくれない。

同じアンチョビットを使っている僕には全くアタリがないのに、本当に入れたらヒット!という感じで釣りまくっている。
こちらも色を変えてみるものの同じ色は持ち合わせていなかったので、別な色を試すのですが全くカスリもせず。

それじゃあ、ルアーは別のものでも色だけ真似してみようとアンセスターの同色系カラーに変えてみた途端、今までの苦労はなんだったの?というくらい簡単に一発目の投入でルアーを回収中に食ってきた。

どうやら底の方にいる魚より中層に浮いている魚がルアーを追いかけて食いつくらしく、これも春のシーバスの典型的パターンだそうです。
このような時はバイブレーションのタダ巻きなどが有効だそうなのですが、あいにく持ち合わせていないので引き続きアンセスターをそこの方で誘った後に巻いてくるところに集中していたらまたまた食ってきた。

二連ちゃんでなんだかパターンが見えてきた感じ、といい気になっていたら次の投入でなんと大事なルアーが根掛かりしてしまったじゃありませんか!
あの手この手で外そうとしたもののガッチリとかかってしまっていて外れないのでやむなく引っ張ったらPEラインからたか切れしてしまい仕掛けも失ってしまった。

Photo_2

仕方ないので予備竿を取り出し、ルアーも同じ色はもう持っていないので似たようなマットピンクと紫のアンセスターに変えてみたらかろうじてバイトはあるものの乗理が悪くバラしてばかり。

Photo_3

左隣さんもこのあたりで入れ食いがひと段落してしまたようであまり釣れていないのをみて、どうやら状況が少し変わったのではと考えた。

ちょうど潮が止まりきった時間で魚の活性が極めて悪くなってる感じなんですね。魚はいるのですが目の前のルアーにも反応しないといった感じなんです。
こういう時はジグをあまり大きく動かさずに魚にじっくり見せたほうがいいというアドバイスをいただき、僕の好きなゴビアス・ブルスリムというあまり泳がない、というか泳がせなくても釣れるタイプのルアーに換えてを試してみました。

Photo_4

すると、これがうまいこと的中したようで、最初は回収時に巻いている時に食ってきて一匹キャッチ。中層にいる魚が反応したようなので次の一投は底付近で少ししゃくって誘った後に先ほど食ってきた水深あたりでバイトしてくるのを予測しながらリトリーブしてきたところ、狙い通りにヒット!
これは狙って釣った感じがしたので気持ちが良かった。

この後は底付近でしゃくっているところにバイトがあり三連チャン。
どうやら底付近の魚も反応するようになったようなのでしゃくりの後のフォールに注意しながら釣り続けると立て続けにバイトがあり五連チャンで釣れてしまった。
しかもこの五匹目、あまりファイトは引かなかったのに上がってきてみたらなかなかのサイズで船長が出てきて測ってくれたら79cmもあった。

Dsc00013


潮の止まった時のブルスリム強し!という感じでプチ入れ食いとなり今期自己最大魚まで釣り上げてしまいすっかりいい気分になっていたもののこの後またまたパターンが変わってきたのか魚がルアーにスレてしまったのかバイトが減ってしまった。


魚はそこ方中層までかなりの数がいるので、潮が上げ潮になり底潮が効き出すと魚の活性も一気に上がって爆発の予感があるのですが、この日はなかなか底潮が効いてくれない。

さらに悪いことにこの季節特有のアカクラゲが大量にいて魚の杭を邪魔している様子。
底から数メートル巻いてきたあたりで鈍いあたりのような重みを感じると、上げてきたルアーにアカクラゲの尻尾がたら〜んとぶら下がっていることが多く見られました。
このような状況の中とはいえ周囲の皆さんはポツポツと釣っているので魚の活性が多少は上がったように感じたので、前回釣れなかったアンチョビット・ナゲットの赤金を試してみたら回収中にポロリと釣れてしまった。

Photo_5



とはいえ、釣れ方が回収中にたまたま食ってきたということだったので、狙っていたのとはちょっと違うしパターンとも違う気がしたのでまたまたジグを交換。
今度はゴビアス・ダイルのブルーピンクに変えてみたらこれが良かった。

Photo_6


すぐにバイトがあり釣れてきたのですが、群れが変わったのか魚の個体が小さくなってしまいました。僕の魚だけではなくいつものようにバンバン釣り上げている若林さんの魚の方も小さくなてきてしまっているんです。

ダイルで二匹釣ったところで反応が反応悪くなったので再びブルスリムにし変えてみたら、先ほどほどの反応ではではないのですが何匹か釣れました。

気づいてみたらもうこのポイントに3時間半もいる。周りにも他の船宿さんの船が三隻も来ている。
僕らの船はこのポイントで色々試しながらパターンをつかんでいるので釣れていましたが、きたばかりの船を見ていてもそれほど釣れている様子はなく、この時期のシーバス釣りはパターンをつかむのが難しいのだということを実感させられます。
上潮はなかなか効かず魚の活性も今ひとつ上がらないので船はポイントを移動し、最後の一発大物狙いにと木更津沖の大型鉱石船周りに行きましたが、魚の反応は魚探に映るもののバイトは少なく三十分ほどやってこの日は終了することに。

この日の僕の釣果は合計11匹ブルスリムで5〜6匹釣ったことになる、釣れた数は大したことはないけれどバラシも多く掛けたのは倍以上で、一時は入れたらヒット、というのが続いたりしたので、 自分の読みがはまって魚を食わせたという実感があり何よりも楽しい釣りとなたのでした。

刻々と変化する自然の状況をどう読み解いで、その時に一番良い選択ができるかがシーバス・ジギング上達のポイントだということは実感できたものの、なかなかどうして容易にできることではありませんねえ。まずは色々試すことなのだろうけれど、闇雲に試すのではなく、潮が緩んだ時にはこのパターン、どのベイトの時にはどのルアーのパターン、動き始めにはこのパターン、入れ食いの時にはこのパターンなどという引き出しを幾つ持っているかが勝負なんでしょうね。それよりもその状況をつぶさに観察し判断する眼を養うことの方が大切なのかもしれません。

今シーズンは合計八回ほどシーバスジギングに通い毎回勉強になり楽しい釣りをしましたが、この経験が来年に行かされるといいなあ。忘れちゃいそうだけれど。
その時はこのブログを読み返そう。


ご参考:長崎丸HP
    長崎丸釣果情報

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« ポイントに逃げられた!@シーバスジギング 本牧 長崎丸 | トップページ | とうとうEnoCafeホントの長崎丸店@長崎丸10号 東京湾 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴビアス・ブルスリムでプチ入れ食い@長崎丸 本牧:

« ポイントに逃げられた!@シーバスジギング 本牧 長崎丸 | トップページ | とうとうEnoCafeホントの長崎丸店@長崎丸10号 東京湾 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31