無料ブログはココログ
フォト

« 爆発と沈黙 沖縄船中泊遠征その六@よせみや丸 那覇 | トップページ | 第二回 Eno Cafe 第五よせみや丸船中泊店 »

2017年7月 8日 (土)

ラストチャンスは誰に?沖縄船中泊遠征その七@よせみや丸 那覇

沖縄船中白遠征三日目。最終日である。この日は夜の便で東京に戻らなければならないので釣りは午後二時頃までしかできない。

例によって早朝四時には目が覚めてしまった僕は、キャビンから出て集魚灯の光っている船尾に行って海を覗き込んだ。
すると、昨夜は滝のように早い流れだった潮がだいぶ緩くなっているのがわかったので早速竿を手に取り釣りを始める。

一投目で何やらバイトがあり、二投目でヒット。
カマスが釣れてきた。この魚は歯が鋭いので用心しないと一発で糸を切られてしまう。
さらに立て続けにチビキ、バラハタ、カマスと釣ったところで最後にカマスらしき魚に糸を切られてしまった。
ちょうどそこに船長と中乗りくんが出てきて朝食の支度を始めたので、僕も釣りをやめて食事をいただきコーヒーを淹れた。

折しも東の水平線に太陽が顔を出し美しい。波は穏やかで今日も凪の一日になりそうだ。

Dsc00002


走る船の上でコーヒーを淹れて船長に無理やり飲ませてから一寝入りしてポイント到着を待つ。
どのくらい走ったのだろうか、目がさめると近くに小さな島があった。鳥島だ。

昨年もここで最終日はGTを狙いジギング王が仕留めている。
二日間投げ倒して体はもう投げたくない、と悲鳴をあげていたが朝一のチャンスだけでも、と踏ん張って投げてみたが魚は現れなかった。

本日の最初の一匹目はY店長。
なかなかのファイトからひょっとしてマグロか!?と思われただが上がって来たのは大きなスマガツオ。

Dsc00037

僕はこんな大きなスマガツオをを見たのは初めて。
昨日釣れていたら酒の肴にたらふく食べられたのに、と笑いながら店長が言う。

一方で本来のお得意スタイルのジギングをしていたジギング王にヒット。
しかし惜しくもバラしてしまう。


Img_7637

もう一人の王様、根魚王は黙々と根魚を釣り上げる。
写真以外にも随分釣られていたのだが写真班が追いつけなかったようで記録が残っていないが僕の記憶ではいいサイズのハタ類を数匹釣り上げていたような気がする。

Img_7639

九時半を回った頃にまたまたジギング王にヒット!
この魚はでかかった。いや、でかかったはずだ!

Img_7641

ヒットとともに音を立ててドラグを引き出し、ジギング王がそれをいなして巻き上げ始めてからも厳しいファイトを見せ最後は船の底に向かって走り込んだため、糸が船底に擦れてしまい、あえなく切れてしまった。

Dsc00041

そんなバラシ続きで苦悩するジギング王を横に絶好調ナベテツさんはイソマグロをジギングでキャッチする。やっぱり今回はこの男が乗っているようだ。

Img_7644

僕を含めGTを狙い投げ続けた何人かは全くの無反応に少々気落ち気味で午前中の釣りを終えお昼を食べる。
カレーライスを頬張りながら、船長に「パヤオ(漁礁)に行かないんですか?」と聞いたら、船長もこちらの落胆ぶりから気持ちを察してくれたのか、「食べたらパヤオに行こうか?」と言ってくれた。

残り時間も少ないので、GTで博打をするよりは、より魚のヒット率の高いパヤオに行くことに反対する者は誰もおらず食後直行することになった。

移動中はまたまたベッドで横になり仮眠をとる。
体が疲れていたのだ。今回の釣行では移動のたびに寝るようにしていた。

やがてパヤオに到着すると全員右舷に並んでジギングを開始する。
「(水深)80メートルくらいにいるよ」との船長の声に一斉にジグを落とすと、すぐさま順番に竿が曲がり始めた。

三人ほどが二、三キロのキハダマグロの赤ちゃんを釣り上げてリリースする。僕も一匹釣り上げられた。

Img_7650

「なんだ、小さいなあ」などと贅沢なことを言いふとミヨシを見るとY店長が重そうにファイトしている。
最近は店長のファイトの仕方で魚のサイズがわかるようになってきた僕だが、この魚は明らかに10キロものと見て取れた。

案の定、上がってきたのは我々の赤ちゃんクラスの数倍ある少年クラスのキハダマグロ。写真も撮らずにリリースする。

風で流された船は旋回してもう一度元の場所に戻り釣り始めると、今度は根魚王のライトタックルが大きく曲がっている。
ライトタックルだけになかなか巻けないほどのサイズ、これもいいサイズのマグロに違いない。
普通ならば切られてしまうだろうと思われる細い糸で巧みにファイトして釣り上げたキハダマグロは20キロはあろうかという大きさだった。


Img_7663

さらにジギング王も良型をヒットさせ、こちらは手慣れたファイトでこのサイズをやすやすとあげてしまう。さすがだ。

Img_7666

船長の「もう一回流したら帰るよ〜」という声を聞きながら僕は使うジグを重い物に交換していた。店長から120メートル辺りにでかいのがいます。と聞いていたので、潮に流されずより早くジグを落とそうと思いそうしたのだ。

ポイントに入りジグを落とす。
糸が140メートルまで出るのを見てからしゃくり始める。
120メートルあたりではいつきてもいいぞとばかりに集中するがバイトはなく、再度落としたがこれもダメだった。
船はポイントをすでに通過してしまい、「ああ。今回の遠征もこれで終わった。GTは釣れなかったし大きいのも釣れなかったなあ」と少々がっかりしていたところに、「もう一回だけおまけで流すよ」という天の声。思わず「きゃー!うれしい!」と声を上げてしまった。

船が大きく回り込んで止まるのを待ちきれずにジグを投入。

今度は150メートルまで落としてしゃくり始める。
もう、本当にこれが最後の最後だ。後は無い。

巻いてくる糸の色が120メートル付近に差し掛かった時、「来た!」
ずん!という重たい手応え。明らかに先ほどのおチビちゃんとは違う。
軽く合わせてから巻き始めるとドラグを鳴らして糸が出て行く。

「やった!これだよ、こう出なくちゃあ!」
心の中で叫びながら顔はニヤニヤ、でも必死。

水深は十分にあるので根ズレの心配はない。

慎重にファイトし、そして体力さえあれば魚は取れる。

Dsc00054

手応えから、魚はさほどの大物ではないということはわかったものの油断は禁物
上がるまでは気は抜かないのが釣りの鉄則だ。

残り20メートルくらいまではなんとか巻いて来たものの、「まだまだ最後に走りますよ」というY店長の予告通り、青い海の中に、一瞬、きらりと魚体が見えた瞬間猛烈に糸を引き出した。魚から船が見えると逃げようとして走るそうなのだ。

体力的にはもう竿を支えている腕もきついくらいだったが、獲物を目の前に弱音は吐けない。魚だって必死ならこちらだって必死なのだ。
さらにもう一度突っ込まれたのをなんとかかわして魚は上がって来た。

Img_7690

10キロあるかないか程度のキハダマグロとしては子供サイズだったが、僕の心は満たされていた。
この一匹が僕を救ってくれた。

かつて、作家の開高健氏が作品の中で大物を釣った時の表現に「私は更新された!」と書いていたが、当時の僕にはその意味が理解できなかった。
しかし、今の僕にはその意味が痛いほど実感できる。

この一匹に間違いなく僕は更新された。そして明日からも生きていくことができる。

僕の一匹を最後に船は港に向かう。
おさむしくんの「天国はもう終わりですね」という言葉に、僕は「次がまたあるよ」と答えたのだった。

沖縄船中泊遠征、釣りの部は終わりです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考:よせみや丸

釣りに関するお問い合わせはルアー・ショップEbb&Flow

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« 爆発と沈黙 沖縄船中泊遠征その六@よせみや丸 那覇 | トップページ | 第二回 Eno Cafe 第五よせみや丸船中泊店 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 爆発と沈黙 沖縄船中泊遠征その六@よせみや丸 那覇 | トップページ | 第二回 Eno Cafe 第五よせみや丸船中泊店 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31