無料ブログはココログ
フォト

« 盛夏の仙台プチ遠征 その二@はま丸 田代島 | トップページ | 小笠原母島遠征釣行 その一 »

2017年8月29日 (火)

Eno Cafe 三陸店@はま丸 田代島

毎度、周りへの迷惑を顧みず、 釣り船の上で挽きたてコーヒーを淹れては無理やり飲ませて美味しいと言わせるEno Cafe、いつもは九州・沖縄地方と比較的南の海が多いのですが今回は北の海へ行ってきました。言って見ればEno Cafe の北限に挑戦というわけであります。

これまでの北限はどこだったか?とおさらいしてみたら、なんのことはない地元横浜より北の海でやったことがなかった。それだけ僕の釣りが南の海に傾いているということの証なのでありましょう。このことは随分前から僕自身気になっていて、いつかはもっと北の海に行ってコーヒーを淹れてやるぞ!と密かに企んでいたのであります。

そんなところに急遽転がり込んだのが牡鹿半島周辺、三陸の最南端での釣り遠征のお話。これに飛びつかないわけはない。この話を聞いた時には、やった!東北でコーヒーが入れられる!と思わずニヤリとしましたね。もちろん釣りなんかよりコーヒーを淹れたいから参加したのでありますよ。

ということでいつものようにコーヒー道具一式を持って釣りに出かけたのでありましたが、事前にコーヒーの話を船長に伝えていなかったので、いざ船に乗ってみたらお湯がない。「なあんだ、行ってくれたらいいのに」と船長が言ってくださったので、それでは二日目にお願いいたします。ということで、釣行二日目の朝、船長の奥様からお湯のたっぷり入った魔法瓶をお借りして船に乗り込みました。

最初のポイントまで小一時間走ると聞いたら、いつコーヒー入れるの?今でしょ!
ということで早速道具を取り出し疾走する船の上、心地よい風に吹かれながらコーヒー豆をゴリゴリしました。

Imgp8220

今回持ってきたのはアフリカはルワンダのお豆ちゃんのハイローストです。
ルワンダの豆、というのは僕は今年になって初めて耳にしたので早速取り寄せて飲んでみたのですが、独特な切の鋭い酸味に爽やかな苦味が特徴の豆で一度飲んですっかり気に入ってしまったのであります。

ところがつい最近まで、いや現在もか?正常不安定なルワンダのこと、まだまだ生産量が少ないらしくすぐに売り切れてしまったのを大事にとっておいたものを、今日この日、Eno Cafe の東北進出を祝して持参という話なのであります。

Imgp8223



揺れる船の上、しかも風がそれなりにある場所でコーヒーを入れるには、ペーパーや粉を飛ばされない工夫やら、お湯をこぼさずに注ぐコツなどそれなりにノウハウはあるのですが、これまでの遠征でだいぶ確立しつつあり無事にコーヒーを淹れることができました。

Imgp8228


船長を始め釣り師一同にコーヒーを配り自分でも苦いのをチビリチビリと飲めば、折しも東の空には朝日が輝き一日の始まりを告げる中、走る船の上でのむ挽きたてコーヒーの美味しさといったら、眠気が覚めるだけでなく今日一日が何かとてもいい一日になりそうな気持ちになってくるじゃあありませんか。
それだけでもここまで道具を持ってきて、忙しい宿の奥様に無理を言ってまでしてコーヒーを入れた甲斐があるというもんです。

Imgp8230

Imgp8226


みなさん比較的無口でコーヒーを飲んでいらしたのはそれなりに感じるところがあってのことと勝手に推測しながらEno Cafe 三陸店は無事終了したのでありました。
Imgp8225
忙しい中お湯を用意してくださった船長ご夫妻にこの場を借りてお礼を申し上げます。
おかげさまで無事北限の更新ができました。ありがとうございました。

次にに目指すは北海道か?と言いたいところなんですが、九月には東京から南に1,000キロ離れた小笠原諸島への釣行が予定されていますので、一旦南下して世界自然遺産の中での初Eno Cafe開店を目論んでおります。

乞うご期待。


ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

« 盛夏の仙台プチ遠征 その二@はま丸 田代島 | トップページ | 小笠原母島遠征釣行 その一 »

コーヒー焙煎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Eno Cafe 三陸店@はま丸 田代島:

« 盛夏の仙台プチ遠征 その二@はま丸 田代島 | トップページ | 小笠原母島遠征釣行 その一 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31