無料ブログはココログ
フォト

« 小笠原母島遠征釣行 その五 | トップページ | 小笠原母島沖でコーヒーを淹れてみた@Eno Cafe 小笠原 母島店 »

2017年9月19日 (火)

小笠原母島遠征釣行 その六

小笠原母島遠征釣行三日目。
この日も朝5時出船。最終日は深場の大物カンパチとホウキハタを狙おうということになり船は南に走った。

昨日ドリップ用ペーパーを忘れてEno Cafe ができないという失態を犯した僕はこの日は抜かりなく準備万端。朝日の昇る前から船上でコーヒー豆をゴリゴリやってみんなにコーヒーを振る舞いましたよ。一同、コーヒーを飲みながら今日一日の作戦を話し合ったりしている。船長さんも喜んでくれてよかった。


やがて東の海に日が昇り最終日一日しゃくりまくるぞ!とテンションは上がるし気合が入る。

朝一は水深100mくらいから始めた。
使うジグは重めということでスキルガンマの280g。
魚探には反応が写っているにもかかわらずアタリが全くない。

小移動しながら海底の起伏のあるところを流していくのでありますが、反応に反してどうもアタらない。潮が悪いのか?ジグがあっていないのか?

そんな中最も南に位置するポイントでY店長がカンパチをキャッチ。

魚はいるのだ。何かが合っていないだけなのだがその何かがわからない。

次のポイントでは僕は何か網か何か動くものに根掛かりしてしまい、外すのに随分と長い時間を使ってしまいみなさんに迷惑をかけてしまった。

リールを巻くと糸が巻けるし船で引っ張っても糸は切れずに根がかった何かが動いてくる様子。最後はぽろっと外れてことなきを得たのでありますが、糸は伸びきってしまったので大きい魚がかかったら切れる可能性が高いので別のリールを使った方が良いと店長からアドバイスを受ける。

日もだいぶ高くなった九時前に根魚王が釣り上げたカンパチに店長はこの日の攻略のヒントをつかんだようだ。

 

Img_8657



さあこれからだぞ、というところだったのに、この辺りからさらにアタリは遠のき海は沈黙してしまった。
船は母島のカンパチの大物有名ポイントを次々に移動しながら攻めたのだがことごとく釣れない。魚影も薄かった。

そんな中、朝、僕が根掛かりをしたポイントに入った他船から無線が入りカンパチしか釣れない!入れ食いだ!という。なんとも皮肉な話だ。自然相手にはこんなこともある。運も必要なのであります。


一同がちょっと気落ちしている中で根魚王が狙い通りに高級魚のホウキハタ釣る。
ホウキハタは水深100mくらいの深場にいるのを知っていて狙いすまして仕留めるところはさすがであります。

Dsc00108

根魚王によればハタ類で美味しい順番は、クエ、アコウ、ホウキハタ、だそうで銅メダルのいいサイズを釣り上げてまた一つ目標を達成したようだ。

ホウキハタ以外にもポツリポツリではあるけれど根魚王はカンパチを釣り上げていきます。

根魚王がコンスタントにカンパチをかけていたのを見て、長さの短いシルバー系のジグがいいのでは?とY店長は考えた。
それまで使っていたシルエットの長いスキル・ガンマ280gから少し短めのアンチョビット・シャープ300gプロトにしたらすぐに立て続けに二本あげてしまった。

Dsc00126


やはり短めのシルエットがいいのか?

そんな様子を見て僕がKYだ、と冗談を飛ばしたら店長はプロトの300gを貸してくれるというので遠慮なく使わせていただいたところ、すぐにカンパチとホウキハタの大物を釣ってしまった。ホウキハタはなかなかのサイズで高級魚のキャッチに顔もほころぶ。

Img_8662

次はジギング王に貸すからと言われてプロトを取り上げられてしまった僕は、スロー系のショートジグに変えてみたところカンパチを一匹追加することができた。

さらにホウキハタらしき匹のいいサイズをバラす。


短めのシルバーが良い、というのを実証するかのような流れの中で根魚王はまたまたいいサイズのカンパチをキャッチ。店長の言うように短めのジグが良かったのかもしれない。

Img_8676

その後この島一番のカンパチポイントという場所に行くも撃沈。さらに朝一の根掛かりポイントにも戻って見たがすでにカンパチの群れはいなくなってしまったようでこちらも撃沈。

30度を越す暑さの中で一同流石に疲れも見えてきた。
僕は竿のグリップがしゃくった時に脇の下に当たるところが三日間のしゃくり詰めでヒリヒリと痛くなり始めてしまい、グリップの太い竿で釣るのが嫌になってしまった。

左手で竿を持つスロージグを使っての釣りは左手首が腱鞘炎で痛んでいたために二匹かけたところでやめて、仕方なく朝一の根掛かりタックルで釣ることにしたのであります。


午後二時半を過ぎて、そろそろ午後の高活性タイムの始まりか?という時間が到来しようとする時間に、「待ってました」とばかりに根魚王がアカハタモドキを釣り上げた。
使っていたのはこれまた短めのプロセレのプロトジグ、ゴビアスアンセスター300g。

Img_8681

その後もこのプロトで何匹かかけていたのを横目で見ながら、僕の方はちょっと長めだけれど潮のゆるい時に有効なアンチョビット・シャープの180gでアカハタモドキをキャッチ。

Img_8685

根魚王の勢いは止まるところを知らずまたまたカンパチをヒットする。

Img_8688

その後もポツリポツリと釣れるもののどうも今ひとつなので船長は大きく移動を決意した。
30分ほど走って入ったポイントでジギング王と根魚王の王様ダブルヒット。
それぞれ狙い通りにカンパチとアカハタモドキを釣り分けるところはさすがであります。

Img_8696

しかしながらどうも型が狙っているサイズじゃなあない。
もっと大物のいるポイントをと島を回り込んで移動したポイントに入った時にはすでに午後五時を過ぎていた。

水深150mと聞き一同重めのジグを使って早く沈めていたのでありますが、船長が「潮がゆるい」と一言言ったのを耳にした僕はあえてこのポイントには軽いけれど潮の緩い時に有効なアンチョビット・シャープ180gを選んで投入。

なかなか底が取れないので隣を見ていると、ミヨシで重いジグを使い早くもしゃくり初めていた店長が、「あ、アタッた!、バレた!あ、またアタッた!」と言っている。

魚はいるぞ、なんとバイトしてくれ!とやっと着底したのでしゃくり始めたら、底から数しゃくり目でドン!という久しぶりの衝撃。

根ズレ、という言葉が頭をよぎり最初は少し強引に巻いたものの、底を切りきったところからはギンバルを使わずに丁寧にファイトすることにした。なぜならこのタックル朝の根掛かりタックルなのでありました。強引に引っ張ったら簡単に切れそうな気がしてドラグも反射的に緩めてファイトを続けると、隣のヨッシーさんもヒット、さらにその奥の根魚王にもヒットしている。

魚の活性は高くなっている様子。
でも今はとにかく目の前のファイト中の魚に集中して上げようと、ビデオカメラを回して僕にチャチャを入れてくるY店長の攻撃をかわしつつ糸を巻いてくるとリーダーに入り魚が見えてきた。

なんだろう?カンパチじゃない?と思った途端ビデオを撮っていた店長が「おおお!!!シマアジだ!シマアジ〜!!!」と大声をあげて興奮をしている。

初めて見るシマアジにこれがシマアジ?カッポレみたいだけど違うの?とシロート丸出しの僕はキョトンとしていたが、周りは大騒ぎ。

Img_8714

シマアジの口を見たら針のかかっていたところが大きな穴になっている、もう少し強引にやっていたら、あるいはポンピングして糸を緩めていたら外れていたかもしれない、と思うと朝の根掛かりがいい方向に作用して釣り上げることができた一匹なんだとしみじみ運命のようなものを感じたのでありました。

船上ではシマアジ、シマアジとみんな呪文のように口にしている。
写真を撮って次、最後の流し、ということになると一同頭の中はシマアジしか無くなってしまったようで、根魚をヒットさせた根魚王も「シマアジきたー!」と叫んでいる。

僕も欲を出してもう一匹!と最後の力を振り絞ってしゃくって見たものの、シマアジはおろか何もヒットすることなく三日間の釣行は終了したのでありました。

Dsc00237


最後の最後で大逆転のシマアジ、翌日港で測ると10キロもあったのでびっくり。6〜7キロかと思っていたのに。
なんだかんだ言ってお天気も釣りも運とツキだけで押し切ってしまった釣行となりましたが、僕としてはシロートの釣りなんてこんなもんだろ、と思うところなのであります。

三日間を振り返ってみれば全体に渋かったとはいえたくさんの魚に会うことができたし、良き船長にも出会えてとても良かった。「旅とは出会いである」と日頃から思っている僕にとっては良き出会いの良き遠征釣行となったのでありました。



釣りに関するお問い合わせはルアー・ショップEbb&Flow
写真提供 Ebb&Flow

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« 小笠原母島遠征釣行 その五 | トップページ | 小笠原母島沖でコーヒーを淹れてみた@Eno Cafe 小笠原 母島店 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原母島遠征釣行 その六:

« 小笠原母島遠征釣行 その五 | トップページ | 小笠原母島沖でコーヒーを淹れてみた@Eno Cafe 小笠原 母島店 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31