無料ブログはココログ
フォト

« 小笠原母島遠征釣行 その一 | トップページ | 小笠原 母島遠征釣行 その三 »

2017年9月15日 (金)

小笠原母島遠征釣行 その二

父島で釣り船に乗り換えておよそ2時間弱走ります。
三日前の天気予報では、この日の天気は曇り時々雨だったのですが、秋雨前線の南下は小笠原諸島にまで至らなかったようで空は快晴。海は軽いウネリはあるものの凪の海でした。

Img_8280

今回の小笠原でのターゲットは、一番が巨大カンパチにイソマグロ。根魚的には幻の魚ツチホゼリやホウキハタなどの高級魚。さらには銀座でお寿司にしたら一巻でいくら取られるかわからないという高級魚のシマアジあたりでありました。

イソマグロは100キロくらいの化け物もいるらしいし、カンパチも30キロくらいのが上がるらしい。

そんな話を走る船の上ですれば期待ばかりが膨らむというもの。
東京から母島までは27時間近い時間を要するので釣り人は少なく魚が濃いのは容易に想像できるのでありました。

Img_8278

船は母島の沖で速度を緩めました。

母島の西側沖から釣りを始めました。水深はおよそ100メートル。

母島での釣り、第一投目というものは期待に胸が膨らむものですが、何が起こるかわからないぞ!なんでも来い!と勇ましくジグを投入。
ジグは波紋を立てるとひらひらと木の葉が舞うように水中に消えていくのがしばらく見えます。水の透明度が高いのです。
ジグが見えなくなると今度は出ていく糸の色を見ながら何メートル糸が出ているのかを見ていきながら期待はどんどん膨れ上がりワクワクしながら頭の中で何メートル糸が出たのかを数えていた。ところが50メートルほど糸が出たところでジグが落ちなくなってしまった。

この異変にすぐに気づき糸を巻き始めると手元に重さが伝わり魚の感触。なんとしょっぱなから、しかも糸が落ちきる前に魚が食いついてきた。すかさずファイト体制に入り糸を巻き始めると、数回巻いたところでフッと軽くなってしまった。「あれえ、バレちゃったかな」と糸を巻くとジグの重さも感じられないじゃあないですか。糸を巻き切ってみると、糸の先は鋭利な刃物で切られたようにスパッと切れており、その周りには一つも傷がないことからナイフのような鋭い刃を持つカマスサワラあたりに切られたらしい。
やられた、いきなり最初の一投でライン・ブレイク。なんと不吉な。

しかし魚はいる、すぐに別の竿に持ち替えてジグを落とす。
今度は海底までしっかり落ち何度がしゃくったものの魚の反応はなく、船長から「あげてください」と指示が出たので糸を巻き取ります。糸を50メートルほど巻いてきたところでいきなりドン!という感触が手に伝わり竿がしなる。かかった魚は走りリールのドラグも時折ならす。

キハダマグロの子供かな?などと先ほどのライン・ブレイク地獄から一転してファイト天国に変わり気分良くファイトにはいれば、魚もなかなかいい感じで闘ってくれて釣り師を楽しませてくれる。
やがて糸は残り数メートルになると透明な海の深い青の中にキラリと魚体が見えてくる。この一緒んがたまらない。さあ、何がかかっているのか?キハダかそれとも他の魚か?
一瞬キハダマグロに見えたけれどどうも色が違うし胸ビレも短い。
船に引き上げようと構えていた船長の「スマですね」という声に驚いた。こんなに思いスマガツオは釣ったことがない。あげてみれば5キロはありそうな丸々と太った魚体。今年七月の長崎のステイタス釣行時にY店長が大きなスマガツオを釣り上げ驚いたがさらにうわまるのではないかという大きさ。ううむ、さすが小笠原母島、どうやらスケールが違うらしい。

Img_8292

少しポイントを移動して投入すると今度はジギング王にヒット。
竿の曲がり方、特有のファイトからしてこれはカンパチに違いない。しかもサイズは良さそうだ。早くも本命キャッチか!と見ていると10キロクラスの丸々太ったカンパチが上がってきた。


Img_8310


ジギング王のヒットにお祭りを避けるために船長からの「あげて」の声に糸を巻き巻していたら僕にもまたまたひったくるようなヒット!今度も先ほどくらい、いやそれ以上によく引く。

どうやらスマガツオではないようだ。釣り始めていきなり三連続ヒットにニヤニヤしながら糸を巻き上げてくれば、今度はやはり5~6キロクラスのキハダマグロの子供キメジでした。すぐにリリースしてポイントを移動。船長はどうやら僕らが狙うカンパチはいないと判断した模様なのでありました。

Img_8317


少し走ってポイントを変えて投入すると、船の後方で釣っていた根魚王にヒット。
根魚にしてはグイグイよく引くと思いながら見ていたらカンパチが上がってきた。
船長がカンパチのポイントを的確に狙ってくれている証拠だ。
それにしてもポイントを変えるたびに次々と魚が釣れるなんてまるで夢のような海なのであります。


Img_8323

ここ母島ではポイントに入って最初の一投で魚の反応がないと大体ダメで、釣れても二流し目以降はあまり釣れることがないというので、次々とポイントを移動して釣っていきます。

次のポイントは船長によれば通称カンパチ山と呼ばれている小さな岬のような山の沖で、名前を聞いただけでテンションが上がってくる。水深は急に崖が立ち上がるように浅くなっている場所なので、かけた後に糸をそこの根にこすって切られないよう、大胆かつ慎重にファイトしなければならない。

ここでも一投目で誰かにヒット。
おお!さすがカンパチ山の名に恥じない、なんて思いながらしゃくっていたら僕の竿にもガツンと強い衝撃。

根ズレしないよう一気に巻こうとするものの敵もさるものジリジリとドラグを鳴らし海に引き込もうとする。最初の20メートルくらいが根ズレとの勝負所、ここをなんとかクリアすればと魚の引きに耐えながら糸を巻くとドラグが鳴り巻いたぶんだけまた糸を出される。

腕は伸びっぱなしで手前に引き込めないほどの強い力になんとか踏ん張って少しずつ糸を巻いて行くとなんとか最初の根ズレは乗り切れました。
そこからもしばらく一進一退の攻防が続きつつものこりすメートルまで巻いてくると魚の姿が見えてくる。デカイ!と思った。先ほどのカンパチよりはるかに大きい。あげてみると10キロクラスの堂々たる風格のあるカンパチ。

Img_8350

さらに次のポイントでは三人同時にヒット。トリプル・ヒットです。

カメラマンのY店長は釣りをしているどころではない。船の上を前に後ろに走り回りながら次々と釣れる様子をカメラに収めている。

 

Img_8367

釣行初日の小一時間でこんなのが釣れちゃうなんて、なんというフィールドなのだ。さすが世界世界自然遺産と驚かされるばかり、魚の濃さが桁外れに違うのでありました。はるばる24時間船に揺られてきただけの価値のあるパラダイスなのでありました。

まだまだ初日の釣りは激しくつづく・・・

釣りに関するお問い合わせはルアー・ショップEbb&Flow
写真提供 Ebb&Flow

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« 小笠原母島遠征釣行 その一 | トップページ | 小笠原 母島遠征釣行 その三 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原母島遠征釣行 その二:

« 小笠原母島遠征釣行 その一 | トップページ | 小笠原 母島遠征釣行 その三 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31