無料ブログはココログ
フォト

« Eno Cafe 能登輪島店@諏訪丸 輪島港 | トップページ | EnoCafe東京湾シーバスジギング2017-18シーズン開幕店@長崎丸 »

2017年11月20日 (月)

シーバスジギング到来?@長崎丸 本牧港

シーバスのジギングためし釣りがあるのできませんか?というお誘いを受けて「はいはい行きます」と能登輪島釣行から中一日しか開けず、厳密には火曜の未明に帰って来て水曜の釣行だから翌日か?にノコノコと出かけて行きましたよ。

およそ7ヶ月ぶりの本牧港の長崎屋さん、港に着けばいつものメンバー、山田さんに若林さん、池田さん、そして紅一点のイブちゃん。

コーヒー飲みながらのんびりと支度をして八時出船。

港を出た船はいつものようにベイブリッジ方向に舵を切り、ベイブリッジをくぐった先で速度を緩める。
「反応があるのでやってみましょう」というイサオ船長の声に素早くしゃくり始めた山田さんが早くもヒットさせている。

今シーズンもシーバス入れ食いか?と思ったら上がって来たのは食べ頃サイズのカマスでした。山田さんさらにカマス連発!若林さんもヒットさせてカマス船になっている。

僕の方はしゃくり方が悪いのか全くアタラず、そのうち反応が消えたらしく移動となってしまいました。

船は運河を北上し鶴見方面へ、次に停まったところでは近くにアジの船がいてみているとサビキで鈴なりのアジ釣りを展開している。

我等が船上でも誰かがサビキを落としたらたちまちアジが釣れて来た、これをきっかけに次々と皆さん密かに持ち込んだサビキ仕掛けをつけてジギングサビキ船に変貌します。

イブちゃんにもサビキつけてあげて落としたらたちまち二匹かかってきた。
それをみたら、「オイラもソレだ!」と自分もサビキ仕掛けにして釣り始めると、ジグが着底すると同時に竿先が小気味良くブルブルと震えリップルフィッシャー582の穂先がいい感じで曲がる。この竿アジ釣りもいけちゃいます。

アジはダブル、トリプル、さらにはつけっぱなしにしておいたジグ用のアシストフックにまで食いついて四匹上がってくるなどということもあり絶好調!
コマセなしでこんなにアジが釣れるなんて信じられない。

ところが、そんなに連れているアジでもピタッとアタリがなくなる事がある。どうやらアジを捕食する魚が来たようで、オオトモの方のサビキにセイゴちゃんが鈴なりになって上がって来た。

やはりこれが原因だったようで、船を少し移動して再びアジの群れの上につければ入れ食いの始まり。

小一時間でイブちゃんと僕で49匹も釣ってしまった。

アタリが遠のいたので、いつまでもアジ船をやっているわけにはいかないので沖のバースに移動してシーバスを探ります。


ここで74センチのシーバスを先ほどのセイゴ鈴なりの方が仕留めシーバス船らしくなってまいりました。

イブちゃんもここでシーバスをヒット!
先に釣られてしまった。
「釣れたんじゃなくって、釣ったんです!」って言っていいから、なんて若林さんにも褒められて嬉しそう。

Dsc00965

しばらくバースを攻めるもパッとしないので大移動してアクアラインの橋部分までやってきました。ここのミオ筋に大型シーバスがつくということで、攻める方、ジグをしゃくる方など様々攻めるもパッとせず。

Dsc00966


次は橋脚周りを攻めるも、ここもパッとせず。

Dsc00975


船は海ホタルを見ながら西に走っていたのですが間も無くスピードを緩め「やって見ましょう」という船長のアナウンス。

Dsc00982

なんのストラクチャーもない海の真ん中なんですが間も無く誰かにヒット!上がってきたのはなんとイナダ。
こんな東京湾の奥にまでイナダの群れが入ってくるものなんだと驚きながらもイナダに効くジグのアクションを若林さんに教えていただき試して見たら、あら、釣れちゃった。

先月仙台まで出かけて釣ったのと同じくらいの魚。
そしてまたすぐ二二匹目が、しかしこれはバラしてしまった。

根がかりのきついポイントなのでこれに苦しみながらもバイトは多く、山田さん、右のお隣さんやオオトモの方も次々にヒットさせている。

Dsc00991

イブちゃんもなんとか一匹目をキャッチしたら、そのあとは次第にコツを掴んだのか二匹目、三匹目とキャッチ。最初はかかると周りから「巻いて巻いて、今は巻かないで」などとうるさかったのも三匹目ともなると堂々としたファイトで一同黙って見守っておりました。

Dsc00992

Dsc00998

僕も根がかりに一本、油断してルアーごと切られたのが一本とジグをロストしたものの九匹かけて四匹キャッチ。
東京湾イナダ船楽しいぞ!いや、違う!シーバスでしょ、今日は!なんて思ってたところで若林さんが本命のシーバス良型をヒットさせて見事キャッチ。さすがシーバス・ハンター!

Dsc01012

負けじと言い方のカサゴをヒットさせる山田さんとこの日の長崎丸十号船は五目釣り船とかしていったのでありました。

三時の沖上がりまでイナダちゃんはポツポツと釣れ続き、シーズン初めのためし釣りとしてはなかなかの楽しい釣りになりました。

Photo

遠征ばかりが釣りじゃない、近場でもこんなに楽しめるんだなあ。イブちゃんが居たおかげか?

釣りに関するお問い合わせはルアー・ショップEbb&Flow
参考:長崎屋釣果情報

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« Eno Cafe 能登輪島店@諏訪丸 輪島港 | トップページ | EnoCafe東京湾シーバスジギング2017-18シーズン開幕店@長崎丸 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シーバスジギング到来?@長崎丸 本牧港:

« Eno Cafe 能登輪島店@諏訪丸 輪島港 | トップページ | EnoCafe東京湾シーバスジギング2017-18シーズン開幕店@長崎丸 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31