無料ブログはココログ
フォト

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月27日 (土)

厳寒のシーバスジギング@長崎丸 横浜・本牧港

先週シベリアを襲ったマイナス60度の超極寒の寒気団が今週は日本付近まで南下してきて今週前半に関東一帯に大雪を降らせた後も寒気のみ居座り、なんとおよそ50年ぶりの寒さを関東地方にもたらしたのでありました。

そんな寒〜い中に釣りに行こうというのですから釣りをしない人から見たらどうにかしているんじゃないのか?と思われることも仕方がないほどの寒さだったのでありますが、行くんです。釣りに。

ということで2018年の初シーバスジギングは1月26日の金曜日に出かけることになりました。
当日朝、家を出てしばらく走った車の中で外気温を示す温度計はマイナス5.5度を表示している。まるで真冬のスキー場のような寒さ。凍結している道路に気を使いながら本牧の長崎丸さんに向かいました。

港に着いて車から出るとまさに身を切るような寒さ。耳や顔などの露出部分が瞬時に痛くなる。慌てて倉庫に飛び込みEno Cafeで熱いコーヒーをルアーデザイナーの若林さん、山田さん、池田さん、サプライズの椙尾さんといったお馴染みさんに振る舞い少し温まったものの外に出たら元のモクアミ。それでも海上に出れば海水温のおかげで少しは暖かいのではないかという目算があったんです。

午前8時過ぎ出船。

船は二、三十分走りますとのことで波の被らない所に避難して冷たい風をしのぎます。
この日は釣り情報誌の取材の方がプロアングラーの方と乗船しており、あわよくばデカイの釣って雑誌に出ちゃおうというシタゴコロを胸にしつつも海上でも容赦無く身を包む寒気に心は折れそう。海上は暖かいという目算はあっという間に何処かに吹き飛ばされてしまった。

最初に入ったポイントはアクアラインの通気口である風の塔周り。
すでに何隻か船が来ているところを見ると釣れているらしい。

早速釣り開始。
この日は事前情報で「良い」と聞いて買い込んで来たプロセレ社のアンチョビットのブルー・ピンクでスタート。

これがハマったようで開始早々魚をキャッチ。
小型ながらよく引く久しぶりのシーバスの感触を体で味わいながらファイトを楽しみます。バイトはジグの沈んでいく途中のフォール時に多くあり集中力が勝負。

周りの方々を見れば左隣の若林さんはいつものようにすごい勢いで魚をかけているし右隣の方も同様に次々とかけている。
僕と来たらスローテンポながら魚はかけるものの船に取り込む手前でポロリと落としてしまうことが多く、なかなか数が伸びていかない。

寒さも忘れて夢中になって釣りをしたらあっという間に三時間が過ぎていた。ここでちょうど潮止まりの時間となりアタリが遠のいてしまう。爆釣はここまでか?と思ったものの、少し移動したところで再び食い出したが釣れるパターンが変わって来た。

若林さんをチラ見したらフォール・アクションに特徴のあるゴビアス・アンセスターというジグに替えているので即真似をして交換すると僕にもアタリが戻って来る。

15b


ここから一時間ほどはテクニカルながらパターンがハマれば入れ食いになる釣りとしては一番面白い状態が続きます。

しかし数は伸びるけれども型がなかなか上がらないので大物狙いできさらず沖の大型船回りをすることになり12時過ぎに移動。
この時点で僕の釣果は39匹。右隣の方は57匹、すごい!

タンカー周りに移動するとここもまた釣れるパターンが違うようで、最初はパイロット・ルアー的にアンチョビットを使っていたのでありますが、若林さんから「ダイルがいいよ」とゴビアス・ダイルというジグを勧められたので交換するとすぐさまヒット。
型も60センチくらいと一回り大きくなった。
Dsc03201

続けて二匹目をかけて入れ食いか?と喜んでファイトしていたらリールの操作を誤り魚がかかったままの状態でライントラブル。
リールが巻けなくなってしまい焦ったのですが、なんとか糸が巻ける状態に戻したら魚も運よくついたままだった。これで41匹。

タンカーを1周半やってみたもののどうも反応がイマイチなので再び20分ほど船を走らせ川崎沖のバースへ移動。

ちょうど大型タンカーがバースから出ていったところで、この船の周りについていたであろう魚の群れを狙って船を流すのですが、ここもまた反応はイマイチ。

やむなく運河の浅場に移動して攻めることになった。
この辺りから移動中に体に当たる風がひどく冷たく感じ、爆釣時は気にならなかった濡れた手や露出した顔などがヒリヒリしてきた。

普段は日が当たると真冬でも暖かく感じるものだがこの日は日差しが全く効力を発揮しなかった。
「魚釣りとは一方の先に魚がついていて、もう一方の先にはバカがついているものである」という何処かで聞いた名言が思い浮かんでくる。

船上の釣り師は全般的に無口になりエンジン音だけが鳴り響く。
何しろこの日の陸上での最高気温は5度程度。冷蔵庫の中より寒い上に海上では冷たい北風をまともに受け体感温度はさらに下がる。おそらく0度前後の体感気温ではあるまいかと思えるほど、こんなに寒い思いをしたのは数年前スキーに行った北海道のニセコ以来だ。

Dsc03190

                                 釣りバカを見つめるマリンタワーも凍えていた


釣れているときは寒さも忘れるのだけれど釣れなくなると寒さは一層体にこたえる。
運河のポイントを移動しながら広い釣りしていくも、どこもパッとせず、鶴見から横浜港へと南下して最後はベイブリッジの下あたりでふた流しして終了。

港について陸に上がったら暖かいのでホッとした。それでも気温は5度前後であります。海上では一体何度に感じていたのか?
冷蔵庫どころか冷凍庫並みの寒さの中での2018年初シーバスジギングとなったのでありました。

今回の寒波は50年ぶりというくらいだから今後今日以上に寒い中での釣りはもうないだろう、と楽観的になるのは釣りバカのサガなのでありましょうか?
ちなみにこの日の取材記事は「釣り情報」誌2月15日発売号にカラーで載るそうで誰が出てくるかは発売までのお楽しみ。


ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

2018年1月11日 (木)

初釣りは大笑い、じゃなくて大洗@アーネスト

年が明けて10日にもなるというのに今年は釣りに行けずにおりましたが、実は年末から今年の初釣りはぶりを釣りに行こうと遠征でよくご一緒する「昆虫大好きさん」と年末から計画を立てていたんです。

初めの予定では9日に伊勢湾に行こう。という話だったのですが、伊勢湾の釣況がイマイチだったので年末にルアーショップ、エブアンドフローさんご一行がいい釣りをしてきた茨城の大洗はアーネストさんという船はどうかという話になり、たまたま空きがあったので乗り合いに潜り込みました。

ところが今度は天気の方に問題があり、8日の成人式から9日にかけて二つ玉低気圧とそれに伴う前線通過により日本列島は大荒れの天候になってしまい釣りどころではなくなってしまった。
年明け早々運のつかないことが連続して起こったわけですがそれでもめげずに日程を一日ずらしして10日に出ることになりました。

ところが10日も北海道沖の強力な低気圧からのびる前線に向かって強風が吹くというので出船が危ぶまれたのですが、最悪は当日の朝ダメかもしれないというのを承知で出かけることになりました。

午前6時涸沼川にある桟橋から出船。
海釣りに行くのに川から出船というのは初めての経験なのでなんとなく不思議な気分。川はさほど風もなく穏やかでした。

河口から海に出てもしばらくは大した波もなく、これなら行けそう!と思っていたのですが30分ほど走ると次第に波が高まりうねりも出てきた。

Imgp8337


ああ、やはり予報通り荒れ模様か。それでも釣りができればいいや。くらいの気持ちでいるとポイントに到着。

この日の釣り客は我々2名を含めて5名だったので風を船の側面に当てて船を流す「ドテラ流し」で船を流すかと思ったのですが風が強すぎてドテラは無理、と船長は判断。風に船首を当てて流すことになりました。

ジギングの場合はドテラの方が釣りやすいのですが、この風と波では仕方なく釣りができるだけでもラッキーという程の風でしたので船長の合図とともに釣り開始です。

船首近くに釣り座を取り「水深65メートル、そこから10メートルにベイトの反応」という船長のアナウンスにテンションが上がり釣り始めると、まもなく船尾の方にヒット。

小ぶりながらお腹がパンパンに太ったコロッコロのワラサが上がってきました。
魚は居る!となれば気合も入ります。

この日いくつかのパターンを作戦立てしてきたのですが、まずはアンチョビット・シャープ180gのイチゴミルクカラーを普通にしゃくってみた。

15分くらいしゃくったところで早くも幸先よくヒット。良く引くので期待してファイトするも上がってきたのは船尾の方と同サイズの小ぶりのワラサちゃん、でもお腹パンパンで美味しそう!

同行の昆虫大好きさんも間も無くヒットさせ今日はいい釣りになりそう!と波に翻弄される大きく揺れる船の上で思わずニヤリとしてしまう。

この日実は新しいタックルを持って行ったので釣りが楽しみで仕方なかった。
これまでハイギアのスピニングリールしか持っていなかったのですが、「ジギングならローギア」とジギング王に言われてからず〜っと欲しかったのがやっと手に入れたので初めて使うローギアのリールの感触を楽しみながら使っていたのでありました。

二匹目がきたのはちょっと釣り方を変えてから直ぐでした。
釣行直前にエブアンドフローに行き年末に釣行した店長から色々情報を聞いたところ、ただのワンピッチだけでは攻略は難しい。早巻きを入れるなど色々試してみたらいい。という話だったのでジグが着底してから一気に全速で糸を巻き上げる早巻きを試してみたところ直ぐにきたのでありました。

この一匹で魚がベイト(餌になる魚)を追い回している時にはゆっくりジグを動かして弱った小魚を演出するよりも素早く逃げようとする小魚を演出する方が効果的だな、とピンときたのであります。

この釣り方は昨年最後のシーバスジギング時にイナダが入れぐいになった場面でルアーデザイナーの若林氏から教えていただいた釣り方で「魚に狩をさせるイメージで」という氏の言葉が頭に思い浮かんだ。
世間では「丹後ジャーク」と呼ばれているテクニックなのだけれど、この日はこのパターンがハマっていたようで、船尾でよく釣り上げている方もこの釣り方で数を伸ばしていた様子なのでした。
船長も「底から8メートルにベイトボール」とアナウンスしてくださるので常に海の中の様子を知ることができ、小魚が追われて団子状になる「ベイトボール」のあるところで集中して早巻きをやってみたのでした。

おお!やはりこういうことは事前に聞いておかないとわからないので釣りも情報戦だなあ、などと感心しつつさらに早巻きで三匹目をかけた。

ところがこの魚、ファイト中にすっぽ抜けて外れてしまった。ルアーごと持って行かれたので歯の鋭いサワラに切られたのかと思いながら糸を巻いてきたらなんと、PEラインとリーダーの結び目が残っているじゃあありませんか!そうリーダーがすっぽ抜けちゃったんです、いわゆるシステム抜けというやつ。初めてやらかしてしまったのでちょっとショックだったのですが直ぐに気を取り直して別のタックルに替え、こちらはシステムが万全なのを確認した上で同じアンチョビットシャープの色違いをつけた。

すると直ぐに巻いてくる魚にアタリがあるのだけれど魚がかからない。そのまま巻き続けたらまたアタルのだけれどかからない。さらに巻き続けたらやっと手元にググン!という感触が伝わり思わず「やったー!」と声を上げてしまう。

さほど重くないのでサイズは小さいかな?と思いながらファイトして上げたら、あれえ?魚が二匹ついてる!
いわゆるダブルヒットとうやつですね。サイズはイナダクラスのおチビちゃんだけれど初めてのダブルヒットは嬉しかった。
このあと一匹かけたのですがまたまたバラしてしまう。
今度は針がハリスから抜けていたのでまたまたがっくり。自分の手抜きミスで二匹もバラすなんて。と初釣りから大反省することばかりが起こる。

でもまあ、これを教訓にすれば今年の今後の釣りはうまく行くかも!と気を取り直してフックも交換して再開。

時は既に10時頃に差し掛かり波はさらに高くなり、船長から「この流しで港へ帰ります」と早上がりのアナウンスをされ、まあ、安全のためなら仕方ない、でももう一匹でいいからいいサイズを釣りたいと思って汗だくになりながら早巻きを繰り返します。

Imgp8341


この時点で既に上腕筋および大胸筋は時折ピクピクと痙攣を起こし、「もう釣りなんかやめてよ」と言ってくる。2リットル入りの烏龍茶も真冬だというのに8割がた飲んでしまうほど喉が渇き、時折みよしの一段高くなった所にへたり込んで休憩をとりながら釣りをしていたのに船長の「この一流しで・・」のアナウンスに気合いを入れ直して釣りを再開するのでありました。

Imgp8346

            当たりルアー、アンチョビット・シャープ180g


身体中汗だくになりながら早巻きを繰り返していたら、巻き終えてジグを落とし直そうとした瞬間にヒット!これまた良く引くのだけれど上がってくると同じくらいのサイズのワラサちゃん。ああ、今日はこのサイズで終了か?ブリクラスのデカイのを釣りたい!と思っていたらにわかに風が穏やかになってきて波高も下がってきた。

船長からも「波は下がってきたので流し直します」と嬉しいアナウンス。
風も弱まったので今度は船を「ドテラ」で流すことにして下さった。
やはりジギングはこちらの方が釣りやすい。とはいうものの体はもう一杯一杯になってしまっていたのだけれど、それでも釣りをやめないのが釣り師のサガか?

2回目に落として早まきを始めたところで今までとは違うドスン!という手応えと共に竿は曲がりリールのドラグもジリジリと音を立てて出て行く。

おおお!これはいいサイズかも!
と慎重にファイトしていたら船長がタモを持ってきて横に立ちカメラを構える。
時折ドラグを鳴らしてせっかく巻いた糸を引き出しながらのファイト。船長から糸の太さを聞かれて、PEは5号、リーダーは35ポンド、と答えると「リーダー細いねえ」と心配そうなお返事。「エブフロの店長から太いリーダーは食いが悪いと聞いたもので」と答えると、「ううむ、さすがその辺りは店長抜け目ない」と感心なさっておられた。

12021



そんなやりとりをしながらも慎重に、というよりも体が疲労していてゆっくり、ちびちびしか巻き取る力がなかったというのが本当のところ。それでもなんとかあげてきたらやはりいいサイズ。やっとブリと呼べるサイズの魚がタモに入り船に引き上げられた時にはこちらも疲労でへたり込んでしまった。
この一匹で力尽きた感じ。

12023



直後に隣の昆虫大好きさんにも大物らしきヒット!しかし非情にもバレてしまう。
さらにみよしで釣っていた若者にも大物らしきヒットがあり竿を絞り込んでいくが、なんと針を伸ばされてバレてしまった。

Imgp8338

          大物をバラしてしまった昆虫大好きさん、悔しそう!

どうやらこの瞬間だけ大型が回遊してきていたようで連発となったのでありますが、運良く取れたので嬉しかった。

このあとはアタリが遠のいたと思ったら、治っていた風が先ほどよりさらに激しくなってきたため11時半頃早上がりすることになり釣り終了。

12026


帰りは向かい風の強風の中を三時間もかけて慎重に船を走らせ、その間針を伸ばされた若手釣り師の方と船長の三人で色々な釣り談義ができたのが楽しかった。

とりあえず、ミスは二つ犯してしまったけれど、ブリは釣れたし8ヒット6キャッチとまあまあの出来という「大笑い」とまではいかなかったけれど「中笑い」くらいの新年の明けての初釣りとなったのでありました。

大波の中操船に注力いただいた船長、色々とお世話になった同船者の皆さんありがとうございました。皆様にとっても今年一年いい釣りができますように。


ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

2018年1月 4日 (木)

明けましておめでとうございます

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

もう今日は4日で仕事が今日から始まる方もたくさんいらっしゃることと思いますが、僕の方は正月は実家に帰省して親の面倒を見たり色々することが多くてブログを書く気分になれなかったのですが、やっと三が日が開けて余裕ができた感じです。

実は今年は元旦の朝一からちょっとしたハプニングがありまして、ブログに書きたかったのですが三日も経ってしまった。

昨年のブログは元旦の初日の出の写真から始まっていたと思うのですが、今年も日の出を撮りに行ったんですね。
大晦日は9時にはとこに入ってしまい、元旦の朝に備えていたのですが朝起きて窓を見たら外が薄明るい。慌てて時計を見たら6時40分。確か去年の初日の出が6時53分だったと思ったので顔も洗わず慌てて着替えてカメラを首にかけて犬を引っ張って近くの河原まで走って行きましたよ。

まさか元旦早々ジョギングするとは夢にも思わなかった。
それでもジョギングした甲斐があって、河原から近くの橋まで走っていく辺りで日が上がり始めギリギリ日の出に間に合いました。

橋の上には人が十人ほどいてスマホやカメラで写真を撮ってる。
僕も慌ててカメラを出して息を切らせながら写真を撮っていたら隣にいたおばちゃんにが「綺麗ですね」と声をかけてきた。「そうですね、綺麗ですね」と僕。
「その写真撮って売るんですか?」とおばちゃん。

僕「売りませんよ。撮るだけです」
おば「その写真いただけませんか?」
僕「え?でも焼きませんから」
おば「記念にどうしても欲しいんですよ」
僕「じゃあ、メールアドレスでも教えてくれたらデータあげますよ」
おば「メールはやらないんです」

その間もどんどん上がってくる太陽を写真に収めていたのでおばちゃんの顔はわからぬまま会話だけしていたんですが、正直うっとうしかった。

おばちゃん、僕の写真を見たわけでもないのにいい写真を撮ってると勘違いしてその後もしつこく写真が欲しいというので、僕もすっかりその情熱に押されてしまった。

僕「それじゃあ連絡先を紙かなんかに書いてください。あとで連絡しますから」
ということになりおばちゃんは何かの裏紙に携帯の番号を書いて手渡して帰っていった。

なんだか元日の朝っぱらからナンパされたようなナンパしたような変なことになってしまったのだけれど、おばちゃんには悪いけれど後に20歳くらい若かったら嬉しかったなあ、なんて思いながら写真をひとしきり撮って帰宅。

その日の朝はお屠蘇がわりにお酒を飲んで酔っ払っちゃったので昼ごろまで寝てしまい、午後になって写真のことを思い出した。

とりあえず約束だけは果たそうと紙に書かれた電話番号に電話して、メールはないの?と聞いてみたら、そういうのはやっていないとおっしゃる。どうやら写真を焼いて欲しがっているのことが分かったので、コンビニで焼いたもので良ければあげます。という話に落ち着きコンビニで2枚ほど焼いて、夕方の犬の散歩で朝の端に行くついでに渡すことにした。
夕方時間より少し早く端に向かって行ったら、おばちゃんのらしき車がすでに停まっており近くに人の姿が見える。
近づいたら70歳くらいと思しきおばちゃんがいて僕に気づいて寄ってきたので、写真を二枚手渡したらちょっと落胆の顔色を見せた。

Dsc02618
おばちゃんはどうやら大きく焼いた写真が欲しかったらしく額に入れて飾りたかったらしい。ちょっと期待を裏切っちゃって申し訳ない気分になっちゃったけれど紙焼きから大伸ばしすることができるのをおばちゃんは知っていたらしく、「これを大きくして飾ります」と言って写真を受け取り「また来年会えたら」と言い残し帰って言った。

Dsc02686


ご覧のように大した写真じゃないのだけれど、こんなものでも喜んでくれるのなら少しは人のためになることもできたのかしらなどと思う元旦なのでありました。
今年もいい出会いがあるといいなあ。どんな一年になるのか楽しみになってきたのでありました。

皆様も良い一年になりますように。

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31