無料ブログはココログ
フォト

« 大笑いは二度続かない@アーネスト 大洗 | トップページ | 春のリバスポでフライフィッシング@リヴァースポット早戸 »

2018年4月11日 (水)

春の東京湾 マダイ釣り

先週は大洗まで出かけてサバ二匹という貧果に泣いて帰っ着たというのに今週も懲りずに釣りに出かけました。

狙うは東京湾のマダイ。

そろそろ春のマダイシーズンが始まるというので期待も大きく、先週釣れなかった分をここで取り戻してやろうという魂胆です。

早朝五時過ぎ、義兄の船がある港についたら何やら僕と似たようなロン毛のおじさんが釣り道具を持っていらっしゃる。

向こうから「今日はアジ釣りですか?」と聞かれたので「タイラバです」と答えたら

「ああ。じゃあ一緒ですね」と義兄の名前をあげたので同行する方だとわかった。

タイラバの話からジグでマダイを釣る話などしているところに義兄が登場し出船の支度をしまもなく出船。


この日は日中は夏日になるといいながらも朝は北の風で空気は冷たくうすら寒かった。海は凪で空は薄曇り、潮回りは大潮後の中潮の下げ、絶好の釣り日和にマダイちゃんへの期待は高まります。


最初のポイントは15分くらい走った所、早速タイラバを出して水中に投下。
見た所水の色がいつもより澄んでいる。澄み潮だとタイラバが魚に見られやすいのでちょっと嫌な予感がした。

P4032517


数百メートル流しては流し変えて、何度か攻めたものの当たりがないので移動し次のポイント。
ここも水の色は変わらない。
ここもネチネチと三人で攻めるもアタリはなく再び移動。

次のポイントの一流し目、流し始めて間もなく義兄にヒット。
竿先をコンコンと叩く間違いなくマダイの引き。
ところが巻いている途中で曲がっていた竿先がフッと伸びてバレてしまった。
どうも食いが浅いらしい。

同じポイントを流しかえるも次はアタリがなくまたまた移動する。
先ほどの義兄のバラシを見てタイラバの針と色を交換、針を新しいものにしてかかりを良くすることを狙った。ラバーの色はオレンジ・赤系から緑に交換。

これがそうしたのか次のポイントで開始間も無くコココ…というアタリがある。
そのままタイラバを巻き上げてきたらグググ!と竿先が絞り込まれて魚が針にかかった様子。やった!きたぞ!とそのまま巻き上げてきたら20メートルほど巻き上げたところでバレてしまった。

なんと!針を新しくしておきながら痛恨のバラシ。魚が乗り切ったところで合わせを入れればよかったのか?今後の課題として前向きに捉えよう、なあんていうのは嘘ばっかりで、もうガッカリで意気消沈。

同じポイントを流し返すもアタリなく、さらにポイントを変えたところで今度は同行の方にアタッタがまたまたバレてしまった。

このあとアタリが遠のきどうも魚の数が薄いと判断し大移動を決断。
観音崎を超えて横須賀側の浅場まで行って見るものの、こちらはさらに潮が澄んでおりアタリもなくふた流しでまた元の場所に戻ってきた。

P4032526



今度は比較的岸に近いところを流すも次第に南風が吹き出したので早めに上がることになったのでありました。
東京湾は南の風が吹くと波が立つのでこの日の午後は強く吹くとの予報に早めの対処をしたのであります。

901

港に着く頃には風は10メートルくらいに上がっていたのでこの判断は正解でした。
釣り的にはバラシばかりで魚の顔が見られず悔しい結果となったのでありますが、お天気のいい春うららかな東京湾での釣りは楽しい一日となりました。


ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« 大笑いは二度続かない@アーネスト 大洗 | トップページ | 春のリバスポでフライフィッシング@リヴァースポット早戸 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の東京湾 マダイ釣り:

« 大笑いは二度続かない@アーネスト 大洗 | トップページ | 春のリバスポでフライフィッシング@リヴァースポット早戸 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31