無料ブログはココログ
フォト

« 還暦越えで大型二輪免許を取る その二@一本橋で落ちまくる! | トップページ | 還暦越えで大型二輪免許を取る その四@ビッグ・スクータ »

2018年5月23日 (水)

還暦越えで大型二輪免許を取る その三@一本橋苦手!

大型二輪免許教習第三回目は、GWの間教習所が混み合ったので予約が取れず、前回の教習からおよそ一週間間が開いてしまいました。

内容的には基礎的な一本橋、波状路、クランク、S字カーブ、スラローム、急制動などのおさらいをしながら前回できなかった8の字を教わりました。

今回もどうしても上手くいかないのが一本橋。
教官からはタンクをしっかり挟んで、腕を楽にして肩の力を抜いて、遠くを見て、と細かに指導してくださるのでありますが、乗りはじめのスピードというか勢いが足らずに安定して乗れないことが多いような気がする。

12


3割くらいの成功率なのだけれどうまく行くときは比較的しっかり勢いをつけて一本橋に乗っているのが自分でもわかっているのに。

そのほかの曲がる系は比較的なんとかなっているけれど、超低速での安定性やスラローム時の視線などに課題が残りました。

基本的にタンクの締め付けが甘いのが僕の特徴。それに腕が突っ張って肩に力が入ってしまっている。
バイクがでかいから緊張しているか?というと教習に使っているホンダのNC750は感覚的には400ccクラスの四気筒バイクとあまり変わらない気がするのだが。

二気筒エンジンの独特な振動がいまひとつ慣れないといえば慣れない。
そう感じたのはこの日の教習後半にヤマハのXJR1300に乗った時。大きいのに四気筒エンジンの滑らかな振動のXJRの方が扱いやすい感じがした。

教官はさすがプロでその辺をするどく見抜いて、「普段何に乗っていますか?」と尋ねられたので「バリオスです」と答えたら「こっちの方が乗りやすいでしょう」と図星の返事をくださった。

二段階からは自分の乗るバイクを750と1300のどちらか好きな方を選べ、卒業検定もそれで行うらしいので、二段階までに自分の乗りたいバイクを選ばなくてはならないのだが、一瞬1300で行っちゃおうかな?と行く気持ちになった。

教官に実際のところ1300ccでの教習はどうなんですか?と聞いてみたところ、大きさもパワーも一般道では問題ないのだけれど、この教習所のコースにはちょっとオーバースペック、というようなニュアンスの答えが返ってきたので750で行くことに決めたのでした。

こうして、またまた一本橋が自分の課題!ということが顕在化したところで3回目の教習は終了し次の時間はビッグ・スクータに乗るオートマ教習になるのでありました。


ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

« 還暦越えで大型二輪免許を取る その二@一本橋で落ちまくる! | トップページ | 還暦越えで大型二輪免許を取る その四@ビッグ・スクータ »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 還暦越えで大型二輪免許を取る その三@一本橋苦手!:

« 還暦越えで大型二輪免許を取る その二@一本橋で落ちまくる! | トップページ | 還暦越えで大型二輪免許を取る その四@ビッグ・スクータ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31