無料ブログはココログ
フォト

« 男女群島遠征2018 その一@サンライズ 呼子港 | トップページ | 男女群島遠征2018 その三@サンライズ 呼子港 »

2018年6月28日 (木)

男女群島遠征2018 その二 @サンライズ 呼子港

九州呼子の超有名船サンライズ号に乗った我々エブ・フロ・ツアー御一行が五島列島のはるか数十キロ沖の岩礁帯に着いたのが12時を回ろうかという時間。
船長は手際よく潮の流れや風を読み船を流し始めます。

一同待ってましたとばかりに竿を手にジギングを始めます。海は凪、お天気は晴れ渡り絶好のロケーション。あとは釣るだけです。

Img_9921


最初にヒットさせたのはドベ氏。開始早々にブリをヒットさせた。
続いて僕にもヒット!久しぶりの大型魚の感触、と思ったらプツッ!と糸が切れてしまった。最高潮だったテンションが一気に下がる。それでも竿を持ち替えてすぐに再開。

Img_9918

船はコースを微妙に変えながら何度か流し変えて行くと、根魚王に何かがヒット!
クエか!?と船内一瞬沸き立つがフエダイの仲間だった。

Img_9925

このあと一同の前に突然カツオのナブラ(群れ)が現れた。
迷わずカツオ狙いにキャスティングを始めたのはルアーショップ、エブアンドフローのY店長とジギング王。

カツオの群れは船からほんの10メートルほど先を通過して行き、そこまでルアーが到達しさえすればカツオはルアーに反応し食らいついてくるという絶好の状況。

Y店長、ジギング王と瞬く間に立て続けにカツオをヒットさせるとジグをシャクっていたドベ氏、ナカシマ氏、根魚王、僕の中からナカシマ氏がカツオ・キャスティングに乗り換える。

Img_9927

船長も自らのカツオ・タックルを手にしてホイホイとカツオを釣り上げ、まるでカツオの一本釣り漁船のようになってしまった。今夜の酒の肴の確保に一同がよろこび船上は歓声が湧き上がる。


ところがこの歓声の中ひとり静かに底をネチネチと探っていた根魚王に何か手応えがあったらしい。掛かった瞬間は強く惹き込んだものそれをいなして巻き上げたら重いだけであまり引かない。これはクエ(地方名アラ) のパターンじゃあないですか?!根魚王はすでにこの時点でクエであると確信していた様子。一同が見守る中、紺碧の海から姿を現したのは狙い通りの本命のクエだった。

Img_9934

一同根魚王の実力とクエの姿に感嘆のため息を漏らす。
このクエを見て僕は燃えた。僕も絶対釣ってやる。魚はいる。魚の目の前にジグさえ落ちれば食ってくる、と確信したのであります。

一方背中合わせでカツオを狙って投げていたナカシマ氏の心はカツオキャスティングとジギングの間を行ったり来たりと揺れ動くも自らに言い聞かせるように「ブレません!」と宣言しキャストを続けた。

Img_9919 心揺れ動いたナカシマ氏

次に魚をかけたのはまたまたドベ氏。今度はカンパチを釣り上げた。
この方、つっても僕のように騒がないので目立たないけれどいつも一番最初に魚を釣り上げる腕の持ち主。

やがてカツオを群れは船から遠ざかってしまい、船はコースを変え、場所を微妙に変えながらクエ、カンパチのポイントを流し変えていく。

Img_9922

何回目かの流し、そろそろクエのポイントですよ〜!と船長が言ったところで僕の腕にゴンッ!というアタリがあり竿が引き込まれる。竿先をぐいぐいと引き込むファイトに、これはカンパチだな、と思い「来ましたカンパチ〜!」などと声を張り上げつつもしつこく引き込む魚のファイトを楽しんだ。ところが魚のシルエットがぼんやり見えて来たらカンパチのように細長くない。これはひょっとして、と思いながらさらに糸を巻くと姿を現したのはなあんと!クエじゃあないですか!

思わず「やった!やった!」と声をあげて大はしゃぎ。
この魚を釣りたくてここまで来たんだあ!目標の一つを早くも達成!嬉しくてはしゃぎまわり自ら作ったTシャツの背中に書かれた「爆釣」の文字が見えるように写真を撮っていただく。

Img_9942


Img_9945

しばらく興奮していたが船が流し変えたら気持ちは次の一匹に切り替わり、今度はでっかいカンパチを!と気合が入ります。

慎重にジグを底まで落とし、着底したらすぐに巻き始める。根掛かりがきつい場所なんです。それでもでかいカンパチはいる。なんたって前回のエブフロツアー4月ではここで43キロの巨大カンパチが上がっているんですから。

一同気合が入りジグをしゃくり続けるのでありますが大型は釣れてこない。

そんな時底から数回しゃくった僕の手元にドス!と鈍い手応え。来たか!?と反射的に合わせたら手元には重さしか伝わってこない。なんと根掛かりだ。これで本日二本目の仕掛けを失ってしまい戦意を大きく喪失。

他の方にも魚の反応がない様子なので船長は移動を決断。
1時間半ほど走ります。といつと舳先を男女群島に向けたのでありました。

男女群島に向かって疾走する船の上、僕は失ってしまった二本のラインシステムを組み直すことを余儀なくされました。
ラインシステムというのは、最近の釣り糸は昔と違ってものフィラメントのテグスではなく PEラインというタコ糸のような細い糸を何本か縒り合わせたしなやかな糸をメインに使い、先端のルアーを結ぶところ3メートルほどだけものフィラメントの糸を接続するんです。

こうすることでいと全体の強度は増し魚からも見破られないラインのシステムが出来上がるわけですが、このラインシステムを揺れる船の上で作るのは意外と厄介な作業でありまして、船酔いに弱い方などは手元を見ながらジクジク作業しているうちによってしまうということなども多々あるらしい。

幸い僕は船酔いをしない体質なので酔うこともなく走る船の上で黙々とシステムづくりにイソシンだのであります。今回のラインシステムはPEラインが5号、先端のラインはフロロカーボンの24号。この太さなら海底の根に擦れて切れる根ズレさえしなければ40キロ台の魚も釣り上げることのできる仕掛けです。

二本とも結び終えホッと一息して立ち上がると、遠くに男女群島の島々が霞んで見えて来たのでありました。

釣りに関するお問い合わせはEbb&Flowまで

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« 男女群島遠征2018 その一@サンライズ 呼子港 | トップページ | 男女群島遠征2018 その三@サンライズ 呼子港 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男女群島遠征2018 その二 @サンライズ 呼子港:

« 男女群島遠征2018 その一@サンライズ 呼子港 | トップページ | 男女群島遠征2018 その三@サンライズ 呼子港 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31