無料ブログはココログ
フォト

« W杯初戦コロンビア戦勝利を祝ってコロンビアの豆を煎る@コロンビア・エスメラルダ | トップページ | 男女群島遠征2018 その二 @サンライズ 呼子港 »

2018年6月27日 (水)

男女群島遠征2018 その一@サンライズ 呼子港

久しぶりの遠征釣行の話です。しかも行き先は大物釣り師憧れの男女群島、さらに乗る船はサンライズ、ときたら申し分ないじゃないですか。と書いても釣りをなさらない方には何のこっちゃ???と思われるでありましょう。

まずは男女群島ってどこ?という話をしなければいけませんね。まずは頭の中に長崎県の地図を思い浮かべてください、思い浮かばない人はGoogleマップでも何でもいいですから見てみましょう。長崎県の西南に伸びるのが五島列島、その最南端の福江島の延長線を描いてさらに五島列島の長さぶんくらいの距離を南西に伸ばしたところにある小さな無人の群島、それが男女群島であります。

P6243400 男女群島

大陸棚の境目辺りに位置する男女群島は魚の宝庫。
アクセスがとんでもなく悪いことから訪れる釣り師や漁師もそう多くはない。
ということは魚がよく釣れる、ということです。

今回もご近所のルアーショップ、エブ・アンド・フローさんのツアーに乗っての遠征。そのターゲットはキハダマグロ、クエ(アラ)、カンパチ、ヒラマサ、カツオなどでありますが、僕がプライオリティを一番においていたのはクエ。地元九州ではアラと呼ぶ超高級魚で天然物は1キロ1万円くらいのお値段がするほどの魚なんですね。

男女群島では一昨年の5月に訪れた際に生まれて初めてのクエを釣り大いに感動し、また持ち帰って食べても大いに感動したのでありました。あとは何でもいいからでっかいのが釣れたらいいや、くらいの気持ちで出かけたのであります。何と虫がいい話というか、ご都合主義というか、怖いもの知らずというか、とにかく無謀な作戦を立てたのでありました。

男女群島まで我らエブフロ隊6名を運んでくださるのはこの手の釣り業界では超有名船であるサンライズという船であります。
この船、毎年お正月明けに翌年一年分の予約を受け付けるのでありますが、1日で一年分の予約があっという間に埋まってしまうほどの人気船なんですよ。それというのは船の素晴らしさ、船長の腕の良さと人柄、サービスの素晴らしさと理由を上げるときりがないのでありますが、とにかく考えられうる最高の船で最高の釣り場に出かけたのでありました。

6月22日午前5時、佐賀県唐津市の唐津第一ホテルにて船長と合流し、レンタカーに荷物を積み込んだら一路呼子港へ向かい、到着すると素早く船に荷を運び入れて出航であります。

海は凪、空は薄日がさす曇り空。
簡単な釣りの準備を済ませたら眠くなったのでキャビン奥の船底のベッドで寝てしまった。何しろ前日福岡のホテルに入ってのが午後10時頃、今朝は3時に起きてサッカーW杯を前半だけ見て4時前にホテルを出発、と4時間くらいしか寝ていなかったので流石に睡魔に勝てなかった。

エンジンの唸る音と船が水を切って行くとを聞きながらしばらくうとうとし8時頃に目を覚ましたら船はすでに五島列島を見ながら快調に走っていた。空も晴れ上がり最高のお天気。

とりあえずコーヒーでも入れようか、といつもの自家焙煎豆を船上でいれて無理やりみんなに飲ませるエノカフェをサンライズにて開店します。そもそもこのエノカフェを思いついたのも一昨年のサンライズ男女群島遠征だった。そういう意味では開店二周年記念とも言える今回のエノカフェなのであります。

P6243411

              コロンビアを濃いめに淹れる


この日にいれたのは先日のW杯日本船初戦での相手だったコロンビアのお豆。前回のブログに書いた日本の勝利を記念して煎ったアレです。コロンビア戦の勝利を祝いつつその勢いを我らの釣行にもあずかろうという魂胆なのであります。

凪の海を疾走する船の上でコーヒーを入れるのは揺れも少なくなんの問題もなく美味しく入れることができました。起きていた一同にコーヒーを配り、まずは船長にテイスティングをしていただいた後みんなで味わいます。
今回の釣りへの様々な期待が会話の中で乱れ飛び釣り師一同のテンションの上がり具合が察せられたのでありました。

そんな優雅な時間を過ごしても男女群島にはまだまだ着きません。
何しろ凪の海をかっ飛ばしても5時間はかかるのでありますから。

P6223266

          

途中ヒラマサのキャスティングポイントで二、三流しして様子を見て退屈をしのぎ、さらに走ること1時間半。エンジン音が下がり外を見たら小さな岩礁帯がありました。


ここは以前僕が20キロ弱のカンパチを上げたポイントであり、エブフロでは今年の四月遠征で43キロのカンパチが上がってる大変なポイントなのでありました。

P6223275

              

さあ、いよいよ本格的な釣りの開始です。
「やるぞう!」と心の中で自分に気合いを入れる一声あげた僕はロッドホルダーからこの春購入したカーペンター社製のジギングロッドを手にしたのでありました。


つづく‥‥


ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« W杯初戦コロンビア戦勝利を祝ってコロンビアの豆を煎る@コロンビア・エスメラルダ | トップページ | 男女群島遠征2018 その二 @サンライズ 呼子港 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男女群島遠征2018 その一@サンライズ 呼子港:

« W杯初戦コロンビア戦勝利を祝ってコロンビアの豆を煎る@コロンビア・エスメラルダ | トップページ | 男女群島遠征2018 その二 @サンライズ 呼子港 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31