無料ブログはココログ
フォト

« 男女群島遠征2018 その四@サンライズ 呼子港 | トップページ | バイク購入!しかし! »

2018年7月 1日 (日)

男女群島遠征2018 その五@サンライズ 呼子港

男女群島遠征も早くも最終日。
この日は福岡発の最終便で東京へ帰らなければならないのでそこから逆算すると釣りができるのは午前10時過ぎあたりまでということになる。

雨の影響でまったりした昨日の朝と違いこの日の朝は早かった。
午前四時過ぎにはすでに目が覚めてしまった僕はそっとベッドを抜け出して甲板に出ると空は快晴、みんなの寝ているうちに釣っちゃおう、とタイラバを出してアカハタを狙った。

少し投げて、海底をトントン叩くようにタイラバを上げたり落としたり、昨夜はこれで面白いように魚がかかったのに、この朝は全く魚の反応がなかった。まるで下心を見透かされているような思い。
船の上を移動しながら場所を変えてやってみたが結果は変わらず15分ほどやってやめてしまった。

大物釣りの方の準備をしておこうと、糸のチェックなど始めたところに何人か起きてきた。船長もすでに起きている気配がしたと思うと間も無くエンジンが始動し、アンカーを外し始めた。

アンカーをしまうと早くも最初のポイントへ向かう。
折しも東の海から太陽が上がってきて美しい。

P6243388

最初のポイントは水深100メートル前後。
潮も動いているし魚の反応もびっしりあるようだ。「気をつけてください」と船長のアナウンスで釣り開始。

すると幸先よく一投目で、底から数回しゃくったところで重いアタリがあり竿が曲がる。今日は行けそうだぞ!と思いながら糸を巻く。竿はグイグイと引き込まれドラグも出された、すぐにミヨシで釣っていたドベ氏とジギング王にもヒット!ファイトの様子をチラ見するとどうやら同じ魚のようである。

Img_0004

カンパチか?と思ったがどうも少し違うようだ、残り数メートルまで巻いてきたら何か海の中に赤っぽいシルエットが現れてきた。何だろう?

上がってきたのは金魚のように赤い6キロほどの魚。僕以外の二人も同じ魚だった。お腹はパンパンに膨れいかにも脂が乗って美味しそうなのであるが、これに似た魚を以前にも釣っている人が言うには水っぽくてあまり美味しくなかったと言う。何れにせよ外道なのでリリース、と思ったが一匹だけかかりふどころが悪かったのか弱ってしまっていたのでキープして食べてみることにした。

Img_0010

話は少し先に飛んでしまうのだが、この魚を僕の娘のところに送ったところ、脂が乗っていて一緒に送ったカンパチやカツオなどより美味しかったと言う返事が返ってきた。娘の住む山口の地元の漁師さんの話では「ハマダイ」と言う魚だそうで、白身の高級魚だそうだ。

この魚、深海魚なので本来なら我々が釣った水深よりももっと深いところにいるはずなのだが、夜のうちに浅場に出てきて餌を捕食していたものが早朝戻り損なって残っていたところを釣られてしまった様でもある。

飲み屋で遅くまでグズグズ飲んでいたために終電を逃した上にタチの悪いキャッチバーに引っかかってオケラになって帰る羽目になったおっさんの様でもある。いや帰れないでもっとひどい目に遭わされたのが一匹いたというわけだ。

話を釣りに戻そう。

太陽は高く上がり、このあとは魚の魚探への反応はあるにも関わらずジグへの反応は今ひとつで、散発的に釣れるものの小型のカンパチまでで、昨日に続いてサバが良く釣れた。

S__19169284

どうも潮が今ひとつですね、と渋い顔をする船長。しかし真っ赤に染まる魚探の反応を見てしまったら釣りをせずにはいられない。
時間はどんどん過ぎてゆく。僕は数回しゃくったところでアタリと思い合せたら根掛かりでまたまたジグを失う。

男女群島の海底の起伏の激しさ半端ない、のである。

そんな時、根がかりかな??と言いながら糸を巻いていたジギング王の竿が絞り込まれた。魚だ!重い!しかし最初にひと暴れした後はあまり暴れることなくただ重いだけという手応え。これこそ、クエの引き方ではないか?!と周囲がざわついてくる。
竿の曲がり方を見るとなかなかの大物の様子、一同期待して見ていると上がってきたのはこれまで釣れた二本とは明らかにサイズの違う大物が姿を現した。

普段はクールなジギング王が、「船長タモお願いします」と叫ぶ。魚がタモの入った時には思わずガッツポーズ。

Img_0016_2

日頃ジギング王は20キロくらいの魚を上げてもガッツポーズをする事などないのでいかにクエを釣ったことが嬉しいのかよくわかる。周囲も羨望の目で大型のクエに見入る。

さすがジギング王、最後に見せてくださった、なんというドラマチックな展開。いや、まだ終わったわけではない、と、そんな中、一人せこく「俺もクエ釣るぞ!」とジグを落としていた僕の竿にも何かがきた。やたらと走りドラグを出していく。明らかにクエではない。ヒラマサか?と思ったがなんだかちょっと様子が違う。

ジギング王のクエを甲板に収めた船長がニヤニヤしながら近づいてきたのを見て、もしやこれは‥‥、と嫌な予感がしたら的中してしまった。

サメだったのだ。
1メートルくらいのサメが僕のジグをくわえて上がって来た。普通は危険なので釣り糸を切ってしまうのだが、サメとしては小柄で暴れ方もさほど激しくなかったので船長がタモ採りして甲板にあげてくれた、針を外すのは流石に危険なので針を結んでいるアシストラインを切って記念写真。サメをあげたのは初めてだ。

Img_0026

隣のジギング王のクエとの対比がなんとも言えないのだがこれも釣り、楽しいのである。サメをリリースしたあたりでいい時間となってしまい残り一流しで終わりにしましょう、と船長のアナウンス。

最後の人しゃくりまで諦めずにしゃくったけれどドラマは起こらなかった。

見上げれば空は夏の空になっており男女群島の姿も美しい。

午前10時半、釣り終了、船はスピードをあげて呼子港を目指す。所要時間は空いて5時間と少し。

P6243405

11時前に早めのお昼ご飯にお疲れビールをいただくと、三日間の釣りに疲れたのか全身を倦怠感に襲われた僕はすぐにベッドに潜り込んで寝てしまった。

しばらく眠って目が覚めると12時を回っており体の疲れもだいぶ取れたのでコーヒーを淹れた。

P6243415_2

EnoCaffeサンライズ店も今回はこれで最後のコーヒーだ。豆を贅沢すぎるくらいたっぷり使って濃いめのグアテマラをいれて起きていた数人でいただいた。

P6243416_2

三日間お世話になった田代船長にも無理矢理飲んでいただき、美味しいと言わせたところで目標達成。

自分もこの日のために自主制作した爆釣Tシャツの背中の柄を見せるようにして写真を撮っていただく。

P6243421_3

狙いのクエは一匹ものにしたけれど「爆釣」とまではいかなかった僕にとっての今回の男女群島遠征。
それでもマダイにハガツオ、アカハタのお土産もできたし、十分楽しく充実した三日間だった。

何よりもサンライズの田代船長の操船、サービスが、いかに僕らを楽しませるのかという一点に凝縮されているのが嬉しい。

さらに数時間走り五島列島を北上した船は平戸大橋を抜けてに玄界灘に入ると呼子港まではあとわずか。寝ていた一同も起きてきて帰り支度の段取りなど話し始める。

P6243438

二日目の天候こそ悪かったものの、行きと帰りは凪の海。カンパチ28.5キロを筆頭に10〜19キロのカンパチが4本、ヒラマサ19キロ、クエ三本、カツオにアカハタと振り返ってみれば大いなる釣果。

決して楽に釣れる状況ではなかったのにこれだけ釣れるのだから男女群島はすごい。
魚の宝庫、大自然の宝庫、こうした宝物はただただ自然を享受するだけではなく自ら守っていかなければならないという思いも胸に今回の釣行は終わったのでした。

写真提供:サンライズ、エブ・アンド・フロー

釣りに関するお問い合わせはEbb&Flowまで

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« 男女群島遠征2018 その四@サンライズ 呼子港 | トップページ | バイク購入!しかし! »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男女群島遠征2018 その五@サンライズ 呼子港:

« 男女群島遠征2018 その四@サンライズ 呼子港 | トップページ | バイク購入!しかし! »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31