無料ブログはココログ
フォト

« 男女群島遠征2018 その五@サンライズ 呼子港 | トップページ | 猛暑の中のバイクライフ »

2018年7月15日 (日)

バイク購入!しかし!

もうひと月ほど前にバイクの購入を決めた!という記事を書きましたが、最大の難所と思われていたカミさんの説得が思いの外うまく行きとうとう憧れのデカバイクを手に入れることができました!

購入先は埼玉のバイク販売チェーン店。
納車は本来ならメンドイので送っていただくところなのですが、たまたま埼玉方面に用事が発生したので電車に乗って取りにいくことにしました。

一週間ほど前の日曜日、天気予報とにらめっこしてお天気のいい日を選んでバイクの引き取りを決行しました。

休日を選んだのは電車が空いているから、平日のラッシュ時にライディングジャケットの入ったリュックにヘルメットを持って満員電車に乗るのだけは避けたかった。

当日は開店直後のお店に間に合うように朝8時過ぎに横浜の自宅を出発、電車の乗り継ぎもスムーズに予定通りにお店に着きました。

まずは書類関係のやり取りと説明を聞いてからバイクの取り扱い説明を聞きます。
説明を聞いているうちになんとも言えない高揚感と共に緊張感が増してきた。なんたって初めて自分の大型バイクで公道を走るわけなので緊張するんですよ。しかも埼玉から横浜まで用事をすませて回り道をすると130キロ以上ある道程。「本当に無事に帰れるのであろうか?」という不安が急速に胸の中に去来したのであります。

一通りの説明を受けていよいよ乗り出す時がきた。
エンジンをかけるては心なしか震えている。バイクにまたがった時の緊張感は半端ない。まるで教習所の卒検の時の様!果たして本当に無事に帰れるのか?と不安になったのでありますが、お店の方に見送られて店から出た瞬間、フッと不安が消えて楽になった。

あ、買ったバイクが何かを話していませんでしたね。
YAMAHAのMT09という850ccのバイクの中古車四年落ちで、色はオレンジです。
オレンジ色を選んだのは黒っぽいバイクはあまり好きじゃないのと、自分の性格が派手好きというか、目立つ色が好きなんですよう。

我がMT09となったオレンジちゃん(仮名)はアクセルを吹かすとこ気味よく加速してくれて、先日まで乗っていたバリオス250の様なストレスが全くない。
フカした分だけするする〜っと加速してくれる気持ちの良さ。
これだよ〜!この快感を求めてこの二、三ヶ月色々頑張ってきたんだ。
緊張は喜びに変わりバイクは県道から国道の三車線道路を堂々と走り進む。

30分ほど走った先で用事を済ませた後、昔(高校時代からの)友達にこのバイクを見せびらかしたくて事前に連絡しておいたのでそちらに向かう。

高速を使えば30分で着いてしまうところをわざわざ下道を走って小一時間、折しもこの日のお天気予報では埼玉県および関東地方は真夏日!それでも長袖のライディングジャケットは必須なので頑張って暑さと戦いながら走りました。

待ち合わせのコメダ珈琲に着いた時には汗でTシャツはびっしょり。
たまらなく脱ぎ捨てたところに友達が来て写真をとってくれた。

Img_0018

そのあとは冷房の効いたコメダ珈琲の店内で一時間ほどバイクの話で盛り上がったり、買ったばかりのiPhoneの使い方を教わったりで楽しく過ごしたあとはいよいよ本日のメインイベント、家までのおよそ100キロのライディングであります。

バイクで100キロの距離はドオってことないんですが、そのほとんどが高速道路という道のりがいささか憂鬱だった。
なんたっておっさん、いや、じいさんライダーなのでスピードを出したくない。
時速80キロくらいでまったり行きたい。
さらに一時間以上連続で乗り続ける体力がない。という困ったライダーなのでありまして、そこのあたりが不安につながっていたのでありますね。

いざ高速にのって走り始めたらやっぱり周りのスピードについていけない。
頑張っても時速90キロがいいところ、一番左の車線を遅い車を探して後ろについて走れば次々とバイク軍団が僕を追い越して走り去って行く。もちろん車も。

高速にのって数分のところにあったサービスエリアで早くも休憩し一服。
次のサービスエリアまでは50キロ少しあるらしいのでちょっと憂鬱。

再び走り始めて行くと意外にもエンジンが暑く感じることが分かった。
エンジン自体の熱で膝から下あたりが暑く感じるのと同時に、ラジエターを通り抜けた熱気たっぷりの空気が腹の下から吹き上げてくるように入ってくる。

風に吹かれて快適なライディングなどというのとはおよそかけ離れた熱地獄。
う〜む、話には聞いていたけれど真夏のオートバイは熱との厳しいたたかいなのだということを思い知らされた。
時刻は夕方、日は暮れつつあり日射による熱はなくなったものの、股座に火鉢を抱えて走るような感覚でのライディングは快適ではなかったなあ。しばらく夏の間には箱のバイクでツーリングということなどなさそうだなあ、などとせっかく手にしたバイクにまたがりながら試練の時を経験したのでありました。

それでもなんとか夕闇迫る頃には無事に帰宅。
嬉しいんだか辛いんだかよくわからない一日でありました。

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

« 男女群島遠征2018 その五@サンライズ 呼子港 | トップページ | 猛暑の中のバイクライフ »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした〜(^-^/
そうか、、、嬉しいんだか辛いんだか
よくわからない一日だったのねw
でもよく頑張りました。凄いですよ。

しっかし。
一年でいっちばん過酷な日からバイクに乗り始める人って…
かなり珍しいよね(笑)
私は暑さには滅法強くて寒さにはとことん弱いんですが
そんな私でもバイクは真夏よりも真冬の方が楽しかったです!

まぁ慌てず
涼しくなったら大型バイクライフを充分堪能してくださいね。
気が向いたらまた立ち寄ってください〜(^-^/

兎夢さん

こんにちは〜
おかげでスマホライフは順調な滑り出しです。

真夏のバイクは暑いですねえ。
風をきって走る心地よさ、なんていうのからは程遠いですよ。
早く涼しくならないかなあ。
涼しくなったらあちこち走り回ってみたいです。

バイクの方はリヤケース付けたり、スマホのホルダーをつけて
カーナビにしたりと改造が進んでいますよ。
近日ブログにて公開しますね。

秋になったら秩父とかも走ってみたいし、そんな時にまたお邪魔しますね。\(^o^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイク購入!しかし!:

« 男女群島遠征2018 その五@サンライズ 呼子港 | トップページ | 猛暑の中のバイクライフ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31