無料ブログはココログ
フォト

« デカマサの襲撃@浜吉丸 隠岐の島(海士町) | トップページ | さようなら隠岐の島@浜吉丸 隠岐の島(海士町) »

2018年10月21日 (日)

ドラマは終わらない@浜吉丸 隠岐の島(海士町)

推定28キロのヒラマサキャッチにデカヒラマサの襲撃、さらにはジギングでも10キロオーバーキャッチと次々と事件並の魚たちが楽しませてくれた隠岐の島釣行二日目。

夕まずめは朝一のデカヒラマサポイントに戻り夢よ再び、ということになりポイントに入った。

僕は今日最後の釣りをキャスティングでしめるほど体力も回復しておりひたすら投げる。
今回使ったリップルフィッシャーの825という竿がとても投げやすくて体に負担をかけなかったので午後から投げ続けた割に疲れも少なかった。しかし残された時間は少ない。

何度か流すと魚は出るのだけど乗らない。
アクションが悪いのか、ルアーがあっていないのか、ジギング王はポツポツとキャスティンングで釣り上げて腕の差を見せつけてくれる。

そんな時に突然根魚王から声が上がった。大物がヒットしたようである。それも午前と同じくらいの大物が。またきたか!全員のテンションが上がる。船長がすぐに全員に竿を上げさせてフォローに入った。

トモまで引きずられて行った根魚王であったがファイトは実に冷静で丁寧だった。
引き出されていたドラグも全員が協力して糸の出て行く方向を船長に伝えることで、糸は少しずつ巻くことができ間を詰めて行った。

Img_0540

左舷側に惹かれた時には船長も窓からファイトが見えるので操船しやすかったが、逆の右舷側は船長から見えないので、全員でもっと右、バックして、真っ直ぐに、などと声をかけて操船していただく。

魚の引きは重く強く、相当なサイズの魚であることは横で見ていた僕からもわかった。

こうして20分くらいはファイトしただろうか、ようやくリーダー近くまで糸を巻き取ってきて魚が姿を見せきた。

その姿は長く大きくゆったりと重そうに船べりに近づいてきたのだが色が青物色ではない。薄茶色をしているのだ。だれかがサメだ!と叫んだ。さらに巻き上げて上がってきたその姿はゆうに二メートルはあろうかという大ザメだった。

Img_0544

サメかあ!と全員がっかりしながらも、あまりに大きいので写真に収めようと、根魚王が船べりに寄せていく。誰か写真撮って!という根魚王の声に船長とY店長がカメラを構えた。

シャッターを切る中、もう少しサメが見えるようにと根魚王が竿に力を入れたところで竿の限界がきてしまったらしい。バチッ!と音を立てて竿は折れてしまった。しかし糸はまだ付いたままだったので、危険なためやむなく切る。

Img_0546


大ザメ相手にあれだけ冷静にファイトできる根魚王はさすがであった。聞けば数ヶ月前にも吐噶喇で大型のサメをかけて引き寄せたとか。使っていたリーダーがフロロの35ポンドという細さだったのにも驚かされた。
本人は「サメはもういい」と嘆いてはいたけれど一堂からは歓声が上がった。

大ザメを見た興奮と落胆の中この日の釣りはこれで終わった。

Pa133778

朝は小雨がぱらついていた空は曇りに変わり雲間から照らす夕日が島々の岸壁をオレンジ色に色付けて美しかった。

Pa133792

今日一日だけでなんとドラマチックな日だったのだろうか。ここにもかけなかった多くの魚も上がり、多くの魚をリリースした。

宿、勝田荘に帰ると、我々を待ってるのは豪華な夕食である。
今日は昨日のように寝不足でぐったりしていない上に釣りもなかなかのものだったので一同の表情も明るかったらしい。勝田荘の店主の新さんも僕らの顔を見てホッとしていたようだった。

夕食には昨日僕らが釣ってきたハガツオやアコウが美味しく調理された上に、極上のアワビの蒸し物や隠岐牛の鍋などが豪華絢爛に並び疲れた体を癒してくれた。

Pa133808

例によって一同美味い美味いとワシワシご飯を食べたのだが、僕は今日こそ最後の雑炊までいただこうとご飯をセーブし、最後のアコウの雑炊をいただいた。

Pa133816



それは旨味にあふれ上品な雑炊だった。
朝から体調が今ひとつだった僕もこの美味しい料理に癒されて体調は回復に向かっていた。

料理について熱く語る新さんの話を聞きながら、明日最終日の釣りに思いを馳せた。


写真提供: 浜吉丸 Ebb&Flow
釣りに関するお問い合わせはルアーショップEbb&Flowまで

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« デカマサの襲撃@浜吉丸 隠岐の島(海士町) | トップページ | さようなら隠岐の島@浜吉丸 隠岐の島(海士町) »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラマは終わらない@浜吉丸 隠岐の島(海士町):

« デカマサの襲撃@浜吉丸 隠岐の島(海士町) | トップページ | さようなら隠岐の島@浜吉丸 隠岐の島(海士町) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31