無料ブログはココログ
フォト

« クリスマスイブだというのに! | トップページ | 東京湾シーバスジギング 2019シーズン2nd@長崎屋 本牧港 »

2019年1月19日 (土)

東京湾シーバス・ジギング 2019シーズン開幕

昨年暮れに胆嚢摘出手術をしたおかげでしばらくの間釣りもおあずけ状態でしたが傷口もしっかりふさがった様なのでいよいよ初釣りです。

折しもシーバスが釣れ始めているということなので、シーバスジギングに出かけてきました。

毎年この時期、一月から四月初旬くらいまでの間はシーバスジギングの季節なので毎週の様に出かけるんですが、昨年はあまり釣況が良くなかったので今年にかかる期待が大きいというもの。釣行前の釣果情報では60匹以上釣れている日もあったので満を持しての釣行です。

出かけたのはいつのも本牧の長崎屋さん。
七時前に到着したら顔見知りの方に「病気はもういいんですか?」と聞かれてびっくり。心配していただいてありがたいのでお礼を言いつつ手続きをすませしばし雑談。
船宿の親方の話ではここ数日はあまり良くないのでどうかなあ、というお話にもめげず、いやいやなんとかなるでしょうとポジティブな気持ちで港へ移動しましたよ。

この日は取材が入っているということで、港に着くとそれらしい方々が数名いらした。いつもの様にお湯を提供していただいてコーヒーを淹れて勝手にEnoCafeを開きこの日ご一緒する山田さんやいつもいらっしゃるサプライズの椙尾さんたちに無理やり飲ませる。

さて午前8時出船。
この日は風の吹く予報だったので、ポイントが少なくなるかもというのがいちばんの心配でした。

P1164202

最初はか是を避けて横浜港港内から京浜運河に移動しながら探っていったのですが、どうも魚の反応はイマイチで良くない、さらに一級ポイントに船が入っていて釣りができなかったりして釣る場所が手詰まりになってしまった。

そこで思い切って羽田のポイントまで大移動したら、ここで型は小さいもののあたりが集中し私も今年のファーストフィッシュを手にする。
プチ入れ食いになったのですがバラしが多くてここでは5匹しか釣れなかった。

何回か流し替えるうちにあたりが遠のいたので近くのバースをやったのだけれど反応なし。さあどうする?となったのですが、予報ほど風も吹かず波も立たなかったので、海側に出て風の塔に行くことになりました。

P1164216

着いてみるといい魚の反応で、入れ食いとなるのですが、時間的にはちょうど潮止まりの時間で渋いのではないか?と予測していた僕は「釣れない時にはこれ!」と決めているゴビアス・ブルスリムというジグをセットしてあり、ちょっと意地になってこのルアーで釣ってやるぞ!的な心境になっていた。

隣では山田さんはホイホイとシーバスを釣り上げあっという間に六本もあげているのを横目で見ながらブルスリムを魚に見せるようにあまり動かさずに巻き巻き、するとテンポこそ悪いもののそこそこ釣れる。それがまた意地っ張りを増長して、これでも釣れるじゃん!とジグを変えずにやっていた。

山田さんとの差は瞬く間に開いていったので、う〜ん、やっぱりここはアンチョビットの方が反応いいかなあと気持ちが変わりつつも、まあここまで来たのだからブルスリムでどのくらい釣れるかやってみましょ、と意地を通した。

おかげで入れ食い状態だったのにここで釣り上げたのはたったの八本に型のいいカサゴ。風の塔も何周かしたらあたりが遠のいたので船は再び羽田に戻った。風が強く吹き始めていたのだ。

33

 

ところが羽田は先ほどとは魚がまるで変わってしまったように10センチ台の小型ばかりが釣れるのだけなのでダメと判断。

この時風が弱まり沖の波も収まっていたのでしばらく走って木更津の停泊中の大型船周りに移動。船の下に固まっている群れを狙うので活性が上がると大爆発するのがこのポイント。

早速ジグを変えて船ぎわギリギリにジグを投入ししゃくるもののなかなか魚が出てこない。船の周りを一回りしたけれどジグに反応しないので別の船に移動する。

二隻目の周りを一回りし終わるあたりでポツリポツリとヒットしたので、ここで粘っていると徐々に魚が船の下から出てきて捕食し始めた様子。ところがみんな周りでヒットし始めたのになぜか僕にだけヒットしない。

あれこれジグを変えてやっていたらやっとヒットした。この日の平均の45センチくらいのサイズ。

さらに数投後にヒットしたのは重い!と瞬間的に感じた。
今日一番のサイズだろうと確信して慎重にあげてきたら姿を現したのはやはり胃まあまあサイズ。タモですくってもらったら60センチクラスの納得サイズだった。

22

この後も周りでは徐々に活性が上がっていくように入れ食い化し始めていたのですが残念ながら時間となり終了。
釣りをやめて大型船から離れ始めた途端に山田さんの探検丸にすごい魚の反応が映った。シーバスの反応だったら入れ食いだったかもしれないのだが、船長曰くベイトの反応っぽいとのことで諦めもついて船は港に向かう。

釣果は十五本で、自分としては二十本釣りたかったなあ、でもブルスリムで八本釣ったからまあいいか、という感想。

P1164222

船中竿ガシラはとなりの山田さんで三十本。さすがだなあ。平均は十本チョイということなので全体的にはまあまあ楽しめたのかな。

取材の方たちもたくさん釣れて盛り上がっていたみたいだし。
シーズン初釣行としては自分の釣りができたところもあるので良しとしましょう。

次回はすでに予定が決まっていて、来週の月曜日にヨッシーさんと出かけることになっています。この日は天気予報もいいし潮回りもいいので期待は大きいですよ〜。

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« クリスマスイブだというのに! | トップページ | 東京湾シーバスジギング 2019シーズン2nd@長崎屋 本牧港 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京湾シーバス・ジギング 2019シーズン開幕:

« クリスマスイブだというのに! | トップページ | 東京湾シーバスジギング 2019シーズン2nd@長崎屋 本牧港 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31