無料ブログはココログ
フォト

« 東京湾シーバス・ジギング 2019シーズン開幕 | トップページ | またまたシーバスジギング@長崎屋 本牧港 »

2019年1月22日 (火)

東京湾シーバスジギング 2019シーズン2nd@長崎屋 本牧港

先週に引き続き今週も東京湾シーバスジギングに出かけてきました。
釣況は上向き傾向にあるようだったので期待大です。

今回は遠征仲間のヨッシーさんを誘っての釣行、これに長崎屋さんに出入りしているルアー・デザイナーの若林師匠と三人での釣りとなりました。

当日は大潮で午前は下げ潮、昼に潮止まりになってから今度は上げ潮の中でど釣りになります。海での釣りは魚がどんなにたくさんいようとも潮が止まって流れないときは魚の活性が極端に落ちるので、潮の満ち引きを見計らいながらポイントを選んでいくのも船長さんの腕ということになります。その船長さんは毎度おなじみ長崎屋第十長崎丸の功船長。

この日は天気予報では午前中は北風が吹き午後はおさまるとの事でした。

午前8時過ぎ、本牧漁港から出船。一気に走り羽田句稿北側の誘導路の橋脚に向かいました。

P1214256



到着するとすでに他のシーバス船が釣っていて釣れている様子。
そこから離れた橋脚近くを流すとすぐに魚のアタリがありポツポツと釣れ始めました。
そんな中、一人早くも入れ食い状態になっていたのは大トモで釣っていたヨッシーさん。橋脚に一番近いところにいたヨッシーさんからは橋脚の水没している土台周りまでキャストできる範囲だったので、土台周りをぐるぐる回っているシーバスの群れにジグが届くんです。
投げればかかってくる入れ食いでホイホイとあっという間に5匹くらい釣り上げたところで僕にもやっと待望の1匹目。ジグをアンチョビット・ナゲットからアンチョビットに変えた途端フォールで食ってきた。

ところがこの1匹は単発で後が続かない。ヨッシーさんを見ていたらなんと僕が交換したナゲットの色違い、オレンジ金を使っている。しかも相変わらず投げればかかってくる入れ食い状態が続いているので僕も同じジグに変えたところポツリポツリと釣れ始めた。

魚はジグのフォールによく反応してきたのでジグを投げて落とし始めたら慎重に糸の出方を見ている、フッと糸が止まったり、竿先が軽くトンと感じるアタリがあったら即アワセでヒットを取って行きました。

魚が10匹を超えた辺りで一度ポイントから離れて魚をリリースして違う橋脚に入り直したらナゲットへの反応がイマイチになったので、同じプロセレ社製のゴビアス・ダイルに変えたところアタリが復活。このジグはフォールする時に横にスライドして動くのが特徴で、その動きが魚を誘ったようでした。

ポツリポツリと切れなくアタリは続きましたが潮止まりの正午近くになったら急にアタリが遠のいてしまいます。探検丸には相変わらず無数の魚が写っているのに不思議なものです。

ポイントを変えて見ましょう、と移動中にリリースしながら数えたら丁度30本。
午前中でこれくらい釣れたら僕の腕前では上等というものです。
この調子で午後も釣れ続けたら50本、60本も夢じゃないかも!しかしそんなに甘くはありませんでした。

羽田から移動したのは東京湾アクアラインの通風口である風の塔。
ここは舐めるようにぐるりと一回りしたのですが、魚の反応は薄くすぐに再び移動することに。

P1214301



今度は木更津沖の停泊中の大型船周りに行ったのですが、ここでは魚はみんな船の下に入り込んでいて、時折出てきて餌を捕食すると行った感じでポツッと釣れただけ、それでも運良く1本キャッチしました。

P1214321



船を一周してやってみたところなかなか魚が船の下から出てくる様子がないので移動することに。
海ほたる沖に移動すると鳥山ができており魚の反応も探検丸にびっしり出ているじゃあありませんか。

P1214330

こいつは入れ食いだろう、と始めてみたら早速アタリが出たのですが食い方が午前中とは全く変わっていてフォールへのアタリはほとんど無くジグをしゃくりながら巻いている時にアタリが集中します。しかも色に対する反応がシビアで、釣れる色と釣れない色がはっきりしている上に釣れる色も長くは続かずに全く違う系統の色に突然スイッチが切り替わったように反応がよくなるというものでした。

何度か流しているうちに師匠若林さんはその傾向に気づいた様子でカラーをローテーションさせながら釣りつつ、同時にわざとダメなカラーやジグのパターンを検証しながらも数を伸ばしていくのでありました。

それを横目で見ては、自分も良さそうなカラーに変えて他人のフンドシで相撲を取る的なせこい釣り方で僕もポツリポツリと釣り上げて行くのであります。

このパターンならピンク金なんかも良さそうだよね。という師匠の言葉を聞き逃さずにこの色のアンチョビットに変えたら見事にピンポン!立て続けに3、4本上げて、しかも最後の1本はよそ見しながらジグを落としていたらフォールにアタックしてきて、それがまあまあサイズで測ったら67センチでこの日の最大魚になった。

31



入れ食い中だったのでもう少しやりたかったけれどここでタイムアップとなり釣り終了。リリースしながら数を数えたら全部で41本。後半伸び悩んだけれど僕の実力ではこんなものでしょう、というか師匠が横にいなかったら絶対こんなに釣れていない。

右隣大トモのヨッシーさんも同じく40匹台、ヨッシーさんは謙虚にも目標10匹くらいと言いながらの釣りだったので大釣りと言えるでしょう。僕も目標30匹だったので満足。

師匠の若林さんは釣れないジグの検証をしつつも堂々の56匹で竿ガシラを取ってしまうのはさすがお見事としか言いようがない。

課題としては何と言っても午後の海ほたるのようなパターンがコロコロ変わるテクニカルな釣りでいかに対応して数を伸ばすか、というのが見えてなかなか勉強になる釣りでありました。

ちなみにこの日の船全体の釣果は8名くらいで20〜56匹。20匹は小学五年生の少年でした。最大は僕の釣った67センチ、エヘン!(威張ってみる)

どうやら今年の東京湾シーバスジギングは上り調子になりつつあるようなので今後も楽しみです。


ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« 東京湾シーバス・ジギング 2019シーズン開幕 | トップページ | またまたシーバスジギング@長崎屋 本牧港 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京湾シーバスジギング 2019シーズン2nd@長崎屋 本牧港:

« 東京湾シーバス・ジギング 2019シーズン開幕 | トップページ | またまたシーバスジギング@長崎屋 本牧港 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31