無料ブログはココログ
フォト

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月22日 (火)

東京湾シーバスジギング 2019シーズン2nd@長崎屋 本牧港

先週に引き続き今週も東京湾シーバスジギングに出かけてきました。
釣況は上向き傾向にあるようだったので期待大です。

今回は遠征仲間のヨッシーさんを誘っての釣行、これに長崎屋さんに出入りしているルアー・デザイナーの若林師匠と三人での釣りとなりました。

当日は大潮で午前は下げ潮、昼に潮止まりになってから今度は上げ潮の中でど釣りになります。海での釣りは魚がどんなにたくさんいようとも潮が止まって流れないときは魚の活性が極端に落ちるので、潮の満ち引きを見計らいながらポイントを選んでいくのも船長さんの腕ということになります。その船長さんは毎度おなじみ長崎屋第十長崎丸の功船長。

この日は天気予報では午前中は北風が吹き午後はおさまるとの事でした。

午前8時過ぎ、本牧漁港から出船。一気に走り羽田句稿北側の誘導路の橋脚に向かいました。

P1214256



到着するとすでに他のシーバス船が釣っていて釣れている様子。
そこから離れた橋脚近くを流すとすぐに魚のアタリがありポツポツと釣れ始めました。
そんな中、一人早くも入れ食い状態になっていたのは大トモで釣っていたヨッシーさん。橋脚に一番近いところにいたヨッシーさんからは橋脚の水没している土台周りまでキャストできる範囲だったので、土台周りをぐるぐる回っているシーバスの群れにジグが届くんです。
投げればかかってくる入れ食いでホイホイとあっという間に5匹くらい釣り上げたところで僕にもやっと待望の1匹目。ジグをアンチョビット・ナゲットからアンチョビットに変えた途端フォールで食ってきた。

ところがこの1匹は単発で後が続かない。ヨッシーさんを見ていたらなんと僕が交換したナゲットの色違い、オレンジ金を使っている。しかも相変わらず投げればかかってくる入れ食い状態が続いているので僕も同じジグに変えたところポツリポツリと釣れ始めた。

魚はジグのフォールによく反応してきたのでジグを投げて落とし始めたら慎重に糸の出方を見ている、フッと糸が止まったり、竿先が軽くトンと感じるアタリがあったら即アワセでヒットを取って行きました。

魚が10匹を超えた辺りで一度ポイントから離れて魚をリリースして違う橋脚に入り直したらナゲットへの反応がイマイチになったので、同じプロセレ社製のゴビアス・ダイルに変えたところアタリが復活。このジグはフォールする時に横にスライドして動くのが特徴で、その動きが魚を誘ったようでした。

ポツリポツリと切れなくアタリは続きましたが潮止まりの正午近くになったら急にアタリが遠のいてしまいます。探検丸には相変わらず無数の魚が写っているのに不思議なものです。

ポイントを変えて見ましょう、と移動中にリリースしながら数えたら丁度30本。
午前中でこれくらい釣れたら僕の腕前では上等というものです。
この調子で午後も釣れ続けたら50本、60本も夢じゃないかも!しかしそんなに甘くはありませんでした。

羽田から移動したのは東京湾アクアラインの通風口である風の塔。
ここは舐めるようにぐるりと一回りしたのですが、魚の反応は薄くすぐに再び移動することに。

P1214301



今度は木更津沖の停泊中の大型船周りに行ったのですが、ここでは魚はみんな船の下に入り込んでいて、時折出てきて餌を捕食すると行った感じでポツッと釣れただけ、それでも運良く1本キャッチしました。

P1214321



船を一周してやってみたところなかなか魚が船の下から出てくる様子がないので移動することに。
海ほたる沖に移動すると鳥山ができており魚の反応も探検丸にびっしり出ているじゃあありませんか。

P1214330

こいつは入れ食いだろう、と始めてみたら早速アタリが出たのですが食い方が午前中とは全く変わっていてフォールへのアタリはほとんど無くジグをしゃくりながら巻いている時にアタリが集中します。しかも色に対する反応がシビアで、釣れる色と釣れない色がはっきりしている上に釣れる色も長くは続かずに全く違う系統の色に突然スイッチが切り替わったように反応がよくなるというものでした。

何度か流しているうちに師匠若林さんはその傾向に気づいた様子でカラーをローテーションさせながら釣りつつ、同時にわざとダメなカラーやジグのパターンを検証しながらも数を伸ばしていくのでありました。

それを横目で見ては、自分も良さそうなカラーに変えて他人のフンドシで相撲を取る的なせこい釣り方で僕もポツリポツリと釣り上げて行くのであります。

このパターンならピンク金なんかも良さそうだよね。という師匠の言葉を聞き逃さずにこの色のアンチョビットに変えたら見事にピンポン!立て続けに3、4本上げて、しかも最後の1本はよそ見しながらジグを落としていたらフォールにアタックしてきて、それがまあまあサイズで測ったら67センチでこの日の最大魚になった。

31



入れ食い中だったのでもう少しやりたかったけれどここでタイムアップとなり釣り終了。リリースしながら数を数えたら全部で41本。後半伸び悩んだけれど僕の実力ではこんなものでしょう、というか師匠が横にいなかったら絶対こんなに釣れていない。

右隣大トモのヨッシーさんも同じく40匹台、ヨッシーさんは謙虚にも目標10匹くらいと言いながらの釣りだったので大釣りと言えるでしょう。僕も目標30匹だったので満足。

師匠の若林さんは釣れないジグの検証をしつつも堂々の56匹で竿ガシラを取ってしまうのはさすがお見事としか言いようがない。

課題としては何と言っても午後の海ほたるのようなパターンがコロコロ変わるテクニカルな釣りでいかに対応して数を伸ばすか、というのが見えてなかなか勉強になる釣りでありました。

ちなみにこの日の船全体の釣果は8名くらいで20〜56匹。20匹は小学五年生の少年でした。最大は僕の釣った67センチ、エヘン!(威張ってみる)

どうやら今年の東京湾シーバスジギングは上り調子になりつつあるようなので今後も楽しみです。


ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

2019年1月19日 (土)

東京湾シーバス・ジギング 2019シーズン開幕

昨年暮れに胆嚢摘出手術をしたおかげでしばらくの間釣りもおあずけ状態でしたが傷口もしっかりふさがった様なのでいよいよ初釣りです。

折しもシーバスが釣れ始めているということなので、シーバスジギングに出かけてきました。

毎年この時期、一月から四月初旬くらいまでの間はシーバスジギングの季節なので毎週の様に出かけるんですが、昨年はあまり釣況が良くなかったので今年にかかる期待が大きいというもの。釣行前の釣果情報では60匹以上釣れている日もあったので満を持しての釣行です。

出かけたのはいつのも本牧の長崎屋さん。
七時前に到着したら顔見知りの方に「病気はもういいんですか?」と聞かれてびっくり。心配していただいてありがたいのでお礼を言いつつ手続きをすませしばし雑談。
船宿の親方の話ではここ数日はあまり良くないのでどうかなあ、というお話にもめげず、いやいやなんとかなるでしょうとポジティブな気持ちで港へ移動しましたよ。

この日は取材が入っているということで、港に着くとそれらしい方々が数名いらした。いつもの様にお湯を提供していただいてコーヒーを淹れて勝手にEnoCafeを開きこの日ご一緒する山田さんやいつもいらっしゃるサプライズの椙尾さんたちに無理やり飲ませる。

さて午前8時出船。
この日は風の吹く予報だったので、ポイントが少なくなるかもというのがいちばんの心配でした。

P1164202

最初はか是を避けて横浜港港内から京浜運河に移動しながら探っていったのですが、どうも魚の反応はイマイチで良くない、さらに一級ポイントに船が入っていて釣りができなかったりして釣る場所が手詰まりになってしまった。

そこで思い切って羽田のポイントまで大移動したら、ここで型は小さいもののあたりが集中し私も今年のファーストフィッシュを手にする。
プチ入れ食いになったのですがバラしが多くてここでは5匹しか釣れなかった。

何回か流し替えるうちにあたりが遠のいたので近くのバースをやったのだけれど反応なし。さあどうする?となったのですが、予報ほど風も吹かず波も立たなかったので、海側に出て風の塔に行くことになりました。

P1164216

着いてみるといい魚の反応で、入れ食いとなるのですが、時間的にはちょうど潮止まりの時間で渋いのではないか?と予測していた僕は「釣れない時にはこれ!」と決めているゴビアス・ブルスリムというジグをセットしてあり、ちょっと意地になってこのルアーで釣ってやるぞ!的な心境になっていた。

隣では山田さんはホイホイとシーバスを釣り上げあっという間に六本もあげているのを横目で見ながらブルスリムを魚に見せるようにあまり動かさずに巻き巻き、するとテンポこそ悪いもののそこそこ釣れる。それがまた意地っ張りを増長して、これでも釣れるじゃん!とジグを変えずにやっていた。

山田さんとの差は瞬く間に開いていったので、う〜ん、やっぱりここはアンチョビットの方が反応いいかなあと気持ちが変わりつつも、まあここまで来たのだからブルスリムでどのくらい釣れるかやってみましょ、と意地を通した。

おかげで入れ食い状態だったのにここで釣り上げたのはたったの八本に型のいいカサゴ。風の塔も何周かしたらあたりが遠のいたので船は再び羽田に戻った。風が強く吹き始めていたのだ。

33

 

ところが羽田は先ほどとは魚がまるで変わってしまったように10センチ台の小型ばかりが釣れるのだけなのでダメと判断。

この時風が弱まり沖の波も収まっていたのでしばらく走って木更津の停泊中の大型船周りに移動。船の下に固まっている群れを狙うので活性が上がると大爆発するのがこのポイント。

早速ジグを変えて船ぎわギリギリにジグを投入ししゃくるもののなかなか魚が出てこない。船の周りを一回りしたけれどジグに反応しないので別の船に移動する。

二隻目の周りを一回りし終わるあたりでポツリポツリとヒットしたので、ここで粘っていると徐々に魚が船の下から出てきて捕食し始めた様子。ところがみんな周りでヒットし始めたのになぜか僕にだけヒットしない。

あれこれジグを変えてやっていたらやっとヒットした。この日の平均の45センチくらいのサイズ。

さらに数投後にヒットしたのは重い!と瞬間的に感じた。
今日一番のサイズだろうと確信して慎重にあげてきたら姿を現したのはやはり胃まあまあサイズ。タモですくってもらったら60センチクラスの納得サイズだった。

22

この後も周りでは徐々に活性が上がっていくように入れ食い化し始めていたのですが残念ながら時間となり終了。
釣りをやめて大型船から離れ始めた途端に山田さんの探検丸にすごい魚の反応が映った。シーバスの反応だったら入れ食いだったかもしれないのだが、船長曰くベイトの反応っぽいとのことで諦めもついて船は港に向かう。

釣果は十五本で、自分としては二十本釣りたかったなあ、でもブルスリムで八本釣ったからまあいいか、という感想。

P1164222

船中竿ガシラはとなりの山田さんで三十本。さすがだなあ。平均は十本チョイということなので全体的にはまあまあ楽しめたのかな。

取材の方たちもたくさん釣れて盛り上がっていたみたいだし。
シーズン初釣行としては自分の釣りができたところもあるので良しとしましょう。

次回はすでに予定が決まっていて、来週の月曜日にヨッシーさんと出かけることになっています。この日は天気予報もいいし潮回りもいいので期待は大きいですよ〜。

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

2019年1月12日 (土)

クリスマスイブだというのに!

それはクリスマスイブイブ(12月23日ね)の未明のことでありました。

午前1時を回ったあたりか?突然のお腹の痛みで目が覚めた。それも今まで経験したことの無い場所がねじれるような感じで痛む。平面的には胃の上部のあたりなのだけれど、胃よりも表皮に近い場所が痛む。すぐにピンときたんです。「ああ、胆石がとうとう暴れだしたな」と。

数年前から毎年行っている人間ドックでエコーをするたびに胆石がありますね、と言われていたのであります。それも最初は一つだったと思うんですが昨年夏に検査した時には立派に大きくなった胆石が三つも胆嚢の中に鎮座しているのが見られた。

「これは放置しておいていいんですか?」僕。「痛くなったらすぐに手術してください」と医者。この一言が脳裏に刻まれていたので、夜中にお腹が痛くなった時にすぐに、胆石、手術、摘出、という言葉が浮かんできた。

すぐにカミさんを起こして救急車を呼んでもらう。
救急車の人にも胆石です、とはっきり言ったような気がする。運悪く我が家から歩いて数分のところにある救急病院型の患者の対応で手一杯だったため、少々遠い車で20分ほどの病院に搬送された。

「胆石です。」というとすぐにレントゲン、CT、血液検査をされ間違いなく胆石だということになった。
ところがお医者さんときたら、「落ち着いたらまた明日外来で来られますか?」みたいなことを言うので、「痛くて無理無理、このまま入院させてくださいな」と懇願しそのまま入院ということになった。

すぐに点滴を施され、病室に運ばれて一晩痛みと闘う。「う〜ん」「う〜ん」と唸るように声を出して一晩耐えた。同じ病室にいた患者さんごめんなさい、さぞやうるさかっただろうと自覚しております。
朝になったら看護士さんが痛み止めをくれて、これが聞いて少し楽になった。
けれどこれも時間が経つと再び痛くなってくる。再びレントゲン、CT、血液検査をする。その他は一日モウロウとしながらベッドで痛みと闘う。腹をぐ〜っと押さえつけられるような痛みが反復して襲いかかる。

この日の夜は最悪だった。昨晩よりも痛みは強くなり、一晩中唸りながら長い夜を過ごした。
思えば12月に入ったあたりから体調が悪く、いや、もっと遡ると9月くらいからおかしかった。すぐに疲れてだるくなったり頭痛がひどく出たり、11月には近所の内科の先生に相談して血液検査をした結果γGTPの値が上がっており、これがだるい原因だろうという話になったのだけれど、なぜγGTPが上がったのかまでは原因究明ができないまま12月になり、12月はほとんどの日を寝てはおきを繰り返す病人のような生活をしていたのでありました。どうやらその原因がこの胆石だったらしい。

日が明けてクリスマスイブの朝、またまた血液検査をしたところ炎症の反応が上がっているということでやっとこさ手術をすることが決まる。家族も呼んで同意書やら担当医師や麻酔医の説明やらを書かされたり聞かされたり。ヒゲの手術の邪魔なので全部そらされた。
お医者さんからの説明では最悪の事態も説明された上で同意書にサインする。インフォームドコンセントが進んでいまは手術というと必ず最悪の話をすることになっているのだろうが、手術される身としては、「大丈夫です、任せてください」ときっぱり言ってもらった方がココロは安まる。

手術前に初めて造影剤を使うCT手術を体験した。
この造影剤の注射針が太くて痛い!久しぶりに痛い注射をされた、子供の頃の学校での予防接種の注射はこのくらい針が太かったのではないかと思い出す懐かしい痛さ。
造影剤を打つと体の中からぐわっと急激に体が熱くなる嫌な感覚。

午後の一時から手術です、ということになり生まれて初めての手術となる。
恐怖感はなかった、早いところ取っちまってくれい!という感じ。手術は腹腔鏡で行い、途中腹腔鏡では困難と判断したら開腹手術に切り替えるとのこと。

手術室に運ばれるとさすがに少し緊張した、初めて生で見る世界。なんだか映画かドラマのセットに自分がいるような感覚になる。テキパキと手術の準備をする看護師さんがとても可愛かったので(マスクで目しか見えなかったけれど)ずっと目で追っていたらいつの間にか麻酔が効いて意識がなくなる。
気がついたら病室にいてカミさんが覗き込んでいた。

ああ、手術術は無事におわったのだとまだ麻酔が効いて朦朧としながらも思った。
腹が数カ所痛む。今度は傷の痛みでそれほどでもないが痛い。動こうとしたらこれが強烈に痛み、ああ、切ったのだ、と実感する。

カミさんが容器に入った胆石を手渡してくれた。
不二家のミルキーくらいの大きさのものが3個入っていてコロコロ音がした。

この日の夜は薬が効いたのだろう良く眠れた、しかし色々な夢を見る。中には幻覚を見ているのではないかと思うほど生々しい夢もあった。動こうとすると左手には点滴が右の腰あたりから体液を排出するパイプが出ていてチンポコには尿管が刺さっているので動けないし動けば動いたで傷口が痛む。

朝まで何度か目を覚ましたけれど良く眠れた。

ここ数年気にしていた胆石がなくなったのでホッとしたけれども痛みを伴うひどいクリスマスイブだった。本人がそう思うのだからとばっちりを受けた家族は散々だったろう。

それでも結果的にはいいタイミングで胆石が痛くなってくれたというもの。もしこれが釣り遠征中の船の上でどこかの離島だったら、などと考えたらたまったものではない。釣り仲間には迷惑をかけただろうし、離島に大きな病院はなかっただろうし、そういう意味ではとてもラッキーな結果なのでありました。

2019年1月 1日 (火)

明けましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

Img_0515

           病院の窓から見えた朝日のあたる富士山です

昨年、クリスマスイブイブの夜中に急に腹痛がして病院に救急搬送。
クリスマスイブの日に胆石による胆嚢摘出手術とバタバタの年末でしたが、無事手術も終え年末には帰宅。

お正月はお酒も飲めずにひたすら病気の養生をすることになってしまいました。
よって、ブログもしばらく更新できませんでしたが、(12月初めころから体調悪かったんです)今年は手術で厄払いしたので、完全復帰したら頑張りますよ!

みなさまも健康な一年でありますようお祈り申し上げます。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30