無料ブログはココログ
フォト

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月26日 (火)

メナヘム・プレスラー のピアノに惚れた!

ジャズファンを自称する私ですが実は普段は意外とクラッシック音楽を聴いている時間の方が長いんですよ。
それはつけっぱなしにしているNHK-FMから流れてくる音楽が圧倒的にクラッシックが多いということもあるのですが、高校時代から同様にFMからの影響でクラッシックは結構聴いていたんです。

大好きなのはドビュッシー、それからラベル、チャイコフスキーあたりが好きでレコードも何枚か買っていました。

しかしながら好きと言ってもラジオから流れてくる演奏に反応して即翌日にレコード屋に駆け込んで買ってしまったプログレバンドのイエスの時の様な事はクラッシックにおいてはなかったんです。

ところがこの度ラジオから流れてきたクラッシックのピアノの音に痛く感動しピアニストの名前を即座にメモり、後日ポチって買ってしまったのがタイトルにあるめなヒム・プレスラーというクラッシックのピアニストなんです。

おそらくクラッシックファンの方の間では有名な方なのでしょうが聞きかじりファンの私はその名前を知らなかった。なんだかプロレスラーみたいな名前のヒト、と覚えてしまったのも失礼な話なのでしょう。

買ったCDは私の好きなドビュッシー、フォーレ、ラベルの曲の演奏をまとメタものでタイトルは MENAHEM PRESSLER CLAIR DE LUNE というもの。13曲演奏しているうちの10曲はドビュッシーの曲なのでほぼドビュッシー曲集といってもいいくらいの私にとってはお好みの選曲CDというわけです。

00_2


最初の一曲めは「アラベスク」。
出だしの早いメロディーはよく聞く演奏は華やかな感じの音色で始まるものが多いのですが、この演奏はなんというか突然霧の中からふわっと浮かび上がってきたようなというか静寂と音の境目がないといったらいいのか、なんとも不思議な柔らかなタッチで音が奏でられてくる。
その不思議さで一気にプレスラーの音の世界に引きずり込まれてしまい、あとはピアノの音の中を浮遊するような感じで音に包まれてしまう不思議なというか素晴らしい演奏なのです。

おそらくは鍵盤へのタッチがそういう音を奏でるのでありましょうが、その柔らかいタッチは鍵盤に触れずに音を出しているような、魔法にかかったような音色で包んでくれる。

たおやかな包み込むようなピアノの音色に聴き入っていると自分も浮遊しているような心地よさで現実から離れて夢の世界にいるような気分にさせられてしまう不思議さ。これまで聴いたことのないピアノなのでありました。

曲は次から次へと流れてゆくのですが、気がつけば三曲目のタイトル曲「月の光」、その曲間も気にならないくらい自然な間と流れで流れてゆくのであります。

このメナヘム・プレスラーさんについて少し調べてみたところなんと!1923年生まれ!というから御歳96歳(今年で)!私の買ったCDは昨年の2月に録音されたものなので95歳での録音ということになる。もうビックリ、それだけでもうそのほかの音楽的経歴なんてどうでもよくなってしまった。

この演奏の深さは年齢のなせる技なのか?!それとも持って生まれた才能なのか?いやもうそんなことはどうでも良くなるくらい素晴らしい演奏に浸るのでありました。
久しぶりに音楽を聴いて幸せな気分になれた気がする。そんなCDなのでありました。


ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

2019年2月11日 (月)

還暦を過ぎてスキーに行った!@宝台樹スキー場

二十代で始めたスキーですが、三十代の頃は子育ても放り出して夢中になりずいぶん各方面にヒンシュクを買ったものです。おかげでそこそこ滑れるようになり、バブルの頃にカナダのウィッスラー・ブラックコムへ遠征しへリスキーを体験、以来スキーといえば未圧雪のパウダースノーじゃなきゃ嫌だ!ということになりかぐらスキー場周辺の山を滑ってみたり八甲田山やニセコヒラフにも足を伸ばすようになってしまったのが40代。ところが40半ばで大病を患い10年近くスキーとは無縁になり7年ほど前50代半ばで復活しニセコや札幌国際に足を伸ばしたものの、その後は大物釣りにハマってしまい冬場の寒い時期も釣りをすることになりスキーはすっかりご無沙汰になってしまった。

その間に足の筋肉は年齢とともにみるみる衰え、3年前に少しだけ関温泉スキー場というコアなスキー場で滑った時にはスキーをしていて初めてスピードが怖く感じるという体験をして、このままスキーはできなくなってしまうんだろうか?と寂しい思いをしていたんです。

昨冬も一度スキーに行こうとしたのですが同行者の都合がつかずお流れになっていたのが今年やっとスキーに行ける、という話になり出かけました。
あっという間の3年、この間さらに着実に足は衰えている。さらには足だけでなく体全体が硬くなって動かなくなっているのをラジオ体操などした時に実感するので、一体どれだけ滑れるのやら、不安でなりませんでした。

そこでスキー場を選ぶにあたってはあまり急斜面でないそれでいてそこそこ規模の大きいところを探して見たところ、以前バリバリに滑っていた頃は目にもかけなかった水上の奥にある宝台樹スキー場が浮上してきたのであります。
調べて見たら雪もたっぷりあるし平日は空いてそう、さらに良さそうな民宿もあったので即予約し出かけることになりました。

横浜から水上方面に出かけるには以前は、首都高→外環道→関越道というルートしかなかったのですが今は東名→圏央道→関越という便利なルートができたので高速代は高くつくけれどもこのルートを選択しました。ちなみにスキー用の高速道路割引なるものがあり、関越練馬から水上方面への往復が三日いないなら6000円ぽっきりというのがあったので、横浜新道から環八に出て下道を練馬インターまで走る、という選択もあったのですが朝の渋滞を走るのはイヤ、ということで却下。道路公団さん、横浜方面から圏央道周りの割引サービスも設定して頂戴。さらにちなみに、横浜インターから中央道方面への同様のサービスはあるみたい。お願いしますよ道路公団さん!

ということで当日は朝7時過ぎに自宅を出発、片道の高速代5620円払って東名横浜から水上インターまでスイスイ、インターを降りた先にあるコンビニに寄ったら「宝台樹スキー場割引リフト券」というのを売っていて、1000円までの食事券付き一日券が4500円だったので購入しスキー場まで行き道混じりの中を小一時間走って午前11時にスキー場横の民宿に到着。

民宿で着替えさせていただきスキー場へ向かう。と言っても50メートルほどの上り坂をスキー板をかついで登ればリフトがあるんですが、その登りの途中ですでにバテてしまった。
こんなことで本当に滑れるのか?!同行のスキー仲間井手ちゃんも久しぶりのスキーということで不安げな表情はお互い隠せない。

やっとの事でリフト乗り場までたどり着いて第一ペアリフトのゲートを通りリフトに乗る。
リフトから見る白樺ゲレンデには一人しか滑っておらず、その斜面もずいぶん急に感じる。リフトが上に上がっていくほどに緊張と不安も増大して、楽しいスキー!とは程遠い気分になってきた。

リフト終点で降りてみたら右に行くといま見てきた斜面、左の林道風のコースを降りると奥に広がる広いゲレンデに出るらしい。
どうしようか?と迷ったが、とりあえず一回広い見通しの良いところを滑ろうと、今上がってきた白樺ゲレンデを滑ってみた。

綺麗に圧雪された斜面は硬くしまっていて凹凸があったらいたが跳ねそうだたけれども幸い平坦ですんなり滑ることができたので一安心。思ったよりも体が動く。若い頃に体で覚えてきたことは忘れないものだなあと実感しながらもう一度第一リフトに乗り、今度は降りたら左の連絡コースを下りた所にある第二ペアリフトに乗って500メートルほど上がり第2東コースというのを下りたら最大斜度27度しかない平坦な斜面で原因不明の転倒。
大丈夫かしら?こんなに何にもないところでコケていて。

広いスキー場の中心部に降りてからは第8クワッドリフトと第6ペアリフトを中心に13度から20度くらいしかないゆる〜い斜面を何本か滑って体を慣らしながら様子を見た。

Img_0603

                          ディープパウダー用の板で初級者コースを滑る

少し体が慣れたところで上に上がって見ましょうか?ということになりこのスキー場の頂上部に登る第9クワッドリフトに乗ってみた。1516メートルもあるこのクワッドリフト、急な斜面を横に見ながらぐんぐん上に上がっていく。一山超えて頂上が見えるか?と思いきやさらに上に向かってリフトが消えていく。昔ならワクワクしながら登っただろうに今や還暦越えのみとなっては不安が増すばかり。

やっと到着した山頂からは新潟と福島の県境の朝日連峰から新潟と群馬の県境の谷川岳が一望できて実に素晴らしい山岳風景。天気も快晴であまりの素晴らしさに恐怖も忘れて感動し写真を撮った。

Img_0613



下りは山頂からいくつかのコースに分かれてそれぞれ難易度が違うのだが、一番平易そうなコースを選択したところ、距離こそ長くて疲れはしたものの斜面的には問題なくクリアして下まで降りてきた。とはいえこの辺で膝はガクガクになってしまったのでお昼を兼ねて休憩ということでカフェテリア・ペガサスに入る。

平日のレストランはガラガラで注文に待つこともないのがいい。
写真でリフト券についてきた1000円券でちょうど食べられるメニューを選んで食べた。腹が膨らんだら眠くなりテーブルに伏してしばらく昼寝。

一時間ほど休んで再び滑り出す。
もう急な斜面は膝がいうことを聞かなそうなのでゆるい斜面を何本も滑り、撮影してみたり井手ちゃんの後をトレーンでついて行ったりしながら楽しんで3時半頃まで滑ってこの日はお腹いっぱい。

そのまま連絡コースを下って民宿の玄関前まで滑り降りる。
スキー靴を脱いで足が軽くなり油断して宿の階段を登ろうとしたら膝がスコン!と抜けて危うく転ぶところだった。一段一段慎重に階段を上がる。部屋に入って一息ついたらお風呂に入りビールで乾杯。夕食までゴロゴロして至福のひととき。

夕食になって食堂に行ったら驚いた。一泊6500円なのにお料理が豪勢。鮎の塩焼きに天ぷら、お鍋には熊の肉まで入ってる、茶碗無理やらおしんこやら色々出てきてお腹いっぱい。ビールもさらにぐびぐび飲んだので満腹と酔いで部屋に帰ると苦しいくらい。それでもバカだから日本酒を取り出して飲む。酔っ払ったところで意識がなくなって気がついたら次に日の朝だった。

朝起きて体のあちこちが痛くて起き上がれないのではないか、という心配が嘘のようにどこも痛くないし疲れもそこそこ取れている。昨日使った足の筋肉は引き締まってこの数年間眠っていたのが目を覚ましたかのようにいい感じに緊張している。

二日目は9時ごろ出発して初日と同じコースを辿り中央部へ行き、初心者コースのたんぽぽコースを休憩をはさみながら十数本滑って3時半に上がった。

011



頂上へ行きたくもあったけれど、この日は曇天で景色もイマイチだろうということで初心者コースで色々試して滑りながら体の調子を見てみたけれど意外と滑れる自分に安心しましたよ。

帰りも天気は回復してスムーズに高速を走って無事帰宅。

人生の一つの目標であった還暦過ぎてのスキーを達成できたので満足しました。
次の目標は70歳まで滑ることかな。次回はもう少しチャレンジしてみよう。


ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

2019年2月 9日 (土)

またまたシーバスジギング@長崎屋 本牧港

前回の釣り仲間ヨッシーさんとの釣行記事を読んだ釣り仲間からのお誘いでまたまたシーバスジギングに行ってきました。
今回はサラリーマンのお二人、ナベテツさんとPZ3さんのお二人との釣行なので僕としては珍しく日曜日の釣行となりました。

当日朝本牧の長崎屋さんに行ってみると休日らしく釣り人は多そう、慌てて港まで移動してみると船の右舷はあらかた埋まっている。ちょうど入ろうと思っていた胴の間に三人分の釣り座を確保してナベテツさんとPZ3さんの到着を待ちました。

間も無く二人とも到着、二人とも駐車場がいっぱいなのに驚いていた。
ナベテツさんは前日にルアーショップ、エブアンドフローに行っていろいろ情報を仕込んできたらしく、ジグもいろいろ取り揃えている。一方のPZ3さんは去年から手持ちのジグで勝負。そうそう、そういえば去年もこの三人でシーバスジギングに来たっけ。ナベテツさんに会うのなんかあれ以来かも、あの時は勝負勝負と数勝負して僅差で僕がトップだったので、今日もトップはいただき!なんて顔には出さずに密かに思っていた。なんてことをしているうちに話していたら出船の時間。

30分ほど走りますというのでキャビンに入って眠さに体を委ねていると間も無く最初のポイントに到着。沖のバース周りを攻めるようです。

開始早々船中にヒットがあり続いてナベテツさんにも早々にヒット。続いてPZ3さんにもヒット!いきなりいいサイズが掛かって船長が出て来て長さを測ったら72センチもあった。

234

次は俺だ!と思いしゃくるものの全くアタリがない。二人の使っているジグを見るとPZ3さんは自分と同じようなものを使っている。そのうち来るだろうと釣ってみるも全くアタリがなあい!その間にナベテツさんPZ3さんは次々とヒットさせている。これはヤバイとすぐに使っているジグを同じものに変えてやってみるもののそれでも何故か僕だけアタらない。右隣の方も次々と魚をかけていて僕のプレッシャーは上がるばかり。

しばらくネチネチやってやっと一匹来たのでこれをきっかけに猛烈ダッシュで追いつこうとするものの、ペースは上がらずポツリ、と釣れるくらい。

使っているジグは三人とも同じプロセレのアンチョビットなのだけれど色の違いがそのまま釣果に繋がる。魚はシビアに色を選んでいるのがよくわかったので釣れてる人のジグカラーを真似てみるのが一番早いのだけれども、同じ入りが手持ちにないと苦しくなる。

バースの周りを移動しながらポイントを変えて攻めて行くのですがどこのポイントもそこそこの反応でみんなよく釣っていた。みんなはね!僕はポツリと釣れるだけ。

P2034331

11時頃になって大型タンカーがバースに入って来たのでポイントを移動することに。

この時点でお二人はそれぞれ十数匹釣っていたのに僕はその半分以下の六匹。

船は風の塔に移動したらすでに他の遊漁船やプレジャーボートで一杯。空いているところの反応を探すもののいい反応はないようで、ぐるりと一周回ってさらに移動となりました。

P2034332



次に行ったのは羽田空港北側の誘導路の橋脚周り。
前回ヨッシーさんが爆発したところであります。

P2034347

期待してここで挽回しようと気合いを入れるも、どうもこの日は潮回りの関係もあり魚の活性がイマイチでポツリポツリと三匹釣ったところでまたまた移動となりました。

次に移動した先は海ほたる周り。
ここは前回僕が最大魚を釣ったところ。釣れ方のパターンもなんとなく分かっているので挽回のチャンスとばかりにまたまた気合いを入れるも出だしは今ひとつスイッチが入らない。

P1214326



しかしながら二度目の小移動をしたところから僕のジグにアタリが出てヒットが集中。魚の型もまあまあサイズが多く一時は入れ食いになる程盛んにヒットして来たのですがバラしが多く思うほど数が伸びない。二人も結構釣り上げている様子なのでなかなか追いつけそうにない感じ。

P2034348




一時間半くらいやったろうか、だいぶ数を伸ばして来たので数えてみたら20匹。ナベテツさんは25匹、釣り飽きたのかまったり休んでいたPZ3は17匹でなんとか数では追いついた。ナベテツさんまであと一息、とうところでアタリが遠おののいてしまい入れ食いポイントを離れることに。

P2034350

              海ほたるは魚の型も良かった

次は木更津沖のタンカーへ移動してみたものの魚は付いているけれど移動が早くて釣りにならない。タンカーを次々と移動してみたもののどこも同じような状況でダメだった。このタンカー周りで爆発すると数はぐ〜んと伸びる場所だったので残念。

残り時間も少なくなったので東京湾のど真ん中、中ノ瀬へ移動してみたもののここもパッとせず途中ナベテツさんと僕は一匹ずつ追加して終了。

大爆発はしなかったもののそこそこ釣れて楽しい釣りとなりました。
昨年のシーバスは渋かったので、お二人は昨年より連れて満足の様子。
僕は最初のポイントがどうして釣れなかったのかが気になってどうも今ひとつ納得できない釣果でありました。

ナベテツさんはルアーローテーションも全部当たって、変えるルアーに次々とヒットしたのに僕の方は変えるルアーが全部裏目に出てしまった感じ。こういう事もあるさ。
海ほたるでアタリの出たジグがなかったらどうなっていたことやら。

船中トップは31匹で平均が20匹前後ということなのでまあいいか。
次回はもっと頑張るぞ!


ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31