無料ブログはココログ
フォト

« コスタリカ・リべンス農場・ホワイトハニー | トップページ | 釣りバカ三人組で東京湾シーバスジギング@長崎屋 本牧港 »

2019年3月14日 (木)

さらに東京湾シーバスジギング2019@長崎屋 本牧港

3月も10日をすぎて東京湾シーバスジギングも早くもシーズン終盤になりつつあるので一人で出かけてきました。今年は天候やら体調やらうまくかみ合わずなかなか行けないのでフラストレーションが溜まっていたのであります。

3月11日火曜日、この日は前日は時化、翌日も時化予報と時化の谷間の一日にピンポイントで出かけていったというわけです。

この日は中潮で初めは上げ潮、途中上げ止まりから下げ潮に向かって釣ることになります。釣り客は少なく僕を入れて6名ほどだったので片舷での釣りが余裕でできました。

お天気も良く気温も暖かかったので上着は冬用からレインウェアに変えて風除けをすれば十分というくらいの暖かさ、前日の時化もどのように釣りに影響するのか気になるところです。

午前8時過ぎ、本牧港を出船、いつもの第十長崎丸、イサオ船長です。
お隣にはいつもこの船に中乗りとして乗っているルアーデザイナーのトム若林さんがご一緒で心強い。僕のシーバスジギングの師匠ですから。

船べりに今日使おうと思っているジグを並べてどれから行こうか色々悩んでいましたが、とりあえずパイロットルアーとしてアンチョビットを選び、日本持って行ったもう一本の竿には「バチ」パターンの時用に別なジグをつけようと考えていたのですが、どれにするかは決まらず。とりあえずアンチョビット80gで様子見です。

この日は港を出てすぐの海釣り公園沖から始めました。
魚探への反応はバッチリ写っているのですがシーバスのジグへの反応は鈍く二回流して移動。

次に大黒の海釣り公園沖を流してみましたがここも不発。
すぐに見切って京浜運河へ移動しました。

今シーズンはこの運河の中の不調が大きな特徴で、例年ならば港を出てベイブリッジの下で釣ってから京浜運河へ入り運河内のポイントをいくつか攻めていくうちにそこそこの数が釣れるというパターンなのですが、今年はさっぱり。

久しぶりに行った運河のポイントがプチ入れ食いとなりました。
肩もまあまあでいきなり60cmクラスが釣れてきたので船長に写真をパチリと撮っていただきました。

00

入れ食いは長くは続かず仕方なく移動。ここで5匹釣れた。
続いて運河内を移動しながらいくつかポイントを攻めましたが不発に終わり、船は一気に羽田へ移動。

羽田では到着早々ヒットがあり船の上は賑やかになりました。
僕にもヒット。ところが型が小さい。20cmちょいの小型が次々と船に上がってくるのでありますが時折60cm近いいいのが掛かってくるようで油断なりません。

ここで良かったのはアンチョビットのクロームカラー(オリジナルカラーなのでお店に無い)で立て続けに釣れる事もあるくらい好調に釣れていました。
ところが羽田の誘導灯の橋脚下で根掛かりしてしまし大事なジグをなくしてしまった。

ちょっとショックだったのですが、開き直って自分でマジックで色を塗ったオレンジピンク系の根掛かりして失ってもいいや、というジグをつけてタイトに攻めて行こうとやってみたら、以外にもこれに連発してきたじゃあありませんか。

型はチビ、チビ、まあまあ、そしてまたチビ、という感じで釣れてくるのですが釣れないよりは小さくたって釣れた方がいいに決まってる。

入れ食いとまではいかないものの誰かが釣れている、というくらいにポツリポツリと釣れ続けて行きましたが、突然食いが止まった瞬間があった、というか瞬間で済んだのは変わったパターンをトム先生が素早く見つけて答えを出していたので、僕は真似して同じジグに帰ればいいだけだったからです。

一人で釣っていたらおそらくここで何をしていいのか見失い失速して全く釣れなかったろうなという思い。

師匠は変化するパターンを素早く捉えて次々と魚を釣り上げていく。
僕も真似して変えたゴビアス・ダイルで再び釣れるようになり数を伸ばします。

アタリは底にフォールで落ちた瞬間、落ちて行く途中に多かったのですが、巻いている途中でも食ってくるので油断ならない釣りでした。

午後1時半頃までやって羽田の食いが今ひとつになったところで風の塔へ移動。移動中に魚をリリースして数を数えたら自分的にはまあまあ数を伸ばすことができていて36匹。60cmくらいのものも何本か混ざってまあまあの釣果です。

風の塔は反応も今ひとつだったのですぐに移動して海ほたるへ、移動中に根掛かりで失ったリーダーを巻き直して海ほたるへ到着。
前回、前々回共に海ほたるは型が揃っていたので楽しみにしていたのですが、この日は魚の活性が今ひとつで食ってこない。

早々に見切りをつけてきさらず沖のタンカー周りを攻めに移動します。
一つ目のタンカーは反応がなく二つ目へ。二つ目は反応はあったのですが魚の活性が悪いのでまた移動。

三つ目のタンカーでまあまあの反応があり食い出せば爆発、という状況だったので少しネチネチ攻めてみたのですがなかなか魚の活性は上がらずここで時間となってしまいました。

結局羽田で数を伸ばしておいたのがのが良かった、36匹で終了。
40匹釣りたかったな。

P3120174



ちなみに師匠はあれこれジグのテストやお客さんのタモどりをしながらも41匹、さすがだなあ。それでもこの日の二番手になれたからまあいいか。

シーバスも今年で初めて4シーズン目くらいに入りだいぶ魚の動きやらベイトとの関係がわかるようになってきたので釣りをしていて面白い。次回は釣りバカ三人組で日曜日に出船の予定です。さてどうなることやら。お楽しみに。

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« コスタリカ・リべンス農場・ホワイトハニー | トップページ | 釣りバカ三人組で東京湾シーバスジギング@長崎屋 本牧港 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらに東京湾シーバスジギング2019@長崎屋 本牧港:

« コスタリカ・リべンス農場・ホワイトハニー | トップページ | 釣りバカ三人組で東京湾シーバスジギング@長崎屋 本牧港 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31