無料ブログはココログ
フォト

« 釣りバカ三人組で東京湾シーバスジギング@長崎屋 本牧港 | トップページ | 初春の東京湾シーバスジギング2019は入れ食い!@第十長崎丸 本牧港 »

2019年3月22日 (金)

早春の箱根ツーリング2019

暖かくなってきたしお天気も良かったので箱根にツーリングしてきました。
横浜の我が家からは同じ県内なので二時間もかからずに行ける距離です。
平日の朝7時過ぎに家を出て近所のガソリンスタンドで給油し満タンに。
行きのルートは国道一号線に出て藤沢橋経由で海辺の箱根駅伝コースを走り、途中から西湘バイパスを走るコースです。
西湘バイパスに乗るまでは朝の混雑でノロノロでしたがバイパスに入った途端ガ〜ラガラに空いていました。
途中国府津のパーキングに入ったらバイクがたくさん止まっている。箱根伊豆方面に行くライダー達はここで一服する人が多いのでいつもたくさんのバイクを見ることができるんですね。
この日のバイクは傾向としてデカイ排気量のバイクが多かった。
1000cc以上のバイクが多く車体もエンジン音もデカイ。
僕のヤマハのMT09も850ccあるんですが車格が小ぶりなせいもありデカイのに囲まれたらおチビバイクに見えてきた。
ちくしょう!止めるところさえあれば俺だってもっとデカイの乗りたいのに!と羨ましがりながら一服。
ここから小田原へ抜け箱根ターンパイクに入ります。
ターンパイクは巨大な市道のようなもので企業が所有していて有料道路なんですが、ただの箱根新道よりも交通量も少ないし道のウネウネもいい感じなので料金所で520円払ってさあ出発、制限速度50キロの道を快適に走って行くと、山を登って行くにつれて寒くなってきた。
途中伊豆方面がよく見える駐車場で写真を撮りながら休憩していたらポルシェだのフェアレディZだのその他会社のスポーツカーがすんごい勢いで走り抜けていった。
P3200188
そこから少し走ったら頂上の大観山。ここでまた休憩して芦ノ湖を眼下に富士山が見える観光写真的なものを撮ったり、次々とやってくる他のバイク集団を見たりして一休み。時間はまだ9時。
P3200198
帰るには早いので芦ノ湖まで降りて海賊船を見ながらまたまた一休み。なんだか休んでばかりで走っている時間の少ないツーリングだなあ。
流石にまだ観光船も動いていない時間だったので観光客の姿もまばら、中国語も乗船案内の録音されたものしか聞こえてこない。
春先とあってまだ空気も乾燥して住んでいるので富士山が頭を出しているのが綺麗に見える。
昔はよくここの鈴木ボートさんで船を借りてバス釣りをしたなあ、なんて懐かしんだ。
いつまでも懐かしんでいてもしょうがないので出発し、今度は箱根スカイラインを通って湖尻方面へ走ります。
Img_0744b
箱根スカイラインも走るのは15年ぶりくらい、もちろんバイクでは初めて。
駿河湾が一望できたり富士山を真正面に見たり、いいロケーションのパーキングがあるのでそのたびに止まっては写真を撮った。
P3200204
たまたま居合わせた二人組に声をかけて写真を撮ってあげたら、お礼に僕の写真を撮ってくれた。バイクと一緒に写ってる写真て、一人でバイクに乗っていると意外に少ないので嬉しい、ロケーションもいいし。
P3200208
箱根スカイラインのウネウネ道を快調に走り湖尻へ。
ようやく観光船も動き出し外国人観光客も賑わってきた。
この辺りも昔はバス釣りによくきたところなので懐かしい。
湖尻からは御殿場を通り足柄峠に向かうことにした。
高速道路にはあまり乗りたくないし時間もまだまだたっぷりあったので遠回りしたのだ。
芦ノ湖から仙石原を抜け峠を抜けて御殿場に降りたところで突然右側に見覚えのある風景が目に飛び込んできた。
管理釣り場の(釣り堀ともいう)東山湖ではないか。ここも30年くらい前、まだ世の中に管理釣り場があまりなかった頃、冬のバスのオフシーズンによく通った懐かしい所。思わずハンドルをそっちに切って覗いてみましたよ。
P3200216
富士山を正面に見ながら竿をふる釣り堀で誠に気分が良い。
どのくらい釣れているのか釣り人たちの様子を見ていたらルアーの人は厳しそうだったけれどフライのルースニングでは入れ食いだった。
バイク用にフライのコンパクトロッドを買ったので今度来ようっと。
しばしライダーから釣り師にオツムのスイッチが切り替わってしまった。
これだけあちこち寄り道しているので時間も11時を過ぎた。
そろそろ帰路にと足柄峠に向かう。
足柄峠に入ると対面通行の一車線道路なので対向車に気を使わねばならないほぼ林道とも言っていいような道が続く。
所どころに「地元者優先」という看板を見ながら対向車に注意を払いゆっくり登って行った。
金時山への登山道の入り口あたりが峠の頂上でその先下りに入ると二車線道路になるので対向車に気を使う必要もなくなり少し気楽になる。
下り道はヘアピンカーブの連続などあり、これまで走ってきた道の中では一番エキサイティングだった。
カーブにはドリフトしたと思われるタイヤの痕跡が多数あり曜日と時間によってはその手の車がガンガン飛ばしていると思われる。
僕はガンガン飛ばすこともなくおじさんらしくマッタリと下りを安全走行して南足柄市内へ入る。
この辺りで肩が痛くなってきた。どうやら無駄な力を使っているらしい。まだまだへたっぴライダーなんだよ。
大井松田から東名高速に乗ってすぐに秦野中井パーキングで休憩。
お腹が空いたのででっかい肉まんを買ってベンチに座って日向ぼっこしながら食べた。
ここからは家まで一気に帰るので十分に休憩をとって出発。
頑張って100キロ出して圏央道の海老名出口まで走り、そこで高速を降りてからはいつもの走り慣れた下道を通って無事に帰宅しました。
走行距離191キロ。時間にしておよそ6時間という半日ツーリングだったのですが結構くたびれた。一日に走った距離としては過去最高ね。
もう少し暖かくなったら伊豆半島一周ツーリングも考えていたのだけれど、1日200キロ走るくらいが限界なのかなあ、などと思うのでありました。
この時期は空気が澄んでいて景色は最高にいいですね。富士山をいろいろな場所からくっきりと見ることができた。
新緑の季節になったらまた出かけてみようかな。
ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

« 釣りバカ三人組で東京湾シーバスジギング@長崎屋 本牧港 | トップページ | 初春の東京湾シーバスジギング2019は入れ食い!@第十長崎丸 本牧港 »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 釣りバカ三人組で東京湾シーバスジギング@長崎屋 本牧港 | トップページ | 初春の東京湾シーバスジギング2019は入れ食い!@第十長崎丸 本牧港 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31