無料ブログはココログ
フォト

« トカラ列島遠征釣行 その5@マリンチャレンジャー号 | トップページ | 男女群島遠征釣行2019@サンライズ 呼子港 »

2019年4月27日 (土)

平日はまったり管釣りフィッシング@フィッシュオン王禅寺

昨年大型のオートバイを買ったらバイクで釣りに行ってみたくなり昨秋あたりかな?フライのパックロッドを一本購入したんですよ。

ところが冬の間は寒さに出かける根性がなくてフライロッドはずっとお蔵入りしていたんですが、やっと暖かくなったので出かけてみようという気になったのであります。

お天気のいい日を選んでいこうと思っていたのですが、ここにきて天気の移り変わりは激しく、なかなか晴れの日が続かないので天気のいい日に都合がつかなかったりして出かけられないでいたのですが、先日やっと天気予報が曇りの日に都合がついたので出かけてきました。

 

行き先は御殿場の東山湖、丹沢のリバースポット早戸、川崎のフィッシュオン王禅寺の三つの中から選んだのですが、バイクを楽しむなら遠い方がいい、でも皮のライダーパンツで釣りはシンドイ、などと色々悩んだ挙句釣りを優先して一番近い王禅寺に行くことにしました。

 

当日は、朝もゆっくり食事をとってコーヒーなどもゆっくり飲んでから出発。

王禅寺に行くのは5〜6年ぶりなので何と無くううろ覚えの道を走ること小一時間で無事着きました。

平日とあって釣り場はガラガラ。一号池に数人程度しか人がいない。池の中央を横断するように網が張られていたのを見てすぐにカワウ対策だな、とわかりましたが景観的にはあまりいいものではない。経営側も承知で仕方なく張ったのだと思うのでそれだけカワウの被害が酷いのだろうな、などと思いながら6時間の釣り券を買って二号池のフライ専用エリアに移動。

早速用意して釣りを始めしようとしたらなんだかオカシイ。なんのことは無いリールを左右逆につけていた。(笑)こんなヘマするくらいフライフィッシングは久しぶりという事でありますね。

リールを付け直して釣り開始。

午前7時すぎくらいだったのでまだ朝のライズが盛んにあって、魚は表層を意識しているようだった。

フライはいつもの管釣りマラブーをつけて投げてみたらすぐに表層でバイトがあり一匹目をキャッチ。

久しぶりにニジマスのファイトを楽しんだのですが、ここ王禅寺のニジマスはサイズもまあまああってよく走り、ジャンプし、最後までファイトしてくれた。久しぶりのニジマスのファイトを堪能して二匹目を狙いにかかります。

二匹目がヒットするまでには少し時間がかかったけれど、これもフライが落ちた瞬間にバイトしてきたのをうまく合わせられたので会心の一匹になりいい気分。

この辺りで魚のライズが減ってきたので少しフライを沈めて引いてみた。

そこに上空から小型戦闘機のようなシルエットをした鳥が二羽やって来て上空を旋回したと思ったらサーッと着水したと思いきや、一気に水に潜った。数秒後潜ったところからかなり離れたところにポッカリと水中から鵜が現れ魚をくわえている。おそらく上野の営巣地からはるばるやって来たと思われるのでありますが、コイツら本当に魚を捕るのがうまい。何匹か飲み込んだら飛び立って行った。

やっぱり一号池の網はカワウ対策だったのだな、と思って釣りを続ける。

三匹目がかかったら足元からミャ〜という文字通りの猫なで声が聞こえたのでそっちをみたら、猫ちゃんが釣れた魚を見て、おらに下さい〜!と鳴来ながら近づいて来た。一瞬考えたけれど、猫ちゃんには悪いけど魚はリリース。ここで餌あげて猫ちゃんに増えられても施設も困るだろうと思ったから。

釣りの方は思っていたより魚のアタリは少なく時々ポツリと釣れる程度。

まあ、それでも飽きない程度に連れたのでたまにはサイズも数も気にせずにのんびり釣りをするのもいいかと続ける。

10時すぎくらいから空が暗くなってきたと思ったら、ポツリポツリと降り始めてきてしまった。

自分が濡れるのは気にならないけれどバイクが濡れるのは嫌だなあ、なんて思いながら釣りを続けていたら次第に降りが激しくなり本降りになてしまったので、屋根のある喫煙所に避難して缶コーヒーを飲みながらスマホで雨雲をチェック。

30分くらいで雨雲は抜けるようなので釣り場の風景をのんびり眺めていた。池を囲む周囲の山はちょうど新緑で美しく、これが雨に濡れてしっとりしてこれはこれでなかなかいい風景。時折アオサギがギャー!と鳴くもののウグイスや他の野鳥のさえずりも美しく気持ちを安らげてくれる。

雨雲レーダーは正確で、30分ほどすると小降りになってきたので釣りを再開する。

一つ低い場所にある三号池はどんな具合なんだろうと、遠くぼんやり霞む目で見てみたら池の周りに等間隔に何かが立っている。人にしては小さいし杭ではないし何かしら?とよ〜く見たらアオサギだった。

1メートルくらいあるアオサギが5〜6メートルおきに等間隔で立っている。彼らは身動きひとつせず池の魚を狙っているのでまるで何か像が立っているみたいで可笑しかった。

しばらくすると再び戦闘機の飛来があり、釣りをしているすぐ近くを潜水して魚を捕らえている。

これじゃあ魚もビビってしまって悔いが悪くなるだろうなあ、と思いつつもカワウもわざわざ上野からこんな遠くまでやってきて腹ペコのまま帰るわけにはいかないから必死だよな、などと見ていると、カワウを威嚇してアオサギも飛び回りなんだか騒がしくなってる。

なんだか人工池の釣り堀に居ながらにして野生の王国の一端を見ているような気分になって面白かった。

この池の周りには羽虫→マス類→水鳥・猫・人という食物連鎖が出来上がっているのがなんだか面白い。

そんなことを考えながら時々釣れるニジマスに感謝しながら昼過ぎまで遊んで、再び雨が降り出さぬ内にと食事もとらずにバイクで帰宅したのでありました。

 

数はそんなに釣れなかったけれど気分は満足。久しぶりにゆったりした気分で釣りができた。たまにはこういう釣りもいいもんだなと思ったのでありました。

GWはどこも混雑して居そうなので釣りはお休みかな?

 

 

« トカラ列島遠征釣行 その5@マリンチャレンジャー号 | トップページ | 男女群島遠征釣行2019@サンライズ 呼子港 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トカラ列島遠征釣行 その5@マリンチャレンジャー号 | トップページ | 男女群島遠征釣行2019@サンライズ 呼子港 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31