無料ブログはココログ
フォト

« 小笠原遠征2019 その5@恵丸 小笠原父島 | トップページ | 小笠原を食う@小笠原父島 »

2019年9月18日 (水)

小笠原遠征2019 その6@恵丸 小笠原父島


遠征4日目、ようやく太陽が戻ってきた。早朝3時半に集合して船に向かうと東の空が薄紅色に染まっていた。しかしながらもうこの日の午後には帰らなければならないので、せっかくの晴れの日なのにお昼までの半日しかない。
昨日まで潮が流れなかったのが今日は幾らかでも流れてくれたら、というのがみんなの願いだった。魚は居る、潮さえ流れれば爆釣もあるのだ。
港を出ると波もおさまっていた。沖に向かう船から太陽が上がってくるのが見える。テンションは上がり期待は膨らむ。
P9050152
上がったテンションのまま最初のポイントへ。
潮の感じも良さそうだ。今日は釣れそうだぞう、といきなり330gのでかいジグを落としてしゃくる。
Img_1800
ところがどっこい、そう簡単には魚は釣れない。船長がポイントを変え、流し変えて魚の活性の良さそうなところを探ってくれる。
最初にヒットさせたのは昆虫大好きさん。小さいながらも立派なカンパチだが、船長が大きさを見てカンパチ「八」(8kg)まではいかないなあ、カン1.5くらいかなあ、と冗談を言って笑わせてくれた。
Img_1804
次に来たのは大好きブラザースの片割れバイク大好きさん。こちらはカン2くらいだったような。
それでも昨日まであの巨大バラハタを釣るまでバイク大好きさんは今回いまいち乗り切れていなかったので、この一匹を起爆剤にスイッチが入ったようだ。
Img_1806
ジギング王はいつものように淡々とクールに釣る。この人が釣れない時はみんな釣れる気がしなくなってしまうほど良く釣る。
Img_1809
ジギング王が釣ると今度は根魚王。
今回の釣行ではカンパチがかからないようにジグを操作していたようだが、ここでついにカンパチを釣ってしまった。根魚専門の王様にはカンパチは無駄に引く外道でしかない。
Img_1812
起爆装置にスイッチの入ったバイク大好きさんはこの日一人でカンパチを次々に釣っていた。
僕が作った背中に爆釣の文字が入った「爆釣Tシャツ」の効果もあるのか好調にカンパチをかけた。サイズも徐々に上がっていく。
Img_1813
その中でも一番の一匹がこれ。この日一番のサイズだった。
付いているジグを見て僕も真似して見たが僕には一向にカンパチがかからない。
Img_1816
根魚王は釣り上げたアカハタが浮き袋を出してしまったのを真似しておどけて写真を撮っていた。
僕らの遠征はいつもこんな感じで楽しい釣りをしている。
P9050160
バイク大好きさんのジグを真似て釣っていた僕にもヒットした。しかしジグがそこに付いた途端のヒットだったので根魚に違いない。今回バラハタを一匹も釣っていない僕はとうとうバラハタが釣れたかと喜んであげてきたのだが違う魚がついていた。
アカハタかな?と思ったら船長が地元でドブアカバと呼ぶ魚だった。
Img_1822
この魚、シモフリハタという名前の魚なのだが、焼いて食うには問題ないのだが、にて出汁をとるとドブの匂いがして不味くて食べられたものではないところから地元父島では「ドブアカバ」という誠に不名誉な名前がつけられていた。
潮の止まっているときに釣れる典型的な魚なのでこの魚が釣れたらそのポイントは諦めるというほどらしい。
昨日ほどではないにしろやはりこの日も潮の流れはイマイチなようで船長も困っていた。
少しでもそこジオの動いていそうな場所を探して流してくれるのだが釣果は今ひとつ盛り上がらない。
そんな潮の動かない中でもさらに潮止まりで、もうこの状況ではカンパチが釣れることはあり得ないだろう、というときにY店長にヒット。
あげてくる魚を見ながら船長が「釣れてはならないものが釣れてしまった」という。カンパチだ。
そもそもY店長にはKYなところがあって、みんなが何時間も釣れてない中でそれまでキャビンで寝ていたところから起きてきていきなりヒットさせて「入れ食いですね」と言ったりしてヒンシュクを買うことがままあるのだ。
さらに船長が驚いていたのは、父島周りにはもうあまりいないと思われていたバラハタの大物をジギング王が釣り上げてしまったことだ。
この日は青物狙いのジギング王に根魚のバラハタ、根魚狙いの根魚王にカンパチと釣れる中身が入れ替わってしまっていて面白かった。
両人とも不本意そうな顔をしているのが笑える。
Img_1827
そんなこんなで釣りをしていると時間が経つのも早い。時計は早くもお昼近くなっておりそろそろ上がりの時間かな?というときに僕にきた。
でもなんだか小さいし引き方もカンパチとは程遠い。ドブアカバじゃなければいいけど、と思っていたら縦縞の綺麗な魚が釣れた。
Y店長に魚の名前を聞いたが忘れてしまったが黄色の体にコバルト色の縞模様が美しい魚だった。
P9050172
この一匹を最後にして父島での釣りは全て終了となった。
四日間しゃくり続けたので両肩が痛い。
僕の釣ったカンパチは初日5キロ、二日目8キロ、三日目10キロ弱の三匹だった。満足できる釣果ではなかったが釣行自体は楽しかった。
ケータ列島に行けなかったのは残念だったがまた挑戦しよう。
港に戻った一同は3時出発のおがさわら丸に乗るべく素早く宿に戻り素早く片付け作業に入った。
写真提供:エブアンドフロー
釣りに関するお問い合わせはエブアンドフロー


ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« 小笠原遠征2019 その5@恵丸 小笠原父島 | トップページ | 小笠原を食う@小笠原父島 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小笠原遠征2019 その5@恵丸 小笠原父島 | トップページ | 小笠原を食う@小笠原父島 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31