無料ブログはココログ
フォト

« 旧友を訪ねて諏訪に一泊 | トップページ | 走水の金アジ釣り@広川丸 走水港 »

2019年10月 2日 (水)

またまた東京湾タチウオジギング@太田屋 金沢八景

東京湾タチウオジギング3戦目であります。

 

今回はこの夏友人の画家の個展で知り合った焼き鳥屋さんの店長を無理やり誘っての釣行です。

店長は釣り経験は豊富らしいのですがオフショアジギングは初めてという事なので、シロウトながら僕が色々アドバイスしての釣行となります。果たしてシロウトアドバイスで太刀魚は釣れるのか?そんなに甘くないぞ!という声が空耳のごとく脳裏に響く毎日を過ごしながらいよいよ当日となりました。

当日は焼き鳥屋氏とその知人を入れて三人での釣行となりました。

焼き鳥屋氏は前日深夜の閉店後、知人氏と寝ないで車を走らせ金沢八景の太田屋さんまできて車内で寝ていたそうです。午前5時前に僕が到着するとすでに来ていて車から出て来てご挨拶。店が空いていないので釣り座だけ確保して二度寝です。

 

店が空いてしばらくしてから準備、船に乗り込み仕掛けを作りしゃくり方などの基本的なことだけお話しして出船を待ちます。

 

午前7時半出船。

あらかじめ船長が浅場からやるよ、と言っていたのでおそらく八景沖からやるんだろうな、と思っていたら案の定港の外に向かって右手にある住友のドックの沖に回り込んで釣り開始。水深は20メートル。浅いのでジグも80gの軽いものを使う。

早々に船のあちこちでヒットし、焼き鳥氏にもヒットするも残念ながら取り込み中にバラしてしまった。

僕の方は全くアタリがなくしゃくりに問題があるのだろうと色々試すもアタリなくポイント移動。

 

船は横須賀の軍港の奥まで入り込んで軍艦や海保の船が並んでいるのをみながら釣りをした。

 

Img_1877

 

 

相変わらず渋く、船長からアナウンスで魚の活性が低いのであまりるジグを動かさないほうがいい。ただ巻きでスピードを色々試してみて、と言われた。

言われた通りにただ巻きで色々やるもアタリなく、ミヨシで入れ食ってる人の釣り方をみていたら竿先を少し上下させながらゆっくり巻いていたのでこれを真似たところでアタリが出た。

Img_1878

 

初めはかからなかったがすぐにヒット。やっと一匹釣ってホッとする。このパターンですぐに追加し三匹釣り上げる。焼き鳥氏と知人氏にもこのパターンを教えたらすぐにヒットして釣り上げた。

この日は魚の活性は悪い割には太刀魚特有の群れの移動は早く細かな移動を繰り返す。

移動するたびに拾い釣りという感じでポツリポツリとアタルのだが針がかりが悪くバラシも多かった。

ジグを見ると丁度針のない真ん中あたりに歯型が付いている。また同じジグでやり続けるとスレてしまうようなので、こまめにジグを変えてなんとかアタリをとった。

 

Img_1882

 

10時頃までやってやっとこさ5匹。ポイントを大移動して再び八景方面に戻りながら釣る。ここでまたポツリポツリとだったが、昼頃入ったシーパラのすぐ横のポイントで一瞬魚の活性が上がり連発してなんとかツ抜けした。

ところがここからが全くダメで何をやっても釣れない。終了間際の2時過ぎにやっと掛けたがバラしてしまっておしまい。

 

Img_1879

 

 

寝ないで頑張ったお二人さんは5〜8匹くらい釣っていた。ボウズじゃなくて良かった、って人の心配をするほどこちらも余裕はない。

 

無理やり誘ったお二人にはこんな渋い日に誘ってすんませんと頭を下げる。楽しかったですと言っていただきホッとする。

船長に三人で魚を持った写真を撮ってもらって終了。

 

Img_1883

 

テクニカル、といえば聞こえがいいがもう少し釣れたらなあ、なんて思っていたらこの日船のトップは26匹も釣っていた。やはり腕の差か!と己の素人ぶりを再認識させられた釣行でございました。負けないぞ!

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« 旧友を訪ねて諏訪に一泊 | トップページ | 走水の金アジ釣り@広川丸 走水港 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧友を訪ねて諏訪に一泊 | トップページ | 走水の金アジ釣り@広川丸 走水港 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31