無料ブログはココログ
フォト

« またまた東京湾タチウオジギング@太田屋 金沢八景 | トップページ | 走水の金アジ釣り・午後の部@広川丸 走水港 »

2019年10月 8日 (火)

走水の金アジ釣り@広川丸 走水港

みなさん走水の金アジというのをご存知だろうか?

走水というのは東京湾の入り口、横須賀の観音崎の付け根部分位置する街の地名なのでありますが、ここいら辺は東京湾がぎゅっと狭まっていてやたらと潮の流れが速いことからこんな地名がついたそうな。そしてこの流れの速い海で捕れる、あるいは釣れるアジはたいそう美味しく色も金色がかっていることから「金アジ」と呼ばれるアジ界の高級ブランドなのであります。

今回はその高級アジをエサ釣りで爆釣しちゃおうという作戦なのであります。

そもそもこういう話になったのは8月に海の釣り堀に誘っていただいたH夫妻からのお誘いでありまして、H夫妻と申しましてもイニシャルがHなのでエッチな夫妻というわけではありませんので誤解のございませんように。そのH夫妻に走水の広川丸というところで走水の金アジを釣りましょうよ、とお誘いを受けたのが10日ほど前でありました。釣行日は10月7日の月曜日だったのでありますが、この週は木曜日から隠岐の島まで四泊五日で遠征釣行に行くことになっていたため、その週の頭でも釣りしてていいんかい?と心の中で逡巡したのでありました。しかしながら、結果的には数分後に「行きます!」と返事を返してしまったのでもうこの釣りバカ具合は誰にも止められない状態となったので、気分良くアジ釣りにでかられることとなりました。

釣行前日に近所のオフショアルアーショップ、エブアンドフローへ行き、「明日アジ釣りに行くんですよう」と店長に申し上げたら「ロウニンアジですか?」と返され、あ、ここにも手のつけられない釣りバカがいると感じたのでありますがそこはスルーして、付餌のアオイソメを買いに釣具のポイント長後店にバイクで向かったのでありました。

ここでアオイソメ80g(一人分としては結構多め)とビシアジ仕掛け二種に、それらより少し糸の太いライトサバ仕掛けを購入し外道でワラサあたりが食いついても大丈夫なように準備を怠らなかったのでありました。

 

当日、午前4時、車で10分ほどのH夫妻宅にお迎えに行き合流すると一気に保土ヶ谷バイパスから横浜横須賀道路を駆け抜けて終点のインターを出れば数分で走水の広川丸さんに到着です。

時刻はおよそ4時半、これなら一番乗りだろう、と船の釣り座選びの順番になるお店の前にクーラーボックスを速いもの順で置いていくというので真っ暗な中駐車場に着いてみればもう残り1台分しか空いていない状況。車を止めてまだ閉まっている広川丸さんの前にクーラーボックスを持っていくとすでに7個ほどのクーラーボックスが列を作っていいる。

みなさん、月曜日の早朝だというのになんという早起き、というか夕べ寝たの?とお聞きしたくなるほどの出足の早さに驚かされたのでありました。

5時を回ったあたりで広川丸さんのお店が空いたので受付に行きます。クーラーの順番に呼ばれて船の釣り座を選んで行きました。出遅れたか?と思ったものの右舷のミヨシから二番目、三番目、四番目と三人分確保。とは言っても四番目はほぼ船の真ん中胴の間でしたが。

受付が済んだらすぐ向かいにあるファミマで朝ごはんと飲み物を購入、このファミマ、朝6時からの営業なのに売上は全国五番目くらいに入るほどすごい売上らしい。行ってみれば確かに早朝から開店を待ちわびていた釣り人らしきヒトビトがたくさん入っている。

朝食を調達したらほんのちょっと離れた港に向かい、車を止めて船に向かいます。

出船は午前7時半なのですが、6時半くらいの段階で船の上は大にぎわい。片舷9人ずつ、合計18人も釣り人が座っている。本当に今日は月曜日だっけ?と疑いたくなるような人気ぶり。周囲の他の船はそれほど人が混雑している様子はないのに。

 

2b84127acd5badbf66e8c6afef925ba7

 

 

H夫妻に聞いてみたら広川丸さんはテレビの取材でよくオンエアされるそうで、彼らもテレビを見て即出掛けたというではないか。なるほどマスコミのせいでこんなに人気なのね、と思ったが受付の時の船長の人当たりの良さを見ていたので人気にも納得できた。

さあああ、やっと7時半になり出船!

船が港を出ると軍港横須賀の至近とあり巡視艇のようなものが二隻沖に浮かんでいる。

なんだか物々しい感じの中を船はポイントに向かい10分ほどで到着。投錨して船を固定したところで船長から「始めてください」と号令がかかる。

 

90a4017d824694644e35576d2d61a03f

 

アジ釣りは年に一度やるかやらないかな上、ここ数年はおそらくロウニンアジ釣りに出かけている回数の方が多いワタクシにはビシアジは二度目の体験であり全くのどシロウトなのであります。

150号という重さおよそ500gほどの錘が底に付いたコマセを入れる為のナス型のカゴに弓形の金属の針金、テンビンというものがつけられており、その片端に道糸を、反対側にエサを付ける仕掛けをつなぐという構造になっているのであります。わかるかな?

小さめのナスくらいの大きさのコマセカゴにはイワシのミンチをシャベルで入れる。そして先っちょの釣り針二本には付けエサを付けるのであります。

水中に落として魚のいるタナまで仕掛けが到達したら、竿を大きくしゃくるとコマセカゴの中のミンチイワシが煙幕のように散らばり辺りにいるアジちゃんを引き寄せる。腹の空いたアジちゃんたちは狂喜乱舞しながら奪い合うように込めせに食らいついていると、その先の付餌のついた針にも食いついて釣れるという塩梅です。

ゴングななり一斉に18名の仕掛けがスルスルと船べりから落とされていく。水深はおよそ50メートル。潮が流れているので150号の重さも若干流されて落ちるので、落とすタイミングをずらしてしまうと隣の人の糸を釣ってしまいすぐさまオマツリとなるのでありますが、この日は比較的潮の流れが緩かったので、落として即オマツリ、というのは回避できました。

そこから3メートルくらいね!と船長が魚の群れのタナを指示してくださるので、そこまで錘を落としたら3メートルほど巻き上げます。

使用するリールは電動式なので、パネルに水深が表示されているので簡単にタナまで持っていけるのであります。日頃は手動式のリールでジギングなどやってばかりいると、この電動式というのが素晴らしく楽チンなのであります。

さてさて、最初の一投目、落としたところから手で3メートル巻き上げて、竿を大きくあおってコマセを振りまきアジのアタリをじっと待つこと10秒ほどで早くも竿先がブルブル!と震えてアタリがきました。ここで強く合わせるとアジの繊細な口が切れてしまうので、そっと、かかってるかな?と聞いてみるくらいの強さで(どのくらいの強さだ?)竿をそっとやさしく上に振り上げて、魚がブルブルっとしっかり針に掛かったのを確認したところで電動リールの巻き上げスイッチを入れたらあとは竿を持って引き味を楽しむだけ、楽チン楽チン。

アジとはいえ型がいいようで結構良く引く、上がってきたのは30センチほどのいいサイズのアジちゃん。さすがブランドアジ!サイズも引きもいい。早速気分よく一匹釣れたので出足快調であります。

このあと数匹までは仕掛けを落とせば必ずアジが付いてくるいわゆる入れ食い状態となったのでありますが、魚のサイズ(型)がどんどん小さくなってきてアベレージが20センチほどになったところで安定してしまいます。

さらに7〜8匹釣ったあたりからアタリが遠のいて時々しか当たらなくなってしまったではありませんか。

これではイカン!とあの手この手を使ってアジを誘うのですが、僕の出す程度のあの手この手ではアジちゃんたちが反応してくださらない。

 

そんな時あの手この手の誘いを入れた直後にココン!とアタリがあり竿を煽ると明らかにアジより重い。

やった!マダイか!?と慎重に糸を巻きつつ魚の引きを楽しむと、時折竿先を叩くようにココン、ココンと引いてくださる。これはもうマダイに間違いない、しかもそこそこデカイぞ!とすっかりその気になって糸があと2メートルというところまできたら、見えてきた魚がなんだか白くて長細い。

???なんだ???と思いつつさらに糸を巻いたらなんと、サメじゃないですか!船長を呼んですくっていただき針をはずしていただいた。このサメ、ドチザメという歯はないおとなしい種類のサメなのでホッとしましたが、小笠原でつけてしまったサメグセをこんなところで発揮してしまうとは。とほほ。


それからしばらくしてH夫の竿にもドチザメがかかってしまった。その他にも同船者が一匹あげていたのでアジ船がドチザメ船になってしまいそうだったので、こんなことではイカン、とまたしても心はこんなことではイカン状態になりあんなことやそんなこと、いろいろ試してみるのでありました。

 

ドチザメ以外にもミヨシで生きたアジをエサにした泳がせ釣りをやっていた方の竿にワラサがかかって上がってきたのを見て、こんな大きいのの群れに周りを囲まれて睨まれていたらアジの食欲も落ちるよなあ、とアジの食わない原因の一つがわかった気がしたのであります。

 

コマセカゴの中のミンチイワシは竿を二回も煽ると空になってしまうので、かなり頻繁に仕掛けを上げたり下げたりを繰り返すのであります。付エサがついているからといって竿を置いたままジーッと待っていれば釣れる、というほどアジ釣りは甘くなかったのであります。

アジだってアジなりの都合があるんです。エサの煙幕がはられているからといって常に食いまくっているわけじゃあない。外敵に囲まれたり満腹になってしまったり、潮の動きが落ちてしまったりするとエサなんかには目もくれなくなってしまうのでありました。

 

時間を追うにつれてアタリの頻度はさらに落ち、それでも拾うようにポツリ、ポツリとアジを釣り上げ、午前11時半の午前の部終了までに15匹ほど釣り上げたのですが、今一つ満足がいかないワタクシ。H夫妻も同様に満足な釣果が得られなかったらしく、午後も延長してやる、というので僕も激しく同意して午後の部に突入ということになったのでありました。

 

午後の部に続く

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« またまた東京湾タチウオジギング@太田屋 金沢八景 | トップページ | 走水の金アジ釣り・午後の部@広川丸 走水港 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« またまた東京湾タチウオジギング@太田屋 金沢八景 | トップページ | 走水の金アジ釣り・午後の部@広川丸 走水港 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31