無料ブログはココログ
フォト

« 黄葉を見に諏訪まで一泊ツーリング | トップページ | フィッシングフェスティバル横浜20120@パシフィコ横浜 »

2019年12月 3日 (火)

eno cafe専用カップを購入した

遊漁船上での自家焙煎コーヒーの挽きたて淹れたてコーヒーサービスを展開するエノカフェでありますが、今年になってマイカップ制導入という新たな試みをしてみた。

すると、いち早くマイカップを導入した怪魚ハンター氏のチタン製マグカップがカッコよかった話までは以前本ブログでも書いたと思うのだけれど、そのカップがあまりにいいので自分も欲しくなってカタログを見たところ、名前入れサービスがあったり、焼き付けチタンのコバルト色のものがあったりと魅力満載でどれを自分のカップにしようか悩んでいた。

コバルト色のカップは価格的にいい値段はあるが、その色と気品がこの上ない。カップ一個にそこまでお金かけるか?とさんざん悩んだのでありますが、その間ジギング王が怪魚ハンター氏と同じカップに名前を入れたものを発注したと聞き決意したのであります。

エノカフェ主催者としてはやはりここで思い切っていいものを買って見せびらかさないと!と。

清水の舞台から飛び降りたつもりでネットショップのボタンを震える指でポチって買ってしまった。名前も入れてしまった。

それがこれです。↓

 

Img_2269

 

 

写真ではテーブルクロスの模様が写ってしまってまだらになってしまっているけれども、本物は滑らかなコバルト色の光るカップなのであります。

取ってにはカップのブランド名マーベリックの文字が刻まれてカッコいい。

 

Img_2271

 

さらに、カップの底にはレーシング用マフラーの会社が製作しているため、シャレで公道使用禁止の文字が刻まれている。

なんと美しくも楽しいカップであろうか!

 

Img_2272

ところが、うっかり手に取ったら指紋がついてしまって拭き取るのに苦労した。

なんだか水洗いするのも怖くて、このカップを使ってコーヒーを飲むこと自体ためらわれるほどの美しさ!

本当に飾っておきたくなる程の輝きで使うのが勿体無い。

 

Img_2270

 

これは見せるだけにして、使うカップは別に買おうかしら、などとアホなことまで考え出す始末。

しかし、今月6日からこのカップを下ろす遠征がやってくる。

エノカフェ発祥の地、いや船である、唐津のサンライズ新海号での遠征なので、エノカフェカップのお披露目には最高の舞台なのであります。

3日後に迫るデビューに備えて一度家でも使ってみよう。

次回のエノカフェが楽しみだ!みなさんもお楽しみに。

 

あ、それから遠征に参加の皆さん!もしこの記事を読んでいらしたらマイカップのご持参をよろしくお願い申し上げます。

« 黄葉を見に諏訪まで一泊ツーリング | トップページ | フィッシングフェスティバル横浜20120@パシフィコ横浜 »

コーヒー焙煎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄葉を見に諏訪まで一泊ツーリング | トップページ | フィッシングフェスティバル横浜20120@パシフィコ横浜 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31