無料ブログはココログ
フォト

« アマダイ釣り2019〜2020シーズン@庄三郎丸 | トップページ | 壱岐・対馬遠征2020年1月@サンライズ新海号 »

2020年1月27日 (月)

ヘタクソサックスでも人前で演奏するのだ!@吉祥寺プチ、クリスマスライブ

ちょうど、いやもう一ヶ月以上の話なのですが、ということは昨年末の話なのですが、毎月第三土曜日の夜に吉祥寺のプチという喫茶店で演奏しているジャズピアニスト進藤伸一さんから見にくるんなら二曲くらいクリスマスソングをやろうよ〜。と誘われ、軽い気分で二曲くらいならおっけーよん、と軽く引き受けてしまったら数日後に楽譜が6枚も送られてきた。これ全部やるの?って聞いたら勿論だそうである。引き受けてしまったので仕方ない、どうせクリしますソングだなんとかなるだろう、とナメてかかってもいた。

そんなことがあってからろくに練習もしないうちに本番の日がやってきてしまい、仕方がないのでソプラノサックスを片手に吉祥寺に向かう。

とあるご縁で釣り友となった井の頭口にある居酒屋大茂(ダイシゲ)のマスターに事前に焼き鳥30本注文しておいたのでお店の場所だけ確認して、あとでリハが終わったら受け取りに来ようと思ってた。

5時半にお店に行くとすでに進藤さんとドラムの三浦さんがリハをしていた。

この日は他にベースが入る予定だったが、前半のちゃんと聞かせるところはこの二人のデュオでやり後半のどんちゃん騒ぎの時にわしのサックスと友人のベースが入ってテキトーにやるらしい。まあそういうことならいいか。とまたまたナメてリハをやる。

吹いてみたら、テーマはまともに吹けなくて合わなっかりして冷や汗が吹き出した。本番までに練習しといてね。という無言のプレッシャーを感じる。これでは焼き鳥を取りに行っているどころではない。とハウスの片隅で必死に練習する。焼け石に水、つけ刄というやつだ。わかっていてもやる。

焼き鳥はベース担当のサクマ氏に取りに行っていただいた。

 

 

さあて本番の時間となり進藤、三浦のデュオでクリスマスソングが次々と演奏されて行く。

お客さんも15人くらい入っていてみんな手持ちのおつまみや総菜など食べながらお酒を飲んでリラックスしている。

いよいよ出番となり、Have yourself a merry little christmasを吹く。冷や汗も吹き出す。

 

Img_2545

 

なんとか終わって二曲目、ここいらからつけヤイバがはがれ始めヤバくなる。

三曲やったら客席が静まる。クリスマスパーティだっちゅうのに。

 

追い出されるようにおいらの持ちパートが終わりボーカルの登場。

やっぱ、クリスマスソングは歌がいいね。なんて反省することもなくビールを飲んだ。

前半が終わって休憩があり、そこでビールと飯食っていい気分になる。

後半なんぞ任せておけ!やでもテッポでも持ってこい!てな雰囲気になる。

後半のみんなで歌おう!的なパートではやけっぱちで吹いてなんとかライブは終了する。

 

Img_2542

 

優しいお客さん達から、ソプラノ良かったです的なお世辞を言われて涙が出そうになる。ウソだけど。MCで話した釣りの話のことで盛り上がったりして一体何をしにきたのか分からなくなったけど楽しかったからまあいいか。

 

もう来年はないな、と思うけど、来年(もはや今年)は真面目に練習してもう少し吹けるようになろうっと。

 

写真は見にきていらした方からいただいたものです。この場を借りてお礼を申し上げたい。ありがとうございます。

 

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

« アマダイ釣り2019〜2020シーズン@庄三郎丸 | トップページ | 壱岐・対馬遠征2020年1月@サンライズ新海号 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アマダイ釣り2019〜2020シーズン@庄三郎丸 | トップページ | 壱岐・対馬遠征2020年1月@サンライズ新海号 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31