無料ブログはココログ
フォト

« eno cafe専用カップを購入した | トップページ | 五島列島遠征2019年12月その1@サンライズ新海号 »

2020年1月18日 (土)

フィッシングフェスティバル横浜20120@パシフィコ横浜

いやあ、久しぶりの更新になってしまいました。

一ヶ月以上サボってしまった。この間書きたいことはたくさんあったので追い追い遡って書いて行きますね。

 

今回はパシフィコ横浜で行われた今年のフィッシングショーに行ったお話です。

あ、思わずフィッシングショーと書いていまいましたが今はフィッシングフェスティバルに変わっているんですね。

メーカー側からの一方的な展示会から来場者参加型のお祭りに変わっていたようです。

今回は気合を入れて初日の午後一番に行ってきましたよ。

午後一時に開場前に着くと大きな看板。ここでルアーショップのY店長と待ち合わせて会場に入りました。

 

Img_2863

 

会場に入ると真っ先に向かったのは新型ソルティガの出た、いやまだ店頭には出ていないか、のダイワブース。

写真でしか見ていないソルティガを手にしてきましたよ。

実物を見ると写真では黒く見えてなんだかステラに似ている印象だったのが、実際には青みを帯びていて印象が全く違っていました。

型番も以前の4000番,4500番,5500番といったサイズの番号がステラに合わせる形で8000番,10000番,14000番と変わっていてステラと両方使うユーザーにはわかりやすくなりました。

Dsc06839

 

手にしてみると、軽い!ハンドルも滑らか、ドラグも使いやすそう。とY店長が素早くチェックしていくポイントを真似して触っていみましたが写真で見た印象よりもいい感じ。写真ではステラっぽくてなあにこれ!という感じだったのですが、いざ触って見るとステラとは全く違うソルティガらしいリールでした。

 

Dsc06836

 

次は一気にシマノのブースへ。会場の真逆にあるシマノまで歩いていくとブース前のステージに先週ご一緒させていただいていたサンライズの田代船長が客寄せパンダになっていたので、今なら空いている!と素早くステラコーナーへ。

 

Dsc06852

14000番まではすでに店頭で触っているのでその上の18000番、20000番、30000番あたりを触ってみる。自分で使うのはせいぜい18000番あたりまでなのですが、せっかくなので色々触り倒しちゃいました。

 

Dsc06845

大きい番手のものもいいのですが小型の4000番あたりが一つも持っていないので触ってみると欲しくなってきちゃう。ライトジギングやカツオ狙いなんかにいいんだろうなあ、あまりやらないけど。使うあてはあまりなくても欲しくなってしまう魅力的なリールでした。

次にY店長のお尻を追いかけていったのはリップル・フィッシャーとヤマガブランクスの釣り竿コーナー。

途中バリバスのブースにいた綺麗なお姉さんにしばし見とれていましたが、大人気で人だかりができてしまっていたので止む無くリップルさんへ。

竿は店長が目に止めたものを何本か曲げてみましたが、これまたいいのが何本かあって思わず欲しくなる。型番を覚えちゃったりすると本当に欲しくなるのであえて写真にも取らず、次なるコーナーへ。

 

Dsc06860

 

Y店長がシマノでベイトリールを見忘れたというので再びシマノに戻りオシアジガーをさがす。そこでステージを終えた田代船長から声をかけられ、毎週会っていますね的会話をし三人揃って自撮りして別れる。

オシアを探すがリールだけでも大量に展示されているので大変な上に人も増えてきた。

やっと見つけたY店長の目標はオシアジガー4000番。

デッカイ銀色のベイトリールだ。僕には使い道もないだろな、と傍観者でいたのだけれどそのうち触りたくなってきて手にしてみた。

Dsc06865

 

その大きさからは信じられない軽さ!手にしてみると見た目ほど大きくはない、手のひらになんとか収まるくらいのサイズだった。でも、こんなでかいリールどこで使うの?ってY店長に聞いたら、小笠原などの超大物狙いのジギングならPE8号を300m以上巻けるリールがあったほうがいいんですよ、なあんて言われたものだから急に身近に感じてきてしまうではないか。傍観者からしっかりユーザーよろしくいじり倒してしまったのでありました。

この後、Y店長とはぐれると、会場の人が増えたこともあり熱気に押されて会場から一旦外に出て冷たい飲み物を飲んで休憩。出るときに再入場用にと手の甲に何やらスタンプを押されたのだが何も見えない。

再び入ろうとしたら何やら特殊なスコープで手の甲のスタンプを確認して入れてもらう。なんだかこういうところも進歩してるなあ。

そういえば、昔現役時代は仕事でこういった展示会には頻繁に訪れていたのに20年前に病気をしてからというもの全く縁がなく過ごしてきたので、完全に浦島太郎になっている自分に気づく。

再入場後、Y店長を探すがあまりの人の多さに諦め、見たいブースも特にないので(何しに行ったんだ!?)ブラブラしていた所に、Y店長からそろそろ帰りますが、と連絡が来たので一緒に会場を出て帰ってまいりました。

ソルティガとステラを同時にさわれて比較できたのはとても参考になったし、欲しいものが出て来てワクワクしたので良しとしたいが、今後の散財のタネを蒔いて来たとも言えるフィッシング・ショー、いやフィッシング・フェスティバルでした。

今日明日、お出かけの方は、会場内は半袖一丁で大丈夫なくらい暑いので、重ね着をしていくことをお勧めいたします。




ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

« eno cafe専用カップを購入した | トップページ | 五島列島遠征2019年12月その1@サンライズ新海号 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« eno cafe専用カップを購入した | トップページ | 五島列島遠征2019年12月その1@サンライズ新海号 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31