無料ブログはココログ
フォト

« コロナウィルスを逃れて男女群島へ その4@サンライズ新海 | トップページ | PUT IN TUNE / KAZUO YASHIRO TRIO Featuring KAZUMI WATANABE »

2020年4月 1日 (水)

マハタのおよがせ釣りに初挑戦@第二美吉丸 洲崎

昨年夏に海上釣り堀にご一緒して以来、すっかりエサ釣り仲間になてしまったH夫妻からお誘いを受けて再び房総半島の先っぽにある洲崎にマハタ釣りに行くことになりました。

前回はルアーで狙ってアヤメカサゴ二匹のみと撃沈したのですが、今回はルアーの道具を次の遠征先に送ってしまっていた都合でおよがせ釣りに初挑戦することになりました。

 

横浜からアクアラインを通って走ると二時間で房総半島の先端、洲崎に着いてしまう。朝5時前に船やどの駐車場到着。お世話になるのは前回と同じ第二美吉丸さん。5時を過ぎたら集まっていた仕立てメンバーはそれぞれ乗船の手続きをし船に乗り込む。この頃には空も明るくなっており春の到来を感じたのであるが、この日は寒かった。前日は横浜は雪が降って積もったほど冷え、その寒気がまだ残っており北西風が吹いていた。

 

6時頃出船。僕は左舷の共に釣り座をいただいた。そこから右にH夫妻と幹事のSさんがミヨシで片舷を陣取る。右舷はトモに前回もご一緒だったルアーマンのSさん。そしてミヨシに向かってもう一人ルアーの方、そして泳がせの方と合計七名での仕立てだった。

 

船はぐんぐん沖へと走る。20分くらい走った水深70mからスタート。

慣れない手つきで、足mとのバケツの中で泳いでいるイワシを一匹ザルで救い、弱らせないようにそおっと水の中でつかんで口から針を刺す。

針が上顎に刺さった瞬間、イワシは尻尾を左右にバタつかせる。痛いのだ。そりゃあそうだよなあ、いきなり口にイワシにしてみたら鉛筆くらいの太さの針をザクッと刺されちゃうんだから。僕がイワシだったらこの時点でショック死だあ。

と、おわかりのことと思いますが、泳がせ釣りというのは生きているイワシを殺さないように針に刺して、錘とともに海底に沈めて泳がせ、それを食らいつきに来る魚、ここではマハタを釣るといういささか残酷な、弱肉強食を絵に描いたような釣りなのであります。

 

重りのついた枝糸がイワシのついたハリスと絡まないように慎重に海に投入。スルスルとイワシと錘は海の底に向かって落ちてゆく。イワシちゃんごめんなさい。

重りが着底したら3メートルから4メートルほど巻き上げて泳ぐイワシにマハタが食いついて来るのを待つ。

ただ待っていればいいわけでなく、海底は起伏があり1〜2メートルくらいのデコボコは沢山あるので、こまめに錘をそこに落とし直してタナ取りをしなければならない。

慣れない手つきでタナどりをして待っていたら竿先がブルブル、っと震えた。これは前アタリと言って、近づくマハタから逃げようとイワシちゃんが必死になって泳ぐ振動が伝わって来るというわけで、かわいそうではあるが間も無くイワシちゃんはマハタに食いつかれて釣り師の僕はニヤリとほくそ笑む、ということなのであります。

さあ来い!といつでも来い体制で竿を握る手に力が入る。竿先が一瞬グイン!と引き込まれた。来た!とすぐにアワセなければならないのに、初めての僕は一瞬そのアタリを見てしまい合わせるタイミングが遅れてしまった。ぐん!と竿を大きくしゃくってアワセたのだが遅かった。

魚は根に入り込んでしまい竿に力を入れてもビクともしない。強引に巻き上げ竿を強引に大きくしゃくったら糸が切れてしまった。

使っていた糸はPE1.5号、アマダイ用に巻いていた糸だったがちょっとマハタを甘く見ていたようだ。すぐにPE3号を巻いてあるリールを付け直し釣りを再開する。

一瞬の締め込むアタリを合わせづに思わず見てしまうとはなんたる失態。次こそはと気合を入れて竿先に集中する。しばらくして来た!ぐん!と曲がったと同時にゆっくりではあるが大きくアワセて同時に糸を巻き取る。手元には魚の感触が伝わる。やった!来たぞお!と糸を巻いていくと。ん?なんか暴れ方がハタのソレではない。マハタはある程度巻くと動かなくなり重くなるだけなのだが、いつまでもじたばたと暴れているのだ。

なんか違うぞお、と巻き上げていくとジタバタの張本人はマトウダイだった。ミヨシのSさんもH妻もマトウダイを釣り上げている。

ちょっとがっかりしたがこれも美味しい魚だし、アワセも決まったので良しとする。

それからしばらくアタリがなかったのだが今になって思えばタナ取りがうまくできていなかったのだと思う。

次にアタリが来た時はうまく合わせたつもりだった。ところがグッとこちらがアワセたのに魚の方がさらにグッ!と引き込む。負けじと糸を巻いて竿をあおったらさらに魚がグッ!グッ!と引き込んだ。でかいぞ!と思った瞬間ふわ〜っと軽くなり糸が切れてしまった。

こりゃあ、仕掛けが細すぎる。大物だったのかもしれないのに。と悔やんでももう遅い。

右隣のH夫から手持ちの太い仕掛けを一本借りて次なるタタカイに向かった。

もうこの頃にはイワシちゃん可哀想モードから、オラオラ!マハタめ!いわしたるぞ!モードに変わっている己の釣りバカさに気づくこともなく次のエサを投入する。

この頃から船の周りに鳥山ができて海全体が騒がしい。魚の活性が上がっているのが目に見えるように分かった。

今がチャンス!とアタリを待つとすぐに来た。今度はアワセもバッチリだ。しかし魚が小さい。軽〜くリールが巻けてしまうのである。上がって来たのは小学生クラスのマハタちゃん。可哀想だが浮き袋が飛び出してしまっているのでリリースはできない。美味しく食べてあげることとする。

 

009_20200401155301

 

背向かいのジギングS氏はこの地合いに良型のマハタ3キロ弱、外道でサワラなどと美味しい魚を次々釣り上げていた。ああ、ルアーの竿も一本持って来ればよかった。と後悔する。

しかし、そんなこと言っていられない。今がチャンス。チャンスは短い。集中してタナ取りをしアタリを待つとすぐに来た。今度はいいサイズだ。竿が大きく曲がっている。底も切ったので潜られる心配はない、落ち着いて慎重に糸を巻く。手にのしかかる重さが心地よい。上がって来たのは1キロちょいのまあまあサイズのマハタだった。

この辺りで棚の取り方もなんとなく慣れて来たし、合わせのタイミングも掴んだ。このまま魚の活性が下がらなければいい線行くかも!と気分が乗ってくる。

次のアタリも間も無く来た。アワせるとさっきのより重い。やった、いいサイズかも。と底を切り慎重に巻いていたら、ミヨシのSさんがサメをかけて騒いでいる。

お隣のH妻もサメらしい。

まずい、このままだとこっちもやられる、と急いで巻くスピードを上げたのだが遅かった。ガガガ!というアタリが二回来たと思ったらすう~っと軽くなり糸も錘も持っていかれてしまった。くそう!デカかったのに!とどんどん魚は頭の中で大きくなってる。

 

船長もサメに手を焼きポイントを移動するのだが、この後も移動してもサメにやられてしまうことが多くなった。

僕は二回、いい感じのサイズを巻いている途中でバラしてしまう。アワセはしっかりしていると思うのだがなぜかバレる。タイミングが悪いのか?

船長はさらに移動を繰り返し、サメから逃げたのだがH妻は三匹、Sさんも何匹かサメにやられてしまった。

早くも、最後の流しにします。という船長の声に、絵ええ、やっと感じつかめて来たのに〜!と思いながらも、そうし最後の一匹を!と集中した。

細かくタナを取っていたらブルブル、と前アタリがきてグン!と本アタリがくる。やった最後に来た!と思ったら、船長がすいませんこれで上がります。というので、船長待って〜ぇ、ファイト中!と声をかけて船を動かすのを待っていただいた。

船長注目の中上がって来たのは大きなアヤメカサゴだったので、最後の最後でズッコケる。まあ僕らしいか。

ということで納竿となり、結果はマハタ小、中、マトウダイ、アヤメ、という面白かった割には上がった魚が少ない結果となり悔しさばかりがこみ上げる。特にバラした二匹は本来絶対上げなければならない魚だ。あまりに悔しいので幹事のSさんに、また来ましょう!よろしくお願いします。と気合を入れてお願いし、初めての泳がせ釣りは終了したのでありました。

 

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

« コロナウィルスを逃れて男女群島へ その4@サンライズ新海 | トップページ | PUT IN TUNE / KAZUO YASHIRO TRIO Featuring KAZUMI WATANABE »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナウィルスを逃れて男女群島へ その4@サンライズ新海 | トップページ | PUT IN TUNE / KAZUO YASHIRO TRIO Featuring KAZUMI WATANABE »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31