無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

« 台風の合間を縫って男女群島へ | トップページ | 台風の合間を縫って男女群島へ➂ »

2020年9月15日 (火)

台風の合間をぬって男女群島へ➁

遠征2日目の朝5時、ホテルロビーに集合し港の船に向かう。

いよいよ今日は男女群島に向かう。

港に着くと風もなく海は穏やかそうだった。

出航して港から外海に出ると海は予報通りの凪だった。日の出が美しい。

船はスピードを上げて男女群島に向かい一直線に走り始める。

寝不足の僕はキャビンの中ですることもないのでウトウトと居眠りしていた。

男女群島までの二時間、キャビンでボーッとしながら過ごす。やがて島が見えてくると眠気も吹き飛びテンションが上がってくる。

 

島に着き最初に入ったポイントはジギングで水深100m前後の場所。

狙いはカンパチ。気合を入れてしゃくるのだがアタリはない。

何度も流し変えて行くと、ポツリポツリと釣れてくるのはカンパチではなくクエ(アラ)。

ジグで釣れてくるのだ。

青物大好きのジギング王がトップを切ってクエを釣る。彼にとってはただの外道なのかもしれないが羨ましい。

Img_3105

 

僕も男女郡島ではクエは比較的よく釣るのでそのうち僕にも食うだろうとしゃくり続けたのだが、この日は全くアタラなかった。

Img_3108_20200914100201

 

KY店長は引率の立場にも関わらず、流し変えるたびに一人でカンパチやらヒラマサやらを小型ながらかけて釣りを一人楽しんでいる。ヒットするたびに引率されている釣り師一同からコノヤロ光線が浴びせられてるのも気にしていない。最後にはクエまで釣り上げるほどのKYぶりだった。

その他のメンバーも順番にクエを釣り上げていく。

Img_3119_20200914100201

なんだかクエ釣り船のようだ。

やがて裸足の船長が泳がせ釣り用のムロアジを根魚王と一緒にサビキで釣り上げ、数を確保したところで根魚王が泳がせ釣りを始めた。

自分は釣れないので僕はその様子を見ながらしゃくっていたのだが、これがすごかった。

入れ食いなのである。

40cmはあろうかという大きなムロアジを生きエサにして底まで落とし込むと途端に竿先が大きく引き込まれて電動リールがうなりをあげる。

竿先がぐいぐいと引き込まれるのだが、狙いのクエが掛かっていたらある程度引き上げたところで暴れなくなるので、いつまでも竿先がぐいぐい引き込まれているのはカンパチがかかった証拠だ。

半分がっかりしながら上がってくる10キロ前後の良型カンパチを見る根魚王。それを見ながら、せめてそのくらいでいいからジグに食いついてくれたらいいのに、とか、エサには勝てないねえ、などと諦めの声まで上がるジギング組なのであった。

立て続けに3本カンパチをあげた根魚王は、これじゃないんだよもう!と嘆きながらムロアジを付け直して底へ落とす。

時刻はすでに午前11時頃になろうとしていた。

根魚王の落としたムロアジが暴れたと思うと竿先が一気に大きく引き込まれた。と同時に電動リールが唸りを上げる。

竿の曲がり方が今度は違う。初めは激しく引き込んでいたが、ある程度巻き上げてくるとぐいぐいという引きがなくなった。

これは、とうとう来ましたよ、と船長。根魚王も手応えを確信していた。

上がって来たのは巨大なクエ。こんな大きなクエは初めて見た。ジギング王がトップで釣った20キロ弱よりはるかに大きい。

タモに入り船に引き上げられると、根魚王が大きく三度のガッツポーズ!やった!これを狙ってたんだよ!と喜ぶ。

船上も大騒ぎになる。

みんな釣りをやめて巨大なクエを見に集まる。

写真を撮ったらリリースだね、と冗談が飛ぶ。

 

Img_3129

根魚王は人生初の巨大クエを釣り上げ、満足してビールで乾杯。釣りをやめてしまった。

この一匹が上がったのを機にポイントを大きく移動する。

小一時間走ってポイントを変えた。

時間は正午を回っていた。僕はこの日まだ一匹も釣っていなかったのだが、新しく入ったポイントとはいつも相性がいいので焦りはなかった。

ここでは実績のあるMGクラフト社のスキルガンマにジグを変えてジギングを始める。過去にこのポイントで20キロ弱のカンパチを釣っているジグだ。

Img_3133

水深は海底の起伏が激しくどんどん変わっていく。根掛かりに気をつけながらしゃくり始めるとすぐにヒットしてきた。

今日初めての魚の引きは楽しかった。ぐいぐいとよく引くのはカンパチの特徴だ。上がってきたのは小型だったが楽しい。

ここからは船が流し変えるたびにカンパチがヒットしてきた。型も徐々に大きくなり5キロを超えてドラグを鳴らしてくれるサイズも釣れた。

他のメンバーも順調にカンパチを上げ船上は入れ食い状態になる。

Img_3136
Img_3187

釣りながらミヨシの方を見ると、KY店長がなにやらかなりの大物をかけたようで全身を使ってファイトしていた。

これはデカそうだ、やはりこのポイントはすごいぞ、と思いながらファイトを見ていたら痛恨のラインブレイク。

珍しくKY店長が悔しさを隠しきれずにいるところを見ると相当のサイズだったようだ。

次に大物をかけたのはジギング王。

ドラグを鳴らされ糸は一気に出て行く。船はすぐにフォ絵オーに入り、船がバックし始めるとその分糸が巻けるようになった。これは上がるかもしれない。と見ていた僕が思った瞬間、フッと軽くなったようにジギング王の体の力が抜けた。またまたラインブレイクか?と思ったらアシストラインが切られてジグはついたまま上がってきた。そのジグを見ると鋭い歯形がいくつもついて、先ほどまで新品だったジグがボロボロにされていた。

悔しさに嘆くジギング王。

Img_6171

 

次にデカイのがきたのは僕だった。

落としたジグがいつになっても底を取れない。おかしいなを思い糸を巻き始めたら、今度はガツっと何かにかかり根掛かりのように動かなくなった。

船長根掛かり!と叫んだら、船長が魚、魚!と叫び返す。ここは砂地だから根掛かりはないよ!

慌てて巻き始めたが相手は動かず巻くことができない。やはり根掛かりだろう、と思ったらヌッと動いた。糸も巻ける。竿先も一瞬引き込まれた。魚だ!と思い全身に力が入る。ところがファイトに入った瞬間、プッという感触とともにラインブレイク。しかも切れたのがジグとリーダーの結び目だったので自分のミスでのラインブレイクだったのが悔しい。

船長に、今のはでかかったですね、と言われ、もう一度頭の中で今起こった出来事を反芻するのだが、これまで経験したことのない重さの魚だった。いや本当に魚だったのだろうか?という思いも残るほど重かった。

Img_3177
Img_3175

こんな具合で悔しい思いばかりしていた一同だが、しっかり結果を出していたのは、後半ノリノリだった初参加のKさん。

立て続けに良型カンパチを釣り上げ、最大は17キロ越えの大物だった。

Img_3182

 

アタリが続くため夕方5時になり帰る時間が訪れても帰り難く、珍しくY店長ももう一流しとリクエストする。

船長の計らいで二度流し直したが奇跡は起こらずに終わってしまった。

 

ストップフィッシングとなり福江島に向かって船は走り始める。1日で船中クエ7本、カンパチ多数、大物のブレイク3。

男女群島とはなんとすごい場所なのだろうと改めて思い知らされた1日だった。

福江島に向かって走り続ける船の上で、空が赤く染まりやがて暗くなっていく美しい海を眺めながら今日一日の釣りを頭の中で振り返っていた。

 

 

写真提供:Ebb&Flow,サンライズ新海

釣りに関するお問い合わせはEbb&Flowへどうぞ

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

« 台風の合間を縫って男女群島へ | トップページ | 台風の合間を縫って男女群島へ➂ »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風の合間を縫って男女群島へ | トップページ | 台風の合間を縫って男女群島へ➂ »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29