無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

« 初めての久米島遠征2020秋 ➀ | トップページ | 生演奏のキモは音の肌触りなのだ!@岩見淳三&伊勢秀一郎Duo »

2020年10月27日 (火)

初めての久米島遠征2020秋 ②

久米島沖のパヤオ遠征の続きです。

渋めのスタートで始まったこの日の釣りだったが二つ目のパヤオも僕が釣った後が続かずなかなかヒットしない。

ジギング王と怪魚ハンターの二人はスロージギングでキャスティング大好きさんはキャスティングでマグロを狙うがアタリはなく時間が過ぎる。

しばらくして怪魚ハンターの竿が曲がった。
でかい?と聞いたら首を横に振る。上がってきたのはキメジ(子供のキハダマグロ)だった。
Phonto-3
少し活性が上がったのかジギング王にもどうサイズがヒット。
しかし我々の狙うのはこのサイズではない。
Phonto-6
キャスティング大好きさんも一人置いていかれてはまずいとジギングに竿をもちかえすぐさまカンパチをキャッチしたがこれもサイズ的には問題にならない。
Phonto-8
さらに立て続けにキメジを釣り上げたキャスティング大好きさん。
Phonto-7
さらに僕とのカツオのダブルヒットと絶好調になるもサイズが。。。
Phonto-1_20201027075101
ジギングはもういい、大好きなキャスティングに持ち替えたキャスティング大好きさんにヒットの声が上がり、一瞬大物を期待したのだが、上がってきたのはこれまでと同サイズだった。
Phonto-5
とはいえ、トップで一本釣ったところにキャスティング大好きさんは満足していた。
どうもでかいジグは食いが悪いようだと、小型のタングステンジグに変えてしゃくり始めた怪魚ハンターさんがここから連発する。
まずはキメジ。
Phonto-9
そしてツムブリ。南の海らしくなってきた。
Phonto-4
さらにカンパチと勢い付く、もここまでだった。
Phonto-2
これらの写真以外にも何匹か釣れたのだが同じようなサイズで写真に変化がつかないので撮らなかった。
時は既に四時近くなり沖上がりの時間となってしまった。
島に向かう船の上で、やっとスマホの電波が届いたところでGT組の釣果を聞いたがそちらもはかばかしくないらしい。
島に戻って合流しGT組はTさんの一本ですか?と聞いたら、GTではなくシイラだというのでずっこける。
どちらの船も渋かった、明日はどうする?と夕食をとりながら作戦会議をする。
Y店長の話では、GTは潮が流れ最高の状態だったにも関わらず、バイトはおろかチェイスも全くなかったのでGTは諦めた方が良さそうだというので二日目は二船ともパヤオでジギングに行くことになった。
キャスティング大好きさんはGTに行きたそうだったが船を替えてTさんと入れ替わることになった。
そして二日目。
結果をいうと一日目以上の渋さでまったくアタらない。
船長はパヤオを変えかなり遠くまで走ってくれたのだが、魚の反応があっても食わなかった。
そんな中でTさんと怪魚ハンターが何本かづつ釣る。僕と同じくここまでボウズだったジギング王は最後の一流しでスローから普通のジギング竿に持ち替えてあっさり一本釣った。いずれもサイズは昨日と同じ小型ばかりだった。

Phonto_20201027085501
Phonto-1_20201027085501
昨日よりも30分以上も粘って流してくれた船長には感謝するが釣果はがっかりで終わる。
別船では朝一小型ながらマグロが入れ食いだったらしいが釣り方が一筋縄ではいかない釣り方だったらしい。Y店長が10本以上釣ったと言っていた。
釣れない恨みを夕食時の酒にぶつけて泡盛を飲んだ。
そして三日目は朝から強風が吹き海に出られず早々に中止と決定した。
朝食後からビールを飲んで後片付けをする。
天気は青空で日差しは眩しい南の島らしい天気だったのが恨めしかった。

釣りに関するお問い合わせはEbb&Flowへどうぞ

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

« 初めての久米島遠征2020秋 ➀ | トップページ | 生演奏のキモは音の肌触りなのだ!@岩見淳三&伊勢秀一郎Duo »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めての久米島遠征2020秋 ➀ | トップページ | 生演奏のキモは音の肌触りなのだ!@岩見淳三&伊勢秀一郎Duo »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29