無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月20日 (金)

デカアマダイの次はチビアマダイ記録!@まなぶ丸

前回のアマダイ釣行で自己記録であった53センチのアマダイを再び釣り上げて大変気分を良くしていたワタクシは再びまなぶ丸にて3匹目のデカアマダイを狙うこととなった。

この釣行、本来なら房総の洲崎にH夫妻とマハタ釣りに行くはずだったのが、南房は南風が強く時化で船が出られなくなり急遽決まったものでありますが、3匹目を狙う僕のココロは決して急遽ではなくいつでも虎視眈眈状態なのでありました。

まあそんなわけで、実際には気合いを入れてマハタ釣行に望んでいたワタクシといたしましては一度の中止でテンションはかなり下がったものの、そのまま下げっぱなしは良くないので、なんとか気分転換しにでかいアマダイでも一丁釣ってやるべえ、的な感じだったのであります。

 

さて当日、5時にはまなぶ丸に行き一番で三次から釣り座三席を確保し6時40分頃出船。

15分くらい走ったところが最初のポイント。場所は江ノ島沖だった。

 

Phonto-2_20201120085401

 

開始一投目、集中して誘いタナを取るとすぐにアタリが出た。合わせると一投目からアマダイちゃんが上がってくるというスーパーな出だし。

船長からも、今日もその調子で、と声をかけられいい気になる。

タナは底から50センチね、とお隣のH妻に教える。

彼女はこのところのアマダイ釣りで二連敗しており、今日こそはボウズ地獄から抜け出したいとくる前から気合いを入れていた。

するとすぐにヒットさせて難なくボウズ脱出!さらに隣のH夫を焦らせている。

 

これでいいのだ!ガハハハ。とますますいい気になったワタクシは誘い続けると、竿先がククっと抑えこまれるようないいアタリ。

スッと竿をあおって合わせを入れると、重い!ズシンと手応えがきた。思わずデカイ!と声を出す。この時そのまま糸を巻いて巻き合わせればよかったのだが、もう一度しゃくり直そうと、糸をまきながら緩めないようにして竿先を少し下げて追い合わせしたら、なんと、スカッ!と軽くなってしまった。ほんの僅かなタイミングで巻きと竿の動作に誤差が出たらしい。簡単にいうと下手くそなのである。

今度はバレたあ!とさらにでかい声を出してみっともないワタクシ。

このバラシで運も遠ざかってしまったようで、この後はアタリも無くしばらく苦戦するのだが、その横で脱出妻は竿先がグイグイ締めこまれ、電動リールの音も苦しそうにぐい〜ん、ぐい〜んと音を立てながら糸を巻いているではないか。

それデカイんじゃない?と聞くと表情一つ変えずにこくりと頷くH妻。

もっと喜ぼうよ!と思ったが、いざ上がってきたらやはり魚はでかかった。タモにとってサイズを測ると44センチの見事なアマダイ。

僕が気遣うまでも無くH妻は大喜びで周りのみんなにデカアマダイを見せびらかして喜んでいた。

そしてさらにH妻の快進撃は続き、立て続けに3匹目を釣る。

あたりのないワタクシは、先生のはずだったのに一気に地位が逆転して、先生、棚はどのくらいでしょうか?と聞いてみた。

底から1メートルくらいです、と教えていただきその通りにやってみるがなかなかアタラない。

さあそいが悪いのかと、いろいろ試してみるのだが何をやってもダメ。

 

ポイントを大きく変えて100メートルの深場に入ると今度は外道ラッシュ。

キダイ、ムシガレイ、トラギス、と外道常連さんからしまいにはいいサイズのカイワリが釣れてくる始末。

何を釣りに来たのかわからなくなってしまった。

そうこうしているうちに、いつの間にかポツポツと釣り上げていたH夫にも抜かれて船内ドン尻になる。

やばい!、と気合いを入れ直し、仕掛けも何も全部変えてやり直して釣り上げたのがチビアマダイ2匹。しかも1匹は手のひらにすっぽり収まってしまうほどのスーパーチビ、いやミニアマダイといってもいいくらいのおチビちゃん。

 

Phonto_20201120085401

こんなに可愛いのを虐待して、と魚を見ているうちに自己嫌悪に陥ってしまった。

こうして、テンションをあげるはずだったアマダイ釣りはテンションが下がる一方で時間となり、釣果は中1、小1、赤ちゃん1という貧果に終わってしまった。

あの1匹がバレていなかったら、と思うと悔しいが、アマダイ釣りに、タラ、レバ、は無い。野球と同じだ。

前回は港に向かう船の上から眺める江ノ島が素晴らしい素敵な風景に見えたのに、今回はただのちっこい島にしか見えない。

気がつけばコンスタントに釣り続けたH夫が船中竿ガシラとなった。

帰宅後、近場の釣りだった割には妙に疲れてぐったりしてしまったことは言うまでも無い。

 

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

2020年11月19日 (木)

隠岐の島遠征2020④ @浜吉丸

隠岐の島遠征四日目の朝は胸焼けで目が覚めた。

昨夜食べ過ぎたのだ。

 

5時半に迎えにきてくれた浜吉丸へ荷物を全て港に運び積み込む。

出船時には民宿あたらし家のご主人、新さんが別れの挨拶に来てくれた。

まるで観光船の出港のように港を出て行く僕らの乗った船をいつまでも見送ってくださった。

昨日の天気予報ではダメかも、と行っていた天気は好転してなんとか釣りができるくらいの波に収まってくれた。

とはいえ、この日は12時過ぎの渡船で本土の七類港に向かわねばならないので、釣りができる時間は9時半頃までのわずかな時間になる。

この日、僕は残りの時間をキャスティングだけすると決めていた。

昨日まで、痛む肩をだましだまし投げているうちに、無駄な力を使わずにキャスティングができるようになったからだ。これをしっかりと自分のものにして、来月予定している五島列島のヒラマサキャスティングでしっかり結果を出したいと考えた。

だから、この日は釣れなくてもいいからとにかくキャスティングを自分のものにしておきたかったのだ。

そんなわけで、下手くそキャスティングをしていた僕だが、キャスティング王に生まれ変わってしまったジギング王はこの日もコンスタントにヒラマサをかけていた。四日間での合計はキャスティングでのみヒラマサ20匹!最大魚20キロという素晴らしい釣果となった。

これだけの結果を残したのなら次回からはキャスティング王と呼ぼう。おそらく来月の五島列島でもほとんどをキャスティングに費やすであろうし、僕もそれについていきたいと思った。


Phonto-17
もう一人の王様、根魚王は今回かなりの苦戦を強いられていたが、それでもこの日もまたアコウを釣り上げ四日間毎日アコウを釣り上げていたのはさすがだ。
Phonto-19

Phonto-18
この日、短い釣り時間の中で一番ドラマチックだったのはアームス梅ちゃんである。
キャスティングで何本か釣りキャスティングからジギングに変えた途端とんでもない大物をかけた。
フルドラグにしてあるリールから糸を引き出しながら、その魚はアームレスリングでムキムキの体に鍛えてある梅ちゃんを胴の間からトモまで引張っていき、何もさせないまま糸を根まで引き出してぶち切って行った。
一昨年の隠岐の島遠征でも全く同じように昆虫大好きさんとバイク大好きさんの二人がトモまで引きずられるのを見た僕だが、まるで同じ光景を再び見ることになった。
見ているばかりで自分がそういうのをかけたいのだが、なかなか腕も運もついてきてくれない。
糸を切られた梅ちゃんは、あの引きには勝てないと潔く気を取り直して再び大物を狙いジギングを始める。
するとまたすぐにヒット。またもや大物か?!と一瞬船上に緊張した空気が走ったが、今度の魚はそれほどではなかった。
Phonto-21
この1匹でちょうど港に帰る時間となった。
何も釣れず、一度だけ魚がルアーに反応しただけに終わった僕の最終日だったが、僕なりに満足していた。
キャスティングは楽に投げられるようになったし、以前より距離も精度も上がった気がする。
次にこの経験を生かそうと思いながらリーダーを切りルアーを外した。
船は30分ほど走り浜吉丸のある港についた。
梅林船長の奥様が待っていてくれて、片付けのこまごまとした手伝いなどしてくださってとても助かった。
一時間ちょっとの間に片付けをして着替え、帰りの荷造りをするのだが時間に余裕があった。
早めに七類港に向かう磯渡しの船に乗り込みビールを飲んでいい気持ちになる。
やがて船のエンジンがかかり動き出すと梅林船長夫妻がお別れの挨拶に船まできてくれていた。とても気持ちのいい二人でまた会いたいと思った。
岸から離れる船の中に戻り席に着くと酔いが心地よく体に回り始め、やがていつの間にか眠ってしまった。
七類の港に近づく頃に目が醒める、なんだかこの四日間が夢のようで浦島太郎になったような気分がした。

写真提供:浜吉丸、Ebb&Flow

釣りに関するお問い合わせはEbb&Flowへどうぞ

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

2020年11月18日 (水)

隠岐の島遠征2020➂ @浜吉丸


隠岐の島遠征三日目
朝5時半、浜吉丸の梅林船長が港に船を持ってきてくれた。今朝も民宿あたらし家の大将、新さんが朝食のおにぎりとお昼の弁当を寝ないで作ってくれた。こういうサポートは実にありがたい。これが無ければ、僕らは前日夕方船を降りた後に疲れた体で買い出しに出なければならないのだが、その必要がなくなりゆっくり休み、本当に釣りに専念できる。
真っ暗な中船は出港しポイントへ走る。僕も日課のエノカフェを走る船の中で開店し、釣り師一同及び船長にコーヒーを無理やり飲ませて満足した。ちょうどコーヒーを飲み終えたところで船はポイントに着く。
この日はジギング王の誕生日であった。昨日大物を釣ったジギング王、今日もバースデイ・フィッシュとなる記念魚的大物を狙いキャストを始めた。
そしてすぐにヒット!朝一のヒット、しかも誕生日の朝一だ。嬉しくないはずがない。小型の魚は普段は写真を撮るのを嫌うジギング王であったが、この記念となる一匹は喜んで写真に収めていた。
Img_565d8ab884fb1
ジギング王に続けとヨッシーさんとアームス梅ちゃんもダブルヒット。この日もキャスティングは絶好調だったが、魚はルアーを選んだのと僕の下手くそキャスティングのおかげで一人僕だけ釣れなかった。
Phonto_20201118074501
その後も流し帰るたびにヒラマサはヒットしてきた。
この日良かったのはカーペンター社のガンマ。

Phonto-3_20201118072201
ヨッシーさん、梅ちゃんともに色は違うのだが同じガンマのアクションで次々と釣り上げる。

Phonto-4_20201118074601
ジギング王は様々なルアーをローテーションさせながらやはりコンスタントに釣り上げていた。
一方の僕はあまりに釣れないのと、肩の痛みがひどくなってきたのでキャビンに入って居眠りして体を休めた。
Phonto-2_20201118072201
しばらく休んで再びキャスティングを開始したもののなかなか釣れない。
ヨッシーさんは絶好調でキャスティングからジギングに変えたところですぐ大きな真鯛を釣り上げていた。

Phonto-5_20201118072201
そしてすぐにまたヒット。今度はヒラマサ。何をやってもはまっている感じで次々と魚を釣り上げる。この釣行前の絶不調が嘘のようだ。
どうやら釣り運を掴み直したらしい。
Phonto-6_20201118072201
根魚王はこの日も苦戦していたが、そんな渋い状況の中でもきっちりアコウを釣り上げていた。
ジグにインチク、タイラバとあらゆる手段を投入して根魚を釣り上げるところはさすがだ。
Phonto-7_20201118072201
昼前になってキャスティングの反応が悪くなったため、深場の漁礁をジギングで狙ってみようということになる。
しばらく走って水深100メートル前後の漁礁に着いた。
うまくするとブリが入ってきているかもしれないという。
キャスティングに疲れていた僕にはジギングへの竿の持ち替えはありがたかった。
ジグをつけて底まで落とし、手早に糸ふけを巻き取って竿をしゃくる、と思った時、ズシッと根掛かりのようにしゃくる腕を止められた。
根がかりかな?と竿で聞き直すと動く。魚だ!と思い一気に糸を巻こうとハンドルを回したが巻けない。デカイぞ!と竿をしゃくったところで糸が切れてしまった。巻き上げるとリーダーがプッツリと切れている。根掛かりではなかった、確かに魚だった。
すぐに次に行こうとした時にヨッシーさんにヒット。やはり魚がいる。
ヨッシーさんがあげたのはヒラマサだった。そのジグの色を見て僕も同じ色のジグに付け替えてみる。
船を流し直して再び漁礁に入ったところで魚がジグに絡んでくるのが分かった。
来るぞ!と思った瞬間、グググ!という手応え。今回はバラさないぞ!と糸を巻き上げる、が魚は先ほどのものほど大きくなかった。
上がってきたのはヨッシーさんと同サイズのヒラマサだった。ブリじゃないか。とちょっとガッカリする。この時期の隠岐の島のブリは脂が乗っていいてものすごく美味しいからだ。
Phonto-8_20201118072201
船は次の漁礁に向かった。いくつか漁礁があるらしい。
到着して漁礁の少し先から船が漁礁の近くを通過するように船長が流す。
梅林船長の腕は確かだ。風と塩の流れを読み正確なコースで船を流してくれる。
そして船が漁礁に最も近づいた瞬間。僕の手元にアタリがきた。ググン!と針にかかったがフッと外れてしまった。
すかさずそのまましゃくり続けた後、一度落としてすぐしゃくったら再び手応えがあった。
今度は針にしっかり掛かっている。バレないように慎重にかつ素早く糸を巻き取りこむ。手応えが先ほどの魚と違うのがわかる。
船長!ひょっとしてブリかも!と声をかけると船長がタモを持ってきてくれた。
見えてきた魚はブリというには小型だがこの辺りではマルゴ、関東ではワラサクラスのブリだった。マルゴという名前がつくにふさわしくお腹がパンパンでまん丸に太ったいい魚だった。
Phonto-9_20201118072201
この漁礁では僕以外にもアームス梅ちゃんがヒラマサをヒットさせていた。彼もキャスティング、ジギング共に絶好調だった。
Phonto-10_20201118072201
ヨッシーさんもここでまたヒット。
今度は大型のチカメキントキを釣り上げていた。
Phonto-12_20201118072301
漁礁のジギングで船上は賑やかだったのだが、一人だけジギング王がジギングをせずにキャビンで寝ていた。
こんなことは実に珍しい。普段ならむしろこの場でジギングで次々と魚を釣り上げる人なのに。何か思うところがあったのかもしれない。
ひとしきりジギングで漁礁を回った後は、潮が流れ始めたので午前中のキャスティングポイントに戻る。
戻った途端、寝ていたジギング王はキャスティングロッドを手にして投げまくり、やがてこの日だけでも数匹目になるヒラマサを手にしていた。
Phonto-11_20201118072201
ジギング王はおそらく誕生日のこの日に昨日釣ったクラスの記念すべき大型魚を釣りたかったに違いない。
ジギングでは大きなぶりが釣れたとしてもせいぜい10キロ止まりがいいところだ。そんな理由もあってジギングはせずに体力を温存したのかもしれない。
夕まずめのキャスティングポイントもそこそこ釣れた。
今日も最後までキャスティングで釣れなかった僕もなんとか1匹釣ることができてホッとした。
明日は天気予報では風が吹いて船を出せないかもしれない、と船長が言う。
この日の釣りで今回の隠岐の島の釣りも終わりかと思うと僕は少し物足りなかった。
宿に帰ると昨日KY店長がサメにかじられてキープした大型ヒラマサが調理されて出てきた。
民宿の主人で超一級料理人の新さんが腹の脂身をしゃぶしゃぶ用にしてくれ、そのほかの部分を大量の刺身にしてくれたのだ。

Phonto-13_20201118072301
ヒラマサはあまり大型になると身が大味になって美味しくない、と言う先入観があったが、この魚は全く違っていた。
脂の乗った腹の身はそのまま刺身で食べても上品で濃厚な旨味が口に広がり美味しかった。
Phonto-14
新さんから誕生日祝いにと隠岐の島の地酒のいいやつが一本提供された。
その色は琥珀色でウィスキーの様な色をしていた。
普段はお酒を飲まないヨッシーさんが珍しくいっぱい飲んでみる、と口にして、うまい!と喜んだ。
Phonto-15
刺身以外にも、次々と出てくる美味しい料理に舌鼓を打っているうちに一同満腹になる。
もうお腹いっぱいだあ、と刺身も残したところに、締めの雑炊をどうぞ、と新さんが雑炊を持ってきた。
もう食えないよう、と言いながら軽くいっぱいいただいたその雑炊は絶品だった。
甘いものは別腹、と言うが美味いものも別腹だった。先ほどまでの満腹感が嘘のようにスルスルと雑炊はお腹に入って行った。
雑炊が終わると流石に、もうこれ以上は無理!と言う声が漏れていたが、さらに追い打ちをかけるようにジギング王への誕生日ケーキが出てきた。
僕は甘いものは別腹で、いくらでも食べられるのだが、甘いもの好きでない人はもうダメ!堪忍して!とギブアップしていた。
Phonto-16

コーヒーがあれば食べられる、と根魚王が言い出し、エノカフェやるなら道具を部屋から持ってくる、と行ってくれたのでコーヒーを淹れることにした。
僕としてもエノカフェでジギング王の誕生日を祝わせてもらえるなんて光栄なことだ。
新さんにお願いして厨房に入り込みコーヒーを淹れる。
新さんの弟子的若者が、僕もコーヒー好きなんです。と言うので、エノカフェ流のコーヒーの淹れ方を見せてあげたら驚いていた。
コーヒーがあると甘いものが欲しくなる。特にこの日のコーヒーは苦目に淹れてチョコレートに合うようにした。
ガトーショコラのチョコは重厚でなかなか沢山食べられるものではないのだが、コーヒーがあるとこれまた別腹に入って行く。
こうして一同もうダメ!本当にもう何も食えない!という満腹状態になり眠りについた。
明日は早朝に宿を出て荷物を船に積んで、波がなければ釣りをする、という予定になった。

 

写真提供:浜吉丸、Ebb&Flow

釣りに関するお問い合わせはEbb&Flowへどうぞ

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

 

2020年11月17日 (火)

隠岐の島遠征2020② @浜吉丸

奥の島遠征二日目。

朝四時に起きて支度し5時半に宿のすぐそばの港に船が迎えにきてくれた。

真っ暗な中船に乗り込み、竿や道具を船のキャビンから取り出して出港。

早速船長にお湯を沸かしていただきエノカフェをやる。海はないでいて走る船の中でコーヒーを淹れてもこぼれる心配が無いほどだった。

Phonto-2_20201117094802

 

 一同にコーヒーを振舞い自分も飲む、眠ってきた体にジワジワと力が行き渡り体が目覚めて来る。僕にとって朝一のコーヒーはなくてはならないものだ。

Phonto_20201117094801

 

コーヒーを飲み終わるとちょうど最初のポイントについた。

朝一番の朝まずめはキャスティングをしようと決めていた。

イワシのベイトが入っていると聞いていたので、ルグランタンゴ45のイワシカラーを投げる。

 

Phonto_20201117094802

この日好調だったのはヨッシーさん。朝一番にキャスティングでヒラマサをあげる。サイズは昨日より少し大きくなったかな?という感じ。

続いてキャスティング好調のジギング王がまずは昨日と同じくらいのサイズのヒラマサを上げた。

今日もいけるぞう!この二人を見て気合いを入れる。

 

Phonto-9_20201117090601

次に僕の隣で釣っていたアームス梅ちゃんにもヒラマサが釣れキャスティングをしていた中で釣れていないのは僕一人になってしまった。

 

Phonto-2_20201117094801

引率KY店長はキャビンで寝ていた。

そのうち釣れるだろう、と昨日ある程度慣れていた無駄な力を入れないキャスティングをくりかえす。

50メートルほどルアーを投げてはリトリーブを繰り返す。

僕の横ではヨッシーさんと梅ちゃんが、トモではジギング王が出た!乗らない!などと時折叫んで盛り上がっていた。

僕にも出ないかなあ、ルアーの動かし方がまずいのか?などと思いながらルアーを動かしていると、ルアーのある辺りに波紋が起こり手元に重さが伝わってきた。お!ヒットだ!来ました!ヒット!などと声を出して、手元に伝わる魚の引きを楽しむ。

久しぶりのトップでの青物の感覚は心地よかった。まあその程度のサイズということだが、いきなり汗かくほどの大物が来ても困ってしまうだけだろう。

上がって来たのはみんなと同じくらいのヒラマサだった。宿のあたらしやさんにお土産で、ということでキープしてもらう。

Phonto-4_20201117094801

 

1匹釣れてホッとしたのと肩が痛み始めたのとで少しキャ卯ティングは休もうと根魚狙いに変えた。

昨日と同じゴビアスブルスリムで底に落としては二、三度巻きまた落とす、というのを繰り返す。

時折プルプル!というアタリがあるのだが、かかってくるのはベラやガシラばかりで本命のアコウがこない。

隣でキャスティングしていたあー無数目ちゃんもいつの間にかジグをしゃくって根魚を釣っている。

Phonto-5_20201117090601
そんなところにミヨシで投げていたヨッシーさんからヒット!の声が上がる。どうやらこれまでとサイズが違うらしい。
ミヨシを見るとヨッシーさんの竿が大きく弧を描いていた。
これはデカイぞ!と竿をおいてファイトを見に行く。
数分のやりとりで上がって来たのは8キロのヒラマサだった。
このクラスが出るとキャスティングも俄然面白くなる。
Phonto-11
次に来たのはジギング王。ジギング王なのに今回はキャスティングしかしていない。いや今回に限らず、最近のジギング王はジギングでしか狙えない深場以外はほとんどキャスティングをしている。いわばキャスティング王になりつつある。
Phonto-7_20201117090601

一方でしゃくっていた僕の方は、隣の根魚王の釣りを見ていても何かジグへの反応が良くなくアタリがなかった。

ベイトが違うのかな?とジグからタイラバに代えてみた。魚が甲殻類を食べている時には赤系の色のタイラバの方に分があるのだ。

しばらくやってると、底から少ししゃくったところでグググっと下から食い上げるようなアタリ!これはハタだろう、と巻いてくるとマハタだった。作戦成功!ということでいい気分になる。

Phonto-8_20201117090601

気がついたらいつの間にかキャスティングしていた梅ちゃんもヒラマサを釣っている。

Phonto-10

 

写真を撮りに起きて来たKY店長が、誰も投げないんなら僕が投げますよ〜!とキャスティングロッドを手にした。

前回、一昨年はこのパターンで28キロオーバーのヒラマサを釣っていたので、それをみた僕は、またこれで釣るんだよ!まったく!と声にした。

すると数投で本当にでかいのがヒットしてしまう。ヒット!デカイ!船長水深はどのくらいですか?35m?なら行ける。と余裕のファイトで上げて来たヒラマサはランディング直前に背中を覚めにひとかじりされてしまったにもかかわらず17キロの大物。



Phonto-12

これだよ!またかよ!と周囲からは批判的な呆れた言葉が飛ぶ。

写真を撮って、リリースと行きたいところだがサメにかじられたヒラマサは既に虫の息。とりあえず締めてキープしておくことにする。凄腕の料理人あたらしやの新さんならなんとかしてくれるに違いない。

いきなりあっさりデカイのを釣られて一同呆れるやらため息を漏らすやら、トモにいたジギング王は最後まで魚を見にこなかったが、ちょこっとみに来て自分の釣りに戻っていってしまった。KY店長は今回もまた文字通りのKYぶりを発揮し釣り師としては最高のプロの腕を発揮したのだが引率者としては最低と非難を浴びることとなる。

やっぱりこの海にはデカイのがいる。

船の上のひと騒ぎが終わる。
僕もジギングロッドからキャスティングに持ち替えて投げ始めた。
さすがに20キロものを見せられたら肩が痛いなんて言っていられない。ここでつらにゃあなにしにきたのかわからん。
Phonto-13
ところが釣れるのは僕以外の三人、ヨッシーさん、アームス、ジギンング王の三人ばかり。
流し帰るたびに、出た!ヒット!と釣りまくっている。
Phonto-3_20201117094801

そんな中、キャスティングしていた僕は何気無く視界に入ったトモの方を見ていたら大きな水柱が立ち波紋が広がった。
来た!とジギング王。一見して魚がデカイのがわかった。竿が大きく弧を描いているばかりでなく竿先がグイグイと海に引き込まれんばかりだった。
キャスティンングしていた僕以外全員がトモに向かいファイトの行方を見て、時折声が上がる。そして大きな歓声となり魚が無事ランディングされたことが僕にもわかった。
028
上がったヒラマサは20キロの大物だった。ジギング王の、いやキャスティング王のヒラマサ自己記録らしい。
おめでとう、ジギング王、と思いながらも僕は、こっちにも来いと投げ続けていた。
ところが僕には一向に魚が出ないのにお隣で再び投げ出したヨッシーさんに梅ちゃんは入れ食い状態。
ダブルヒットに一人置いていかれるワタクシ。
Phonto_20201118074501
根魚の活性が低いのかいないのか今回は出番の少ない根魚王だがここでアコウを引き摺り出し意地を見せる。
しかしご本人はこの釣果には納得していないご様子。
Phonto-3_20201118092901
ジギング王はさらに釣り進みなんとこの二日間でキャスティングでつ抜けしたそうだ。つ抜けというのは10匹以上釣った、という意味である。キャスティングでこの数はすごい。
Phonto2

僕があまりにも釣れないのを見かねたKY店長が気持ちを読んでくれて、自分が17キロを釣ったルアーを僕に貸してくれた。

釣れたら三万円で買ってください。(店長)

無言(ワタクシ)

切られて失くしたらいくら?(ワタクシ)

その時はいいです(店長)

というような会話ののち素直に借りて投げてみた。

しばらく投げ続けたら、なんと!というかやっと!というかヒラマサがヒットした。

ようやく釣れた。KY店長の話では魚がルアーをすごく選んでいるらしい。

普段あまり投げない僕は一日で二本のヒラマサをキャスティングで釣るのは初めてだった。

 

Phonto_20201118093101

 

船内もこの1匹で安心してくれたようでこの日の釣りはここで終わりとなった。

長い一日が終わった。隠岐の島の海は今年もそのすごさを見せつけてくれた。明日は何が起こるのだろう。ワクワクしながらも疲れた体で宿に戻り宿、あたらし家の美味しい夕食で疲れをとった。

 

 

写真提供:浜吉丸、Ebb&Flow

釣りに関するお問い合わせはEbb&Flowへどうぞ

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

 

 

 

2020年11月12日 (木)

隠岐の島遠征2020 ① @ 浜吉丸

昨年は台風の直撃で中止せざるを得なかった隠岐の島への遠征が今年はかなった。

三度目の隠岐の島遠征だが前回二度目の遠征の時には同行者が28キロ以上ある(持ち上げられず測れなかった)巨大ヒラマサを釣っている魅力的な島だ。

今回は大物狙いに有利なトップでの釣りをメインにしたかったのだが、一昨年前から痛む右肩の具合と相談しながらの釣りとなった。

隠岐の島へは島根の七類港からフェリーや渡船を使って渡るのだが、今回は飛行機の時間とタイミングが合ったので浜吉丸さんの渡船で渡ることになった。

七類港に着くと既に渡船が待っており、梅林船長が出てきて懐かしい顔を見せてくれた。

午前10時半過ぎ七類港をでて約一時間半で隠岐の島の中の中ノ島に到着。こちらでは今回お世話になる民宿あたらしやさんの新さんが迎えてくれた。ここへあらかじめ送っておいた釣り具を取りに行き支度をし午後2時頃の出船となる。

元々の予定では、この日はフェリーで島に渡る移動だけの予定だったので、短い釣り時間ではあるが得した気分だ。

2時過ぎ出船。時間も少ないので近場のポイントに行く。

ヒラマサキャスティング組と根魚ジギング組に分かれ釣りをする。

今回の遠征メンバーは6名。ジギング王、根魚王、ヨッシーさん、アームス梅ちゃん、引率のKY店長に、僕の6名だ。

 

ヨッシーさん、ジギング王はキャスティング、根魚王はもちろん根魚狙い、僕もこの日は根魚でスタート、アームス梅ちゃんはジギング、引率店長は昼寝となる。

開始早々ジギング王がトップでヒラマサをキャッチする。

 

Img_465fec95dd961

 

魚の活性は良さそうだ。最近ジギング王はその名に反してキャスティングばかりしている。ご本人曰く、ジギングでしか狙えない深場以外は投げると決めたそうな。そしてまたトップでの実績も積見上げており今年春には五島列島で15キロを超えるクエをトップで釣るなどして同行者を驚かせているのであった。

そして間も無く2匹目のヒラマサをジギング王がキャッチ。ブルーフィッシュ45がいいらしい。

一方の根魚組は狙うアコウ(キジハタ、この地域ではアカミズ)の反応が悪い。

得意のブルスリム80で底を探る僕には時々アタリが来るのだが、釣れて来るのはウッカリカサゴ(カンコ、ボッコ)やベラなどで本命のアコウはなかなかこない。



Img_4f306c747fb21

そんな渋い中で流石の根魚王、赤穂を1匹引きずり出すように釣り上げた。

Img_953123b180f91

釣れたアコウの口からアジが出てきた。ベイトは小魚のようだと判断しそのままブルスリムをしゃくり続けるもアコウの反応はなかった。

ポイントを移動しながら狙って行くのだが状況は変わらない。

トップ組はヨッシーさんもヒラマサをあげて、ポツポツ釣れているのだが、ジギングしていたアームス梅ちゃんは苦戦していた。

この辺りでKY店長もジグをしゃくり出す。

僕は明日以降の肩慣らしをしておこうとトップに釣りを代えてキャスティングを始めた。

数投しただけで右肩が痛み始めた。投げるときよりもリトリーブで腕を引くときに痛みが出る。これで四日間も釣りができるのだろうか?と心配になる。

しばらくしてしゃくっていたKY店長にヒット。今日のアベレージサイズのヒラマサだった。

 

Img_ecbc119102f21

さらにしばらくして日が傾いた頃、ジギングを続けていたアームス梅ちゃんがヒットの声。竿がいい具合に曲がっている。

ファイトの末上がってきたのはやはりアベレージサイズのヒラマサだった。このサイズしかいないのか?

 

ジギングしようかな、と気弱になったものの、右手で竿をしゃくるのはキャスティング以上に肩に負担がかかるのでやめた。

再び根魚に戻ったのか、そのままキャスティングを続けたのかが覚えていない。

夕焼けが美しいのだけが記憶に残る。

Img_7c87427f62301

日が沈み暗くなるまで釣りをしてこの日の釣りは終わった。

宿に戻ると、あたらしやの豪華な夕食が待っていた。

ここのご主人、新さんは各地の料亭で腕を磨いた一級料理人だ。出て来る料理が民宿の域を超えているほど美味しい。フルコースの料理を堪能しうまい酒に酔う。

 

Img_b98a791474e01

明日も朝5時半出船と聞き早めに寝る。

明日以降の釣りをどう展開しようか考えているうちに眠りについた。

 

 

写真提供:浜吉丸、Ebb&Flow

釣りに関するお問い合わせはEbb&Flowへどうぞ

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29