無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

« 隠岐の島遠征2020② @浜吉丸 | トップページ | 隠岐の島遠征2020④ @浜吉丸 »

2020年11月18日 (水)

隠岐の島遠征2020➂ @浜吉丸


隠岐の島遠征三日目
朝5時半、浜吉丸の梅林船長が港に船を持ってきてくれた。今朝も民宿あたらし家の大将、新さんが朝食のおにぎりとお昼の弁当を寝ないで作ってくれた。こういうサポートは実にありがたい。これが無ければ、僕らは前日夕方船を降りた後に疲れた体で買い出しに出なければならないのだが、その必要がなくなりゆっくり休み、本当に釣りに専念できる。
真っ暗な中船は出港しポイントへ走る。僕も日課のエノカフェを走る船の中で開店し、釣り師一同及び船長にコーヒーを無理やり飲ませて満足した。ちょうどコーヒーを飲み終えたところで船はポイントに着く。
この日はジギング王の誕生日であった。昨日大物を釣ったジギング王、今日もバースデイ・フィッシュとなる記念魚的大物を狙いキャストを始めた。
そしてすぐにヒット!朝一のヒット、しかも誕生日の朝一だ。嬉しくないはずがない。小型の魚は普段は写真を撮るのを嫌うジギング王であったが、この記念となる一匹は喜んで写真に収めていた。
Img_565d8ab884fb1
ジギング王に続けとヨッシーさんとアームス梅ちゃんもダブルヒット。この日もキャスティングは絶好調だったが、魚はルアーを選んだのと僕の下手くそキャスティングのおかげで一人僕だけ釣れなかった。
Phonto_20201118074501
その後も流し帰るたびにヒラマサはヒットしてきた。
この日良かったのはカーペンター社のガンマ。

Phonto-3_20201118072201
ヨッシーさん、梅ちゃんともに色は違うのだが同じガンマのアクションで次々と釣り上げる。

Phonto-4_20201118074601
ジギング王は様々なルアーをローテーションさせながらやはりコンスタントに釣り上げていた。
一方の僕はあまりに釣れないのと、肩の痛みがひどくなってきたのでキャビンに入って居眠りして体を休めた。
Phonto-2_20201118072201
しばらく休んで再びキャスティングを開始したもののなかなか釣れない。
ヨッシーさんは絶好調でキャスティングからジギングに変えたところですぐ大きな真鯛を釣り上げていた。

Phonto-5_20201118072201
そしてすぐにまたヒット。今度はヒラマサ。何をやってもはまっている感じで次々と魚を釣り上げる。この釣行前の絶不調が嘘のようだ。
どうやら釣り運を掴み直したらしい。
Phonto-6_20201118072201
根魚王はこの日も苦戦していたが、そんな渋い状況の中でもきっちりアコウを釣り上げていた。
ジグにインチク、タイラバとあらゆる手段を投入して根魚を釣り上げるところはさすがだ。
Phonto-7_20201118072201
昼前になってキャスティングの反応が悪くなったため、深場の漁礁をジギングで狙ってみようということになる。
しばらく走って水深100メートル前後の漁礁に着いた。
うまくするとブリが入ってきているかもしれないという。
キャスティングに疲れていた僕にはジギングへの竿の持ち替えはありがたかった。
ジグをつけて底まで落とし、手早に糸ふけを巻き取って竿をしゃくる、と思った時、ズシッと根掛かりのようにしゃくる腕を止められた。
根がかりかな?と竿で聞き直すと動く。魚だ!と思い一気に糸を巻こうとハンドルを回したが巻けない。デカイぞ!と竿をしゃくったところで糸が切れてしまった。巻き上げるとリーダーがプッツリと切れている。根掛かりではなかった、確かに魚だった。
すぐに次に行こうとした時にヨッシーさんにヒット。やはり魚がいる。
ヨッシーさんがあげたのはヒラマサだった。そのジグの色を見て僕も同じ色のジグに付け替えてみる。
船を流し直して再び漁礁に入ったところで魚がジグに絡んでくるのが分かった。
来るぞ!と思った瞬間、グググ!という手応え。今回はバラさないぞ!と糸を巻き上げる、が魚は先ほどのものほど大きくなかった。
上がってきたのはヨッシーさんと同サイズのヒラマサだった。ブリじゃないか。とちょっとガッカリする。この時期の隠岐の島のブリは脂が乗っていいてものすごく美味しいからだ。
Phonto-8_20201118072201
船は次の漁礁に向かった。いくつか漁礁があるらしい。
到着して漁礁の少し先から船が漁礁の近くを通過するように船長が流す。
梅林船長の腕は確かだ。風と塩の流れを読み正確なコースで船を流してくれる。
そして船が漁礁に最も近づいた瞬間。僕の手元にアタリがきた。ググン!と針にかかったがフッと外れてしまった。
すかさずそのまましゃくり続けた後、一度落としてすぐしゃくったら再び手応えがあった。
今度は針にしっかり掛かっている。バレないように慎重にかつ素早く糸を巻き取りこむ。手応えが先ほどの魚と違うのがわかる。
船長!ひょっとしてブリかも!と声をかけると船長がタモを持ってきてくれた。
見えてきた魚はブリというには小型だがこの辺りではマルゴ、関東ではワラサクラスのブリだった。マルゴという名前がつくにふさわしくお腹がパンパンでまん丸に太ったいい魚だった。
Phonto-9_20201118072201
この漁礁では僕以外にもアームス梅ちゃんがヒラマサをヒットさせていた。彼もキャスティング、ジギング共に絶好調だった。
Phonto-10_20201118072201
ヨッシーさんもここでまたヒット。
今度は大型のチカメキントキを釣り上げていた。
Phonto-12_20201118072301
漁礁のジギングで船上は賑やかだったのだが、一人だけジギング王がジギングをせずにキャビンで寝ていた。
こんなことは実に珍しい。普段ならむしろこの場でジギングで次々と魚を釣り上げる人なのに。何か思うところがあったのかもしれない。
ひとしきりジギングで漁礁を回った後は、潮が流れ始めたので午前中のキャスティングポイントに戻る。
戻った途端、寝ていたジギング王はキャスティングロッドを手にして投げまくり、やがてこの日だけでも数匹目になるヒラマサを手にしていた。
Phonto-11_20201118072201
ジギング王はおそらく誕生日のこの日に昨日釣ったクラスの記念すべき大型魚を釣りたかったに違いない。
ジギングでは大きなぶりが釣れたとしてもせいぜい10キロ止まりがいいところだ。そんな理由もあってジギングはせずに体力を温存したのかもしれない。
夕まずめのキャスティングポイントもそこそこ釣れた。
今日も最後までキャスティングで釣れなかった僕もなんとか1匹釣ることができてホッとした。
明日は天気予報では風が吹いて船を出せないかもしれない、と船長が言う。
この日の釣りで今回の隠岐の島の釣りも終わりかと思うと僕は少し物足りなかった。
宿に帰ると昨日KY店長がサメにかじられてキープした大型ヒラマサが調理されて出てきた。
民宿の主人で超一級料理人の新さんが腹の脂身をしゃぶしゃぶ用にしてくれ、そのほかの部分を大量の刺身にしてくれたのだ。

Phonto-13_20201118072301
ヒラマサはあまり大型になると身が大味になって美味しくない、と言う先入観があったが、この魚は全く違っていた。
脂の乗った腹の身はそのまま刺身で食べても上品で濃厚な旨味が口に広がり美味しかった。
Phonto-14
新さんから誕生日祝いにと隠岐の島の地酒のいいやつが一本提供された。
その色は琥珀色でウィスキーの様な色をしていた。
普段はお酒を飲まないヨッシーさんが珍しくいっぱい飲んでみる、と口にして、うまい!と喜んだ。
Phonto-15
刺身以外にも、次々と出てくる美味しい料理に舌鼓を打っているうちに一同満腹になる。
もうお腹いっぱいだあ、と刺身も残したところに、締めの雑炊をどうぞ、と新さんが雑炊を持ってきた。
もう食えないよう、と言いながら軽くいっぱいいただいたその雑炊は絶品だった。
甘いものは別腹、と言うが美味いものも別腹だった。先ほどまでの満腹感が嘘のようにスルスルと雑炊はお腹に入って行った。
雑炊が終わると流石に、もうこれ以上は無理!と言う声が漏れていたが、さらに追い打ちをかけるようにジギング王への誕生日ケーキが出てきた。
僕は甘いものは別腹で、いくらでも食べられるのだが、甘いもの好きでない人はもうダメ!堪忍して!とギブアップしていた。
Phonto-16

コーヒーがあれば食べられる、と根魚王が言い出し、エノカフェやるなら道具を部屋から持ってくる、と行ってくれたのでコーヒーを淹れることにした。
僕としてもエノカフェでジギング王の誕生日を祝わせてもらえるなんて光栄なことだ。
新さんにお願いして厨房に入り込みコーヒーを淹れる。
新さんの弟子的若者が、僕もコーヒー好きなんです。と言うので、エノカフェ流のコーヒーの淹れ方を見せてあげたら驚いていた。
コーヒーがあると甘いものが欲しくなる。特にこの日のコーヒーは苦目に淹れてチョコレートに合うようにした。
ガトーショコラのチョコは重厚でなかなか沢山食べられるものではないのだが、コーヒーがあるとこれまた別腹に入って行く。
こうして一同もうダメ!本当にもう何も食えない!という満腹状態になり眠りについた。
明日は早朝に宿を出て荷物を船に積んで、波がなければ釣りをする、という予定になった。

 

写真提供:浜吉丸、Ebb&Flow

釣りに関するお問い合わせはEbb&Flowへどうぞ

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

 

« 隠岐の島遠征2020② @浜吉丸 | トップページ | 隠岐の島遠征2020④ @浜吉丸 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 隠岐の島遠征2020② @浜吉丸 | トップページ | 隠岐の島遠征2020④ @浜吉丸 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29