無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

« コロナ禍のGWは自宅でキャンプ気分 | トップページ | 沖縄GT船中泊遠征②@ヨセミヤ五号艇 »

2021年5月18日 (火)

沖縄GT船中泊遠征①@ヨセミヤ五号艇

先月のトカラ船中泊遠征に引き続き今月も船中泊での釣り遠征です。

今回お世話になったのは沖縄、那覇の寄せ宮丸の五号艇であります。

 

この船といえば沖縄GTゲームの草分けとも言っていい「つぐみ船長」。草分けなどというと偉そうな人かと想像しちゃいますでしょうが、この方、いつもとても気さくで楽しい素晴らしいお人柄なので大好きな船長の内の一人なのであります。

昨年も予定していた遠征でしたが新型コロナの緊急事態宣言第一号で中止となり涙を飲んだのでありますが、今回はマンボウの中最新の注意を払っての釣行でした。

 

2021年5月13日午後、羽田空港に集合。

今回はいつものジギング王、根魚王、そして僕の三人以外は遠征初参加の方2名に二度目の方1名という比較的珍しい釣り師の構成であります。

果たしてどんな釣行になるやら楽しみ。

空港で挨拶を交わしてチェックインし一路那覇へ飛びます。

 

夕方に那覇空港着。飛行機を降りると南国の空気に包まれて慌てて長袖シャツを脱ぐ。

午後7時をすぎているのにまだ空は明るく南国に来たなあと感無量。

ヨセミヤさんのバスが二台で迎えに来てくださっていてこれに乗り込みホテルまではほんの15分程度。

この日はホテルに必要な荷物を置いてからはあらかじめホテルに送って置いた釣具だけ船まで運んだ。翌日早く出船したかったのだ。

というのも、気になるお天気が初日二日は問題なさそうなものの三日目は風が強くなり時化そうだったのであります。



道具を船に積み込んだら、もうそのまま船に乗り込んで出船したくなったものの船長はいないので仕方なく一旦ホテルに戻り、近くのスーパーでその日の夕食と翌日の朝食、三日分の酒などを購入してホテルに戻り解散。

普段ならみんなで夕食を沖縄料理屋さんに食べに行き、乾杯の一つもして前祝いで盛り上がるところなのだけれど、なにせこのコロナ禍なのでそんな楽しみもお預けとなったのでした。

 

さて翌朝6時半、ヨセミヤさんのお迎えでホテルを出発し港に直行。

船についたら船長がいて、お久しぶりと握手を交わす。そしてその後は即タックルのセッティングです。

 

出船前にドラグのチェックだけはしておきたかったので竿にリール、ルアーをセットし秤をつけてルアーを引っ張りドラグの強さを調整していただく。

これを怠ると、いざ大物が掛かった時に糸を引きづりだされて切られるか、はたまたドラグが強過ぎて自分が海に引きずり込まれるか、というとても大事なチェックなのでありますね。

体力のない僕は3セット持っていったキャスティングタックルを全て7kgにドラグ設定していただいた。

 

Img_3956

 

全員のセッティングが終わったところで出船。

この日は本当から離れた無人島に向けて一気に走ることとなり、その行程6時間はすることがないのでとりあえず朝食を食べながらオリオンビールを飲む。

空は快晴でもはや真夏の太陽がギラつき肌に紫外線が突き刺さってくるのが一層テンションを上げてくれた。

僕は二階の操船デッキに上がって風景を見ながらビールを飲んで日光浴というリゾート気分を味わう。

 

Img_8276

 

1時間ほど走ったあたりで眠くなったので一回のキャビンに入りベッドに潜り込んで寝た。

ここのキャビンは冷房完備で一人ずつのベッドがあるので快適そのもの。船酔いしない僕はスマホで音楽を聴きながらウトウトするうちに寝てしまった。

 

今回の釣り遠征のターゲットはGT、ジャイアントトレバリー、ロウニンアジだ。しかしでかいルアーを投げ続ける体力がない僕は休憩がてら根魚も狙う。そのターゲットはアカジン(スジアラ)、高級魚名である。

おそらく根魚王もこのアカジン狙いなのだろう、一応キャスティングの竿も一本用意してきたといっていたが、これまで彼がGT釣りをしているのはこの8年間見たことがない。

他の釣り師は間違いなくGTがターゲット。もちろん船もGTをメインにポイントを流し、そのついでに根魚を狙うことになる。

 

しばらくして目が覚め時計を見ればそろそろつきそうな時間になっていたので、再び二階のデッキに上がると水平線の向こうに島が見えていた。

あと1時間で着くという。

頭の中で最初に投げるルアーとそのあとのローテーションなどを考える。

 

30分ほどで島が大きく見えてきた。エンジン音が下がりスピードを緩めたところで腰にギンバル(ファイティングベルト)を装着しいよいよ戦闘体制だ。

 

001_20210518093401

 

やがて船はゆっくりと忍び足で最初のポイントに入る。

船長からオッケー!と合図が出ると、珍しくミヨシに立ちはだかった僕は力を込めて一投目をキャストした。

 

 

写真協力:Ebb&Flow
釣りに関するお問い合わせはルアーショップEbb&Flowへどうぞ
ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

« コロナ禍のGWは自宅でキャンプ気分 | トップページ | 沖縄GT船中泊遠征②@ヨセミヤ五号艇 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ禍のGWは自宅でキャンプ気分 | トップページ | 沖縄GT船中泊遠征②@ヨセミヤ五号艇 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29