無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月

2021年7月31日 (土)

小笠原遠征2021 その4@小笠原父島

小笠原父島2021年7月18日 遠征最終日

今日は昼前までの半日釣りで、午後3時の小笠原丸で帰る。

この日は前日よりも30分遅く4時半前に船長が迎えに来る。

潮の関係で早く出ても仕方ないらしい。この朝もおにぎりを買って港へ行き出港。

 

走り出した船の上でエノカフェを開店する。淹れたコーヒーはコスタリカ・リーベンス農園のブラックハニーという僕のとっておきの豆。

フルーティな味わいと香りが素晴らしい。

朝一船の上で美味しいコーヒーを飲めるのは幸せだ。この一杯が飲めるというだけで多少の面倒も苦ではなくなる。

 

最終日は少し深めのポイントをを中心に狙うと船長は言った。

 

沖に出て最初のポイントは140~150mくらいの水深。

活性は昨日よりよくポツポツカンパチが釣れた。

 

そんな中で根魚王がまたまたスマガツオを釣った。

船長は、今はスマガツオの季節じゃないのに、と言う。

 

Img_5058

昨晩には僕が釣ったスマガツオを食べたが適度に脂が乗って美味しかった。

島でもスマガツオは人気の魚だという。

今回釣ったスマガツオは僕のもの以外は宿など島の人に差し上げたらとても喜ばれた。

 

さて、僕の今回の釣りは狙いのカンパチはさっぱりで、ショゴ・クラス日本つったのみだったのだが、最終日のこの日、釣りの神様が僕に少しだけ微笑んでくれた。

 

8時頃経ったろうか、僕のしゃくっていたジグ、アンチョビット・シャープ330gに大物がヒット。

 

ヒットした瞬間からドラグを鳴らしてすごい勢いで糸を出される。

走る魚が止まってからリールを巻こうとするが重く硬くて巻くことができない。

竿を持つ方の手元にはものすごい重さが伝わり、竿を体全体で重さを支えるのがやっとだった。

 

Img_5059

魚の走りが止まって少しずつ巻き始められるようになった。

このまま間を詰めて行けばなんとかなりそう、というときにアクシデントが起こった。

なんとリールシートからリールが外れてしまったのだ。

以前から気にしていたのだがこの竿は使っているうちに緩むのでシリコンゴムでネジが回らないように固定していたのだがそれでも緩んでしまった。

 

Y店長にリールの取り付けを手伝ってもらいながら片手で竿を支える。

なんとかリールを取り付け直して再びファイトするも、しばらくしたらまたリールが外れてしまった。

 

今度はヨッシーさんにも手伝ってもらいなんとかリールをグリップに固定した。

そこからはじりじりと糸を巻き上げていったのだが20m巻くのがやっとだった。

竿をファイティングベルトに収めて大きくしゃくりながら緩めた瞬間に糸を巻く。船長も船をフォローしてくれて魚と野間が詰められていった。

Img_5063

 

しかし魚はなかなか止まらなかった。竿への圧力は減るどころか増していくばかりのように感じた。

リールがハイギヤということもあり、少しだけ巻いて間を詰めることができない。

リール一回転でもいいから巻いて!とY店長から声がかかるのだが、自分でもわかっているのだがそれが出来ないのが悔しい。

周りのみんなが釣りをやめて僕のファイトを見ているのがわかった。

早いところこいつを始末しなければという気持ちにもなる。しかし巻く糸は増えていかない。

 

残りがやっと 120mくらいのところまで来たところからは巻いた分糸を出されるという応酬の繰り返し、さらに船がフォローしてくれたのだが最後は根に巻かれてしまった。

船長から根に巻かれている、と言われ竿をまっすぐにして引いたら魚の手応えは無くなっていたのでそのまま引っ張り糸を切って終わった。

 

船長もY店長もも40キロオーバーだと口を揃えて言った。これまでで未体験の重さ。引き。竿のトラブルがなかったら、とも思ったがカンパチの力勝ちだ。

完敗。

悔しさよりカンパチを称える気持ちの方が大きかった。

どのくらいの時間ファイトしたのかは自分ではわからなかったがとても長く感じた。

 

ファイトを終えて一気に1リットルのアクエリアスを飲み干して体から失った水分を補給する。

水分が体に浸透していくのが分かった。

 

P7183629

しばらくみんなの写真を撮ったりして休んでから時計を見るとまだ8時半過ぎだった。

そんな中でヨッシーさんとジギング王がダブルヒットして違う魚を釣っていた。

P7183620
ヨッシーさんはカンパチ、ジギング王はハマダイだった。
僕は疲れていたのでなんとなくぼーっとしながらこの光景を眺めていた。
Img_5069

 

しばらく休み少し疲れが回復したので再びしゃくったが二匹目の魚は来なかった。

 

最後の力を振り絞り11時過ぎまでやったが僕には何も釣れなかった。

仮に魚が掛かっていたとしてもどれだけのファイトができたことやら。

 

11時頃、そろそろ上がらねばならない時間にKY店長がカンパチを釣り上げてこの遠征は終了した。

 

P7183636

 

こうして8日間に渡った僕の小笠原での釣りが全て終わった。

 

体は疲れていたが僕は妙に清々しい気持ちで船を上がり後片付けをした。

でかいホウキハタは尻尾を切って無理やりクーラーボックスに押し込んだ。

 

小笠原に借りがひとつできた。

また来年来なくてはならないなと思った。

 

写真協力:Ebb&Flow
釣りに関するお問い合わせはルアーショップEbb&Flowへどうぞ
ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

 

2021年7月30日 (金)

小笠原遠征2021その3@小笠原父島

小笠原父島2021年7月17日 小笠原遠征三日目

 

今日も早朝から日没近くまでの長い一日になる。

前日と同じく3時起きで4時前に船長のお迎えが来て竿をトラックに積み込んで出発。

いつものおにぎり屋さんでおにぎり買って港へ向かう。

 

予定通り4時半出船。出船後今日も走る船の上でエノカフェを開店する。

まだ寝ている体にコーヒーが染み渡ると少しずつ動けるようになってくる。寝ぼけていた頭もスッキリしてくる。

 

Img_4911

 

船長にお願いしてエノカフェ五周年記念シールを船に貼らせてもらった。

そこにコーヒーカップを持ったジギング王の影を写し写真を撮る。なかなかいいでしょう?

 

P7173584

 

この日の釣りは島南部中心に攻める。昨日の釣りで北部も東部もあまり良くなかったからだ。

水深130m前後のポイントを攻める。

 

ジグを底まで落としてはしゃくりまた落とす、というのを二、三回してアタリがないと船長から回収の声がかかりジグを回収して移動、というのが繰り返される。

最初に魚をかけたの僕の右隣で釣っていたヨッシーさん。引を方を見ているとどうもカンパチではないようだ。

誰かがカワハギじゃないの?と茶化す。

上がって来たのはクチビという種類の魚。

 

Img_4917
それからしばらくはなかなかアタリが出ず、落としてしゃくって回収というのを繰り返した。
一時間ほどしてヒットさせたのは僕の左隣で釣っていた根魚王だった。
どうやら僕の隣は釣れるらしい。
竿は大きく曲がっていたがグイグイ引いたのは始めだけだったので、これは根魚だと分かる。
根魚を狙っている根魚王だから狙い通りのヒットで顔がにやけている。
Img_4922
上がったのはいいサイズのマハタだった。初日Y店長にいいサイズのマハタを釣られたのにやり返した格好になる。
サングラスを外しての撮影なので根魚王も満足の一匹だったに違いない。
Img_4924
ポイントを小移動しては根魚王に続いてジギング王にヒット。
両王様大活躍。

Img_4936
こちらの王様も狙い通りカンパチを釣る。
この辺りちゃんと狙っているからカンパチが釣れるので、僕のように漫然となんでもいいから釣れちゃえ的な釣り方ではこうはいかないのであります。
Img_4938
またまたポイントを小移動したところで、今度は根魚王に珍しい魚がヒットする。
昨日のルリハタに続いてレアな一匹に船長もカメラを向けていた。
Img_4940

魚の名前はキンメダマシというらしい。アカハタモドキといいキンメダマシといいさすが固有種の宝庫小笠原だけのことはある。
キンメやアカハタと似て異なる魚がいるのだ。この二匹とルリハタも含めて固有種ではないらしいが他の海域では滅多にお目にかかれない。さらにここ小笠原でも珍しいというのだから、根魚王はレア魚王になりつつあった。
さて、それからしばらくアタリが遠のいていたのだが、そろそろ朝まずめも終わろうかという時間にセキやんがヒット!
昨日から好調のセキやんだがこれまたカンパチを狙い通り釣り上げた。
Img_4947
ここからは移動して何度か流すとポツリと釣れる展開になる。
次にヒットさせたのはヨッシーさん。今度はお見事、本命カンパチだった。
Img_4964

小笠原らしい濃い色の魚体が美しい。
次の流しでまたまた根魚王の竿が大きくしなった。
流石と思わせるね魚の釣りっぷり。上がって来たのはホウキハタだった。
Img_4967
狙っている水深が130m前後と深いので、この水深で釣れる根魚といえばこのホウキハタか先ほど根魚王が釣ったマハタかのどちらかになるらしい。
次に掛けたのがまたまたセキやん。これもまたいいサイズのカンパチだった。
根魚狙いとカンパチ狙いがきちんと同じ船の上で行われているところはすごいと思うのでありました。

Img_4971
そして来ました!ジギング王!またまたいいサイズっぽい引きのカンパチとファイト。
さすがブレない王様、次々と狙い通りにいいサイズのカンパチを釣り上げる。
Img_4976
さらにこちらの王様はホウセキハタを釣りハタ類だけで五目釣りを達成する。

Img_4979

人が釣るのばかり見ていた僕だが、ようやくここに来てヒットした。

でも狙いのカンパチではない。最初だけグググと引いていたがやがて重いだけになり根魚だとわかる。

上がって来たのは2キロくらいのホウキハタだった。根魚でも一匹釣れたし美味しい魚なので嬉しい。

 

Img_4988

この辺が王様とは違ってブレているというか、なんでも来い釣りというかハンパモノなのであった。

 

11時を過ぎ、ここから昼過ぎくらいまでは潮も止まりあたりは遠のく。

 

12時半近くなりようやく潮が少し動き始めたあたりでこれまでみんなの写真ばかり撮っていたY店長も何やらヒット。

これもカンパチではなかった。昨日の僕が釣ったのと同じくらいのサイズの大きなスマガツオだ。

P7173587

 

次の流しでは根魚王がホウキハタの子供をキャッチ。水槽で飼いたいような可愛い魚でした。

可哀想だがリリース出来ないので持ち帰り美味しくいただくことにする。

 

P7173597

 

その直後、今度は隣の僕に重いヒット。デカイぞ!と思ったが引いたのは始めだけであとは重いばかり。

このとき使っていたのは先日遊漁船の上で購入し、Y店長に父島まで配達していただいたカーペンターのロッドだった。

新しいロッドに初めての魚が来たので竿の感触を楽しむ。ジグをしゃくっている時には柔らかい竿、というイメージだったのだが、いざ魚がかかると強い竿に変身した。カーペンターのPSC60MLRのベイトモデルなのだが、大物にも対応できそうな頼もしい竿が手に入ったので嬉しかった。

Img_5003

 

上がって来たのは大きなホウキハタだった。

5キロくらいはあったかな。持って来たクーラーボックスに入りそうにないのが心配された。

 

僕の左隣の根魚王、僕、右隣のヨッシーさんへとヒットが連鎖する。

上がって来たのは小笠原サイズのバラハタ(チギ)だった。これもまた美味しい魚だ。

 

Img_5009

こうして午後に入りポツポツ魚は釣れるのだがカンパチの方はサッパリで小型すら釣れない。

どうも上潮は流れているのだが底潮が動かないというここ数日、いや、僕が今回小笠原にきてからずっと同じ状態だ。

 

この時間になるとスコールの雲が近づいて来て雨を降らせた。

焼けた肌に雨粒が冷たく気持ち良い。船はスコールから逃げつつ釣りをした。

 

底潮があまりにも動かないので船長もカンパチを諦め気味で、少し浅いところで根魚王にツチホゼリでも釣っていただこうと移動したら、根魚王に何か大きな根掛かりがかかった。根ではなくゆっくりと動くのだが魚ではない。PE3号タックルの根魚王が糸が切れないように巻くのだがかなり重いらしくなかなか上がってこない。

 

20分くらいファイトしただろうか、船長は岩か漁網だね、と言っていたが上がって来たのは中国船の捨てて行ったサンゴ漁の網らしい。

これを回収する為の専用船もこの日は僕らの近くを流していた。

根魚王は思いがけずも環境保護に役立ってしまったわけだが、体力の消耗は大きくその代償は大きかったようで肩と腕が動かないと嘆いていた。

そこに追い打ちをかけるように根魚王にスマガツオが来た。これもいいサイズで弱った根魚王を苦しめた。

 

Img_5014

これがスマガツオでなく根魚のツチホゼリだったら元気が出るのに、と言いつつ船は再び深場に向かう。

そろそろ底潮も流れてカンパチがくるだろうという船長の目論見だった。

 

そして水深100m前後に移動して一投目にセキやんに何やら大きいのがヒットする。

これはデカイぞ!竿が大きくしなっている。でも最初だけ引くね魚の引き。

セキやんの右隣の根魚王が見つめる中上がって来たのはなんと、根魚王が今最も釣り違っていたツチホゼリだった。

それもいいサイズだ。

 

Img_5018

 

羨ましがった根魚王を尻目に写真を撮る。ツチホゼリが生息するのはせいぜい水深100mくらいまでのところなので、ギリギリの水深で釣れたことになる。この魚も小笠原以外ではなかなかお目にかからない。僕は他ではトカラで一度見ただけだ。

船はカンパチを求めてさらに深場に移動する。

そして、ツチホゼリを釣られて精神的にもダメージを受けていた根魚王に何やら大きいのがヒットする。

魚の走り方から船長はすぐにキハダだと言い当てた。

トモではジギング王も同じようにキハダマグロをかけていた。王様同士のダブルヒットだ。

 

Img_5023

オマツリしないようにすぐさま自分のジグを回収した僕だが遅かった。

根魚王とオマツリし横に行って糸をほぐす。

例によって細い仕掛けの根魚王が苦労してようやく上げて来たキハダマグロが船長の出したタモに入った、瞬間キハダはなぜか猛ダッシュしてタモを突き破りあっとう間に糸を100mくらい出したところでジャンプしていた。

 

P7173602

あまりのスピードと魚の挙動に思わず笑ってしまったが、ダメージ根魚王はさらにダメージを受け、もう一仕事を強いられてしまった。

船長が穴の空いたタモを悲しそうに見つめる中ようやくキハダは上がった。

仲良く二人揃って写真を撮る。

 

Img_5037

ジギング王が20kgを主張したが船長は15~6kgだろうという。

丸々太った体躯から僕にも20kgはあるのではないかと思ったのだが、後で測ったら船長の言う通り16kgだった。

さすが!と一同船長をソンケイし直す。

 

キハダが釣れてしまう潮ではカンパチは難しいなあ、と船長も半ば諦め気味だった。

潮が悪いのだ。4時をまわりジギング王も珍しくしゃくるのをやめていた。こう言うことは滅多にないのだが。

 

最後の最後、もう反応もないしみんながしゃくるのをやめたら上がろう、と船長が言っていたところで最後まで粘っていた僕とY店長だったが、そのY店長がカンパチをかける。

 

この時魚探にはなんの反応も写っていなかったらしく、船長が思わず、あ、掛けた!と声をあげたのが聞こえた。

 

 

P7173607

 

小笠原サイズではないものの本日的にはいいサイズのカンパチだった。Y店長、意地の一匹となる。

 

この魚でこの日の釣りは終了する。長い一日しゃくり疲れた。僕はホウキハタ二本のみ。残るはもう明日の午前中半日しかない。

このまま今回はデカイカンパチには出会えないのかなあ、と僕は半ば諦め気味になりつつ港に戻る船の上から夕暮れの海を眺めていた。

 

写真協力:Ebb&Flow
釣りに関するお問い合わせはルアーショップEbb&Flowへどうぞ
ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

 

2021年7月29日 (木)

小笠原遠征2021 その2@小笠原父島

2021年7月16日、小笠原遠征二日目

 

この日は早朝4時出発予定と気合が入っている。

僕は朝3時に起きて出かける支度をした。

4時前に恵丸の船長が迎えに来ていつものおにぎり屋さんでおにぎりを買って港へ行き4時半に出船した。

 

出港と同時に船の後ろでお湯を沸かしてエノカフェを開店する。

今年は絵のカフェ五周年なので気合いを入れてコーヒーを淹れみんなに無理矢理飲ませた。

コーヒーを飲んでいる間に船は島の西側に回り込んで行った。

P7163475

 

島の北側からケータに向けて行けるところまで行ってみようという計画らしい、船は約一時間走り島の西側から北に回り込んで孫島の更に北までいく。

 

沖縄の南にできた台風の影響で風が吹きうねりは昨日より高かった。

Img_4852

最初のポイントは孫島の周辺の水深130mくらいの所をやる。

 

朝一のいい時間帯に期待は膨らむのだが、船長の顔色が今ひとつさえない。

潮の流れがおかしいらしい。

 

確かに上潮は流れているのだが底潮が今ひとつ流れていない二枚潮になっているようだった。

出て行く糸が上潮に流されて出て行くので軽いジグでは底が取れない。

僕は300gの間八ハオリを使った。

 

最初にヒットさせたのは初めてご一緒するセキやん。

引き方から見てすぐにカンパチとわかる引きだった。

待望の本遠征初カンパチを見事モノにする。

Img_4856

船は少しずつ移動しながら流すが好調だったのはセキやんだけだった。

セキやん一人がカンパチを2本釣ったがあとはダメ。

Img_4858
Img_4859

 

船長が困った顔をしている。

ケータまで走れない波ではなかったが二枚潮で底潮が動かないのでケータまで走っても無駄と判断したようだ。

期待していたケータ列島に行けないのは残念だった。

 

僕らは昨年、一昨年と二度に渡り行っているのだが(一昨年は嫁島まで)魚の濃さが全く違うのだ。

昨年はそれでも潮の動かない時間はあまり釣れなかったが動いた瞬間爆発したのをよく覚えている。

正直行って僕は行きたかった。しかしここは船長の判断が最優先。小笠原の海を知り尽くしている船長の判断に任せるしかない。

 

船は孫島の南側を何度か流しその後島の東側に出て南下した。

 

移動しては攻め、浅いところ、深いところ、いろいろやったのだが、魚探での魚の反応はあるもの全く食ってこなかった。

 

あの手この手とジグを替えて攻めるも全くアタリがない。

Img_4869

船長が半分冗談でかタイラバでも落としたら食うかも、と言ったので僕は真面目にタイラバを落としてみた。

 

しかし掛かったのは小さなアカハタのみで対ラバにもカンパチは反応しない。

そんな僕をみたジギング王が、「タイラバなんかやってんの?それならエサをつけたほうが早いじゃない」と厳しいお言葉を述べられた。

タイラバだって一応ルアーだよ、と思いつつも確かにジギングではないよなあ。と反省しつつタイラバでネチネチ底を責めていたが根掛かりでタイラバを失ったのを機会にココロを入れ替えてジギングに戻った。

 

船は南下しつつポイントの要所を攻めていくが相変わらずカンパチの反応は悪く、Y店長は船の後ろで寝てしまった。

こういう時は大体釣れない。潮が動かないのを知っていて寝てしまうからだ。

海の上の時間がゆったりと流れていた。船の上には緊張感が薄れていた。

P7163502

時計は昼近くなり船も父島の南に回り込もう、というあたりでようやく僕にカンパチらしいヒットがあった。

手応えはカンパチだが重さは軽い。小さいのだ。

上がってきたのはショゴと言われる子供のカンパチだった。

 

P7163492

 

それでもジグで釣ったのが嬉しくて、ジギング王のところに行き、「カンパチ早く釣ってください」とさっきのタイラバの仕返しをしに行ったら、「ショゴ一本釣ったくらいで、でも一本は一本だな」と軽く逆襲されて退散した。

 

船は島の南側の岬を回り込む。

ここの岸壁の形が面白い。人の顔やら動物の顔やら様々なものが見えてくるので飽きない。一眼レフを出して写真を撮りまくった。

ようやくこの辺りで起きてきたY店長も起きてきて一緒に写真を撮った。

 

船は父島の南端を回り込み島の南側の沖に達したのは午後2時をまわったあたりだった。

少しずつ潮が動き始めているようで、時々アタリが出ることもあったが針にはかからない。

 

2時過ぎ辺りか、島の丁度南まで来たところでジギング王にいいのがヒット。

その時僕は根魚をやりながらちょうどジギング王のヒットの瞬間を見ていた。

ジギンング王が底から何しゃくりかしてアタリがあったようで一瞬ポーズを置いてしゃくり始めたところでいきなり竿が大きく弧を描きヒット。

Img_4885

ドラグを出して魚が走った。すぐにでかい魚だと分かった。ドラグをされながらジギング王は巧みに魚とのやり取りをする。

10分ほどのファイトで上がったのは18キロ弱。見事なカンパチだった。

「俺はブレないよ!」とジギング王が吠えた。

その後に「でも釣りは人それぞれだから」とも付け加えていた。

 

Img_4889

 

確かにジギング王も根魚王も王様はブレないよなあ。ジギングと決めたらジギングしかしないし、根魚を狙ったらカンパチには興味を全く示さないし、本物というのはこういうものなのだなあと改めて感心した。

それに控えて、根魚狙ったりタイラバやったり僕はブレまくりだよなあ。と思い反省もしたのだが、釣りの楽しみ方はジギング王の言う通り人それぞれだからまあいいか。と思ったりもした。

 

ジギング王の一匹で船中は気合が入り一同はジグをしゃくり倒すのであったがそのあとは続かず大した釣果なかった。

船の後ろでヨロコビのビールをゆったり飲むジギング王が羨ましかった。

 

日が傾き始めたので僕は上半身裸はやめてシャツを着込んで真面目にしゃくり始めた。

水深は150mくらいのポイント。

ジグをそこまで落として二しゃくりしたところでグッと抑え込むようなあたりと同時にグググ!と引いた。

きたカンパチか?さっきのショゴよりは重いぞ!と喜んだのだが、引き方がなんだかカンパチっぽくない。

 

何だろう?と思っていたところに僕をみていた船長がスマガツオじゃないかな、と言う。

スマガツオにしては重いですよ。それにアタったのも底近くだったし、と反論してみたのだが上がってきたのはいいサイズのスマガツオだった。

Img_4899

さすが船長ちゃんと魚を当てる。このスマは5キロくらいありチャラに持ち込んで明日の晩食べようとうことになった。

この時期のスマはあまり脂が乗ってないよ、と船長がいったものの、後日食べたスマは十分美味しかった。

 

この後すぐに根魚王がアカハタモドキをかけて王様の証明をする。ブレてない。

Img_4903

午後5時を過ぎそろそろ上がろうか、と言う時間に僕にヒット。

今度こそカンパチだ、と言う引き方。サイズは大したことないが先ほどのスマガツオくらいはあるかな、などと思いながら上げてきたらおチビだった。

Img_4908

この一匹でこの日の釣りは終了となる。

 

港に向かう船の上でお疲れビールを飲んでいたジギング王から「三本釣って竿ガシラですね」と揶揄された。

 

もう、あんなデカイのを釣って余裕でそう言うことを言うんだから。と笑いながら港に戻る。

 

 

宿に戻ると竿を洗ってシャワーを浴びさて夕飯、と言うことになるのだが、この日に予約した宿のすぐそばのお店が混んでるという。

しかしながら、緊急事態宣言下なのでラストオーダーは7時、お店は8時で締めると言うではないか。

時計を見るとすでに6時半近くになっていたのでお店に相談に行く。

 

注文した食事が出来上がったら取りに行き宿へテイクアウトできないか、と交渉したところ、お店のお姉さんの対応が良く、メニューを写真に撮り電話注文して出来上がったら取りに来れば良い、と言うではないか。

これなら美味しい料理を食べながら部屋で飲むことができる。

なにせ緊急事態で島で酒を出せる店が二件しかないのだからこの手しか他に手段はなかった。

 

僕のスマホに撮ったメニューを見ながらみんなで好きなものを選び電話で注文する。

すでに酒呑み組はビールなど飲み、飲まない派もポテチなど出して空腹に耐えられすにいた。

しばしの間腹をすかせて出来上がるのを待つ。

 

7時半近くなり、もうそろそろできる頃だろう、と最速の電話をしようとしたところに電話がなり、第一弾ができたという。

 

三人ほどでお店に取りに行き持ち帰る。

料理がテーブルいっぱいに並ぶと一同の顔が幸せそうな表情になる。

僕はワインを飲みながら食べた。

 

おもいおもいに注文した料理の数が意外と多く、第二弾がきたところでテーブルに乗り切らないほどになった。

このあたりですでに満腹になってしまった人も出るくらいで、第三弾のシメの麺類はキャンセルするものも出た。

腹一杯になったところで一同それぞれに寝る支度に入り明日の朝に備えた。

 

明朝も4時出発。起きるのは3時だろう。明日こそはいいのを釣りたいな。と期待しつつベッドに入った。

 

写真協力:Ebb&Flow
釣りに関するお問い合わせはルアーショップEbb&Flowへどうぞ
ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

2021年7月28日 (水)

小笠原遠征2021 その1@小笠原父島

小笠原父島に来てから早一週間。ようやくこの日に横浜のルアーショップ、エブアンドフローの遠征隊がやって来て合流しカンパチジギングが本格的に始まるのでありますが、すでに乗合船で四日間釣りをしていた僕はちょっと疲れ気味なのでありました。

 

この日も早朝4時半頃に起床してコーヒーを淹れて前日分の日記を書いあたりした後に、遠征本体がやって来るので朝食後テーブルの整理などして受け入れの準備をしたのでありました。

前日の釣りで失ったリーダーを全部組み直し針も付けていつでも釣りにできる体制にしてみんなが来るのを待ちます。

 

11時前、小笠原丸が入港する汽笛が聞こえたので宿のお姉さんと港へみんなを迎えに行く。

港に着くと爆裂船長や今日からお世話になる恵丸の船長も来ていたので挨拶し、エブアンドフロー 隊のみんなが船を降りて来るのを待った。

みんなが出てくるのを待つ側にいるのはなんだか地元の人になった気分で、早くみんなでてこないかなあと首を長くして出てくるのを待つと竿を持って出てくる人が数人見えた。

 

来たか、と思ったら爆裂船長のお客さんだった。

そのあとにすぐにエブアンドフロー(以後エブフロ )隊が出てくる。

まるで船長の小間使いのごとくみんなを船長の車に案内して荷物をトラックに積み込み宿のお姉さんを呼んでみんなを車に案内する。

全員宿に行き荷物を下ろすとすぐに釣りの支度を始めた。

僕はすでに支度済みなのでその間する事がないので先にお昼のお弁当をいただく。

 

全員準備ができて船へ向かう。

午後1時出船。

 

Img_4795

 

一同、24時間の船旅を終えてようやく釣りができるという期待感に晴れ晴れしい表情なのだが、僕だけはすでに四日間釣りをして今日は五日目で少し疲れさえあるので微妙な感覚だった。それでも本格的にジギングが始まるので嬉しい。

 

船は島の南側の沖水深100m~120mくらいまで走り最初のポイントに入りを釣始めた。

沖は昨日よりもうねりが高くなっていた。あろうことかこのタイミングで沖縄の南に台風ができたと言うではないか。

 

今回のメンバーはジギング王に根魚王、ヨッシーさんに初めてご一緒するセキやんというお方、そして引率のY店長と僕である。

Y店長は引率であるが、先に島に来て色々調査をしたので僕はすっかり引率店長の手下的立ち位置にいたのだが想定内のことなので問題ない。

それよりもこの中の誰かが雨男、もしくは台風男なのに違いない。日頃の行いが良くないのか?いや必ずしもそうとも言えないだろう。

晴れ男の僕だって必ずしも日頃からキヨクタダシク暮らしているわけではないし。

Img_4796

兎にも角にも釣りは始まった。本隊と一緒の釣りが始まるとやはり昨日までとは気分も雰囲気も全く違う。

チャーター船ということもあるが安心感と緊張感が入り混じり気も新たに引き締まる。

 

Y店長からどんなジグが良かったですか?と聞かれたので、ヒミツ、と冗談で返す。

グロー系が良かったことを伝えた。

 

釣りを始めると早速魚をかけたのは遠征初参加のセキやんだった。

魚の引き方からどうもカンパチではないようだ。

上がって来たのはヒメダイだった。初めての小笠原で初めての一匹目だからセキやんにとっては記憶に残る魚になるのだろう。

Img_4802

続いてヒットしたのは根魚王だった。

竿の曲がりからしてなかなかのサイズに違いない。引き方から根魚というのはすぐ分かった。船長がここで釣れるとしたらマハタかホウキハタだよ、と魚を言い当てる。

上がって来たのは船長の言う通りで大きなホウキハタだった。小笠原らしいサイズに根魚王はご満足の様子。

Img_4804

さらに続けざまに根魚王が釣り上げたハタは船長が飛び出して来て写真を撮るほど珍しいというルリハタというお魚。

珍しい魚を釣り上げて根魚王の表情が緩む。背中の黄色いすじが美しかった。

 

Img_4807

 

ところが満足する根魚王を追いかけるようにY店長が何やら大きい根魚をかけてニヤニヤしながらファイトしている。

最初は根掛かりかと思ったほど重いらしく時間をかけてあげて来たのは根魚王のホウキハタをうわ丸サイズのマハタモドキというマハタによく似たハタだった。

5キロくらいはありそうな見事な魚体を根魚王に見せびらかすY店長。大きな根魚を釣った時はいつもこうして根魚王にイヂワルするのだった。

 

P7153472

底の潮が動かないのか本命のカンパチはなかなか釣れない。

釣れてくるのは根魚ばかりなのであるが、そこは根魚王の出番ということで根魚を釣りまくる。

 

Img_4821
次に釣ったのはシモフリハタという魚。
この魚現地小笠原ではドブアカバという不名誉な名前がついていて、出汁をとると非常に臭くて不味いらしい。
根魚王もこの魚には笑顔が出ない。
次にヒットさせたのはヨッシーさん。
なんか変な引き、全然重くない、と言いながらあげて来たらカワハギの仲間だった。思わず苦笑する。
Img_4826

 

時は早くも5時近くなっており日も傾いていた。

夕陽にあたりながら根魚王は本命のアカハタモドキのいいサイズを釣り上げてご機嫌。

この魚はハタ科の魚の中でもかなり美味しい部類に入る。

僕の経験では刺身では一番がキジハタ(アコウ)で二番目にこのアカハタモドキを入れたいくらいだ。

 

Img_4834

根魚王のご機嫌度は写真を見ればすぐ分かる。サングラスを外して写真を撮った時は上機嫌。そうでない時はイマイチなのだ。

 

一方この一週間ですっかり日焼けして黒くなった僕は上半身裸になってさらに焼きながら釣りをしていた。

針が体に刺さると危ないのでこういうのはオススメできないのだが、この日は何か釣れる気がしなくてそうさせていたような気がする。

Img_4837

 

5時半過ぎまでやったがやはり底潮が動かず、カンパチは不発だった。

初日の半日はウォーミング・アップのようなものだから、このくらいでも良しとしよう。

 


Img_4847


明日からは父島から北に離れたところにあるケータ列島まで一泊で遠征に出かける予定だったので、そちらに期待が膨らむ。

6時前、港に着き宿に戻る。

 

夕食を予約した時間が6時半なので慌ただしい。東京都に緊急事態宣言が出ているのと島に小笠原丸が着いて島の人口が一気に400人ほど増えるのでお酒を提供するお店に客が集中する。

 

先日行ってボトルを入れたチャラという居酒屋をY店長が予約してくれていたのでそこに向かうとお店は満席で賑やかだった。

案内された席についてビールを頼んでしばらくしたら、席を間違えたので別な場所に移ってくれと店員さんに言われ狭い席に移ると予約席の名前が前の席と同じ名前だった。Y店長と同じ名前のブッキングが二件あったのだ。

 

乾杯すると例によって料理をたのみまくる。腹一杯食べて9時前に帰り途中で宿の近所のお店を予約して帰る。
お店の予約係は僕の役目になってしまった。

 

明日のケータ行きは船長の判断で泊まりは無理、行けるところまで行って様子を見ながら釣りをするということになった。

船中泊用のテントや寝袋まで持って来ていたのでちょっと残念だったが天気には勝てない。安全第一なのだ。

 

 

写真協力:Ebb&Flow
釣りに関するお問い合わせはルアーショップEbb&Flowへどうぞ
ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

 


2021年7月27日 (火)

小笠原父島乗合船釣行記 その4

小笠原父島2021年7月14日

乗合船釣行最終日。

この日は前日二度目の頃なワクチンを打った爆裂船長の体調次第で出船ということになっており、船長からの連絡があれば船は出ないことになっていた。

 

朝6時半過ぎに横浜のルアーショップ、エブアンドフローの店長から、これからお店を出発し小笠原に向かうと連絡があった。

昨日切られたタックルのシステムを組み出船の準備をする。乗り合い最終日なので期待を込めた。

 

準備ができたらこの日もお昼ご飯のおにぎりを買いに行く。今日は三つ買った。

7時40分頃道具を出し始めたところに船長がやってきて港に行く。

 

船長の副反応は腕が上がらないそうだ。奥さんは熱が出たらしい、女性は副反応が強いようだ。

 

この日はすっかりおなじみになったエサ釣りのオッさんの他にスロージギングの人とで全3人。

8時出船してきたに向かう。

 

この日は船を北に走らせ一気に孫島まで行った。

昨日までは快晴でべた凪だったのに今日は雲が多く海は少しうねりが出ていた。

 

P7143469

 

最初のポイントは水深は孫島の70m前後。

磯近くから沖まで何度も流し直した。

磯への打ち返しの潮が速く根もきついので苦戦する。

 

それでも魚の活性は今までで一番よかったように思う。

 

最初の一匹は開始して一時間くらいにヒット。

5キロくらいはありそうな重さだった。根ズレはなんとか回避してあと少しのところまで上げてきたのだが船底に走られて糸が切れた。

片舷での釣りならば、こんな時に船長が船をうまく動かして船の下に魚が泳ぐのを回避できるのだが、エサ釣りと一緒でしかも両舷を使っていたのではそれは無理な話なので仕方ない。乗合船の限界なのであります。

 

ヒットジグはプロセレ社のアンチョビットシャープの330gのオールグローカラー。

小笠原のカンパチはグローの入ったジグが反応がいいように思う。

この日までに釣れたジグは全てグローが入っていた。

 

ヒットルアーを失うももう一本持っていた同じジグのオールグローカラーをつけてしゃくり直す。

ところがそのジグは数投で根がかりで失ってしまった。

 

ジグをツキジグ330gのグローに変えて攻めるとアタリがあった。

魚の活性はそう悪くないのでチャンスなのだった。しかし、このジグも根掛かりで失ってしまう。

 

水深は60m前後と浅いのだがなにせ潮が速い上に二枚潮でよれているので底が取りにくい。

 

300g大のジグでないと底が取りずらいのだが、ここで手持ちの300g大のジグを全て失ってしまうと、明日からの本格ジギングで使うジグが無くなるのを恐れて180gのアンチョビットシャープに変えた。

 

この日は4本の竿を持って行ったのだがこれで二本の竿はリーダーが切れて使えなくなった。

 

仕方ないのでアンチョビットシャープ180gのついた竿で攻めるが、底どりが難しくまたまた根掛がかりしてしまった。

全部リーダーが切れたので仕方なく残った最後のタックルでやってたら回収中にヒット。

 

これはなかなかのサイズだった。

底から20m以上巻いたところで食ってきたので取れると思った。ドラグを出されたので根に走られないようにドラグを少し締める。

次の走りは強烈でグググン!と強く首を振った後に一気に走った。すると次の瞬間手元が軽くなり糸がふら〜っと上がってきた。

 

船長から、ドラグの締めすぎで糸が切れたんだよ!と言われたが、PE6号がこの程度の引きで切れるはずがない。

糸を手繰り寄せてどうしたのかと見て行ったら、なんとシステムのすっぽ抜けだった。

 

システムというのはPEラインとモノフィラメントのリーダーを結ぶ結び目のことで、何があってもここから切られる、あるいは緩んでいてすっぽ抜けることはあってはならない釣り師の恥だ。基本中の基ができていなかった。

あるいは前日までの他の魚とのやりとりで緩んでいたのかもしれないが、それも朝一番でチェックしない自分が悪い。

でかい魚が掛かった時ほどこのような基本的なミスで取り損なう。僕は自分を責め恥じた。

 

残り時間少なかったが船の上でシステムを組んで再挑戦するもまたまた根掛かりでシステムごと失い釣りをやめた。

そのあとのひと流しでこの日の釣りは終了。

 

スローの人はカンパチとアカハタ一本づつ。

エサ釣りのおっさんはカッポレとアカハタばかり、今日はチギは一匹も釣れなかった。

そういうポイントをこの日は狙ったのかもしれない。

 

四日間釣りをして色々勉強になった。

いつも他大勢で釣りをしているが一人で釣ると全く違う。全部一人で答えを探さなければならないので考える力がつく。

ラインブレイクが多かったのはファイトに問題があるのだろう。

潮早いと細いラインで重いジグというのも分かったし何グラムくらいのジグがちょうどいいのかもよく分かった。

明日からの本番が楽しみなのだが、天気が悪い方向に動いている。うねりは強まっていてケータには行けないかもしれない。

 

エブフロ 隊が出発した途端に波が高くなるなんて、誰だ!日頃の行いが悪いやつは!

 

こうして四日間の乗合船での試し釣りは終了し明日の午後からはチャーター船での本格カンパチジギングとなる。

すでに四日も連続で釣りして少々くたびれているのだが、本番は大丈夫なのだろうか?

 

期待と不安が交差する中、この日も町中のお店が閉まっていたので一人宿で焼酎などをちびちびやりながら小笠原父島の夜はふけていくのでありました。

 

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

2021年7月26日 (月)

小笠原父島乗合船釣行記 その3

小笠原父島2021年7月13日

 

8時前、今日も船長が迎えにきてくれて港へ。

今日は毎日会うエサのオッさんと二人だけだった。

 

このオッさん、毎年父島に来てはこの船で10日間釣りを開いて帰る常連さんだという。

感心していたら、爆裂船長からさらにすごいお客さんがいて、その方は毎回一ヶ月間釣り三昧だという。しかも夏以外は何度もくるお金持ちらしい。夏は暑くて嫌だから来ないというのがなんだか可笑しかった。

 

そんなわけで今日は初心者なしの五目釣りのオッさんと二人だけだったので釣り易かった。

 

今日のポイントは島の南側の沖に出た。

北側は魚は濃いらしいのだが昨日潮が悪かったので南に出たという。

島の南側には遠く水平線の向こうに母島を見ながら1日釣りをした。

 

朝一にチギのデカイのを釣る。小笠原らしくて楽しい。

 

それからは潮が動かずアタリもなく試練の時間が続いたのだが昼頃になりやっと潮が動いたところでてカンパチが来た。

 

昨日バラしたカンパチほどではないがショゴ(子供のカンパチ)クラスよりはまともなサイズに感じられた。

 

根ズレに注意しながら大事にファイトしてようやくあげると5キロくらいのカンパチだった。

魚の引き方が何かおかしいと思っていたら、上がってきたカンパチはジグを丸呑みしていて窒息状態だったようだ。

 

P7133464

 

ようやく少しではあるが納得のいくサイズが釣れたので嬉しかった。船長にお礼を言う。

その後すぐにチギが釣れて二本連続ヒット。

 

P7133465

 

この瞬間だけ潮がいい具合に動いたらしく魚の活性がぐんと上がった。

エサのオッサンが何か大物をかけていてなかなか上がってこない。竿先をグングン引くので船長もなんの魚かわからないでいた。

上がってくるところを僕も見ていたのだが、一瞬サメかと思われたが尻尾が黄色い。

なんと魚はヒラマサだった。それもいいサイズで7〜8キロはありそうな大きさだった。

小笠原で見る初めてのヒラマサだった。

 

かつては小笠原にもヒラマサはたくさんいたらしい。

船長の話では、網で捕るようになってから激減して閉まったとか。

クロマグロの巻き網漁と言い、あみによる漁は魚に与える影響が大きすぎる。

そろそろ禁止も含めて規制しなければ資源が枯渇してしまうのではないかと感じた。

 

そこから先は潮も動いて条件はまあまあよかったのだが行く先行く先でサメがウロウロしてすぐに移動を余儀なくされていいポイントが攻めきれなかった。

また根掛かりも多く、カンパチを釣ったジグもロストしてしまう。

 

そんなこんなでこの日も2時前に沖上がり。

 

この日も港に向かって走る船の上から横浜のルアーショップ、エブ・アンド・フローにラインで注文する。

 

根掛かりで失ってしまったジグを2本、思ったより消費の激しかったスプリットリング三種とアシストラインを今日もPayPayで船上決算。

 

明日は、今日の夕方に船長が二度目のワクチンを打つというので、副反応が出たら釣りは無し、ということで一旦釣り具を全部持ち帰った。

 

今日も部屋に戻りシャワー、ビール。

釣れたチギ二匹は近くのお店にあげた。カンパチはリリースした。

 

今夜はチャラさんがお休みだというので一人部屋でレトルトのカレーライスを食べてワインを飲み酔っ払って8時過ぎに寝た。

 

身体中が疲れている。明日はゆっくり休んで、エブフロ 隊が明後日が来てからの釣りに余力を残したい気分だった。

その頃横浜ではエブフロの店長が夜8時に判明する自分たちのPCR検査の結果に脅えていたのだが、8時を過ぎてが無事にパスし無事に明後日6人やってくることが決定した。

 

これまでのゆったりしたマイペースからスイッチを切り替えねばならない。とりあえずは全員陰性でよかった。またわいわい楽しくなる。

 

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

2021年7月25日 (日)

小笠原父島乗合船釣行記 その2

小笠原父島2021年7月12日

 

乗合船での釣り二日目。この日も朝一でおにぎり屋さんにおにぎり買いに行く。父島には早朝3時頃から開いているおにぎり屋さんがあって、朝の早い漁師さんや釣り師が利用している。いつもは無人販売なのだがこの日はお店のおばちゃんがいた。サケと高菜のおにぎりを買う。

 

8時少し前に今日も船長さんが迎えにくる。

その後もう一軒の宿により学生と先生の3人を拾って船へ。

 

この船長はいい人なのだが性格が短気ですぐに癇癪を起こす爆裂船長だということが昨日一日付き合ってわかった。

この時は約束の時間には外に出て支度して待っていろといったのに学生たちが荷物を出していないことに腹立ててた。

この船長万事思い通りにいかないと癇癪起こす、昔の自分を見ているようで嫌な気持ちになる。

 

この日の客は昨日のトモにいたエサ釣りのおっさんと学生隊3人に僕の計5人。

学生たちは大物狙いということらしく鯖まるごと一本が付餌だった。

 

昨日のトモからミヨシに行ったおっさんはサバの切り身で五目釣り、僕はルアーという釣り方が五目状態、一体どうなるのか?


8時に港を出て浅場まで移動したところで学生たちに釣り方のレクチャーしてから1時間ほど走り、今日は父島のの北側に行った。

浅いポイントもやるというのでプロセレのブルスリム80gというジグも用意した。

このジグは僕のお得意ジグで、魚がいればエサ釣り並に釣れるすごいジグなのだ。

朝一に入った浅場30mくらいの水深では早速このブルスリムが大活躍。

 

いきなり小型のカッポレが釣れた。

 

P7123460

続けてブルスリムを使っていたらいきなりいいアタリ。

竿先がググンの引き込まれる。ライトタックルなのでちょっとしたサイズの魚がかかっただけでいい引きを楽しめるのだ。

これはカンパチだな、と思った瞬間フッと軽くなってジグが上がってくる。なんでバレたろう?と針を見たら伸ばされた。

ジグが小さいので細めの針を使っていたのが失敗だった。小笠原の魚には細すぎたのだ。早速針を太目のものに変える。

 

P7123461

 

船は次のポイントに移動する。

ここは少し水深が深くなったので PE6号の竿にアンチョビットシャープ180gのイチゴミルクカラーに替えてしゃくったところ、すぐにいいカンパチが来た。このジグはよく釣れる。

 

ぐんぐんと強い引きはまあまあのサイズの様だ。

底を切って根ズレをなんとか防げたかなと思い20mくらい巻いたところで船長に水深がどうなっているのかファイトしながら聞いたらまだ根があるから気をつけて、と言われた直後、竿は軽くなり根ズレで糸が切れてしまった。

手応えでは10キロくらいの重さを感じていたので悔しかった。

 

今の釣り糸、特にPEラインというナイロンの撚り糸は引っ張る力にはめっぽう強い。

僕の使っていた6号をうっかり指に巻きつけて強い力で引っ張ったら指が切れて落ちてしまうだろう。そのくらい強い糸なのだ。

しかし、この糸はこすれるのには弱い。

どんなに太いPEラインでも岩や船底に擦れたらひとたまりもないのだ。

 

船長が初心者の釣り師に道具の取り扱いを厳しく指導するのも、こういった危険が常にあるので安全を願っての苦言なのだが、そういう怖さを知らない初心者にとってはただの小言にしか聞こえないのであろうか?

 

その後船はポイントを移動し父島の北側にある孫島あたりまで走った。

ここでは磯際を狙う。

 

チギ狙って底をネチネチとジグで誘ったがアタらなかった。

この磯際からその沖までを何度も流し返し狙ったが僕にはアタリは無かった。

 

 

潮は流れているのだが流れ方がおかしいと爆裂船長が嘆いていた。

二枚潮だったり変な流れ方をしていたりするらしい。魚の活性も今ひとつで、魚探には魚の反応がたくさんあるもののカンパチはなかなかジグに食らいついてこなかった。

 

 

この日も午後2時過ぎに沖上がりで父島の港に戻る。

 

学生さんたちは一番釣り慣れていない先生がチギ二本、学生一人が一本、一人はボウズだったようだ。

 

ミヨシのおっさんはカッポレ二本にアカハタ多数。チギは釣れてなかった。

 

 

移動途は大学の先生と昔僕が関係した博物館の展示の話をしたら、知っているというので話が盛り上がる。

先生に父島の成り立ちなどう課外いい勉強になった。

 

P7123458

 

3時丁度、おがさわら丸が出航するタイミングで港に戻る。

この船に乗って明々後日エブフロ 隊が父島にやってくるのだ。

 

部屋に戻ったら3時半。

シャワー浴びてビールで一服し、釣ったカッポレを近くの居酒屋ちゃらさんに持って行き7時に来店の予約した。

この日からは父島も緊急事態宣言が発令され酒を提供することを自粛させられ、ほとんどの店がそれに従い酒の提供をやめるという話だったのだが、比較的大きな規模で従業員も多いチャラさんは酒を出すという。おそらくその規模のお店は国から出る補助金では経営が困難なのだろう。

 

父島ではすでに12歳以上の全島民へのコロナウィルスのワクチン接種が進んでおり、明日、明後日で二度目の接種を終えると聞いた。

島に入る観光客は全員PCR検査を受け、陰性でなければ島に上陸することはできない。

東京都内とはいえ新宿の歌舞伎町や渋谷、六本木あたりとは環境が全く違うのだ。それを一律に規制するのはどうかと僕は思う。

おそらくここ父島は今日本で一番安全な場所だと思うからだ。

 

部屋で軽く食事をしてうたた寝をしてから7時にチャラに行く。

予約したカウンター席の隣に地元の2人組がいたので料理して出てきたカッポレをご馳走する。一人で食べきれる量ではないのだ。

かっぽれは尾頭付きの刺身と天ぷらになって出てきた。

 

地元の2人組に町の情報を色々聴きだした。

明日から二日間どこの店も閉まってしまうことや緊急事態宣言中にどこの店でお酒の出るのかなどの情報をいろいろ聞けて非常に有意義な時間となる。

 

小笠原丸が出航した後の夜の飲食店には観光客は少なくほとんど地元の人の客で賑わっており、昨日までとは雰囲気が少し違った。

観光客はバカンスを満喫せんと酔いしれるのだが、村の地元民の酒の席には生活の匂いが漂っていた。

 

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

2021年7月24日 (土)

小笠原父島乗合船釣行記 その1

小笠原旅行記も滞在三日目からはずっと釣りになるので釣行記にタイトルも変更しました。

今回の小笠原遠征はいつものルアーショップ・エブ・アンド・フローさんの企画したカンパチジギング遠征に参加し、船を一便先に乗って小笠原の観光も満喫してしまおうという魂胆だったのですが、父島に到着した時に毎年お世話になってる船長さんに港でお会いした際に乗合船の船長を紹介していただいたことから急遽観光メインから釣りメインにシフトしたんです。

この辺りが釣りバカなんですねえ。

エブフロ隊が到着するまでの四日間、釣り三昧してしまおうということになった。

そして、この日がその釣り一日目となる。

 

船は8時出船予定で船長さんが少し前の時間に宿まで迎えに来てくださった。

重いジグのたっぷり入ったドカット(道具入れ)を船に積み込み、他のお客さんも揃っていたのですぐに出船する。

 

この日のポイントは島の南側の沖合70mくらいを中心にやるという。

お客さんは全部で僕も入れて4名。ルアーは僕だけで他の方はみんなエサ釣りだ。

 

エサ釣りと一緒にルアーをやるのは初めてではないので特に心配もなく船に乗り込むとすぐに釣りの準備をする。

 

船は港を出て少し行ったところで止まり、この日1名いた初心者の方に船長から釣りの基本をレクチャーしている。

釣り方は電動リールで天秤じかけの二本針で鯖の切り身をエサに使っていた。

 

レクチャーが終わるとさらに沖に進み最初のポイントに入る。

水深70mくらいのところが最初のポイント。

船長の鳴らす警笛を合図に釣り開始。アンチョビットシャープ180gを落としてしゃくる。

 

P7113448

 

エサ釣りの方が早くも何かをヒットさせて糸を巻き上げるモーター音が船に響き渡る。

その方とは離れていてよく見えなかったがアカハタかアカハタモドキらしい赤い根魚を釣り上げていた。

 

何回か流し変えたところで僕にも待望のヒット。

小気味良い引きはカンパチだ。大きさはおチビちゃん。それでも一匹釣れて気が楽になった。

この日はこの時のスピニングPE6号タックルの他にスピニング PE8号、ベイトPE4号、同じくPE3号と4本の竿を持ち込み、メインは6号と4号を使った。

 

この日は大潮、午前中は下げ潮なのだが潮は緩くあまり流れない。

特に底付近の潮が流れていないようだった。これはカンパチ釣りには悪い条件なのであります。

魚探に反応は移るもののなかなかカンパチが口を使ってくれない。

 

ジグを変え、しゃくり方を変えと色々手を変えてやるもアタリはなく、やっときた!と思ったら大型のバラハタ(現地名チギ)だった。

このバラハタは沖縄から奄美、トカラにかけてはシガテラ毒という毒を持つものがいるため流通が禁止されているようだが、ここ小笠原のバラハタは生態系の関係でシガテラ毒がないので安心して食べられる。

 

僕自身、何度もこの魚を食べているが、大変美味しく、沖縄で最も高級魚とされるハタの仲間であるスジアラ(アカジン)よりも美味しいと思っている。

もちろん小笠原ではチギと呼ばれ普通に食べられているし、お店のメニューにも出ている魚なのであります。

小笠原のバラハタが沖縄あたりと違うのは毒の問題だけではなくその大きさがすごい。

アベレージで5〜60センチ、重さにすると2〜3キロかな。とにかくデカイ。

しかもこのバラハタ、ルアーにためらいなくガツンと食い付いてそこそこ暴れるので釣り味も楽しい魚なのであります。

 

大きなバラハタを釣って小笠原らしい釣りになったなあ、と思っていたら早くも11時を過ぎて潮止まりとなる。

この時間はカンパチは釣れないからと根魚釣りに専念するといいサイズのアカハタモドキが釣れてきた。

このアカハタモドキは本家アカハタよりも美味しい魚で、僕はお刺身で食べるならキジハタについで二番目くらいに美味しいのではないかと思っているくらいのありがたい魚。

今回は家には持ち帰れないのだが宿にお土産で持ち帰れば喜ぶだろうとキープした。

 

その後潮が上げ潮に変わり動き始めたら、今度は流れが速くなりしかも二枚潮のようで糸が老けてなかなか底が取りにくい。

 

え〜と、この一行は釣りをしない方にはなんお子とか理解できないと思うので解説いたしますと、

二枚潮というのは海中の層によって潮の流れ流速度が違うことを意味し、ここにジグを落とすと、潮の早い上の方は釣り糸が潮の流れで横に流されてたるんでしまうんですね。そうなるとジグが底に着いてもジグの上の糸が弛んでしまっているためにジグの着底が手元に伝わらない。ということなんですね。

 

そうなると何が起こるのかと申しますと、根掛かりが起きてしまうのであります。

通常はジグの着底後素早く糸を巻きそこにある岩やら何やらに針が引っかからないようにするわけですが、着底がわからないので長い時間針が底をズリずりと動いてしまったりするので、自ずと根がかるわけです。

 

これを防止するにはジグを重くして糸をたるまないようにするか、糸を細くして潮の抵抗を減らすしかない。

 

この日はかなりうわじお(上の方の潮)の流れが速くから根掛かりに苦し見ました。

 

糸を4号に下げてジグを300gまで重くするも長かりする。

根掛かりをした時には強引に引っ張ればより針はガッチリと根にかかるので、リールの糸をフリーに出るようにしてたるませながら竿をしゃくって、ジグの重さで針が引っかかっているのと反対方向にジグが動けばなんとか外れるのですが、これがそう簡単にはいかない。

 

何度目かの根掛かりで竿をしゃくっていたら竿先の方に糸が絡んでしまった。このまま引っ張れば竿のガイド(糸を通す部品)が吹っ飛ぶか竿先が折れるので、素早く糸を緩めてそ先を手元に持ってきて絡んだ糸を外したのですが、時すでに遅し!三番目のガイドが抜けてしまっていた。

 

幸い竿は折れなかったし、ガイドも固定部分から抜けただけだったので、外れたガイドを取り除いて糸を通し、そのまま騙し騙し使ったのでした。

これほんとは使っちゃダメなのね。大物がかかったライトが擦れて切れるか下手すると竿に変な力がかかって折れることも考えられるんです。

 

わかっちゃいるけどやめられない!お魚ちゃんはたくさん魚探に写っているし!ということで反則技でさらにもう一匹アカハタもどき釣ったのだった。

 

その後、やはりこれはまずいと改心しスピニングロッドに持ち替える。

 

これをしゃくっているとなかなかいいアタリがあったのだが、合わせが甘かったらしく針の掛かりが甘かったのかバラしてしまった。

 

チャンスらしいチャンスはこの一発のみ。

 

2時頃までやって沖上がり。

 

エサ釣りの方々は赤いお魚をたくさん釣っておられました。

 

港に戻る船の上から横浜のルアーショップ、エブ・アンド・フローの店長にラインをして、竿が一本ダメになっちゃったので代わりの竿を後からくるときに持ってきてくれないかとお願いしたら、運良くカーペンター社のセミカスタムベイト竿が入荷していて写真が送られてきた。

 

気に入ったので即決し、帰ったらお金払うから持ってきて、とお願いしたところ、もちろん構いませんが今ここでPayPayで支払いもできますよ〜、と悪魔のような二次元バーコードの写真を送ってきたではないか!

 

これを一旦保存してPayPayのアプリを起動し金額を入力して決済すれば横浜から1000キロも離れた釣り船の上でお買い物ができてしまうというわけ。送料はオマケしますから、と半分とぼけておっしゃる店長の口車に乗って乗り合い線の上で決済し竿を買ってしまった。

なんだか変な時代になったものだ。便利なような怖いような。

 

そんなわけで港に着く間に新しい竿を購入し嬉しいのか悔しいのか微妙な気持ちだったが、とりあえず港について船長に宿まで送ってもらいこの日の釣りは終了となった。

 

獲物のバラハタとアカハタモドキは宿のご主人に進呈した。

 

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

2021年7月23日 (金)

小笠原旅行記 その4

小笠原父島巡りの旅はつづく。

 

お昼にUSKコーヒーさんで小一時間ほど休憩しつつコーヒーの話やトレーラーハウスを手に入れた話など聞いて店を出る。

 

お姉さんから、ここまで来たならぜひ中央山という山の上の展望台に行くように、と勧められたので道も聞いてそちらに向かう。

一旦きた道を戻ってから右折し山に向かう。

しばらく坂を登って走ると道が二つに分かれていた。

道標があるのだが地元の地名がわからないのでどちらに行っていいか分からない。

広くて綺麗な道が本道だろうと判断し、できたての道らしい綺麗な舗装道路をぐんぐん登って行く。

巽道路とかいう道だった。時雨山という山の斜面を走る道は突然視界がひらけて海が眼下に見えた。

この先まで行けば山の展望台なのだろう、とさらに進んだらなんと突然行き止まりになっている。

バイクを停めて地図を出しようく見ると、この道はまだ地図に載っていない新しい道だった。

仕方なく引き返し、先ほどの分岐をもう一方の方向に走り始める。

 

戻って中央山という島で最も標高の高い山に向かう。両側から気が覆いかぶさるような木漏れ日のグニャグニャ道をしばらく行くと注射スペースに車と原チャリを発見。

中央さんの上り口だった。それほど歩かないと聞いていたのでバイクを止めてハイキングを始めるとすぐに降りてきた女性とすれ違ったので、結構歩くんですか?と聞いたら、すぐです。と答えられたので、すぐならいいやと登り始めた。

 

5分ほど歩いたところで今度は中年カップルが降りてきたので道を聞いたら、まっすぐ行くと遠回りです、そこの階段を上ると早いです、と近道を教えてくれた。ラッキー。

 

階段を上がると木立が切れていきなり山頂に出た。

 

Dsc08840

山頂からの見晴らしは良く、南には母島がよく見えた。

 

 

 

この山は深田久弥の日本百名山には入っていないだろうな。山としては低いけれど眺望は日本有数と言ってもいいかもしれない。

NHKあたりでやってる、新日本百名山みたいな番組にはぜひ入れて欲しいなどと思うのでありました。

ぐるりと四方の写真を撮りまくって一休みしてから山を降り始める。

Dsc08841

 

足元に目をやると展望台の近くに朽ち果てた大きな歯車があった。

旧日本軍の大砲のあとか何かだろうか?

父島はこのように至るところに太平洋戦争の歴史が今でも続いている。

 

Dsc08863

 

しかし目を上に見上げれば空は快晴で空は青く海もディープブルーが美しかった。

この美しさと戦争の爪痕のギャップに心が揺れ動いた。

しばし戦争時のこの島を想像してみる。

 

 

バイクに戻り再び進行方向に走らせる。

5分も走らないうちに旭平展望台という看板があり駐車場もあった。

ちょうど展望台から戻ってきた数人のグループに、どのくらい歩きますか?と聞いたらすぐです。すぐそこ!とおっしゃるのでバイクを降りて行くことにする。

樹木のトンネルをくぐるように歩くと行く途中日本軍の廃墟施設があった。

 

Dsc08870

 

こういう場所は僕はダメで、霊に取り憑かれやすいのだ。

こんな話をすると信じない方は笑うだろうが、かつて何度か取り憑かれてひどい目に遭っている。その度に除霊をした経験があるのだ。

恐る恐る写真を一枚撮ったが気味悪く背筋がゾクゾクしてきたので、ヤバイヤバイと取り憑かれないように足早に通り過ぎた。

Dsc08878

するとすぐに岬に出てここもなかなかの景観。山の緑と海、空の青、白い雲が素晴らしい。

見慣れない草花が咲いていたので写真を撮る。

ここにも廃墟が一つあったので早々に退散する。

 

Dsc08885

 

戻るときには足早に念仏を念じながら廃墟を通り過ぎた。

駐車場まで戻ったら入り口に慰霊碑があったので念入りに拝んだ。

 

またまたバイクにまたがるとゆるい上り下りのワインディングロードを気分良く走る。するとすぐに長崎展望台というところに出た。

 

先ほどのグループがいらして、再びご挨拶する。

岬まで少し歩くとなかなかの眺望が見られた。

眼下に大きな湾と岬が見えて美しい景色を作り出している。そばにいたグループの一人が、「ここからあの岬までロープウェイをかけよう、って石原元知事が言ったらしいのよ」と話していた。

Dsc08889

こんな美しいところにロープウェイをかけて台無しにするなんて、どういう感性の持ち主なのか?と僕は呆れた。

 

雲が出始め、ギリギリ陽のあたっているタイミングで写真を撮る事ができた。

海や空の青に溶け込むような青いラベンダーの様な花が咲いていた。シチヘンゲもあちこちに自生していた。

 

駐車場に戻ると2時近くになったので山をそのまま降りる。

 

下り道のワインディング・ロードは自分のMT09で走りたかったなあ。原チャリではスピードは出ない、安定はしない、クラッチがない、シフトダウンもできないで無い無い尽くしで怖かった。

 

山を降りて街にでて宿に戻りシャワーを浴びてスッキリする。

着替えてさっぱりしたところでバイクとシュノーケルを返す。

その前にガソリンを入れに行ったのだが、うっかりヘルメットを被流のを忘れてスタンドまで走ってしまった。

ガソリンスタンドのおばちゃんに「あんた、ヘルメット!」と言われて気づいた。

ガソリン代は1リットルも走らず140円。島のガソリンは高いのだが、一日借りて140円は安い。

 

小笠原観光にバイクを返しに行ったら、店のおっさんが俺のユニクロTシャツ見て、あ、アメリカ盤ですね、とTシャツにプリントされたビートルズのアメリカ版のレコードジャケットであるmeet the beatlesのジャケット写真を見ていった。

 

「これユニクロだよ」と返事したら驚いてた。三年くらい前に出たので買ったのだがすぐに売り切れてた記憶がある。

 

宿に戻りビールを飲む。ロング缶を二本飲んで酔っ払う。

明日からは乗合戦で釣りをする予定なので、釣り用にシステムを組んだ。

そのあと一寝入り。枝豆とカップラーメンで腹を満たし夕食。

 

7時からは星空を見るツアーへ。

集合場所からガイドさんの運転で10分ほど走り山の上のある場所へ着く。

まだ薄暮の空にポツポツと星が見える程度だったが、参加者4人にゴザが配られ、これを敷いて寝転んで空を見上げる。

 

やがて空は暗くなり星が瞬き出す。目も暗さに慣れて瞳孔が開き保地をよく捉えられるようになる。

真上に北斗七星が見えた。やがて雲のようにぼんやりと霞んだものが見えてくる。これが天の川だ。

これが素晴らしかった。ガイドさんの案内で星座の説明を聞いたり、質問したり。

天の川をはっきり見たのは初めてではなかろうか?子供の頃に見えた記憶がおぼろげにあるのだが、はっきりは覚えていない。

さそり座も初めて見た。本土で見るよりもずっと高い位置に見えた。初めてづくしで感動する。

ツアー会社たびんちゅさんのガイドもなかなかよかった。

Img_0160

ひとしきり満天の星空を見た後は望遠鏡を設置してビッグバンのあったあたりの星や織姫、彦星などをみる。

最後に記念撮影をしていただき二時間ほどでツアーは終わり帰路に着いた。

 

小笠原の自然といえば海のことしか知らなかった僕だが、今日一日で山にサンゴの海に星空にと新たな魅力、しかもどれも素晴らしく美しいものを体験してお腹いっぱいになってしまった。

あまりにも濃い体験だったので頭の中の整理がつかず、更新しようと思っていたブログを書くことができずに寝てしまった。

 

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

2021年7月22日 (木)

小笠原旅行記 その3

小笠原父島生活二日目の朝は釣りに終わり、さて今日は浜でのんびり甲羅干しでもして過ごそうか、と考えていたところに宿泊先のちどりさんのお姉さんが出てきてご挨拶、今日の予定を聞かれたのでカクカクシカジカというと、

 

「それは勿体無いですよ〜!せっかく来たんだから原チャリでも借りて、ついでにシュノーケルセットも借りてここの海岸のサンゴを見なくちゃ!それから山のてっぺんも眺めがいいし、美味しい小笠原さんのコヒーを飲ませるカフェもある」と立て続けにきた。

 

最後の小笠原さんのコーヒーにピンときたワタクシはお姉さんのおっしゃる通りにせんと出かけたのでありました。

まずは歩いて2分の小笠原観光さんに行き原チャリとシュノーケリングセットを借りる。

 

原チャリにまたがり勢いよく出発!と思ったら、原チャリにはクラッチがないので、いつもクラッチ付きバイクに乗ってる僕にはどこまでエンジンをフカしたらどのくらいの加速をするのかが分からず、恐る恐るフカしていくと、けっこうフカさないと発進しない。

 

ノロノロよたよたと頼りなく発進し最初に向かったのは美味しいパン屋さん。ここも宿で教えてもらったお店。

坂を登ってちょっと下ったところに小さな住宅街があり、そこでパン屋さんを発見しお昼ご飯のパンを購入。

 

そこから坂をおりて港の先に回り込んで製氷海岸という枝サンゴで有名な浜を目指す。

ところが大きな道から入っていく場所が分からず、気づいたらトンネルをくぐって岬を越えて隣の浜まで行ってしまった。

これはおかしいぞとひい返し、道路の看板など頼りにしていくのだが、どうも道らしいものがない。

 

ようやく入り口らしい道にたどり着いたら、道路の向かいにある家のおっちゃんが見るに見かねてか道を教えてくれた。

 

ようやく製氷海岸に着きバイクを停め、まずはその浜のすぐそばにある小笠原海洋センターを見学。

ここではウミガメの飼育をしておりウミガメの赤ちゃんから親亀まで成長過程が生きた亀で見ることができる。

赤ちゃんウミガメが泳ぐのを見て、島のレストランで出されるウミガメ料理はもう食べるのをやめよう、と心に誓った。

 

Dsc08803

 

クジラの骨格標本などを見た後に、施設のお姉さんから情報収拾する。

浜辺への降り口の場所などを聞いていよいよ浜へ降りた。

 

浜辺は枝サンゴの破片と石でできた浜で歩きにくい。

浜に突き出して生えている木の木陰を選んで荷物を置いて早速シュノーケリング。

 

浜から5、6メートル入るとそこはもう一面の枝サンゴが群生している。

サンゴの上を泳いでいくと所々水面近くまでサンゴが伸びているところもあるので、体がサンゴに触れないように水深のあるところを選びながら泳いだ。

P7103410

 

青い海に白いサンゴ、黄色やブルーの魚のコントラストが美しく見とれてしまう。

どんどん沖に向かって泳いでいくと急に深くなっていてその辺りにはスズメダイの仲間の群れがたくさんいて、気がつくと自分の周りをスズメダイに囲まれてしまった。

スズメダイをよく見ると何かプランクトンのようなものをついばんでいる。餌があるから群れが集まっているのだということが分かった。

この辺りから水温も少し下がるので、ウエットスーツなしの僕はこの辺までで遊んで一旦浜に上がって一休み。

今度は水中で撮影できるカメラを持って海に入り、ビデオや写真を撮った。

 

P7103422

 

一時間半ほど遊んだら飽きたので、少し休んでから次の浜辺を目指す。

 

先ほど行き過ぎてしまった道を再度走り岬のトンネルを抜けると、岬の付け根のあたりでトンネルから出たところで境浦海岸が俯瞰できた。

この浜は沖に太平洋戦争末期に魚雷を受けて逃げ込んだ沈船が今も朽ち果てた姿を残している。

Img_0136-1

 

当時小笠原島民は全島避難で誰もおらず軍人だけの島になっていたらしい。

船に乗っていた軍人は果たして生き延びられたのだろうか?などと考えつつ写真を撮り、この浜に降りるには長い急坂を歩かなければならないので上から見るだけにして次の浜に走った。

さらにトンネルをいくつか走って次の浜辺、扇浦海岸へ向かう。

 

トンネルの中を原チャリで走るのは怖い。

スピードが出ないので後ろから追いつかれた車に抜かれる時が恐怖。道は狭いし暗いしバイクはフラつく。

車が来ないことを祈りながらトンネルの中をよたよたと走った。

 

トンネルを抜けると雪国だった、ではなく扇浦だった。真っ白な砂浜に青い海。

ここは道路脇に屋根付きの休憩所のほかトイレやシャワーまである。もちろん無料だ。

ちょうど昼時とあって、屋根の下には子連れの人妻が何組か雑談しながらお昼を食べていた。

 

この休憩所のすぐ下に真っ白な砂浜が広がる。

休憩所の海側のスペースは芝生だったので、ここに腰を下ろし買ってきたパンを食べた。

サンドイッチとピザパン。どちらも今朝作ったもので美味しい。

島にあるパン屋はおそらくここのお店だけで、あとはパンといえば週に一回入る小笠原丸から運ばれた大手パンメーカーの菓子パンぐらいだと思うので、島の人にはありがたいパン屋さんなのだろう。

パンを食べたらコーヒーが飲みたくなったので、この先の山の中にあるUSKコーヒーというお店に行くことにした。

 

道がよくわからないので食事中の子連れ人妻に道を聞いたのに道を間違えてしまい行き止まりになる。

引き返してちづとにらめっこしてなんとかそれらしい場所を発見。

お店といっても道路沿いに目立たない看板が立っていてその先は藪に入るようなうっそうとした森で、本当にここ?と思いながらバイクを止めて中に入って行くとテラスが見えてお店らしい作りになっていた。

Img_0139

おじさんのお客さんが一人のんびりとコーヒーを飲んでいた。

 

木の階段を数段上がってテラスに入ると、プラスティックの波板屋根からコーヒー豆の麻袋を吊り下げて日よけにしていて、それがなかなかオシャレでよろしい。

カウンターに綺麗なお姉さんが一人いて、いらっしゃいませ、と言ってきた。

 

このお店はすぐ隣の山でコーヒー豆を栽培していて、そこで採れるコーヒー豆を焙煎したコーヒーを飲ませてくれるというので、コーヒーを偏愛する僕にとっては興味津々。

何種類かあるコーヒーの中から小笠原のコーヒーを濃いめで入れて、と注文する。

 

コーヒーができるまで、豆の栽培の話などをお姉さんに聞いた。

豆の収穫は秋で量はそれほど多くない為出荷するほどではないらしい。つまりここで飲まないと飲めないのだな、と勝手に想像する。

出てきたコーヒーは紙コップに入っていたのがちょっとガッカリだったが味は美味しかった。

フルーティで酸味は少なくバランスが良い。後味が実に深く口の中に残りそのあとはスッと消えていく。ルワンダの豆に似た感じだなと思いながらチビチビと飲む。

 

Img_0143

 

店の建屋はアメリカから買って運んだという銀色の丸っこいトレーラーハウスで、これが木々に囲まれて独特な雰囲気を醸し出している。

アメリカンポップスやジャズが流れていて、緑の中の店に流れる音楽が不思議な時間を演出していた。

森の中に置き去りにされたトレーラーハウスにテラスを付けてお店にしたような格好なのだがとてもお洒落で居心地が良かった。

お姉さんと釣りの話、コーヒーの事、手作りナッツバターがここのオリジナルで美味しいことなどを話す。

この手作りナッツバターは試食したら美味しかったのでお土産に購入した。

Img_0142

 

このあと店を出て島で一番高い標高319mの中央山に向かうのであるが、またまた長くなってしまったので、残りは次回へつづく。

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

2021年7月21日 (水)

小笠原旅行記その2

えーっと、すみません。明日からもブログを更新すると書いておきながら10日以上も更新できずに放置してしまいました。

読者の皆様にはお詫び申し上げます。

 

更新できなかった言い訳を申し上げさせていただきますと、翌日からの一日一日があまりにも濃い内容で、整理がつかず文章にすることができなかったというのが本当のところなのであります。

それではここから、その濃〜い日々の様子を書かせていただきます。

長くなりますので覚悟して読み進みくださいね。

 

ということで、小笠原父島に到着して2日目の朝であります。

この日は早朝、薄暗いうちから小物釣り用の釣り道具を手に前日に人妻がいた海岸に釣りに出かけます。

人妻を釣りに行くんじゃあないですよ。狙うのはもちろん海のお魚ちゃん。

 

前日泳ぎに行った時、シュノーケリングしていた方にボーフィッシュらしい魚が泳いでいたというので、これを狙いに行きました。

釣竿は二本。一本は管理釣り場用のスプーンを投げられる竿にスプーン5gをつけました。

もう一本はブラックバス用のスピニングロッドにウォーターランドのソニックを付けました。このルアー、西表島のリーフ・フィッシングでも大活躍したので期待大です。

 

宿から歩いて3分くらいの浜に着くと、すでに遠くに人の塊ができていた。まだ薄暗いのにみんな早起きだなあ、などと思っていたら、後から散歩の地元おばちゃんに聞いたところウミガメの産卵を見ているそうな。

そんなことはこの段階ではつゆ知らずこちとら頭の中は釣りのことしかない。

浜辺の波打ち際まで行ってスプーンをフルキャスト。30mほど飛んだスプーンを少し沈めてからトゥウィッチしながら引いてくるがアタラない、回収しようと波打ち際まで引いてきたところで突然何かがヒット。

早速一投目で魚が来たので小躍りして喜ぶ。くくく、と気持ち良い手応えで上がって来たのは初めて見る魚。

とりあえずなるべく魚に手を触れないように写真に撮ってすぐにリリース。

さすが父島、一投目でキャッチ!釣りをしていてこれはたまらない。

 

P7103395

 

続けて二投目も、と同じところに投げ同じように誘ったが次は来なかった。

人生そう甘くはないのである。

 

波打ち際を横に移動しながら投げてはトゥイッチを繰り返すもなかなかアタらず。

そこで作戦を変えてもう少し底近くまでスプーンを沈めて見た。

底には石がゴロゴロしているので根がからないように注意しながら釣りをする。

 

ビーチの真ん中あたりに岩が出ているところを昨日チェックしておいたのだが、潮が満ちて見えなくなっており波のヨレ方でその場所を確認して狙って見た。

すると一発目で何かがヒット。

先ほどとは違う引き方だが大きさはあまり変わらなそう。

心地よい引きを楽しみながら上げてくるとアカハタの子供だった。

こんな浜辺近くにもアカハタがいるんだあ、と感心する。

 

P7103397

 

まだいるだろうと岩周りを攻めるもここからはアタリなく、竿をソニックに変えて攻めてみる。

このルアーも沈めないと効果を発揮しないのだが、根掛かりが怖くて沈みきれない。

何しろ海水浴場だから、三本ばりの付いたルアーを石っころに根掛かりさせたままにしたりしたらとても危険。

釣果よりも安全優先で甘くせめていったのだがアタリはなく再びスプーン竿に持ち替えて大きく移動しながら釣りをしていった。

沖を見たら何か人の頭のようなものが動いている。

まさかこの時間から海水浴か?それとも海坊主でも出たか!?とびっくりしたがよおく見たら人だった。

なんでも、地元のおっさんで毎朝この浜の沖に潜ってタコを捕まえているらしい。

 

タコオヤジを見ながら浜を左手に移動していくと突き当りの岸壁でも釣りをしている人が二人いた。

そちらに向かって移動しながら、左脇に一本竿を挟んで右手でキャストするという器用というか疲れる体制で釣り進むと、久しぶりにヒット。

最初の魚と同じ魚だった。

 

写真を撮ってグーグルで調べて見たら、和名はどうやらコバンアジという名前の魚らしい。

これも写真を撮ってすぐリリース。

 

P7103399

 

波打ち際近くを群れで回遊しているのが見えたので、そこを狙い撃ちするとすぐにまたヒット。

楽しいぞう!

 

ところがこのあと群は沈んだのか大移動したのか姿が見えなくなり、全く釣れなくなってしまった。

 

ちょうどそこに地元の早朝散歩おばさんが歩いてきたので挨拶すると、先ほどのウミガメの産卵の事やタコオヤジの話などしてくれて、話しながら岸壁に続くボードウォークまで歩いた。

内地の人かい?と聞かれたので、横浜から来ました、と答えると、ここのボードウォークは大桟橋のそれに似ているね、というので横浜に来るんですね、などと話しながら散歩した。

 

おばさんは毎朝この時間浜を歩いてはゴミを拾って浜を綺麗にしている偉〜い人なのであった。

日傘して来たので釣りもここまでと、おばさんに挨拶して別れ、コンクリートの堤防を歩いて見た。

ここは堤防の外側の波打ち際に一段歩けるスペースがあるので釣りもできる。

 

二人釣りをしていたので釣果を聞いたらアカハタが釣れたと言う。

 

ここを左に回り込んでいくと海にブイで四角く囲まれたところがあり、その真ん中に浮いているブイを見たら小笠原小中学校の名前があったので、ここがプールがわりの子供達の水泳場だとわかった。

海の底は見えないほど深いので小さな子供には怖いと思うのだが、こう言うところで子供の頃から水に親しんでいたら立派な海ガキ、もしくは海の男に成長するのだろうなあと感心する。

 

岸沿いを歩くと、水際に何かが動くのに気づいて覗き込んだら、ハゼのような魚がたくさんぴょんぴょん跳ねていた。

逃げ足が速いので写真に撮るのに手こずる。

やっと撮影してまたまたグーグルで調べたら、ワラスボ(ドラゴンフィッシュ)の仲間らしい。

 

P7103409

 

3センチほどのおチビなのに本当にドラゴンなのか?それとも大きくなるのだろうか?

などと考えつつこの日の釣りは終了した。

ここまで約一時間の出来事。

 

たったのこれだけの事でこんなに長くなってしまった。

この日はまだまだこれから始まりなのに!やれやれ。お話はまだまだ始まったばかりです。

お付き合い宜しくお願い致します。

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

2021年7月 9日 (金)

小笠原旅行記2021その1

7月8日の午前11時に東京の竹芝桟橋から小笠原丸に乗って小笠原父島にやってきました。

Dsc08745

 

Img_0103

 

 

竹芝桟橋を離岸するときはそぼ降る雨の梅雨空だったのが、夜が明けたら空は青空、海も青くカツオドリが舞っているではないか!

いきなりやってきた夏の海に思わず興奮する。

 

Dsc08753

小笠原丸に乗ってからちょうど24時間後の翌9日午前11時に父島二見港。

 

Img_0107

 

一等席から順番に密を避けながらう〜んとあとの方から下船すると、お客さんを待つ宿やらツアーやらのお迎えさんがたくさん待っていて、そこに群がるお客さん達でしっかり密になっていました。

 

今回は本格的大物釣行は15日からの予定なのですが、家にいても暇だしコロナで外に出られずストレスが溜まるばかりなので、皆さんより一航海早く小笠原にきて観光などを満喫しようという作戦です。

 

とはいえ、事前の準備は釣り以外は何もしておらず行き当たりばったりです。

 

とまあ、お気楽のようですが、実は出発前から問題を抱えていたんです。

 

 

釣り具および着替えなどを送るに際して、自分の乗る船と同じ船で送れば当然一緒に荷物もつくと思っていて、ゆうパックで送るときに「8日の小笠原丸に乗せるには何日に集荷を頼めばいいですか?」とお願いしたんですね。

 

郵便局さんが2日前までというので安全を見て3日前に集荷をお願いして、いざ集荷の担当者が来て伝票に9日着と入力しようとしたら、最速で13日と返事が返って来て大騒ぎ。

 

 

なので島に着くのが9日で宿まで配送されるのが13日?と集荷の方に聞いたらシステムがそうなっているらしい。

本部の方にも確認していただき、とにかく8日の小笠原丸に乗せることだけ確約して、あとは現地に着いたら自分でなんとかするから、という話に落ち着いていたのです。

 

 

 

小笠原丸は多い時には400人以上の客がどっと乗り込むので、その全員がゆうパックで荷物を送ったと仮定すると、大変な量の荷物が小笠原父島郵便局に一度に送られることになる。

小笠原父島郵便局の局員が何人いらっしゃるかは存じませんが、仮に十人いたとしても400個の荷物を仕分けるには半日では終わるまい。折しも僕の到着するのは9日金曜日。この日を逃すと局員さんだって土日は休みだろう。月曜日まで待たねばならないのだ。




電車で小笠原丸の出航する僕が手に持っていくのは釣り竿が最優先で、このために新たにロッドケースまで購入した。あとはリュックひとつ分くらいの荷物がやっとなので、パソコンだのコーヒー豆だのカメラだの入れたらあとは下着とTシャツ一枚づつがいいところ。歯磨き粉と歯ブラシも竹芝ふ頭のコンビニで買った。

 

ということなので、生活用品の入ったスーツケースだけでも早く届いて欲しい、2日くらいは洗濯で下着もしのげるだろうが、四日間は流石に辛い。

 

ということで、船の中ではず〜っと郵便局とどうやってネゴしようかばかり考えていた。おかげで、そのせいか今回は小笠原までの24時間がすごく短く感じられたというご褒美が付きました。




さあて、いざ父島に到着して船を降りるとすぐにいつもお世話になってる船長の顔が見えたので、船長!と声をかけてお土産に持ってきた煎りたてコヒー豆を手渡す。

船長から、「後のみんなが来るまでは何してんの?」と聞かれたので、「何も」と答ええたら、目の前のおじさんを指して、この人船長だからこの人の船に乗ればいいよ、ということになった。では宿に入って夜にでも電話を、という話になる。



いつもの宿の「ちどり」さんのご主人を探してダイビングのお客さんと一緒に宿に着き、すぐに郵便局に電話して「取りに行くから早くして!」と無理言ったら「夕方5時すぎに取りにきていただければ」という話になった。




なんか拍子抜けするくらいあれもこれもトントン拍子。

 

宿で一服してから呑気に海パン履いてビーチに行く。



これまでにどこの島には来ているにも関わらず、釣り以外のことは何もしなかったので、宿から歩いて5分の場所に産後の浜辺があるのも知らなかった。

Img_0110



僕の足元を見て気を利かせたちどりのおかみさんがサンダルを貸してくださったので、サンダル履いてカメラ持ってペタペタと道を歩いてゆけば、おお!そこは真っ白なサンゴの浜。

 

白い浜にコバルト色の海が待ち構えていて、子連れの人妻がビーチで一人海水浴などしているではないか!

 

コーフンを抑えつつ一人寂しく美しい海に浸かり、火照った体を冷ましたのでありました。

Img_0117

 

 

火照った体を冷たい南の海で冷ましたらこの数日分の食材の買い込みです。

 

自炊の宿なので夕食は外で食べるにしても朝夕の食事くらいは揃えなければならないのと、離島なので、船がついた日から先は物資がなくなる一方なので今日の買い物が勝負になります。

 

 

朝食にする、新鮮な野菜やフルーツをトートバッグいっぱいにたくさん買い込み宿に戻ると荷物がすでに届いている。

 

見てみたら、見覚えのある釣り仲間の荷物は全部来ているのに僕のだけ無い。

 

電話で取りに行くと言ってしまったので持ってこなかったらしい。

 

ということで約束の時間に郵便局に荷物を取りに行く。ちどりのおかみさんは嫌な顔一つせず車を出してくださった。ありがとうございます。

 

無事荷物を引き取って宿に戻り、早めの夕食に出かける。

 

お目当のお店に行くと時間が早いのですぐに食べられた、その後ツアー客が入ると密を避ける着座ですぐに満席状態になる。

 

さっさと食べて宿に戻り、釣り船の船長に電話したら、明後日から14日まで釣りができるというので即予約する。

 

なんだか全てがコロコロとうまく行き過ぎで何か怖いくらい。日頃の行いが良いせいか?

 

いやあ、小笠原いいとこ、一度はおいで、ですねえ。

 

ということで、明日以降も時間があったら更新しますのでお楽しみに。

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

 

 

 

2021年7月 7日 (水)

能登輪島アラ釣りツアー2021@天翔丸

男女群島遠征のコーフンと熱気それに疲れもまだ残っているというのに、今度は能登輪島まで片道陸路で600キロ走る一泊三日のアラ釣りに出かけてまいりました。
ここでいうアラはいわゆる九州でいうところのアラ(クエ)ではなく関東地方でも一般的に(全国的にかな?)アラと呼ばれる魚で、これまた幻の高級魚と呼ばれるくらい市場に出回る数が少ない上にとても美味しい。
三年前に初めてアラ釣りに出かけたルアーショップ・エブ・アンド・フローのY店長からいただいたアラが僕にとっては生まれて初めてのアラだったのだが、これが感動的に美味しかった。
そして昨年七月に、自分でもその高級魚をいっちょ釣ってやんべえ、と輪島に出かけたのだが結果は惨敗で、チビのアラ(コアラ)が一匹釣れただけ。持ち帰り食べたら味の方もそれほどではなかった。
ということで、今年はいっちょう味も見栄えもいいでっかいアラをつってやろうと目論みで出かけていったのでありました。
さて今回の行程はといいますと、初日早朝横浜を出発して渋滞を避けて関越道に乗り、群馬の藤岡で都内からくるこれまた男女群島でも一緒だった釣りバカYさんと合流し、午後の遅い時間には輪島に入ってしまおうという作戦でした。
圏央道で若干の事後渋滞にハマったもののほぼ予定通り午後三時前に輪島に到着。
このまま宿に入ってもいいのだけれど、何度も来ていながら一度も観光したことのない輪島の街を一度くらいは観光しましょ、ということになり出向いたのが漫画家永井豪の記念館。
なんで輪島で永井豪?と思って行ったら、永井先生は輪島出身だったのですね。初めて知りました。
記念館は朝一の行われるらしい商店街のとうりに面した小さな建物で、入り口にマジンガーZのおっきいのが立っていた。
僕らの世代(昭和30年世代)にとっての永井豪といえば、何と言ってもハレンチ学園、そしてあばしり一家の二作なんですね。
なんたって少年漫画に本格的にヌードを登場させたこの二作は今となっては革命的作品と言っても良いくらい当時は衝撃的で、ぜんこくの PTAの善良なお父様お母様先生様はこの漫画に大抗議して世間でも話題になったものです。
まあ、いわば日本の少年エロ漫画家のイノベーターが永井豪先生なんですね。
Img_0068 


そんな先生の記念館に一体どんな展示があるのだろうかと入っていけば、前出の二作以外に知ってるのはキューティ・ハニーとマジンガーZくらい。それも内容はほとんど知らず、名前を知ってる程度だったんです。
そんなわけで、あまり期待せずに記念館の奥に行くと一番奥に漫画の原画の部屋があった。
そこにはキューティハニーやマジンガーZの漫画原稿の原画が展示されていたのですが、これが実に素晴らしい。
海の流れの繊細な表現、リアルで立体的なキューティ・ハニーの原画など思わず食い入るように見てしまった。そこには浮世絵や西洋絵画の技法などが満載で思わず唸らされてしまったのでありました。
Img_0070
ええっと、釣りの話になりませんね。
このあと翌日の買い物に地元スーパーに行ったら、車のブレーキランプが消えないというトラブルが発生し、急遽修理に出しに行くなどいろいろありましたが、五時過ぎには全員宿のベッセルさんに集合。
明日の確認をしたところ、早朝三時半出船!、港に三時集合!起きるのは午前二時過ぎという朝というより真夜中出発という現実を知らされ、一同早めの夕食を取りに街へ向かい、サクッとふぐ丼などを食べて帰り、僕などは七時には寝てしまった。
翌朝二時過ぎには起きて二時半ベッセルさんを出発し一路港へ。
真っ暗な中でタックルを組み立てる。
今回はジギングだけなので僕が用意したタックルは三本。
一本はPE2号のスロージギング・ロッド・タックル、二本目はベイト竿ベルサリオ59BのPE2号タックル、そしてもう一本は青物用5号タックル。
最後の5号タックルはね魚ネチネチに飽きた時用に持っていった。
約束どおり三時になると今回お世話になる天翔丸さんがLEDのライトも眩しく登場。
素早く船に乗り込み荷物も積み込むと出船。
どうやらポイントまで二時間走るらしい。というので船の後ろの横になれる場所で即寝てしまった。
しばらくウトウトして目がさめると空は薄明るくなり半月が綺麗に見えていた。
Img_0037
お天気はご覧の通り薄曇りで海は凪。釣りには持ってこいの好条件。
ふと足元のタックルボックスを見たら、メンバーのカミゾーさんのボックスに最近僕が作ったエノカフェステッカーが貼ってあったので嬉しくなる。
Img_0042
さてそれからさらに一時間ほど走りようやくポイントに到着。
船長の鳴らす警笛のポッという音が合図で釣り開始。
ワクワクする瞬間だ。水深は150m、ほとんどフラットで根もない。
最初に僕が使ったのはツキジグの330g。これをスロー・ジギングの竿で操る。
このジグ、青物にも根魚にも実績があるので頼りになれる。大規模には製作されていないので知っている方はコアだと思うのだが、ショップ、エブ・アンド・フローではポピュラーなジグでみんな使ってた。
餌釣り経験は豊富ながら最近ルアーに転向してきたカミゾーさんは初めてのジギング、と言いながら僕の右隣でジグを落としたと思ったら、数しゃくりでヒット。
なんといきなりアラを釣り上げてしまった。
Img_4761_20210707083101
アラ、まあ!とダジャレを言っている場合ではない。
人生初ジギングでアラを釣り上げたカミゾーさんの釣り歴は特異なもので、人生初の餌釣りがキンメダイだったと言うではないか!
ついrをしない方々にはピンとこないと思うのだが、キンメダイというのは水深数百メートルの深海に住んでいる魚なので、それを釣るには当然数百メートルの糸が巻ける鉄人28号のリモコンのような大きな電動リールを使うのであります。
船で横並びになって数人の人が思いおもいに仕掛けを落としたら水面で一度の角度が糸についても数百メートル下ではあっという間に数十メートル流されてしまうので、非常にシビアな釣りなのだ。
そういう経験の持ち主にとって150mは子供の遊びくらいにしか感じなかったのかもしれない。
一番にボウズを脱出して次の一匹を狙う。
次に魚をかけたのはトモで釣っていた昆虫大好きさん。
これまたツキジグの錦鯉カラーで二キロ以上の良型を釣り上げ船内活気付く。
Img_4754
Img_4756

見ておれよ!ワシだって!とそこをネチネチしてたらなんか重くなった。
でも魚かどうかわからないくらい引かない。なんじゃらほい?と巻いてきたら小さなムシガレイ。アマダイ釣りの外道で良く釣れる魚だ。
Img_4751
外道にがっかりしていると、ミヨシで釣っていたY店長もヒット。
ところがこちらも引かない、重いだけと言っている。
上がってきたのはイカだった。さすが富山湾。
Img_0043
こんな風に釣り始めてしばらくしたら船の周りにでかいシイラの群れがやってきたので、ふざけてかけて遊んでやろうと思い、糸を巻き巻きしてちょうどシイラが通りかかったところにジグを通したら一発でヒット。
へへへ、やったぜ、と思ったまでは良かったが、2号タックルだということを忘れていた。シイラの最初のダッシュでジグごと仕掛けを持っていかれておしまい。バカだ。
そんなアホ親父の横では神ぞーさんが黙々とアラを追加している。
本当に初めてのジギング?って疑いたくなるくらいコンスタントに次々と挙げていた。
Img_4763_20210707083101
船長がカミゾーさんのジグを見て、今日はそのジグ当たりやな、と言ったのでそのオールグローのツキジグ330gに僕も変えようとしたのだが、残念ながら同じものはなく、松原グローという全身あみタイツのようなグローのやらしいジグに付け替えてそれで狙ったが、なかなか当たりが出なかった。
東京から一人参戦のYさんはヤナギバチメという美味しいメバルの仲間を釣り上げた、しかもデカイ。
Img_4764_20210707083101

ここからYさんの快進撃が始まるのだが、その前に僕も一匹アラを釣った。
それもまあまあサイズのアラ。ジグはワイルドギャンブラーのダイナ200gのオールグロー。
Img_4767_20210707083101
どうもオールグローが良さそうなのでこのジグを選んだ。
さらに誘うところも底付近だけでなく10m以上そこから上まで探ってきたらヒットした。
Y店長もヒット。アラかと思いきやこちらもうヤナギバチメ。
Img_4771_20210707083101
次々と魚をかけ始めたYさんは今度はマフグの良型。
昨日の夕食に食べた美味しい魚だが、毒に当たりたくないのでリリースする。
Img_4773
y店長も外道スイッチが入ったか、ここら辺からヤナギバチメを次々と釣っていた。
0004_20210707083101
そしてまた、オオトモの昆虫大好きさんにヒット。竿は大きくしなり良型のアラかと思わされたがデカいマフグだたので苦笑する。
0003_20210707083101
僕は一匹目のアラで何と無くしゃくる感じやレンジが掴めた気がしたので、同じようにしゃくっているとまたまたヒット。
ダイナすご〜い!と調子こいてディック・ミネが昔流行らせた「ダイナ」という曲を替え歌でふざけて歌いながらファイトしていたらなんとバレてしまい船長にまで笑われてしまった。
しかしそのくらいではへこたれない。すぐに三匹目をかけて、今度は声に出して歌わず心の中でメロディを刻んだら上がってきた。
Img_4781
一匹目のアラよりちょっと大きめでまあまあサイズ。満足の一匹だった。
ここまで外道だけだったYさんがこの辺りからアラを連発する。
Img_4783
何と無くパターンが分かった、とこのあと次々アラをかけてみんなを驚かせた。
カミゾーさんも引き続きコンスタントにアラを釣り上げている。
ダントツで数を釣っていた。
Img_4787
僕も何と無くパターンが分かった感じですぐ二、三匹目を釣る。この魚で、もう自分の持ち帰る分は十分と、青物狙いのタックルで遊び始めた。
と同時に、まだ外道のメバルばかりで本命のアラを釣り上げていないY店長に、早くアラを釣ってください。今日はアラ釣りなんですから。
とプレッシャーをかける。
あれ?今日はメバル船ですよ。とトボけていたY店長だが、このあとようやく本命のアラが来てホッとした様子だった。
0005_20210707083101
とはいえ、この人の釣りを僕あたりと同列に並べて語るのは恐れ多いことで、彼の場合様々なジグを様々なアクションで試しながら答えを見つけていく釣り方なので、僕のように隣の釣れている人を真似して釣っているのとは次元が違うのだ。
0006
パターンを掴んだYさんはこの辺からアラを連発し始める。
Img_4788
すでに時間は昼近くなっていたが魚の活性は上がり、ヤナギバチメのダブルヒットやアラとヤナギバチメノダブルヒットなどよく釣れた。
0002_20210707083101
0001_20210707083101
午後になり残り三十分というところで昆虫大好きさんの竿が大きくしなり竿先を海面に絞り込む。
おお!今日一番の大物か!?と一同注目し、上がってくるのにもずいぶん時間がかかったのだが、姿を見せたのはカガミダイだった。能登らしい魚だ。
Img_4791
このカガミダイで竿をしまうことになり船は港に向かって再び来た道を二時間走る。
釣りの後は食事をして帰るだけなので、運転手さんは船の上で眠って疲れをとっていた。
0007
三時近くに港に戻り、宿のベッセルさんでシャワーと道具の片付けをして夕食をとることにした。
輪島あたりでは有名、というゴーゴー・カレーというカレー専門店に入った。
ここのカレーは色は黒め、なんらかのカツを乗せるのが特徴ということで、僕は普通のカツカレーを食べたが、大柄で大食漢の昆虫大好きさんはチャンピオンカレーという大盛り飯にカツ二つ分、さらにソーセージが三本くらい乗っている、これいっぱいで2000キロカロリーというダイエット中の僕には考えられない、僕にとっての三日分くらいの食事を一度に平らげていた。

Img_0055
この店を出てからは休み休み藤岡まで走り、そこのパーキングでYさんと別れると後は横浜までまっしぐら。
圏央道経由で海老名インターを降りて帰って来たのは午前一時過ぎだった。
疲れたけれど楽しいツアーだった。連れただけでなく天気も良かったし、観光や食事もなかなか良かった。
機会があればまた行きたいなあ、と思うのでありました。

Img_0093
ちなみに釣ったアラは四日ほど寝かせてさばき、握り寿司にしたら絶品!
お口の中でトロトロ。味わい深い身がなんとも言えない素晴らしいまさに幻の魚の実力を見せつけられたのでありました。


写真協力:Ebb&Flow
釣りに関するお問い合わせはルアーショップEbb&Flowへどうぞ
ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

2021年7月 5日 (月)

男女群島遠征2021⑥ @サンライズ新海

三日間に及んだ男女群島遠征も最終日の三日目となりました。
この日も天気は良く凪の海に感謝する。
朝日に染まる男女群島の柱状節理の岩盤を見ながら船は動き出した。
0003_20210705081401
ダイヤモンド富士ならぬダイヤモンド男女を見ながらゆっくりと船は動き最初のポイントに向かっていった。
0002_20210705081401
三日目最終日は午後3時過ぎには佐賀県唐津の呼子港に着かなければ帰りの飛行機に間に合わない。逆算してゆくと9時には男女群島を離れなければならない計算になる。
サンライズの田代船長の頭の中ではいくつかのパターンが寝られていた。
男女群島の潮が動いて男女群島の魚の活性が上がればそのまま時間いっぱいやり切る。もしダメなら早めに見切りをつけて五島に戻り、新しい潮の入ったタイミングの夏のヒラマサを狙う、といったプランだったようだ。
結果を先に言うと後者のプランとなった。
朝まずめから男女群島で数カ所のポイントを周り、キャスティング、ジギングと攻めたが魚の反応は今一つで、根魚王の独壇場だった。
E324de21a2265aac69861b32028fefe3
根魚王はこの辺りでは珍しいユカタハタのいいサイズを釣り上げる。
さらに続いて今度は青物、ヒラマサを釣り上げる。
Img_0709
キャスティング派はなかなかパッとせず、ポイントを変えてはジギングに切り替えて狙うがとうとう特筆すべき魚は釣れなかった。
朝まずめの時間を勝負にかけて少し遅い朝食をとったところで船長が動く。
五島に戻ります。移動は3時間。ときっぱりと言い切り船は走り始めた。
3時間ボーッと過ごすのも辛いので、僕はキャビン奥のベッドに寝転んで疲れた体を休めた。
昨日一日だけでも12時間以上釣りをしている。体はすでに悲鳴をあげていた。
しばらくウトウトと寝て目がさめると島影が視界に入った。
ああ、五島に戻ってきた。スマホをみると電波も入る。
島の間をしばらく走ったのち船はスピードを落としヒラマサのポイントに入る。
早速一同キャスティングを開始する。もちろん根魚王だけはジグで底をネチネチと責める。
Img_4731
最初のヒラマサポイントは不発だった。
アタリどころか気配すら感じなかった。蓋流ししてポイントを見切りすぐに次のポイントへ移動する。
Img_4737
次のポイントも不発だったのですぐに移動し、最後のポイントへ向かう。
Img_4734
ここでは根魚の反応がすごかった。根魚王がカサゴを釣ったかと思ったらその後は次々とアコウ(キジハタ)を連発する。
Img_4736
Img_0710
根魚クラブに入会したY店長とバイク大好きさんも根魚を連発する。
Y店長は金箔張りの高価なツキジグを海に落とした。
金箔張りの高価なジグに針をつけて海底に落とすなんて正気の沙汰じゃない。
まあ、でも釣りバカというのはそういうものだ。結果が釣れたならなんでもやるのだ。
金箔ジグにアコウがヒットしたY店長が、やっぱり金箔の高価だ!もとい、効果だ!というすぐ横で真っ赤なタイラバをつけたバイク大好きさんが緊迫なんて、ふふん、とばかりに金箔より大きなアコウを釣り上げる。
Img_0716
根魚王はインチクでサナ¥らにいいサイズのアコウを連発する。けれも金箔ジグを持っていることを僕は知っていた。でもこのポイントでの根魚、とりわけアコウの活性は高く次々と竿を曲げていたのだった。
Img_4743
一方のヒラマサキャスティング組にもいい反応がいくつかあった。
僕のルアーにも一度大きな波紋を残してヒラマサがアタックしてきた。
残念ながら、一瞬手元に重みを感じただけで終わってしまったが、こうなると余計に諦められない。
時間いっぱいまでキャスティングを続けた。
次の二投で終了にします。
という船長のアナウンスには残念さがにじみ出ていた。
それは僕らも同じ思いだった。
短くて長かった三日間が終わった。
最後に全員で記念写真を撮る。
普段はこういうことはしないのだが、このご時世なので次の再開が約束されたものではない。
Img_0720
センチョーのカメラに向かってピースサインを出しながらも色々感慨深く感じる瞬間だった。
釣りはただの遊びかもしれないけれど、そうでないときはみんな命がけで生きているんだ。オンとオフを切り分けて生きているだけなのだ。
オンの時の厳しさを微塵とも見せずにひたすら無邪気に遊ぶオフの時間を共に笑いながら過ごせる釣り仲間が僕は愛おしくてならない。
また来年、いやまたすぐにみんなで船の上で会おう、と心の中で誓ったのでありました。

写真協力:Ebb&Flow、サンライズ新海
釣りに関するお問い合わせはルアーショップEbb&Flowへどうぞ
ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

2021年7月 4日 (日)

男女群島遠征2021⑤ @サンライズ新海

男女群島遠征二日目は既に午後3時を回り終盤に入ろうとしていた。
ジギング王、いやトップ王の釣り上げたカンパチで賑わった船上がやがて釣りに集中する空気に包まれていた。
船は海底の起伏の激しいポイントを流していた。
いわば根掛かりの巣ともいうべき根掛かりだらけのポイントなのだが、こういう場所にこそ根魚のいいのがいる。ここ男女群島でいい根魚といえばそれはクエ(アラ)を意味する。
僕はベイトタックルでそこをネチネチとかつ慎重に責めていた。
しかし、根掛かりに苦しみとうとうリーダーも失う根掛かりでPE3号号のタックルが使えなくなってしまった。そこですぐにPE4号タックルに持ち替えて根魚を懲りもせずに狙うのだが、これまた根掛かりに会い、センチョー!根掛かり外して〜!と叫ぶ。
はいはい、根掛かり外して21年〜と田代船長がおどけながら来て根掛かりを外そうとしたのだが、なかなか手強い根掛かりだった。
船は風に流されてどんどん根がかった糸はテンションがきつくなるので、リールのクラッチを外して意図が自由に出て行くようにしておいて根掛かりを外すのだが、センチョーが竿先を素早く上下にサササ!と振った次の瞬間何かが起り、センチョーが、まずい!と叫んだのだが一瞬のことで僕にはないが起こったのか分からなかった。
気がつくと釣り糸が竿の途中で切られて垂れ下がっていた。
ん?という顔をしていると、竿を振った時にPEラインが竿先のガイドに絡んでしまったところん船が流れたので、危なく竿の先っちょに付いているトップガイドが糸に引っ張られて折れるところだったのを、一瞬の判断で糸を切ったらしい。
あまりにも一瞬の出来事だったが、結果的にジグとラインを失ったものの竿が破損することが避けられて安堵した。こういう素早い判断をするセンチョーを改めて感心してしまった。
そんな根掛かり地獄にあってる最中にも他の釣り師はポツポツと魚を釣り上げていた。
今回絶好調のO部長はジギンングでヒラマサを釣ったかと思ったら、立て続けにクエ(アラ)を釣り上げた。
Img_4654_20210704073801
Img_4676_20210704073801
クエはなかなかのサイズで一目見て羨ましかった。
カンパチのでかいのがなかなか来ない今回、せめてクエくらい釣りたいものだと密かに思っていたのだ。しかし僕ときたら根魚狙いのベイトタックル2セットを根掛かりで使用不能になりリーダーを組み直しの作業をしていたのだった。
その間に調子こいたO部長はさらにアカハタを釣り上げる。クエもアカハタもジグはゴビアスアンセスターだった。以前確かステイタスさんでの五島列島釣行でもO部長がこのジグでクエを釣ったのを覚えている。得意なジグなのだ。

Img_4692_20210704073801
リーダー・システムを組み直した僕は、再びね魚を狙うがまたしても根掛かりをしジグを失う。これでは釣具屋の思うツボだ。
センチョーはふざけて、ここはY店長から頼まれて流している最も根掛かりの多いねなので、どんどん根掛かりしてジグをなくしてお店の売り上げに貢献してください。などと言っている。
そんな中で当のY店長が男女群島では珍しいアコウ(キジハタ)を釣り上げた。
根掛かりでジグや釣り糸が切れることは基本的には海を汚すことなので心おから賛成するアホな釣りはいないと思うのだが、根魚を狙う限りこれは避けて通ることはできない。
流石の根掛かり三連発で少々気落ちしてしまった僕だったが、ここで諦めたら負けだ、と気持ちを引き締めスピニングタックルを手にした。
ベイトがダメならこれがあるさ、とばかりにスピニングタックルでカンパチを狙う。
すると、なんと、そこにジグが着いてふたしゃくりした所にグググ!という手応え、さらにリールのドラグがジジジ!と音を出して元には重さが伝わる。
一瞬でこれはデカイ!と思いつつも焦らず糸を巻き魚に主導権を与えなかった。
その後も魚は暴れてドラグを出すのだが何かカンパチとは違う手応えだった。
センチョーから、巻いて巻いて!と声が飛ぶ中必死に糸を巻くとやがて魚の引きは少なくなり重さだけが手元に伝わるようになった。
しかもこれは相当重い。10キロじゃきかないぞ!と思う頃にはクエじゃないですか?とY店長が横にやってきていう。
僕もちょうどそう思っていた所だったので思わずニンマリする。魚はすっかり引かなくなっていて重さだけが腕に伝わっていた。
慎重に糸が切れないように巻きつつもおそらく顔はすでにこの段階で笑っていたに違いない。
やがて海面に現れたのは丸太のように腹を上にしてボッカン!と浮き上がったクエだった。

Img_4686_20210704073801
やったー!狙っていたクエが思いがけずもカンパチを狙っていて釣れるとは、釣りってこんなもんだ。
すぐ横で泳がせ釣りでクエを狙っていた根魚王が苦笑を隠せずにいた。
僕自身ジグでこんな大きなクエを釣るのはもちろん初めてだ。センチョー、重さ計って!とおねだりすると14.5キロあった。
僕にとっては夢とも言えるクエ10キロオーバー!ここ数年毎年のようにジグでクエを釣っているがこれまでのものとは比べ物にならないその大きさと嬉しさに理性を失わされそうになる。
しばしコーフンしヨロコビのビールを飲みながらコーフンを覚ます。
船の上では他の釣り師がカンパチを釣ったり、アカハタを釣ったりしていたが僕にはどうでもよくなってしまっていた。
この日の僕の釣りはここで終わってしまったに等しい。
夕まずめはまたポイントを大きく変えてカンパチジギングをする。
魚探へのカンパチの反応はたくさんあるのだがなかなかジグに食いつかなかった。
潮が緩いのが悪いのか、暖流が流れ込んで一週間で大きく水温が上がってしまったのが悪いのか?生きた魚をエサにする泳がせ釣りですら魚の反応は悪かった。
そんな状況の中で、泳がせ釣りを諦めた根魚王がいいサイズのアカハタを釣り上げていた。
Img_0649_20210704073801
かと思いきや、次の流しでは再び泳がせ釣りをして巨大なカンパチを釣り上げる。
20キロは軽く超える大物なのだが、根魚王にとっては所詮外道だった。あまり嬉しくないのである。


Img_4711
この後も日没まで投げたりしゃくったりと色々みんなで試したが大した釣果は得られなかった。
男女群島といえども渋いときにはそう簡単に釣らせてくれないのだ。

Img_4704
最後のひと流しも釣果なく二日目の長い一日が終わった。
トップ王のカンパチに僕のクエとドラマはそれぞれ起こった。個人的にはみんな心の中にそれなりのドラマがあったのだろう。
しかし一人だけここまでなんのドラマも起こらない人がいた。ハーレーくんである。
ハーレーくんは、この長い一日、キャスティングにジギングに頑張ったはずなのになんの釣果もなく時を過ごしてしまった。
虚しい一日の終わりになろうとしていたのだ。
ところが、船が宿営地に投錨して固定された直後にあっさりと良型のアカハタを釣り上げたのだった。
Img_4720
彼にとっては大変なドラマチックな一日のエンディングだったに違いない。
こうして、おそらく一年で最も長い一日の釣行は終わった。
P6203317

一同、シャワーを浴びるもの、ビールを飲むもの、ぐったりする者など様々。静かによるの帳は降りていった。
夕食の田代船長特製のモツ鍋が出されるとワッと食らいつきアッという間に満腹になったところにさらに鍋に投入されたチャンポンをずるずると食べて幸せな夜の眠りに誘われていったのでありました。

写真協力:Ebb&Flow、サンライズ新海
釣りに関するお問い合わせはルアーショップEbb&Flowへどうぞ
ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

2021年7月 3日 (土)

男女群島遠征2021④ @サンライズ新海

超人気遊漁船サンライズ新海での男女群島遠征2021年6月。
二日目もお天気は良く海も凪で早朝日の出とともにポイントに向かい朝からジギングとキャスティングの両方で釣りを始めました。
朝まずめのキャスティングでは木肌の会友を狙ったのですが不発に終わり、僕もジギングロッドに持ち替えてカンパチ狙いに移りました。
潮がなかなか流れないようで魚の反応は渋くなかなかアタリが出ないなかでカンパチをヒットさせたのはジギング王でした。
僕が勝手にナズけたジギング王というニックネームながらこういう時に釣り上げるところはやはりうまいなあ。

Img_4606
しばらくジギングで流していると突然近くにカツオのナブラが湧いたので急遽ナブラ打ちに変更します。
忍び寄るように船をナブラに近づけると射程距離内にナブラが入り一同小さめのジグやらルアーやらをキャスト。
するとナブラの中にルアーが入った三人にトリプルヒット。
僕のルアーにもヒットして手元にはいい感触。カツオにしては結構重かったのでいいサイズのカツオと思われたのですが、船べり近くに横に走られたところでバレてしまった。
その辺りを巧みにかわして釣り上げたのはジギング王とO部長。
Img_0624
実はジギング王はキャスティングの釣りも名手なのであります。
O部長も今回絶好調でジギングにキャスティングにとチャンスを逃さず着々と数を伸ばしていました。
Img_0625
このカツオナブラ、移動が早くワンチャンスで姿を消してしまったところで朝ごはん。
この日の朝食はなんと贅沢に鮭とイクラの親子丼!
一同あっという間に食べ尽くしてしまたので写真すらありません。
食後はエノカフェです。
食後のモーニングコーヒーで皆さんに一服していただき今日の釣りに気合いを入れていただきます。

Img_4616
食後は再びカンパチジギングに戻りしゃくっていたところまたまた何かのナブラが近くで湧いたのでキャスティングに変更し投げると、これまたすぐにダブルヒット。
絶好調のO部長はまたまたヒット。先ほどのカツヲよりも引きは強い潮もそう。キハダだろうということで慎重にファイトしたものの惜しくもこれはバレてしまった。
Img_4618
ヒットさせたもう一人のバイク大好きさんは見事キャッチ。キメジでした。
このナブラもあっという間に湧いてあっという間に走り去りこの一瞬でキャスティングの釣りはおしまいとなります。
Img_4630
このようにナブラ打ちは一瞬のチャンスを逃さなかったものだけが魚をキャッチできる釣りなので、日頃のキャストの練習やいつでもすぐにキャストできるように準備しておく心構えがとても大切なんですね。
僕なんか二度目のナブラの時にはコーヒー片手に指をくわえて見ているだけでした。
さて、そうこうしているうちに朝まずめの時間帯はとっくに終わり時計は10時を回ろうとしていた。
今回泳がせ釣りで大物クエを狙っていた根魚王ですが、餌の大きなサバとムロアジを手に入れたので大きな錘に40センチは軽くありそうなムロアジをつけて落とします。
根掛かりに気をつけながらコントロールしていると餌のムロアジが何やら逃げ回っている様子が根魚王の竿先の動きでわかるのが面白くて僕はジギングロッドをしゃくりながらじっと見ていた。
すると竿先が一気に海に向かってズドン!と引き込まれるように曲がりビーストマスタ−1000(電動リールの名前ね)のモーターがうなりをあげる。
竿先はグイグイと引き込まれるのを物ともせずにグイ〜ン!グイ〜ン!と糸を巻き上げてしまうビーストマスターのパワーに感心ながらファイトを見ていた。
竿先の引き込まれ方を見る限りでは根魚王の狙うクエではなくどうやらカンパチの様子。
やがて魚がキラリと光りながら見えてきたのだがそのシルエットがデカイ!
なんと上がってきたのは30キロ近いカンパチ。
こんなのがいるんだ。餌だと食いつくけれどジグには全く反応しないのか?と餌の威力に圧倒される気持ちといやいやルアーだってなんとか出来るぞ、という気持ちが複雑に交錯する。
Img_4634
こんな大物を釣り上げたのに釣り上げた当の根魚王といったら本命のクエじゃないので微妙な表情。どんなにでかくても外道には興味がないらしい。
ジギング組も泳がせ釣りに負けてはいられないとばかりにカンパチを釣り上げる。
O部長が良型のカンパチを釣り上げると続いてバイク大好きさんも負けじと釣り上げる。

Img_0640

Img_4639

しかしなかなか渋い状況は変わらず、ここでポイントをおきく移動した。
移動先では僕はキハダマグロを狙ってキャスティングをした。
釣れそうな気配がしたこともあったが、ジギングに疲れたので気分転換の意味もあった。
結界マグロがドカーンと出てくるのを想像しながらルアーを動かすのは気分がいい。気持ちもリフレッシュした。
そんな僕がキャスティングをしているすきにいつの間にかYさんがしれっとカンパチを釣り上げていた。
Img_4643
僕にとってはこの日前半は修行の釣りだった。
天気は良く凪なのにちっとも釣れないばかりか根掛かりばかりする。
ランチタイムには半ばヤケのビールを飲んで気分転換して、移動先ではカンパチから根魚に狙いを変えてベイトタックルで釣りをした。
するとアタリがあり、何か掛かったのだが軽い。なんだろ?と上げてきたらベラの仲間。
センチョー!これ何ベラ?って聞いたら、フニャララベラ、と名前がわからないのをごまかしてきたので爆笑する。

Img_0651

ランチビールで酔っ払った上に火が出て暑くなってきたので半裸になってネチネチ根魚を狙うとまたまたヒット!
しかしこれまた引き方が根魚っぽくない。ナンジャラホイ?と上げてみたら今度はハギだった。
Img_0642
これはフニャララハギ?とふざけている横で黙々とトプウォータープラグをキャストし続けていたジギング王に何やらいいサイズがヒットした。
出た!ヒラマサか?と田代船長も飛んできてた戻りの準備をする。
やがて魚が船べりまできたら船長の大きな声が上がった。カンパチだ!
なんと!釣れたのは良型のカンパチだった。
トップにカンパチが出るのは非常に珍しい。カンパチといえば根魚の様に海の底の根回りを回遊している魚なので、水面まで出てきて餌を捕食する事はなかなかない。

Img_4649_20210629101201
田代船長も初めて見た、というトップでのカンパチ。釣った当のジギング王も大喜びだった。
心の中ではなんとなくカンパチでないかな?と狙っていたらしい。
それが現実となったのだからこれは釣り師にとってはたまらない。
ここ数年、ジギング王は水深100mより浅いポイントではほとんどトップをキャスティングする様になっていたのでジギング王と名付けた僕はそろそろ呼び名をなんとかせにゃならんなと思っていたのだが、確か一昨年にはトップでクエの大物20キロオーバーを釣り上げているし、おそらく日本中の釣りで、いや世界中の釣り師の中でもトップでクエとカンパチを両方釣っている釣り師はそうはいないと思われるので、この際呼び名をトップ君に変えようか?と冗談で話した。
冗談ではトップ君でもいいのだが事実上我らの中ではトップ王と呼ぶにふさわしい釣果。
今後釣り方に合わせてトップ王の呼び名も併用しようかと再考させられたほど衝撃的な一匹だった。
この時点で長い一日は3時を回ったあたりだった。夏至前日の日没までにはまだ4時間以上ある。
次なるドラマを信じて一同キャスティングにジギングに熱が入るのであった。


写真協力:Ebb&Flow、サンライズ新海
釣りに関するお問い合わせはルアーショップEbb&Flowへどうぞ
ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29