無料ブログはココログ
フォト

最近のトラックバック

« 冬の男女群島遠征④@サンライズ新海 | トップページ | オーディオ博物館というところに行った話@裏磐梯桧原湖 »

2021年12月31日 (金)

厳冬のアマダイ釣り@沖衛門丸

今年2021年最後の釣りはH夫妻とのアマダイ釣りでありました。

釣り船は沖衛門丸、前回のアマダイと同じく名人マミさんも同行での釣りです。

前回は二本竿で22匹も釣ったマミさん、今回は一体何匹釣るのか?というのも楽しみ。

 

もちろん僕だって負けずに釣るぞ、と仕掛けまで手製で出かけました。

 

12月27日月曜日。この日の朝は寒かった。

アマダイはそもそも冬場にかけての釣りなので寒さの中での釣りは覚悟していたのですが、この日は気象庁曰く数年に一度の大寒波!というのの襲来で朝の冷え込みが半端じゃなかった。

気温は横浜でマイナス2度になり出船の日の出前6時40分には沖衛門んまるのある茅ヶ崎港もかなりの冷え込み。

パッチにフリースの二枚重ね、マフラーに冬山登山用目出し帽、お腹と背中には春香色を貼り付け万全の体制なのでそれほど寒さは感じなかったのですが、餌をつけるために出ている親指と人差し指の先っぽだけがどうにもならなかった。

05_20211230141501

船に乗り込み仕掛けを組もうと思っても、スナップスイベルのスナップが指に力が入らず外せないは、ガイドに糸を通そうにも指先の感覚がなくて通らないは。

 

少し進めてはカイロの入っているズボンのポケットに手を突っ込んで温めるのだけれど、冷え切ってしまってか温まらない。

そんな状況の中を無情にも船は港を出て行く。

普段は意気揚々と釣り場に向かうところなのにこの日ばかりは首を引っ込め肩をすくめて目出し帽から富士山を見ていた。

07_20211230141501

いくらも走らずに船は止まり船長から水深50m、シロを狙います。とアナウンス。

 

シロ=白アマダイと聞いて一気にやる気が出る。

仕掛けを落としてし底を取り魚を誘う。

 

すぐに左隣さんにヒット。アマダイかと思ったらマハタのお子ちゃまだった。

 

2回ほど流したが白アマダイは出なかったようで次のポイントに移動する。今度は水深70mのダチ。

 

ここでマハタのお隣さんにヒット、いいサイズのアマダイが上がってきた。

僕も気合が入りあれこれ誘ってみるのだがアタリが全く出ない。

03_20211230141501

マミ名人はというと、この日もう一人の釣り仲間だったSさんと大声で話ししてる。

なんの話なのかまで聞き取れなかったがSさんというお方が大声で喋くりまくり時折マミさんがあはは!ギャハハ!と大声で笑っている。

隣のうちのテレビが大音量でお笑い番組を見ているかのような船の上なのでありました。

01_20211230141501

そんな中先ほどから左隣さんが順調に数を伸ばしているのを見てだんだん焦ってくる。

 

H夫妻も妻はマミさんの指導も入り早々に一匹釣り上げ、バカデカ声のSさんも釣り上げたご様子。

残された僕とH夫は横並びに釣っていて焦りが出る。

 

さらにポイントを変えて80mダチへと次第に深場に移動していった。

ここでマミさんがオヤツでもどうぞ、と柿の種をひょいと置いてくれた瞬間にクククとアタリがあり合わせるとアマダイの引き。

ここまで何匹か外道に騙されてきたのですぐには信用できなかったがしばらく巻いていると明らかにアマダイの引き。

ようやく一匹目を釣り上げることができた。サイズは30センチくらい。

06_20211230141501

一人残されたH夫は「焦りますね」とポソリといったもののその後しばらくして一匹釣り上げ無事全員ボウズを脱出した。

時間は早くも11時近くなる船は大きく移動し100mダチを狙うもいい反応はなく、何ヶ所か走ってポイント移動を繰り返した。

 

12時を回って船長は勝負に出たのか沖に向かって走り始めた。

江ノ島の東側沖まで時間をかけて走りポイントへ入る。

02_20211230141501

120ダチと深い上に沖は波とうねりで釣りずらい。

それでもしっかり底をとって誘うのだが、棚が合わないのかムシガレイばかりが上がる。

ここでH夫にいいアタリがあり40cmくらいのいいのをあげた。

 

僕も負けじと仕掛けの長さを変えたりして色々試すのだがアマダイのあたりはなく外道ばかりで終わってしまった。

 

午後2時に沖上がり、30分くらい余分にやってくれた。船長ありがとう。

 

この頃にはすっかり寒さも忘れるほど太陽の温もりで暖かかったのだが、朝痺れた指先だけが凍傷にでもなったかのように痛かった。

 

港に戻る間にマミ名人から今日の釣りについて色々話を聞く。波のある時や潮の流れの速い時の作戦、などなどたくさん聞いてすごく勉強になったのだが、釣りする前に教えてくれたら今日はもっと釣れたのに〜。

 

まあ、地力はこんなもんだ、今年最後の釣りはアマダイ一匹で終わった。

一年間を思い返してもエサ釣りの釣果は悪かったなあ。

タチウオで二回ボウズ、マハタの泳がせもボウズ。

メモリーフィッシュは6月の男女群島で釣り上げたクエ14.5kgくらい。

 

来年はでかいの釣りたいなあ。

ということで今年の釣り納めとなったのでありました。

 

 

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です ©️enos1091 All rights reserve

 

 

« 冬の男女群島遠征④@サンライズ新海 | トップページ | オーディオ博物館というところに行った話@裏磐梯桧原湖 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の男女群島遠征④@サンライズ新海 | トップページ | オーディオ博物館というところに行った話@裏磐梯桧原湖 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29