無料ブログはココログ
フォト

カテゴリー「健康」の記事

2019年1月12日 (土)

クリスマスイブだというのに!

それはクリスマスイブイブ(12月23日ね)の未明のことでありました。

午前1時を回ったあたりか?突然のお腹の痛みで目が覚めた。それも今まで経験したことの無い場所がねじれるような感じで痛む。平面的には胃の上部のあたりなのだけれど、胃よりも表皮に近い場所が痛む。すぐにピンときたんです。「ああ、胆石がとうとう暴れだしたな」と。

数年前から毎年行っている人間ドックでエコーをするたびに胆石がありますね、と言われていたのであります。それも最初は一つだったと思うんですが昨年夏に検査した時には立派に大きくなった胆石が三つも胆嚢の中に鎮座しているのが見られた。

「これは放置しておいていいんですか?」僕。「痛くなったらすぐに手術してください」と医者。この一言が脳裏に刻まれていたので、夜中にお腹が痛くなった時にすぐに、胆石、手術、摘出、という言葉が浮かんできた。

すぐにカミさんを起こして救急車を呼んでもらう。
救急車の人にも胆石です、とはっきり言ったような気がする。運悪く我が家から歩いて数分のところにある救急病院型の患者の対応で手一杯だったため、少々遠い車で20分ほどの病院に搬送された。

「胆石です。」というとすぐにレントゲン、CT、血液検査をされ間違いなく胆石だということになった。
ところがお医者さんときたら、「落ち着いたらまた明日外来で来られますか?」みたいなことを言うので、「痛くて無理無理、このまま入院させてくださいな」と懇願しそのまま入院ということになった。

すぐに点滴を施され、病室に運ばれて一晩痛みと闘う。「う〜ん」「う〜ん」と唸るように声を出して一晩耐えた。同じ病室にいた患者さんごめんなさい、さぞやうるさかっただろうと自覚しております。
朝になったら看護士さんが痛み止めをくれて、これが聞いて少し楽になった。
けれどこれも時間が経つと再び痛くなってくる。再びレントゲン、CT、血液検査をする。その他は一日モウロウとしながらベッドで痛みと闘う。腹をぐ〜っと押さえつけられるような痛みが反復して襲いかかる。

この日の夜は最悪だった。昨晩よりも痛みは強くなり、一晩中唸りながら長い夜を過ごした。
思えば12月に入ったあたりから体調が悪く、いや、もっと遡ると9月くらいからおかしかった。すぐに疲れてだるくなったり頭痛がひどく出たり、11月には近所の内科の先生に相談して血液検査をした結果γGTPの値が上がっており、これがだるい原因だろうという話になったのだけれど、なぜγGTPが上がったのかまでは原因究明ができないまま12月になり、12月はほとんどの日を寝てはおきを繰り返す病人のような生活をしていたのでありました。どうやらその原因がこの胆石だったらしい。

日が明けてクリスマスイブの朝、またまた血液検査をしたところ炎症の反応が上がっているということでやっとこさ手術をすることが決まる。家族も呼んで同意書やら担当医師や麻酔医の説明やらを書かされたり聞かされたり。ヒゲの手術の邪魔なので全部そらされた。
お医者さんからの説明では最悪の事態も説明された上で同意書にサインする。インフォームドコンセントが進んでいまは手術というと必ず最悪の話をすることになっているのだろうが、手術される身としては、「大丈夫です、任せてください」ときっぱり言ってもらった方がココロは安まる。

手術前に初めて造影剤を使うCT手術を体験した。
この造影剤の注射針が太くて痛い!久しぶりに痛い注射をされた、子供の頃の学校での予防接種の注射はこのくらい針が太かったのではないかと思い出す懐かしい痛さ。
造影剤を打つと体の中からぐわっと急激に体が熱くなる嫌な感覚。

午後の一時から手術です、ということになり生まれて初めての手術となる。
恐怖感はなかった、早いところ取っちまってくれい!という感じ。手術は腹腔鏡で行い、途中腹腔鏡では困難と判断したら開腹手術に切り替えるとのこと。

手術室に運ばれるとさすがに少し緊張した、初めて生で見る世界。なんだか映画かドラマのセットに自分がいるような感覚になる。テキパキと手術の準備をする看護師さんがとても可愛かったので(マスクで目しか見えなかったけれど)ずっと目で追っていたらいつの間にか麻酔が効いて意識がなくなる。
気がついたら病室にいてカミさんが覗き込んでいた。

ああ、手術術は無事におわったのだとまだ麻酔が効いて朦朧としながらも思った。
腹が数カ所痛む。今度は傷の痛みでそれほどでもないが痛い。動こうとしたらこれが強烈に痛み、ああ、切ったのだ、と実感する。

カミさんが容器に入った胆石を手渡してくれた。
不二家のミルキーくらいの大きさのものが3個入っていてコロコロ音がした。

この日の夜は薬が効いたのだろう良く眠れた、しかし色々な夢を見る。中には幻覚を見ているのではないかと思うほど生々しい夢もあった。動こうとすると左手には点滴が右の腰あたりから体液を排出するパイプが出ていてチンポコには尿管が刺さっているので動けないし動けば動いたで傷口が痛む。

朝まで何度か目を覚ましたけれど良く眠れた。

ここ数年気にしていた胆石がなくなったのでホッとしたけれども痛みを伴うひどいクリスマスイブだった。本人がそう思うのだからとばっちりを受けた家族は散々だったろう。

それでも結果的にはいいタイミングで胆石が痛くなってくれたというもの。もしこれが釣り遠征中の船の上でどこかの離島だったら、などと考えたらたまったものではない。釣り仲間には迷惑をかけただろうし、離島に大きな病院はなかっただろうし、そういう意味ではとてもラッキーな結果なのでありました。

2018年7月21日 (土)

人間ドックにいく

毎年この時期に人間ドックを受けています。

行く前は憂鬱だったんですよ。胃の内視鏡が。
なぜか鼻をカメラが通るときに痛かった印象が強烈に残っていて、それが嫌だった。
当日、気が進まない中、横浜みなとみらい地区にある某クリニックに出かけてきました。

Img_0045



朝9時に受付で最初は簡単な問診でこれまでの病歴などの確認や本日の検査内容の確認などをしてから身長体重などの身体検査へと進んでいきます。

ここの病院は若い女性ばかりの病院、しかも綺麗な人が多い、ので検査に対するストレスが無いですねえ。僕なんかすけべオヤジだから、どんどん診てください、ってなもんで、心電図だの超音波だのの検査着をまくりあげる系検査でテンションが上がってしまう。何か勘違いしてるんだな。
この日は50名程度の方がドックを受けていたようで前半の検査は混雑気味で少々待たされましたがオプションの胃の内視鏡は毎年待たされるのにこの日はいくらも待たずに順番が来ました。

僕の場合、学生時代の暴飲がたたって十二指腸がヘルニアを起こしてしまっているので、バリウム検査をすると必ず内視鏡検査に回されてしまうことがずいぶん前に分かってからは、胃のレントゲンをスルーしていきなり内視鏡を受けてしまうことにしたんです。

最近の内視鏡検査は検査前の麻酔の準備が入念で、胃内を綺麗にする薬を飲んだ後鼻の穴に麻酔を吹きかけられ、少し時間を置いたら、さらに麻酔のついたカメラと同じ径の長い棒を入れられるんですね。この時、鼻の一部を通過するときに一瞬痛烈な痛みがあったものの通り過ぎてしまったらどおってことなく、鼻の穴から数センチ棒が出たままで10分ほどの放置プレイ。これのおかげで本番の内視鏡を入れられる時がすごく楽になったことが後で分かりました。

さて、いよいよその内視鏡本番。鼻から棒が出たまま間抜けな姿で部屋を出て歩き、廊下の向かいにある検査室に通された。

検査の椅子に座らされてリクライニングが倒れると鼻の穴に入っていた棒を引き抜かれる。この時は既に麻酔がしっかり効いていたようで何の痛みも感じることなくするりと出てきた。
すぐさま内視鏡を入れられたのですが、来る前に憂鬱になっていた鼻の痛みなどは全く無く杞憂であった。

するりと何のストレスもなく、いつの間にかカメラは食道まで入っちゃっていました、という感じ。モニターを見てくださいと言われ先生と一緒にモニターを見ながら検査が進んでいく。

この日の担当医は実に上手で痛みもなく悪いところを丁寧に説明してくださり実に良かった。昔はカメラを口から入れられて、喉を通過する際にウゲゲ‼︎!‼︎ってなったのに、今は鼻からスルッと入っちゃうんだから、胃の内視鏡は怖いと思っていらっしゃるみなさん、そんなに心配はないですよ。ただし受信する医者の機材や腕にもよりますけどね。

検査を受けていて内視鏡検査の進化に驚くばかり。とにかくカメラの小型化と高精細化で検査自体も楽になったし、検査結果の画像も実に鮮明で素人目にもよく分かりやすい。

僕は逆流性食道炎というのにずいぶん前からなっていて、この日もそれを指摘され、放置しておくと悪い病気になるからと治療することを勧められました。そのほかは胃の内部は綺麗ですねえ、などと言われたけれど、モニターに映る胃の内壁はホルモンみたいで、綺麗とか汚いとかよくわからない。見ていたらホルモンを食べたくなってしまった僕は異常なんだろうか?

そのほかには食道内に白っぽくなっているところがあり、これは体の免疫が落ちているとできるものらしく、風邪をひいていますか?と聞かれたけれど何も悪くはない。でもいま、免疫落ちているんだってわかったのでそれでいいか。

という感じで大きな問題もなく検査は全て終わり最後にその日に分かった内容の診断を医者から受けた。
この時のお医者さんだけはおじいさんのお医者さんで、少々がっかりしつつ聴診器を当てられて診ていただきました。

総合的には逆流性食道炎と胆石がある以外は特に異常なし、とのこと。
胆石はいつ暴れるか分からない爆弾のようなものなので少々気になるけど逆流性食道炎はちゃんと内科医にかかれば治るというのでホッと一安心の人間ドックでありました。


ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

2014年3月26日 (水)

とうとうやってしまったギックリ腰@HOME

人生を変えるような大きな出会いは突然やってくるものです。

と前々前回書き出して新たなる世界を広げてくれる可能性を持った釣具屋さんとの出会いを本ブログに書きましたが。今回も別な意味で人生を変えるような大きな出会いが突然やってきました。
それは土曜の朝、迫り来る燃えるゴミの収集時間に間に合わせるべく家中の燃えるごみを大きなゴミ箱に集めていた時です。ごみ箱の蓋を取りか紙切れ二三枚を捨てるべく体を左側にひねった瞬間!なにやらこれまでの経験の無い骨と筋肉がぎゅるん!といった感じでねじれ激痛が全身に走りました。反射的に身を元に戻してみたものの、そこから自由に動くことができないじゃあないですかあ!中腰になったまま背筋を伸ばして立ったまま。

これか!ギックリ腰というやつは!
とうとうやってしまった。
ギックリ腰人生のはじまりかあ!
もうデカ・マグロどころじゃあない!
スキーだってできなくなるの?
そう思うと暗澹たる思いが去来してくるじゃあありませんか!
みんなここから動けなくなって何もできなくなり救急車を呼ぶ、という話をこれまで幾度も聞いていたので、そおっと身体の向きを変えようとしたら、グギグギと痛む。

あわてて元の体制に戻して、そのままそこにつっ立ていても仕方ないので恐る恐る動いてみたら、少しずつなら何とか動ける。腰をかがめたり、上半身を前かがみにすることはできないけれど足で向きを変えれば恐る恐る移動することもできる。

家の中には誰もいない。

仕方ないのでゴミ出しを何とか身体ををごまかしながら済ませてみたものの、横になってしまうと二度と起きられないような気がしたので、椅子に座ってしばし休憩。


この日は、午後から大学ジャズ研時代の仲間が集まりジャム・セッションをやる日。
数十年ぶりに会う人などもいて楽しみにしていたのに全ておじゃんです。
腰が痛いのよりこちらの方が悲しい。
何とかならないものかと思案するも身体かいうこと聞かないんじゃあ、と諦めました。

さあてこの先どうしたものか?
一人で医者にも行けないし、とりあえず安静が第一と聞いていたからマンボウチェアにそっと座ってPCを起動しギックリ腰についてネットで調べてみました。

安静にすること、鍼がどうやら効くらしい、コルセットが有効など書かれているのを見つつ、これだけの作業をなんだかんだ言ってやっていつんだからこのギックリ腰は比較的軽症らしいということも分かってまいりました。

体調も悪かったんですよ、三日前から風邪ひいていたのにやらなきゃならんことが幾つかあって風邪薬を大量に飲んでごまかしていたんです。

とりあえず安静にという事で横になり夕方まで過ごし、事態は何も変わらないので動くことにしました。

この手の治療に非常によく聞く治療師さんを知っていたのを思い出したのです。
かみさんが帰るのを待って運転してもらい出かけました。

治療台に向かう時のへっぴり腰を見て、治療師さんもすぐに分かったらしく、丁寧に時間をかけて手でマッサージしたり、足でふんづけたリしながら全身くまなくやってもらったら、寝返りを打つのも少し楽になり少し安心して帰宅。

翌日は、何とかひとりで起き上がることも出来るまでに回復。
翌々日は自らの運転で歯医者さんにいけるようになり、
さらに翌日は朝もするりと起き上がり犬の散歩に行けるまでの回復。
この日二度目の治療に行ったら、診療台への上り下りも寝返りも普通にできるまで回復していました。

このまま順調に行けば、復活の日もそう遠くないはず。

何とか、デカ・マグロも来シーズンのスキーも間に合いそう。
でも油断はできないなあ。
        
    


      ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve



2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31